Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

nosari10

EntaMirage! Entertainment Movie

映画『のさりの島』名古屋上映初日舞台挨拶レポート

映画『のさりの島』名古屋上映初日舞台挨拶が6月19日、名古屋・名演小劇場で行われた。

映画『のさりの島』はオレオレ詐欺の男とシャッター街で楽器店を営むおばあちゃんとの生活を描いていく。

映画のタイトルにある「のさり」とは、熊本県天草地方に古くからある言葉。自分の今ある全ての境遇は、天からの授かりものである、という考え方。目の前にあるものは否定せずに受け入れる。誰かわからない人を家の中に入れて、ご飯も食べさせて、一緒に生活する。
「のさり」の精神をキーワードに天草の商店街で撮影された作品。

山本起也監督が登壇した舞台挨拶様子をお届けする。

山本起也監督のインタビューはこちらから

 

山本監督
「こんな大変な状況の中、劇場にお越しいただきありがとうございます。今日はスタッフの天木くんも愛知県出身なので来ています。本当は全国津々浦々、藤原季節さんを招いて舞台挨拶を行いたかったのですが、今藤原さんは舞台を出演されていまして、もしコロナウイルスに感染したら舞台も中止になったり、様々なリスクがあるんですね。今日は名古屋にお招きすることは出来なかったので代わりに藤原季節さんのメッセージを預かってきていますのでご覧いただきたいと思います」

ここで藤原季節さんのメッセージが上映された。

nosari8

熊本県天草での撮影について

山本監督
「『のさりの島』についてお話をさせていただきますと藤原季節さんと一緒にこの映画の撮影をしたのは2019年の2月から3月。天草に我々プロのスタッフが11名と天木君は当時私が所属してる京都芸術大学の映画学科に入りたてのまだ1年生でした。そういった学生がのべ20人。合わせて31人で天草に1ヶ月ほど滞在をして撮影しました。我々にはお金もないし、人脈もないし、何もないということで、とにかくその撮影までに何度も何度も天木たちと天草に通って。映画に登場するみつばちラジオというコミュニティラジオがあるんですけれど、そこに何度も出演させていただきまして、お家でお野菜を取れ過ぎてしまったら少し分けてくださいとお願いしたり、冬の撮影だったのでストーブが余っていたら貸していただけませんかとお願いしたり。そういったお願いを皆様にしておりましたら、天草の方が我々が合宿をしている場所に色々届け出くださいまして。届け物をしてくださった方のお名前を半紙に書いて壁に貼っていこうと言ったらあっという間に壁が埋め尽くされてしまったというエピソードがあります。そんな手作りの映画として天草の皆さんと一緒に作った映画です。男性十数名、女性十数名はそれぞれ男部屋、女部屋で私も含めて布団をひいてみんなで寝るというような今のコロナ禍の状況ではおおよそ考えられないような合宿体制で作った映画でした」

山本監督
「もともとこの映画の着想は2014年ぐらいだったと思います。それぐらいからこんな話ができたらいいなということを考えだしたわけです。僕たちはものすごい多くの量の情報を今日も得ているわけです。特にスマホからいろんな情報をもらって日々色んな判断をしているところがあると思うんですけど、そういう中でその情報によってあることが急に〇になったり、×になったり。×になった瞬間に世の中がよってたかってその×になったものを叩いたり。情報というものが物事の〇と×のエッジをものすごく際立たせているんです。〇だと言っていたのに急に情報として×が発信されるとみんなも×だと言い出すような世の中の雰囲気に僕はちょっとその頃から違和感を感じていまして。世界というのは僕たちが情報で判断するものではなくて自分が感じるものだと思います。

