Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

yamanaka5

EntaMirage! Movie 岐阜推し!

第38回CINEX映画塾 映画『山中静夫氏の尊敬死』村橋明郎監督トークショーレポート

第38回CINEX映画塾『山中静夫氏の尊厳死』村橋明郎監督トークショーが8月1日岐阜CINEX、CINEXマーゴで開催された。

数ヶ月ぶりに行われた映画塾。コロナウイルス感染対策のため、席数を3分の1に減らして開催された。岐阜CINEXでのトークショーをお届けする。(聞き手・岐阜新聞社後藤さん)

後藤さん
「村橋監督とは映画部が始まる前になりますが、監督が自主製作で作られた『BANK』が渋谷の映画館で大ヒットして評判になった時に、監督が岐阜の関市出身だということを知りまして会いにいきました。まだ映画部はありませんでしたが、この映画館で監督をお呼びしてトークショーを行ったというご縁があります」

村橋監督
「監督をしました村橋です。今日は大変な時期に関わらず足を運んでいただいてありがとうございます。僕は神奈川に住んでおりまして、東京から来たわけではありません。4か月以上東京には足を踏み入れておりません。昨日車で来る時に、岐阜では非常事態宣言が出たので引き返そうと思ったんですが、来てよかったです。ありがとうございます」

yamanaka9

後藤さん
「この映画はシネスイッチ銀座では2月14日から公開を始められていい形でスタートされて、僕も楽しみにしておりましたが、自粛で上映延期ということになってしまって。色々ご苦労はあったかと思いますが、作品を作るきっかけから教えていただけますか」

村橋監督
「南木佳士さんという医者であり小説家である方の原作がありまして。出版されたのが26、7年前になるんですが、その頃に読んだんです。いつかこういう映画を撮りたいとその当時から温めていた企画です。その頃に企画書を作っていろんなプロデューサーに見せたんですが、ほとんどのプロデューサーがこんな暗い作品はやりたくないという一言で終わってしまったんです。前作『ある取り調べ』の撮影が終わった後に再度原作を読み返したら、これは今こそやるべき作品だと思いまして。一気に自分で脚本にして、今回のプロデューサーに見せたら1週間後に返事が来ました。「実は自分もこういう映画がやりたいんだ」と。そこから話が進み始めました」

後藤さん
「このところニュースでも安楽死問題、尊厳死に関わることが報道されていますが、そういった意味でもこの作品はタイムリーだと思います。原作の南木佳士さんは『ダイヤモンドダスト』で芥川賞をちょうど100回目で受賞されている方で。現在は長野県佐久市に住んでいらっしゃるんですね」

村橋監督
「そうです。今でも非常勤で週に何回か病院で勤務されています」

後藤さん
「今回の撮影も佐久市で撮られたんですよね?」

村橋監督
「一部鬼押出しで撮影していますが、ほとんどが佐久市での撮影です」

後藤さん
「佐久市は医療がすごく進んでいる街だと伺いました」

村橋監督
「そうなんです。関市と同じくらいの9万人ぐらいの人口なんですが大病院が3つあるんです。ドクターヘリが降りるような病院もあります。圧倒的に医療が進んでいます」

浅間山が見えるということにこだわった病室

後藤さん
「病院のシーンはではその病院で撮影されたんですね」

村橋監督
「中村梅雀さんの病室は病院じゃないんです。ロケハンで場所を探しているときに唯一こだわったのが病室の窓から浅間山がちゃんと見えることだったんです。見えれば病室でなくても会社の一室でもいいと言って探したんですけどなくて。佐久市の観光課の方も一緒に探してくださったんですけどいいところがなくて。最終的に観光課の職員さんから「市役所の8階の会議室を見てみますか?」と提案がありました。そこを見たらここだ!と思いましてそこだけ予算オーバーではあったんですけど会議室にセットを作りました」

後藤さん
「撮影期間はどれくらいだったんですか?」

村橋監督
「実質12日間です。山などの実景撮影にはあとプラス2日間かかっています」

後藤さん
「南木さんの原作を脚本にするにあたってどうアプローチされたんでしょうか」

村橋監督
「原作は何回も読みました。原作をそのまま映画にすることは出来ませんから、何かを引いたり足したりする作業が必要なんです。自分で言うのはなんですが、その作業は上手く行っていると思います。脚本を褒めていただくことがあまりないんですけど(笑)」

