Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

yodaka1

EntaMirage! Entertainment Movie

惚れこんだ原作が実写化。読み込んで向き合った役(映画『よだかの片想い』松井玲奈さんインタビュー)

これまでも多くの作品が映画化されてきた小説家・島本理生が2012年に発表した傑作恋愛小説「よだかの片想い」が映画化。『Dressing Up』などの作品を手掛け、本作で長編映画2本目となる監督・安川有果と、映画業界で引っ張りだこの城定秀夫が脚本としてタッグを組み、原作に惚れ込んだ松井玲奈が、恋をきっかけに自身と向き合う顔にあざのある女性アイコを演じる。

松井玲奈さんが名古屋での先行上映舞台挨拶に登壇。終了後にお話を伺った。

Q.松井さんが大好きな島本理生さんの原作を城定秀夫さんが脚本を担当されたことは大変興味深いと思ったんですが、何か城定さんが書いたことによっての効果はありますか?

松井さん
「監督と俳優部はすごくその作品に没頭してしまう瞬間があるので、主観的に向き合ってしまう人たちが集まって意見をする場面が多かったんですが、城定さんが脚本家として今回参加されている立ち位置が、おそらくメインで集まる人の中では一番客観的、俯瞰的に全体の物語を見て書き起こすことができる人なのかなと思います。そういう点では、監督は撮ることに専念して、どういう風に撮っていきたいかということを考えていらっしゃることと、私が思う気持ちを城定さんがちょっと離れたところからうまくまとめてくださっていたところが、結果的にとてもいい方向に行ったのかなと思っています」

Q.顔にフォーカスするキャラクターを演じる部分で、今回はちょっと特殊な役だと思います。アイコの心情にどう寄り添って役作りされたのでしょうか

松井さん
「一番はあざのある女性を演じるという意識ではなくて、コンプレックスを持っている女性が恋をしたときに、どういう気持ちになって、どういう風に向き合うのかということを大切にしたいなと思っていて。原作を読んだときにも主人公であるアイコの恋の物語だと私は受け取っていたので、あざがある女性を演じるのが大変だったんじゃないかと言われたことに、私自身は結構驚いていて。自分自身は彼女の子供の頃に、周りの人に初めて自分のあざのことが変だと言われたことで、周りと違うことに気づいて、それがコンプレックスになっていくという彼女の人生経験も原作の中から読み込んでいって役としての経験、自分の中の経験として落とし込んでいく。そういう作業をずっとしながら役作りをしていきました。これまで経験してきた役の中でもこんなに原作があるものを何度も何度も読み込んで、毎回どういう状態に彼女がいるのかどういうことを経験してきたのか、相手といるときに彼女はどういう感情でいたのかというのを確認していったのは初めてでした。ただ、それにとらわれるわけでもなく、記憶として入れておく。その状態になろうとするのではなくて、その感覚だけを残しておいて、あとはやってみて、安川監督から何を言われたかによって、向き合った人とのお芝居の中でどんどん変化していくのを楽しんでいた感じでした」

Q.役作りは監督と話し合いながらしていったのでしょうか

松井さん
「私が持っていったものを安川監督はすごく尊重してくれる部分があって、その中でお互いに、ここはもっとこうなった方がいいんじゃないかと話し合っていることが多かったかなと思います」yodaka5

Q.松井さんは普段からとても姿勢が美しいですが、映画の中のアイコも姿勢が綺麗で。あざがあることで、無意識に常に見られているということも考えてのことでしょうか

松井さん
「芯のあるしっかりした自立した女性でありたいと思ったので、あざがあることはもちろん彼女の中でちょっと自分の影として受け取っている部分もあったと思うんですが、それを姿勢を崩すことで隠すというよりかは、しっかりと地に足をつけて立っているところを私は表現したかったんだなと思っていて自然と立つという選択を取っていたなと思います」

Q.今回アイコはショートカットであざを隠さないビジュアルになっていたんですが、ショートヘアにしたのは原作通りなのでしょうか

松井さん
「原作のアイコはショートボブじゃないんです。肩につかないぐらいの長さの髪で、一応、あざが隠れるようになっていたんです。原作では、ちょっとうつむくと髪の毛であざが隠れるという描写とかも出てくるんですが、私がたまたまこの時期に髪の毛を短くしてしまっていて。でも撮影をしている中で、絶妙に隠れそうだけど隠れない前髪の感じだったり、このスタイルというのが監督と話していても、何か彼女の強さというものが出せる髪型なんじゃないかなということになったんです。例えばエクステをつけて髪の毛を伸ばすこともできたんですけど、このままのスタイルでいきましょうという話になって、あのショートカットのあざが見える髪型でやることになりました」

Q.アイコを演じられていて、恋という部分で、私だったらこうすると思ったシーンはありますか?