今日も皆さんこうやってここにお越しくださって、映画を観るというこの状況を皆さんそれぞれが感じておられる。これが世界だと思うんですけれど、そこに情報が乗っかって、あたかも自分が〇か×かを分かった気になって右に行ったり、左に行ったりする感じが日増しに強まるような感じを持っておりました。そしてこの映画はもう一つ「嘘」というものがキーワードになっているんですが、嘘というものが非常に良くないものと叩かれる状況の中で、案外嘘も時には必要な時があるんじゃないか。映画の中で「まやかしでも人には必要な時があると」というセリフがあります。「嘘でもよかよ」と言われると少し救われたような気になると言いますか、もっともっといろんな物事の〇と×の間のグラデーション、その階調というのはもっと非常に深く豊かなものなんじゃないかと。そんな映画を作ってみたいと思ってオレオレ詐欺のストーリーを着想しました」

nosari9

山本監督
「ただオレオレ詐欺の話というだけでぜひここで撮影をしてくださいとおっしゃる方はいらっしゃらない。ということでなかなか映画制作は動かなかったわけですが、そういう中で京都芸術大学の副学長である小山薫堂さんの故郷である天草を訪れる機会が出来まして、この映画の話をしたところ、天草の皆さんは結構ニコニコしながら聞いておられて。終わった後で「監督、その話、天草だったらあるかもしれないな。こういうおばあちゃんが結構ここにはいるよ。オレオレ詐欺の男でも訪ねてきたら、あがっていきなさいよ、お茶でも飲む?といいそう」と、おっしゃられるんです。そういったことが当たり前にあるようなそんな土地柄なんですね。非常に物事を広く受け入れるというか、オレオレ詐欺の男の話ですら「あるよ、あるよ」と盛り上がったその時の天草での印象が残っておりまして、この地でこういった風土、精神性を映画に取り込んで映画を作ることによって僕自身にも「こんな話あるかもしれんね」というような気持にさせてくれるのではないかと思い、天草で撮影させていただきました」

nosari13

コロナ禍ものさりの心で

山本監督
「コロナウイルスが蔓延し、この映画は去年公開の予定でしたが、公開が一年近く延期になりました。一から公開の準備をやりなおすということで、その時は非常に困ったな、まいったなと思ったんですが、この映画の‟のさり”という言葉は何かいい時にも使いますし、逆に大変なときにも「のさっとるね」と使うんです。物事がツイていてもツイていなくてもいい方のニュアンスを変えるだけで同じ言葉で表現するんですね。コロナウイルスが流行して弱ったことになったなと思いましたが、上映が1年延期になった中で、僕はいろんな方にお会いしてこの映画のことを自分自身で考える時間が出来ました。そういう中で上映の延期も、この映画『のさりの島』にとっても必要な巡り合わせだったんじゃないかなと。自分を基準にしてけしからんとかこれぐらいいいんじゃないのと仕分けするという風潮はコロナウイルスが出てきてさらに進んだと思うんですが、よくよく考えれば僕たちはコロナウイルスが流行する前から人を仕分けたり、判断したりしていました。世界のあちこちで、人が人をジャッジしたり、人の分断を煽ることで自分の支持を伸ばすなど、ここ数年来続てきたものを顕在化して示してくれたのがコロナウイルスかなという気もするんです。 そういう社会状況の中で、物事を〇とか×とかでジャッジしたり、区別し排除することと全く逆の感覚と言いますか、いいことでも「のさっとるね」、ついてないことでも「のさっとるばい」という感覚の映画を撮影し、そして延期の果てに皆さんの元にお届けできるということもひとつののさりなのかなと。〇とか×とかではなく、全て自分に起きたことは偶然であると同時に必然である、何か意味があるものとして捉え直すというそういう感性がのさりという言葉にはあるのではないかと。こういう状況の中でこの映画を皆さんにもご覧いただけるということも私にとっては大きなのさりなのかなと感じながら上映活動を続けております