後藤さん
「脚本は本当によく積み上げられているなと思います。そしてキャスティングもすばらしいと思います。中村梅雀さん、津田寛治さんというのは思った通りのキャスティングなんですか?」

村橋監督
「最初は医者が主役で患者はもう少し準主役的にキャスティングを考えていたんですが、ある時プロデューサーから「最近はダブル主演というのが流行っている。ダブル主演にしてこの2人はどうですか?」と提案があって。この2人ならいいかなと思いまして。それで決めました」

後藤さん
「確かに医者と患者ちょうど半々で分けられた脚本でダブル主演も納得です。実際に演出されるにしてもこのお二人なら凄い説得力を持って役に取り組まれたのではないかと思うんですが」

村橋監督
「そうですね。脚本を読んで是非とも自分がやりたいと2人とも思ってくださって。津田寛治さんはこの作品のために13㎏減量しています。現場で初めてあった時に「大丈夫ですか?」と聞いたくらいです。中村梅雀さんも5㎏減量しています。梅雀さんには僕は衣装合わせの時に痩せなくてもいいと言ったんです。末期がんだとガリガリに痩せてボロボロになって死んでいくというイメージをするんですが、それは僕はやりたくなくて。ずっと最期まできれいで、最期に近づけば近づくほどきれいでいて欲しいと思って。逆に医者の方が疲弊していくという狙いがあったので梅雀さんにそう言ったんですが、梅雀さんは自主的に5㎏減量されていました。ふっくらしているからと5㎏痩せて現場に来たら津田さんは13㎏痩せていてびっくりという(笑)」

yamanaka6

後藤さん
「梅雀さんと言えば映画だと『釣りバカ日誌』の秘書室長役とかどの役を観ても絶対にいい人じゃないですか。これほど人柄が滲み出ているルックスの方はいないんじゃないかと思うんです。末期がんで佐久市で死にたいと自ら懇願するのもぴったりだなと思ったんです。岐阜も佐久の浅間山と千曲川があるように金華山があって長良川があります。僕は東京生活が長いので晩年は故郷に戻りたいという気持ちがよく分かりますし、人が死ぬことに対してこんなに真面目に取り組んだ映画はなかなかないと思います」

後藤さん
「最近だと周防正行監督の『終の信託』だと安楽死と医療の問題があって。患者の安楽死に応えると殺人になってしまうという裁判ものもありましたし、黒澤明監督の『赤ひげ』でも扱われているテーマだとは思いますが、日本では家で死にたいと思っても、病院で医者と相談したとしても津田寛治さんみたいな医者はいないんじゃないかという現実に突き当たるんですけど、その辺りは監督もかなり考えられたのではないかと思うんですが」

村橋監督
「そうですね。多分こんな医者はあんまりいないように思います。ただ、こんな医者がいてくれたらいいなと思って。南木佳士さん自身がそういう医者だったのではないかと思います。南木さんご自身もうつ病になって何年も苦しんでいらっしゃいます」

後藤さん
「南木佳士さんご自身の自伝的な小説だったということなんですね」

村橋監督
「そうだと思います」

後藤さん
「では南木さんとは色々お話されたんですか?」

村橋監督
「公の場にあまり出られない方なので、間に出版社の方が入ってくれてやりとりはしました。まず脚本を書いた時に渡して読んでいただいて向こうから注文が来て。注文に対する回答を出してというやりとりをしていました」

後藤さん
「原作と違うところはあるんですか?」

村橋監督
「原作に確実にないのは浅田美代子さん演じる初恋の人と会う下り。それと原作だと医者には二人息子がいてそんなに深く関わっていない感じなんですが、映画では父と息子の話をやりたいなと思って設定を変えています。あとは台詞です。高野山の住職に知り合いがいまして。最初に出来た脚本を読んでもらって。高野山の宿坊に泊まって住職にいろんな話を聞いたんですが、それが原作にない台詞として反映されています。例えば「人間はその人が生きていたようにしか死ねない」とかです。この台詞は津田寛治さんに言わせようと」

yamanaka10

後藤さん
「監督らしいユーモラスなシーンもありますよね?梅雀さんが看護婦さんのお尻を触るシーンとか。生と死を見つめた作品の中でふっと息を抜いたようなシーンがあるのがいいです」

