Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

yamanaka5

EntaMirage! Movie 岐阜推し!

第38回CINEX映画塾 映画『山中静夫氏の尊敬死』村橋明郎監督トークショーレポート

第38回CINEX映画塾『山中静夫氏の尊厳死』村橋明郎監督トークショーが8月1日岐阜CINEX、CINEXマーゴで開催された。

数ヶ月ぶりに行われた映画塾。コロナウイルス感染対策のため、席数を3分の1に減らして開催された。岐阜CINEXでのトークショーをお届けする。(聞き手・岐阜新聞社後藤さん)

後藤さん
「村橋監督とは映画部が始まる前になりますが、監督が自主製作で作られた『BANK』が渋谷の映画館で大ヒットして評判になった時に、監督が岐阜の関市出身だということを知りまして会いにいきました。まだ映画部はありませんでしたが、この映画館で監督をお呼びしてトークショーを行ったというご縁があります」

村橋監督
「監督をしました村橋です。今日は大変な時期に関わらず足を運んでいただいてありがとうございます。僕は神奈川に住んでおりまして、東京から来たわけではありません。4か月以上東京には足を踏み入れておりません。昨日車で来る時に、岐阜では非常事態宣言が出たので引き返そうと思ったんですが、来てよかったです。ありがとうございます」

yamanaka9

後藤さん
「この映画はシネスイッチ銀座では2月14日から公開を始められていい形でスタートされて、僕も楽しみにしておりましたが、自粛で上映延期ということになってしまって。色々ご苦労はあったかと思いますが、作品を作るきっかけから教えていただけますか」

村橋監督
「南木佳士さんという医者であり小説家である方の原作がありまして。出版されたのが26、7年前になるんですが、その頃に読んだんです。いつかこういう映画を撮りたいとその当時から温めていた企画です。その頃に企画書を作っていろんなプロデューサーに見せたんですが、ほとんどのプロデューサーがこんな暗い作品はやりたくないという一言で終わってしまったんです。前作『ある取り調べ』の撮影が終わった後に再度原作を読み返したら、これは今こそやるべき作品だと思いまして。一気に自分で脚本にして、今回のプロデューサーに見せたら1週間後に返事が来ました。「実は自分もこういう映画がやりたいんだ」と。そこから話が進み始めました」

後藤さん
「このところニュースでも安楽死問題、尊厳死に関わることが報道されていますが、そういった意味でもこの作品はタイムリーだと思います。原作の南木佳士さんは『ダイヤモンドダスト』で芥川賞をちょうど100回目で受賞されている方で。現在は長野県佐久市に住んでいらっしゃるんですね」

村橋監督
「そうです。今でも非常勤で週に何回か病院で勤務されています」

後藤さん
「今回の撮影も佐久市で撮られたんですよね?」

村橋監督
「一部鬼押出しで撮影していますが、ほとんどが佐久市での撮影です」

後藤さん
「佐久市は医療がすごく進んでいる街だと伺いました」

村橋監督
「そうなんです。関市と同じくらいの9万人ぐらいの人口なんですが大病院が3つあるんです。ドクターヘリが降りるような病院もあります。圧倒的に医療が進んでいます」

浅間山が見えるということにこだわった病室

後藤さん
「病院のシーンはではその病院で撮影されたんですね」

村橋監督
「中村梅雀さんの病室は病院じゃないんです。ロケハンで場所を探しているときに唯一こだわったのが病室の窓から浅間山がちゃんと見えることだったんです。見えれば病室でなくても会社の一室でもいいと言って探したんですけどなくて。佐久市の観光課の方も一緒に探してくださったんですけどいいところがなくて。最終的に観光課の職員さんから「市役所の8階の会議室を見てみますか?」と提案がありました。そこを見たらここだ!と思いましてそこだけ予算オーバーではあったんですけど会議室にセットを作りました」

後藤さん
「撮影期間はどれくらいだったんですか?」

村橋監督
「実質12日間です。山などの実景撮影にはあとプラス2日間かかっています」

後藤さん
「南木さんの原作を脚本にするにあたってどうアプローチされたんでしょうか」

村橋監督
「原作は何回も読みました。原作をそのまま映画にすることは出来ませんから、何かを引いたり足したりする作業が必要なんです。自分で言うのはなんですが、その作業は上手く行っていると思います。脚本を褒めていただくことがあまりないんですけど(笑)」

後藤さん
「脚本は本当によく積み上げられているなと思います。そしてキャスティングもすばらしいと思います。中村梅雀さん、津田寛治さんというのは思った通りのキャスティングなんですか?」

村橋監督
「最初は医者が主役で患者はもう少し準主役的にキャスティングを考えていたんですが、ある時プロデューサーから「最近はダブル主演というのが流行っている。ダブル主演にしてこの2人はどうですか?」と提案があって。この2人ならいいかなと思いまして。それで決めました」