原知佐子さんも舞台に

山本監督
「もう一人の主演の原知佐子さんが映画の公開を待たずして亡くなられましたが、原さんをここにお呼びしたいと思います。天木くん、ご紹介してください」

天木さん
「これは映画に出てくる自動精算箱です。直筆で「ここからお釣りをお取りください」と書いてあるのですが、原さんに実際に書いていただいたものです。この箱には沢山の人の思いが詰まっています。美術スタッフも原さんもこだわって「ここはこうした方がいいんじゃない」と意見を出して作りました」

nosari11

山本監督
「「これは自動精算箱」と劇中で原さんが言っていますが、天木くんが原さんに自動精算箱と書いてもらうのを忘れてしまったんです。撮影の途中で気が付きましたが、そのままで行こうということになりました。原さんの代わりにこちらに持ってまいりました。劇場の入り口にあるかかしも天草の宮地岳から天木くん達が運んでくれたものです。両方とも飾っておきますのでお写真を撮っていってください。『のさりの島』は今日から名演小劇場さんでは3週間上映していただけることになっています。この映画からのさりという感覚を感じ取っていただけたとしたら、こんな映画が名演小劇場でやっているよとご紹介いただければと思います。雨の中お越しいただきまして本当にありがとうございました」

nosari12
映画『のさりの島』https://www.nosarinoshima.com/ は現在全国順次公開。東海3県では愛知 名演小劇場は公開中。7月17日より三重 進富座、7月23日より愛知 刈谷日劇で公開。

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

IRON_D18_LD_193.ARW 1
最高機密を運ぶのは一介の英国セールスマン(映画『クーリエ 最高機密の運び屋』)

役作りには余念がないベネディクト・カンバーバッチが主演と聞いたら観ないわけにはい ...

東海林毅監督 2
映画『片袖の魚』名古屋シネマテーク 東海林毅監督 舞台挨拶レポート

映画『片袖の魚』の上映が名古屋シネマテークで9月18日から始まった。 この作品は ...

bokutokanonjyotomain 3
ラリーを通して繋がる人々の輪(映画『僕と彼女とラリーと』森崎ウィンさん インタビュー)

WRC(FIA 世界ラリー選手権)をご存じだろうか。 今年11月に愛知県豊田市、 ...

yuuko1 4
正義とは?真実とは?現代の問題をえぐり出し、訴えかける作品がいよいよ日本凱旋!(映画『由宇子の天秤』)

報道とは報せる道と書く。テレビ、新聞、雑誌、本がそれにあたり、文字通り様々な出来 ...

rinjin 5
諜報員、大統領候補の生活を盗聴する(映画『偽りの隣人~ある諜報員の告白』)

日本では昨今韓国の文化が人気だ。ファッション、グルメ、アイドル、ドラマが日本のト ...

dotefu 6
映画『土手と夫婦と幽霊』名古屋舞台挨拶レポート

映画『土手と夫婦と幽霊』の初日舞台挨拶が名古屋シネマスコーレで行われ、星能豊さん ...

1630987203131 7
星能さん、ちょっと聞いてもいいですか?(映画『土手と夫婦と幽霊』星能豊さんインタビュー)

  インディーズで作品を作り続けてきた渡邉高章監督の中編『土手と夫婦と ...

watasinotonari2 8
【岐阜推し】映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』堀江貴大監督インタビュー

漫画家夫婦、5年目の危機。 妻の新作のテーマは不倫。しかもどう読んでも自分たちの ...

hamanoasahimain 9
タナダユキ監督最新作は嘘から始まった南相馬の映画館を立て直す人たちの物語(映画『浜の朝日の噓つきどもと』)

『百万円と苦虫女』、『四十九日のレシピ』や『ロマンスドール』のタナダユキ監督によ ...

ala2021_1 10
アーラ映画祭2021 ラインナップ発表!今年は5日間8作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2021の全ラインナッ ...

maria1 11
原爆投下後の長崎で生きる人々を描く(映画『祈り-幻に長崎を想う刻(とき)-』)

日本には忘れてはならない過去がある。 1945年8月。広島、長崎に原子力爆弾が落 ...

