Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

©チューリップテレビ

EntaMirage! Movie

身近に広がるはりぼてな世界(映画『はりぼて』)

2016年、富山市議会で次々と議員が辞職する事件が起こった。政務活動費を架空請求し、受領していたとして、1ヶ月で12人、のべ14人の市議会議員が辞職していった。

このきっかけを作ったのは1990年開局の富山市にあるテレビ局チューリップテレビのスクープ報道だった。

8月22日から名古屋・名演小劇場で公開される『はりぼて』が面白い。笑って観る内容ではないのかもしれないが、議員と報道陣のやりとりが滑稽で笑ってしまう。ニュースでは見られない真実が沢山ある。

『はりぼて』というタイトルにまず興味を持った。

表向きは立派だが中身は何もない。中身が空っぽなのは一体何のことなのだろうか。

保守王国・富山でスクープされた市議会議員の不正

富山県は日本一の保守王国と呼ばれる。割合にすれば有権者の約3.44%が自民党員。少なく感じるかもしれないが、日本一自民党員の割合が多い県だ。市議会議員も自民党員が大半を占める。

このドキュメンタリーの始まりは2016年。市議会の中の最大会派の重鎮的存在が、取材陣からメモを取り上げるという事件が発生。報道の自由を奪われるような出来事で議員に記者会見で記者が鋭く質問したが、煮え切らない答えで交わされてしまう。

©チューリップテレビ

©チューリップテレビ

 

その頃、議員達は自らの議員報酬を10万円増やす議案を通そうとしていた。住民達は大反発。議会でも傍聴席から野次が飛ぶ中、可決されてしまう。

退職金もないから妥当の待遇と主張し、議会への期待からの報酬アップだと議員達は話し、住民の意見は聞き入れなかった。

政務活動費とは?

この作品で話題に上がるのが政務活動費だ。
政務活動費とは何か。政務活動費は、地方議会議員に政策調査研究等の活動のために支給される費用だ。この費用はもちろん市の財政から支払われる。ということは富山市民の税金から払われていることになる。住民が反対するのは道理に適っている。

チューリップテレビの取材陣は議員達の仕事の実態を調べるために市や公共機関に情報公開を求めた。調べていくうちに報酬とは別に支給される政務活動費が実際にかかった費用よりも多く請求されていることを突き止める。全国で唯一富山市だけが政務活動費の予算を使い切っていた。

記者達に直撃され、始めは自身を正当化し、言い逃れをしていた議員達も確固たる証拠を見せられ、謝罪し、泣きながら辞職していく。その議員達の表情や態度の変化に苦笑いしてしまう。
市議会の状況に対する市長の対応も普段のニュース報道ではみられない面白さがある。

©チューリップテレビ

©チューリップテレビ

この作品では2016年にテレビのドキュメンタリーとして放映された『はりぼて 腐敗議会と記者たちの攻防』のその後が描かれている。政務活動費の内訳をチェックする第三者機関が発足したが、新たな政務活動費の不正や市議の不祥事が明らかになっても、今度は辞職しない議員が続出する。それはなぜなのか議員に記者達が真っ向から取材しにいくと、またのらりくらりとした返答が返ってくる。

不祥事を起こし、辞職しなくても許されるという体制はいいのだろうか?どうして市民は声を上げなかったのか。保守王国・富山には新しい風は吹かなかった。
発足した第三者機関も今は機能していない。

国会の様子を知ることはあっても住んでいる街の議会に目を向けることはあまりないように思う。日常をより良くするために代弁者として存在するはずの市議会議員達の不正を暴くこの作品を観て、地元の市議会で何が話し合われているのかをもう少し興味を持った方がいいと感じた。

ジャーナリズムは『はりぼて』に勝てないのか

チューリップテレビの報道陣のその後も描かれているが、東海テレビ製作の『さよならテレビ』でも感じたやるせなさがあった。あれほど追求したのに何も変わらない。また元に戻ってしまう。
一企業のサラリーマンとして報道をするということにはやはり限界があるのか。ジャーナリズムは企業を守るためには貫けないのか。

©チューリップテレビ

©チューリップテレビ

 

議会というネームバリューの中の腐敗した議員達、真実を報道するはずのテレビ局に居場所がなくなる記者達。『はりぼて』の中で生きざるを得ない今の世の中をどう考えればいいのか。観た後に日本の行く末を考えてしまう。

映画『はりぼて』https://haribote.ayapro.ne.jp/は現在全国順次上映中。
8月22日(土)から名古屋・名演小劇場で公開。10月10日より岐阜CINEX、11月7日から伊勢進富座で公開予定。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...