村橋監督
「袋綴じの話のシーンもそうです。原作にはないです。怒られるかなと思ったんですが喜んでいただけたようです」

後藤さん
「津田寛治さんが辞世の句に対して夜自転車を走らせて夜だから見えないと言っていたりとか」

村橋監督
「ああいうのを自分で書きながら思うのは「この台詞、津田さんはちゃんと言ってくれるかなあ」ということなんです。役者の方から時々「この台詞は言いにくい、言いたくない」と言われることがあるんです。そんなこともあり津田さんに撮影の時に聞いたら「これいいじゃないですか」と本人がのってくださったので撮りました」

後藤さん
「撮影もすばらしいです。撮影監督は高間賢治さん。重鎮の撮影監督さんですがその辺りのコンビネーションはどうでしたか?」

村橋監督
「70才を越えている大ベテランの撮影監督ですが、すごく柔軟でちょっとせっかちなところもあって撮影は早いです。そんなに打ち合わせをしなくてもわかり合えるというところはありました。本当に現場はスムーズでサクサク撮りました」

後藤さん
「主題歌は小椋佳さんですが、これは監督から要望されたんですか?」

村橋監督
「小椋佳さんの「愛燦燦」は美空ひばりさんが歌われていますが、僕は小椋さんが歌っている「愛燦燦」が好きで、プロデューサーが小椋さんの事務所と繋がりがあり、オファーしたら、こころよく引き受けていただけたんです。こっちは予算があまりなかったので大丈夫かなと思ったんですが、ちゃんと作っていただけました」

後藤さん
「村橋監督もメジャーで撮ったり、自主製作で自分の企画を持ち込んで映画製作されていますよね。その辺りの現実は今どうなっていますか?」

村橋監督
「今までも結構きつかったんですが、特に僕みたいなポジションでいると自分の撮りたいものは自分で作るしかないんです。向こうからオファーが来ることがあまりないので。そういう人間が必死になって作っているんですが。コロナウイルスの影響でこれからどういう映画作りになっていくか全く見えない状況です。この映画が大ヒットしてアカデミー賞を獲るくらいになったら黙っていても仕事がくるのでいいとは思うんですが。本当にどうしましょうという感じです」

名古屋に出て映画と出会う

後藤さん
「監督のスタンスのすばらしいところは数年経つとまた次の映画の準備をされていることなんです。本当に立派だなと思います。監督はそもそもなぜ映画の道に進もうとされたんですか?」

村橋監督
「大学受験に失敗しまして。名古屋の予備校に行くことになったんです。通うことも出来たんですが、親が下宿させてやるから一生懸命勉強しろと言って河合塾から5分くらいのところで下宿しました。その間に映画を観るようになって。1973年のアメリカ映画『スケアクロウ』を観て、「なんだこれは!こんな世界があるのか」と。それまでは映画に興味はなかったんですけど大学の受験雑誌を見たら芸術学部映画学科というのを見つけて。ここいくしかないと思って日大へ進みました。総合学科なので教職だけ取っておけば良かったんですが、遊びたかったのでそれも取らず(笑)」

後藤さん
「大学に入ったとはいえそんな簡単に映画監督にはなれるわけはないですよね?」

村橋監督
「いばらの道ですね。まずあの頃は助監督になれなかったですね。大学を卒業して3年ぐらい色々アルバイトをしながらコツコツ脚本を書いて「助監督になりたいんだ」と回って」

後藤さん
「監督がここを見てほしいというところはありますか?」

村橋監督
「実はタイトルなんですが、僕は尊厳死という言葉を使いたくなくて。題名を変えたいと何回か頑張ってみたんですが、南木さんが原作のタイトルのままで使ってほしいと要望があって。尊厳死とはなっていますが、尊厳死とは何ぞやというのを追求しているのではなく、どういう風に人が死んでいったかという話ではなくて、限りある時間をどう生きたか、それに医者がどう向き合ってくれたかという作品だと自分では思っていますのでその辺りがうまく繋がればいいなと思います。梅雀さんが完成した作品を初めて試写で観たときに観終わってから「もうちょっと自分も一生懸命生きていこうと思った」と言われて。それが一番嬉しい言葉でした」

観客から
「先ほど脚本について原作者から注文があったと言われていましたが結構それで直されたんでしょうか?また監督としては医者と患者どちらの方に思いを置かれていますか?」