松井さん
「自分だったらこう行くのに、ではなく行かないのにという場面なんですが、 アイコが飛坂さんに告白するシーンがすごく印象的だなと思っていて。大体、告白をするときって、そういう空気感になる。今から告白しますよという空気を出したり、告白しても大丈夫だな、いけるなっていう空気のときに相手に想いを伝えると思うんですけど、彼女の恋愛経験が少なかったがゆえにそういう空気じゃないのに、突然好きですって自分の感情の高ぶりを持って相手に思いを伝えてしまう。その部分が彼女のかわいらしさでもあると思うんですけど、私はもうちょっと、一歩引くというか、空気を読みながらいけるかどうかを探るタイプなので、そこは彼女と自分のちょっと違うところでもあり、私だったらいかないなと思う部分でもありました(笑)」

Q.ではアイコとの共通点はありますか?

松井さん
「私自身は考えていなかったんですけど、飛坂役の中島歩さんに先日お会いしたときに、私自身が持っている、人に対するパーソナルエリアを守る壁みたいなものと、 アイコが持っているその壁というものがすごく似ている気がすると言われて。私は壁がある人間なんだと思ったんですけど(笑)、その通りだなと思いました」

Q.そんな松井さん評をする中島さんは松井さんから見てどんな人ですか?

松井さん
「不思議な人なんです。あのままの方で、オンとオフが芝居をしていても常に地続きの状態という人。トーンも落ち着いているし、でもその中で時々冗談を言ったりするのが、意外性があって面白い。さらにそれが中島さんという人がどんな人なのかわからなくさせるので、興味深くて人を引きつける人なんだなと」

yodaka2

Q.中島さんとは撮影の時もお話されたんですか

松井さん
「全然喋らなかったんです。基本的に誰ともそんなに喋っていないというと違うんですけど、コミュニケーションを取っていた記憶だけが多分全て抜け落ちていて、何かしらポツポツ喋っていたと思うんですが、常にずっと気を張っていて、壁を作っていたと思うんですね。だから多分中島さんにも、オンでもオフでも壁がある人って言われたんだと思うんです。どこか常に緊張していた空気があったのかなあと。私もあんまり中島さんのパーソナルなことを知らないですし、中島さんにも僕も松井さんのこと全然わかんないって言われている、そういう関係性で。映画のプロモーションになってから初めてちゃんと喋ったんです。そのときに思いがけない着眼点が面白い人だなと思いましたね」

Q.恋をすることでアイコの感情表現が豊かになっていると思ったんですが、どのあたりから変化させていこうとか考えられましたか

松井さん
「あまりそういうことは考えていなくて、経験をしていく。例えば飛坂さんだったり、ゼミの人たちと向き合っていくシーンによって、その関係性がどんどん変わっているので、相手の方からもらう空気感にそのまま応えていくと、どんどんどんどんアイコというキャラクターが豊かになっていって、柔らかさを持ち始めたのかなと思います」

Q.今回アイコを演じて、得たものはありますか

松井さん
「何でも自分でやろうとしてしまう人間なんですけど、今回安川監督とご一緒して、わからないことをわからないままやってみるという経験をしたんですね。そのときに、台本にも書かれていない、自分でも想像していなかった感情がわあっと溢れてきて、それを経験したときにやっぱり人に身を委ねたり、何かをきっちり決めすぎずに、わからないままやってみる柔軟性も必要なんだなということをこの作品で経験して強く感じました」

Q.今回、原作に惚れ込んだということですが、島本理生さんの作品の凄さを教えてください

松井さん
「島本さんの作品は本当に、登場人物、特に主人公の感情の積み重ねがとても豊かで、物語の中で主人公だったりいろんなキャラクターが大きく舵を切るような決断をしたときに、それが突然に感じない、読み手にも納得できる、彼ら彼女の決断に感じられるというところがすごいところだなと思っていて。「よだかの片想い」の中でもアイコはいろんな決断をしていくんですけど、それがしっかりと積み重ねられているからこそ、一つ一つに納得ができる。彼女に共感もできるし、感情移入もできるというところが、島本さんの作品の素晴らしいところだなと思っています」

Q.大好きな原作が映画になったわけですが、小説にはないシーンもあって映画も小説もどちらも魅力的になっていると思います。小説をまだ読んでいない方に原作のおすすめポイントを教えてください

松井さん
「映画はアイコの大学のゼミの人だったり、飛坂さんというごく近い人たちとの人間関係が描かれていて、アイコが、実はいろんな人たちに助けてもらっていたことに気づく物語になっているんですが、原作ではそこに加えて、アイコの家族も出て来るんですね。お母さんお父さんがアイコに対してどう感じていたのか、彼女とどう向き合って、大学に上がるまで一緒に生活していたのかということも描かれますし、飛坂さんの生い立ちが描かれていく中で、どうして飛坂さんがアイコに強く惹かれたのかというところもたっぷり描かれます。映画を観て読んでいただけたら嬉しいなと思います。原作に触れるということもこの作品自体を楽しむ、幅を広げるのではないかと思っています」

Q.今後どんな役に挑戦していきたいですか?