後藤さん
「確かに医者と患者ちょうど半々で分けられた脚本でダブル主演も納得です。実際に演出されるにしてもこのお二人なら凄い説得力を持って役に取り組まれたのではないかと思うんですが」

村橋監督
「そうですね。脚本を読んで是非とも自分がやりたいと2人とも思ってくださって。津田寛治さんはこの作品のために13㎏減量しています。現場で初めてあった時に「大丈夫ですか?」と聞いたくらいです。中村梅雀さんも5㎏減量しています。梅雀さんには僕は衣装合わせの時に痩せなくてもいいと言ったんです。末期がんだとガリガリに痩せてボロボロになって死んでいくというイメージをするんですが、それは僕はやりたくなくて。ずっと最期まできれいで、最期に近づけば近づくほどきれいでいて欲しいと思って。逆に医者の方が疲弊していくという狙いがあったので梅雀さんにそう言ったんですが、梅雀さんは自主的に5㎏減量されていました。ふっくらしているからと5㎏痩せて現場に来たら津田さんは13㎏痩せていてびっくりという(笑)」

yamanaka6

後藤さん
「梅雀さんと言えば映画だと『釣りバカ日誌』の秘書室長役とかどの役を観ても絶対にいい人じゃないですか。これほど人柄が滲み出ているルックスの方はいないんじゃないかと思うんです。末期がんで佐久市で死にたいと自ら懇願するのもぴったりだなと思ったんです。岐阜も佐久の浅間山と千曲川があるように金華山があって長良川があります。僕は東京生活が長いので晩年は故郷に戻りたいという気持ちがよく分かりますし、人が死ぬことに対してこんなに真面目に取り組んだ映画はなかなかないと思います」

後藤さん
「最近だと周防正行監督の『終の信託』だと安楽死と医療の問題があって。患者の安楽死に応えると殺人になってしまうという裁判ものもありましたし、黒澤明監督の『赤ひげ』でも扱われているテーマだとは思いますが、日本では家で死にたいと思っても、病院で医者と相談したとしても津田寛治さんみたいな医者はいないんじゃないかという現実に突き当たるんですけど、その辺りは監督もかなり考えられたのではないかと思うんですが」

村橋監督
「そうですね。多分こんな医者はあんまりいないように思います。ただ、こんな医者がいてくれたらいいなと思って。南木佳士さん自身がそういう医者だったのではないかと思います。南木さんご自身もうつ病になって何年も苦しんでいらっしゃいます」

後藤さん
「南木佳士さんご自身の自伝的な小説だったということなんですね」

村橋監督
「そうだと思います」

後藤さん
「では南木さんとは色々お話されたんですか?」

村橋監督
「公の場にあまり出られない方なので、間に出版社の方が入ってくれてやりとりはしました。まず脚本を書いた時に渡して読んでいただいて向こうから注文が来て。注文に対する回答を出してというやりとりをしていました」

後藤さん
「原作と違うところはあるんですか?」

村橋監督
「原作に確実にないのは浅田美代子さん演じる初恋の人と会う下り。それと原作だと医者には二人息子がいてそんなに深く関わっていない感じなんですが、映画では父と息子の話をやりたいなと思って設定を変えています。あとは台詞です。高野山の住職に知り合いがいまして。最初に出来た脚本を読んでもらって。高野山の宿坊に泊まって住職にいろんな話を聞いたんですが、それが原作にない台詞として反映されています。例えば「人間はその人が生きていたようにしか死ねない」とかです。この台詞は津田寛治さんに言わせようと」

yamanaka10

後藤さん
「監督らしいユーモラスなシーンもありますよね?梅雀さんが看護婦さんのお尻を触るシーンとか。生と死を見つめた作品の中でふっと息を抜いたようなシーンがあるのがいいです」

村橋監督
「袋綴じの話のシーンもそうです。原作にはないです。怒られるかなと思ったんですが喜んでいただけたようです」

後藤さん
「津田寛治さんが辞世の句に対して夜自転車を走らせて夜だから見えないと言っていたりとか」

村橋監督
「ああいうのを自分で書きながら思うのは「この台詞、津田さんはちゃんと言ってくれるかなあ」ということなんです。役者の方から時々「この台詞は言いにくい、言いたくない」と言われることがあるんです。そんなこともあり津田さんに撮影の時に聞いたら「これいいじゃないですか」と本人がのってくださったので撮りました」

後藤さん
「撮影もすばらしいです。撮影監督は高間賢治さん。重鎮の撮影監督さんですがその辺りのコンビネーションはどうでしたか?」

村橋監督
「70才を越えている大ベテランの撮影監督ですが、すごく柔軟でちょっとせっかちなところもあって撮影は早いです。そんなに打ち合わせをしなくてもわかり合えるというところはありました。本当に現場はスムーズでサクサク撮りました」