IMG_20210728_134155 12
あいち国際女性映画祭2021ラインナップ発表 今年は9月2日~9月5日

あいち国際女性映画祭2021の記者発表が7月28日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

Bittersand3 13
映画『Bittersand』井上祐貴さん、溝口奈菜さん、搗宮姫奈さんインタビュー

映画『Bittersand』の公開記念舞台挨拶が名古屋・伏見ミリオン座で行われた ...

bokukimi 14
人を思う心は壁を超える(映画『僕が君の耳になる』)

「僕が君の耳になる」という曲をご存知だろうか。ボーカル&手話パフォーマンスグルー ...

nosari10 15
映画『のさりの島』名古屋上映初日舞台挨拶レポート

映画『のさりの島』名古屋上映初日舞台挨拶が6月19日、名古屋・名演小劇場で行われ ...

rika2 16
映画では空飛ぶ純愛モンスター。空を飛ぶのは楽しい!?(映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』高岡早紀さんインタビュー)

第2回ホラーサスペンス大賞を受賞し、累計65万部を突破した五十嵐貴久氏の人気サイ ...

©2020「名も無い日」製作委員会 17
名古屋を舞台に製作されたある家族の物語(映画『名も無い日』日比遊一監督インタビュー)

愛知県名古屋市発信の映画『名も無い日』。 記者発表から3年。満を持して公開された ...

blueheaven8 18
岐阜は大好きな場所なんです(映画『ブルーヘブンを君に』由紀さおりさんインタビュー)

岐阜を舞台にブルーヘブンという青いバラの交配に成功した女性が自身の新たな夢を見つ ...

hutuu 19
誰にでも普通の生活を送るという権利はある(映画『普通に死ぬ~いのちの自立~)』

昨年あいち国際女性映画祭で上映されたドキュメンタリー『普通に死ぬ~いのちの自立~ ...

hati1 20
映画『ハチとパルマの物語』岐阜 公開記念舞台挨拶レポート

映画『ハチとパルマの物語』上映記念舞台が5月30日岐阜大垣コロナシネマワールドで ...

nosari1 21
優しい嘘はいかが?今だからこそ『のさりの心』を伝えたい(映画『のさりの島』山本起也監督インタビュー)

熊本県島原市にある銀天街は昭和には沢山の人が集まる商店街だった。令和の今、シャッ ...

hati1 22
ロシア発。忠犬パルマと少年の友情と家族の物語(映画『ハチとパルマの物語』)

映画サイトCafe mirageでは地元岐阜で短編映画を上映するイベントMIRA ...

kurenazume1 23
あの夕暮れ時を仲間と見よう(映画『くれなずめ』)

成田凌、高良健吾、若葉竜也、藤原季節、浜野謙太、目次立樹と聞くと、ここ数年の映画 ...

Toff_Guys_Day_24_173.ARW 24
紳士=ジェントルメンの駆け引きが楽しめるガイ・リッチー監督の快作(映画『ジェントルメン』)

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』、『スナッチ』、『シ ...

beach1 25
どこまでも自由と愛に生きる(映画『ビーチバム まじめに不真面目』)

ここまで自制心なく、欲望のまま正直に生きることが出来たら、清々しい。どこか羨まし ...

blueheaven1 26
映画『ブルーヘブンを君に』完成披露舞台挨拶レポート

映画『ブルーヘブンを君に』の完成披露舞台挨拶が 4月24日岐阜市の岐阜清流文化プ ...

©2020 “A Garden of Camellias” Film Partners 27
美しい映像の中にある家族の物語(映画『椿の庭』)

とても静かだが、心に残る映画に出会った。 美しい映像もさることながら、見終わった ...

ikiro3 28
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 29
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 30
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 31
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 32
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 33
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 34
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 35
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 36
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 37
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 38
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 39
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 40
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 41
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 42
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 43
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 44
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...