村橋監督
「感情移入ということで言えば医者と患者どちらにも五分五分です。どちらもしっかり描きたくて。二人というよりも二つの家族ですね。その辺がうまく出ればいいなと思いました。脚本の縛りについては南木さんと直接話はしていないんですけど、結構細かい指摘をされたんですがそれはご本人の意見もありますが間に入った出版社の意見でもあったと思います。それに対して30項目ぐらいあったと思いますが、一つ一つこういう思いで変更したとか追加しているとかを書いてそれを送り返したら「もう言うことはない」と言われました。出版社から「こんなきちんと回答してくれる監督は初めてです」と言われました。完成試写を五反田でやったときに南木さんがご夫婦で来てくださって。映画を観て原作者が何を言うんだろうというのが心配だったんですが、観終わって南木さんからこちらに近づいて来て「とてもいい映画でした」と声をかけてくださったのでホッとしましたね」

CINEXロビーにて

CINEXロビーにて

-EntaMirage!, Movie, 岐阜推し!
-

おすすめの記事はこれ!

©2019「ばるぼら」製作委員会 1
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 2
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 3
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...

minori1 4
予告編から本編製作決定した映画がついに公開!(映画『実りゆく』)

堤幸彦監督、大根仁監督が所属する、オフィスクレッシェンド主催の「MI-CAN 未 ...

hosinoko1 5
あなたの信じる人は誰ですか?(映画『星の子』)

『日日是好日』の大森立嗣監督最新作は令和初の第161回芥川賞を受賞した今村夏子原 ...

20200919_015438 6
MIRAGE THEATRE Vol.1 開催決定! サブカルチャーに浸れ

Cafe mirageが岐阜・柳ヶ瀬の喫茶星時とコラボレーションして開催する一日 ...

villavan2 7
映画&ドラマ公開放送記念!ヴィレッジヴァンガード スーパーファンフェスタ イベントレポート

名古屋が生んだ遊べる本屋「ヴィレッジヴァンガード」。その個性出し過ぎ、そして誰か ...

©2020「名も無い日」製作委員会 8
未来チケット購入で来年公開の名古屋が舞台の映画を応援しよう 映画『名も無い日』日比遊一監督インタビュー①(Mirageなお客様その⑩)

名古屋市の熱田周辺で作られる映画の製作発表があると聞いて取材に行ったのは2018 ...

challenged7 9
映画『Challenged チャレンジド』小栗謙一監督舞台挨拶レポート&インタビュー

映画『Challenged チャレンジド』の公開記念舞台挨拶が9月13日名古屋・ ...

Midway ©2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved. 10
映画『ミッドウェイ』公開記念初日トークイベントレポート

第二次世界大戦の中でも、歴史を左右するターニングポイントとなった激戦として知られ ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 11
夫婦のやり取りに笑いがこみ上げる 映画『喜劇 愛妻物語』濱田岳さん 水川あさみさんインタビュー

悲喜こもごもという言葉がある。結婚し、家族として暮らしていると様々な喜怒哀楽があ ...

©2020ソワレフィルムパートナーズ 12
居場所のない二人のかりそめの逃避行(映画『ソワレ』)

彼女に会ったのはある映画の現場だった。 彼女はブルーハワイのクリームソーダをニコ ...

0824福徳神社_032 13
映画『人数の町』完成記者会見レポート

9月4日(金)より全国公開を迎える映画『人数の町』完成記者会見が8月24日行われ ...

©チューリップテレビ 14
映画『はりぼて』 名古屋初日リモート舞台挨拶レポート

映画『はりぼて』名古屋初日リモート舞台挨拶が名古屋・名演小劇場で8月22日10時 ...

©チューリップテレビ 15
身近に広がるはりぼてな世界(映画『はりぼて』)

2016年、富山市議会で次々と議員が辞職する事件が起こった。政務活動費を架空請求 ...

yamanaka5 16
第38回CINEX映画塾 映画『山中静夫氏の尊敬死』村橋明郎監督トークショーレポート

第38回CINEX映画塾『山中静夫氏の尊厳死』村橋明郎監督トークショーが8月1日 ...

©2020「名も無い日」製作委員会 17
映画『名も無い日』キャストコメント到着!

来年公開予定、名古屋で撮影された映画『名も無い日』の場面写真とキャストコメントが ...

コピーライトマーク映画「時の行路」製作委員会 18
非正規雇用を改めて考える(映画『時の行路』)

神山征二郎監督は岐阜出身の監督だ。 今までも家族と共に生きる人々を丁寧に描いてき ...