後藤さん
「主題歌は小椋佳さんですが、これは監督から要望されたんですか?」

村橋監督
「小椋佳さんの「愛燦燦」は美空ひばりさんが歌われていますが、僕は小椋さんが歌っている「愛燦燦」が好きで、プロデューサーが小椋さんの事務所と繋がりがあり、オファーしたら、こころよく引き受けていただけたんです。こっちは予算があまりなかったので大丈夫かなと思ったんですが、ちゃんと作っていただけました」

後藤さん
「村橋監督もメジャーで撮ったり、自主製作で自分の企画を持ち込んで映画製作されていますよね。その辺りの現実は今どうなっていますか?」

村橋監督
「今までも結構きつかったんですが、特に僕みたいなポジションでいると自分の撮りたいものは自分で作るしかないんです。向こうからオファーが来ることがあまりないので。そういう人間が必死になって作っているんですが。コロナウイルスの影響でこれからどういう映画作りになっていくか全く見えない状況です。この映画が大ヒットしてアカデミー賞を獲るくらいになったら黙っていても仕事がくるのでいいとは思うんですが。本当にどうしましょうという感じです」

名古屋に出て映画と出会う

後藤さん
「監督のスタンスのすばらしいところは数年経つとまた次の映画の準備をされていることなんです。本当に立派だなと思います。監督はそもそもなぜ映画の道に進もうとされたんですか?」

村橋監督
「大学受験に失敗しまして。名古屋の予備校に行くことになったんです。通うことも出来たんですが、親が下宿させてやるから一生懸命勉強しろと言って河合塾から5分くらいのところで下宿しました。その間に映画を観るようになって。1973年のアメリカ映画『スケアクロウ』を観て、「なんだこれは!こんな世界があるのか」と。それまでは映画に興味はなかったんですけど大学の受験雑誌を見たら芸術学部映画学科というのを見つけて。ここいくしかないと思って日大へ進みました。総合学科なので教職だけ取っておけば良かったんですが、遊びたかったのでそれも取らず(笑)」

後藤さん
「大学に入ったとはいえそんな簡単に映画監督にはなれるわけはないですよね?」

村橋監督
「いばらの道ですね。まずあの頃は助監督になれなかったですね。大学を卒業して3年ぐらい色々アルバイトをしながらコツコツ脚本を書いて「助監督になりたいんだ」と回って」

後藤さん
「監督がここを見てほしいというところはありますか?」

村橋監督
「実はタイトルなんですが、僕は尊厳死という言葉を使いたくなくて。題名を変えたいと何回か頑張ってみたんですが、南木さんが原作のタイトルのままで使ってほしいと要望があって。尊厳死とはなっていますが、尊厳死とは何ぞやというのを追求しているのではなく、どういう風に人が死んでいったかという話ではなくて、限りある時間をどう生きたか、それに医者がどう向き合ってくれたかという作品だと自分では思っていますのでその辺りがうまく繋がればいいなと思います。梅雀さんが完成した作品を初めて試写で観たときに観終わってから「もうちょっと自分も一生懸命生きていこうと思った」と言われて。それが一番嬉しい言葉でした」

観客から
「先ほど脚本について原作者から注文があったと言われていましたが結構それで直されたんでしょうか?また監督としては医者と患者どちらの方に思いを置かれていますか?」

村橋監督
「感情移入ということで言えば医者と患者どちらにも五分五分です。どちらもしっかり描きたくて。二人というよりも二つの家族ですね。その辺がうまく出ればいいなと思いました。脚本の縛りについては南木さんと直接話はしていないんですけど、結構細かい指摘をされたんですがそれはご本人の意見もありますが間に入った出版社の意見でもあったと思います。それに対して30項目ぐらいあったと思いますが、一つ一つこういう思いで変更したとか追加しているとかを書いてそれを送り返したら「もう言うことはない」と言われました。出版社から「こんなきちんと回答してくれる監督は初めてです」と言われました。完成試写を五反田でやったときに南木さんがご夫婦で来てくださって。映画を観て原作者が何を言うんだろうというのが心配だったんですが、観終わって南木さんからこちらに近づいて来て「とてもいい映画でした」と声をかけてくださったのでホッとしましたね」

CINEXロビーにて

CINEXロビーにて

-EntaMirage!, Movie, 岐阜推し!
-

おすすめの記事はこれ!

アーラ映画祭-1024x924 1
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 2
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 3
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 4
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 5
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 6
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 7
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 8
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 9
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 10
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 11
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 12
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 13
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 14
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 15
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...