松井さん
「30代になったので、母親の役に挑戦してみたいなと思っていて。子どもとお芝居をすると本当に感情豊かというか、どこか私は、考えて演じてしまうところが時々あるんですけど、子供たちにはそういうものがなく、本当にその場で起きたことに柔軟に反応して返してくれるというのが、お芝居をしていて楽しいんですね。なのでもっと一緒に長い時間を共有して、母親という立場で、子供たちに接してみたいな、そういう作品に出会えたらいいなと思っています」

yodaka7

映画『よだかの片想い』https://notheroinemovies.com/yodaka/
は新宿武蔵野館他で全国公開中。
東海3県では9月16日より伏見ミリオン座、MOVIX三好、イオンシネマ(名古屋茶屋、岡崎)、ユナイテッド・シネマ豊橋18、9月30日よりイオンシネマ津南で公開。

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

IMG_20220916_162130 1
舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を観に行ったので、観る前にやっておくといいかもしれないことを書きました

現在、東京 TBS赤坂ACTシアターでは舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」をロン ...

20220828170445_IMG_4777_ 2
第66回CINEX映画塾 映画『島守の塔』五十嵐匠監督 トークレポート

第66回CINEX映画塾が8月28日岐阜CINEXで開催された。上映作品は『島守 ...

deku1 3
あいち国際女性映画祭 映画『でくの空』トークレポート&林家ペーさんインタビュー

名古屋 名演小劇場で9月23日から公開される映画『でくの空』。埼玉県秩父市、寄居 ...

0714_GCW_B1poster_outline 4
生きるために。狂える人々の終わらない争い(映画『グッバイ・クルエル・ワールド』

とにかくぶっ飛んでいる。まともな奴はほとんどいない。ノリのいいノワールものが久し ...

ala2022 5
アーラ映画祭2022 ラインナップ発表!今年は4日間6作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2022の全ラインナッ ...

配給:ハピネットファントム・スタジオ © 2022「この子は邪悪」製作委員会 6
真実を知れば知るほど信じたくない…ありえない(映画『このこは邪悪』)

『嘘を愛する女』、『哀愁しんでれら』か映画化されたオリジナル作品の企画コンテスト ...

horuonna9 7
映画『掘る女  縄文人の落とし物』名演小劇場トークイベントレポート

映画『掘る女 縄文人の落とし物』公開記念トークイベントが8月21日名古屋 名演小 ...

zenbubokuno3 8
相手のことをちゃんと想像できるような人になりたい(映画『ぜんぶ、ボクのせい』松本優作監督 インタビュー)

現在公開中の映画『ぜんぶ、ボクのせい』。 母親に会うために児童養護施設を飛び出し ...

9
スリリングな148のツイート。真実は物語より奇なり。48時間の悪夢を映画化(映画『Zola ゾラ』)

2015年、Twitterに投稿され、大きな話題となったスリリングな148のツイ ...

horuonna1 10
縄文に魅せられ汗だくになって発掘作業をする「掘る女」に密着したドキュメンタリー(映画『掘る女 縄文人の落とし物』)

昔、考古学に憧れて、真剣にその方面の大学に進学しようと考えたことがある(いろいろ ...

theater2022_2 11
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭 Aプログラム舞台挨拶レポート

名古屋・清水口のシアターカフェでは移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭が今 ...

gyakkou3 12
第64回CINEX映画塾『逆光』須藤蓮監督トークレポート

第64回CINEX映画塾『逆光』が7月16日岐阜CINEXで開催された。監督、主 ...

IMG_20220727_134705 13
あいち国際女性映画祭2022 開催決定!今年は31作品上映

あいち国際女性映画祭2022の記者発表が7月27日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

mugen1 14
只見線とともに奥会津でみる美しい景色を守るために(映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』)

日本のローカル線は赤字路線が多く、毎年存続の危機に瀕しながらその土地で生活する人 ...

CVS4 15
コンビニは異世界!?コンビニで起こる不思議な出来事(映画『コンビニエンス・ストーリー』三木聡監督インタビュー)

日本のコンビニエンスストアとはとても便利な店である。値段は定価だが、大体何でも揃 ...

theaterC6 16
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭上映作品決定!

名古屋のシアターカフェが大須から清水口に移転、リニューアルオープン2周年を記念し ...

hakai_main_B2poster 17
島崎藤村の名作が60年ぶりに映画化 自分らしく生きるとは?(映画『破戒』)

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた、 ...

IMG_20220705_185811_573 18
映画『逆光』須藤蓮監督、脚本家渡辺あやさんインタビュー 岐阜柳ケ瀬 再会から夏祭り×映画という企画が生まれた 

名古屋で上映されることはあっても、岐阜の映画館で上映されるミニシアター系の映画は ...

mikaeri1 19
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 20
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 21
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 22
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 23
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 24
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 25
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 26
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 27
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 28
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 29
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 30
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 31
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 32
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 33
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 34
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 35
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 36
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 37
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 38
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 39
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 40
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...