19
僕らのヴィレヴァンが映画になる!遊べる本屋でサブカル・ウォーズ?(映画『リトル・サブカル・ウォーズ~ヴィレヴァン!の逆襲~』)

名古屋が生んだ、遊べる本屋「ヴィレッジヴァンガード」。本屋に来たのか?雑貨屋に来 ...

namo7 20
名古屋を舞台に3兄弟の数奇な運命を描く『名も無い日』公開決定!名古屋の映画を応援するチケットも発売決定!

熱田神宮での記者発表から2年。いよいよ名古屋で撮影された作品が公開されることが決 ...

ninzuu1 21
欲望が満たされる町の秘密とは?(映画『人数の町』予告映像、ビジュアル解禁)

河瀨直美監督(河瀨の瀨は瀬の旧字体)を審査員長に迎え、2017年に発表された第1 ...

kodera1 22
のぼる姿が美しい小寺さん(映画『のぼる小寺さん』)

自分のすぐ近くで輝いている人はどんな人? 卓球部の近藤が惹かれたのはただただ上を ...

kimigairu5 23
痛みと共に生きていく(映画『君がいる、いた、そんな時。』迫田公介監督舞台挨拶レポート)

日本人とフィリピン人のハーフというだけでいじめられる正哉、給食時間の空気が読めな ...

Die Familien Strelzyk und Wetzel starten den Ballon - Peter Strelzyk (Friedrich Mücke, l.), Doris Strelzyk (Karoline Schuch, r.) und Andreas Strelzyk (Tilman Döbler) 24
気球に乗って国境の壁をこえろ(映画『バルーン 奇蹟の脱出飛行』)

ドイツという国も戦争で翻弄された国の一つだ。東西冷戦の中、ドイツは共産主義の東ド ...

itidomo1 25
伝説の殺し屋、最大の危機!?石橋蓮司が魅せる表と裏の顔(映画『一度も撃ってません』)

石橋蓮司という役者を知ったのはいつの頃なのかもう覚えていない。時代劇や2時間ドラ ...

20190406201104_IMG_0771 26
東海地区の映画館、劇場を応援しよう(応援方法まとめ)

東海地区の映画館、劇場を応援しよう(応援方法まとめ)新型コロナウイルス感染防止の ...

hanamuko encore1 27
国際結婚家族に移住計画勃発?(映画『最高の花婿 アンコール』)

結婚とは結婚する二人だけの話ではない。 二人のそれぞれの家族が大きく関わってくる ...

renren (5) 28
涼夏のここが今ツボ⑦ MIRAGE THEATRE Vol.0 映画『恋恋豆花』名古屋公開前夜祭トーク&ライブによせて

MIRAGE THEATRE VOL.0 映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』ト ...

carenin2_1 29
よりよい一日を目指して(映画『ケアニン~こころに咲く花~』)

介護福祉士・大森圭が帰ってきた。2017年の公開から日本全国で上映が続いている『 ...

biglittle5 30
ここは地球に愛される農場(映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』)

自分達で一から作る生活というのは軌道に乗るまでがとても大変だ。 「自然と共存する ...

yamanaka5 31
今だからずっと温めてきたこの映画を撮りたい(映画『山中静夫氏の尊厳死』村橋明郎監督インタビュー)

自分に残された時間があとわずかと知ったらあなたは残りの人生をどう生きるだろうか。 ...

20200307145335_IMG_2835_ 32
映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋公開初日舞台挨拶が3月7日、名古屋・名 ...

kessan3 33
第37回CINEX映画塾『決算!忠臣蔵』中村義洋監督トークレポート

中村義洋監督が岐阜大学病院をロケ地に撮影した2009年の『ジェネラル・ルージュの ...

rerendoufa1 34
台湾の旅は美味しい出会いの旅(映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』)

名古屋から飛行機で約3時間。 日本語がかなり通じる異文化都市・台湾は一度は行って ...

1581834114678 35
涼夏のここが今ツボ⑥ 星能豊がつなげる映画の縁ー特集上映『星能豊 retrospective』ー

私は星能豊のことを今回のイベントチラシにこう書いた。 現場で会った時とスクリーン ...

rerentoufa 36
MIRAGE THEATRE vol.0  映画『恋恋豆花』名演小劇場上映前夜祭!洸美・ミニライブ&今関あきよし監督トークショー 開催決定!

Cafe mirageが今年岐阜柳ケ瀬のカフェ星時とタッグを組んでお送りする企画 ...

goon1 37
Go on 人生は続いていく(映画『轟音』)

片山享という人の作品と出会ったのは2018年のはままつ映画祭だった。 彼の故郷福 ...

hitoyo3 38
第36回CINEX映画塾『ひとよ』白石和彌監督トークレポート

あの日がなければ人生が変わっていたかもしれない、あの日があったから今がある。 そ ...

maeda1 39
我らのブルーオーシャンを開拓せよ!(映画『前田建設ファンタジー営業部』)

永井豪氏原作のアニメ「マジンガーZ」の出撃シーンで登場する地下格納庫兼プールを、 ...

kaze3 40
風は思いを乗せて(映画『風の電話』モトーラ世理奈さん、諏訪敦彦監督インタビュー)

岩手県大槌町のガーデンデザイナーがもう一度死別した従兄弟と話したいと願って自身の ...

his7 41
演じたことで変化する自らの感覚(映画『his』名古屋先行上映舞台挨拶レポート)

昨年『愛がなんだ』が大ヒットし、2020年も監督作が続けて公開される今泉力哉監督 ...

okazaki_main 42
鏡が映す4つの恋愛模様(映画『おかざき恋愛四鏡』)

愛知県岡崎市で撮影された『おかざき恋愛四鏡』が岡崎での先行公開を経ていよいよ1月 ...

midori1 43
「待ってください。ちょっと停めただけじゃない!」「いいえダメです」(映画『ミドリムシの夢』)

ミドリムシとは皆さん、なんのことかご存じだろうか。 普通はユーグレナのことだが今 ...

FF20180522_Stills0219.jpg 44
漁師達のコーラスグループがメジャーデビュー!?(映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』)

歌が巧いというのは音程が取れるという意味もあるが、それよりも歌をいかに自分のもの ...

theater__d_omote 45
『MIRAGE THEATRE』上映作品募集開始!

  当サイトCafe mirageは2019年に『MIRAGE THE ...

DSC_0409 46
観る者の心をざわつかせる映画『MANRIKI』の引力とは?(名古屋舞台挨拶レポート)

映画『MANRIKI』の公開記念舞台挨拶が12月12日名古屋センチュリーシネマで ...

向こうの家 47
映画『向こうの家』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『向こうの家』の初日舞台挨拶が12月7日名古屋シネマテークで行われた。 『向 ...

CH1 48
3度目の実写シティーハンター、出来栄えは?(『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』)

29日公開『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は北条司 ...

itukano7 49
第35回CINEX映画塾『いつかのふたり』トークレポート

第35回CINEX映画塾が11月9日岐阜CINEXで開催された。 作品は『いつか ...

inoti2 50
新たな夢は動物園に(映画『いのちスケッチ』)

夢を追っていても、叶えられない人は沢山いる。自身の夢をあきらめることは悔しいが、 ...

IMG_20191111_080319 51
金沢の夜がアツい!ROJIURAシネマ鑑賞レポート(涼夏のこれが今ツボ⑤)

「ROJIURA CINEMA」を観に金沢に出かけた。 岐阜からは特急しらさぎで ...

左:中川龍太郎監督 右:松本穂香さん 52
映画『わたしは光をにぎっている』松本穂香さん、中川龍太郎監督インタビュー

CMや様々なジャンルの映画に多数出演し、注目を集める松本穂香を主演に迎え、中川龍 ...

kagehumi1 53
『月とキャベツ』の縁から生まれた新たな山崎まさよし×篠原哲雄監督作品(映画『影踏み』篠原哲雄監督インタビュー)

映画『月とキャベツ』を毎年上映している映画祭がある。群馬県中之条町で開催される伊 ...

GARO_GEKKOU_0 54
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』名古屋舞台挨拶レポート&中山麻聖さん、雨宮慶太監督、勇翔さん(BOYS AND MEN)インタビュー

『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』の公開記念舞台挨拶が10月6日109シネマズ名 ...

sousiki1 55
友よ、皆に送られて安らかに逝け(映画『葬式の名人』)

『おくりびと』以降、逝く人を見送る職業の人々を描く映画は沢山作られており、今回も ...

mukounoie1 56
僕の知らないもう一つの森田家(映画『向こうの家』西川監督インタビュー追加)

食卓というのは家族の雰囲気がわかる場所だ。 家族四人で朝ご飯を囲む、幸せな家庭に ...

jimoto8 57
地元ピース!岐阜上映は超満席!!

映画『地元ピース!』の岐阜上映会が6月9日岐阜・柳ヶ瀬のCINEXで行われた。 ...