Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

皆さまごきげんよう

EntaMirage! Movie 岐阜推し!

明日、きっと春が来る(映画『皆さま、ごきげんよう』)

2017/03/04

まず。シュールな作品だと思った。
現実にありそうで無い。無さそうである。
そんな映画だ。

その上この映画は何を私に訴えているのか
考えさせてくれるタイプの映画。
ローラーに轢かれてぺっちゃんこになったあの男性は元に戻るのか。
それとも死んだのか。
トムとジェリーの世界なら間違いなく元の形に戻る。
妻が悲しんでいないから大丈夫だったのか。
アニメーションでなく生きた人々の世界を描いているはずなのに
パラレルワールドも普通に入り込んでくる。
これがこの映画を作った監督のマジックか。

『皆さま、ごきげんよう』はそういう作品だ。

アパートの管理人にして武器商人の男と骸骨集めが好きな男。
この老人二人を中心に覗くことが趣味の警察署長や
ローラースケート強盗団、街で暮らすホームレスなど
街で暮らす人々の姿を描いている。

簡単に説明すればそんな話なのだが
なぜか映画はフランス革命後の時代
貴族が民衆の前でギロチンにかけられる場面から始まる。

去年の秋に『スカーレット・ピンパーネル』という
ミュージカルを観て、ギロチンに貴族が大勢かけられたということを
記憶の奥底から呼び戻されていた私は
またこの話に出会ったと思った。
惨劇を冒頭から見せられるのかと。
だがそのシーンは淡々と進む。でも何か滑稽で。
なかなか下がってこないギロチン。
やっと落ちたギロチンで落とされた貴族の首は
あまりに簡単に落ちる。それを怖がることなく拾う女性の姿。
血も全く出ていない。
このシーンは何なのか。首はどうなったのか。
そしてその先は描かれない。

時代は変わっても繋がっている。

場面は新たな時代へと変わっていく。

映画を観ながら途中で気がついた。
場面と場面は別の時代を描いているが根底では繋がっている。
様々なものが何度か登場するのは暗にそれを意味しているのか。
(ギロチンも違う場所でもひっそりと登場するのでご確認を。)

戦時中侵略され、家のものをすべて奪われる人達の姿が描かれたかと思えば
一方で現代のフランスで白昼堂々と鮮やかに盗みを働く
ローラースケート強盗団が描かれる。
歴史は繰り返される。どんな形であれ略奪は起こっている。

居場所を見つけた移民やホームレスも追い出される。
一見平和に見える世の中でも起こっていることは
昔と変わらない。
平和な世の中の矛盾を監督は指摘する。

監督81歳。独自の視点を失わない

監督は風刺の強い作品も多いオタール・イオセリアーニ。
81歳の監督は戦争も戦後も見てきている。
ホームレスや移民を排斥することに反対している監督は
この作品でホームレスたちを街になくてはならぬ存在として扱った。
時に音楽を奏で人を癒し、人を慈しむ。
普通に生きている人達と共存できる仲間として描いている。

コミカルでテンポのよさも感じられるこの作品は
監督の頭の中で作られた世界が忠実に描かれた
絵コンテを元に再現されてできている。
倒れる人々。
雑に置かれたように見える石。
車のドアに挟まれたスカートが映ること。
どれも計算済なのだ。
シリアスな話のに滑稽に見える場面が多い。

覗くという行為は映画を見ている人をその世界に誘う

覗くことが趣味な警察署長の視線は
見ている人の視線と同化する。

カメラ越しに私たちは彼らを覗く。

様々な場面に登場する窓やドア。
これらはヒッチコックの『裏窓』、江戸川乱歩の『屋根裏の散歩者』のように
映画を見ている私たちが覗いているかのような
錯覚をもたらしてくれる。
そこにいないはずの私たちはいつしかこの世界に取り込まれていく。

冬はやがて春になる

どの場面も季節は冬だ。
家を追い出されたとしてもまた新たな土地を探す。
大喧嘩したって仲直りする。
何をしていても時間は経つ。冬はやがて春になる。
生きていれば春が来る。

この作品の原題は
『CHANT D’HIVER』(冬の歌)

今の時代の人々を独自の視点で描きながら監督は
境遇や立場は違っても人それぞれが
幸せを見つけることを願っているのかもしれない。
どんなに辛い冬でも歌を歌って音楽を楽しんで
明るく過ごしたっていいのだ。

また数年後にこの作品をみたら感じることは違うのだろう。
そう思える不思議な作品だ。

『皆さま、ごきげんよう』は東京・岩波ホール他で公開中。
http://www.bitters.co.jp/gokigenyou/index.html
名古屋では1月7日より名演小劇場で公開。

-EntaMirage!, Movie, 岐阜推し!

おすすめの記事はこれ!

この世界の片隅に 1
岐阜&高山で『この世界の片隅に』上映&豪華トークショー決定 のん×片渕須直監督×真木太郎プロデューサー 

岐阜&高山で『この世界の片隅に』上映&豪華トークショー決定 のん×片渕須直監督× ...

2
あなたが私を覚えていてくれる ー夫婦の絆ー 映画『八重子のハミング』佐々部清監督インタビュー

『八重子のハミング』 特に好きなのは冒頭、八重子が誠吾の病気を知り、 寝るときに ...

3
淵に立って描きたいもの(映画『淵に立つ』トークショー)

岐阜の映画館で上質な映画を見てもらいたい。 その思いで立ち上がった岐阜新聞映画部 ...

4
一般映画館で初「フレンドリー上映」開催-名古屋センチュリーシネマ(『ぼくと魔法の言葉たち』)

ディズニーの映画は世界中の老若男女に愛される。 子供と大人が一緒に見ても楽しめる ...

5
Theater Cafe シアターカフェ 5周年大開放祭 短編一挙上映

名古屋の大須には昔たくさんの映画館があった。 しかし次第に閉館し、しばらくはひと ...

彼らが本気で 6
荻上監督が放つ性を越えた愛情の物語(映画『彼らが本気で編むときは、』)

家族の形は変わりつつある。 世の中でもトランスジェンダーに対する動きは変わりつつ ...

モンロワ 7
恋愛の先にあるもの(映画『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』)

どう見ても人間的にダメな男、ダメな女はいる。 でも放っておけない。なぜか好きにな ...

アーラ映画祭 8
アーラ映画祭復活!ボランティアスタッフ募集中

岐阜県可児市。 まず読み方に困ると言われる。岐阜県【ぎふけん】可児市【かにし】だ ...

グッドバイエレジー 9
かなしみの先の光をみて(映画『グッバイエレジー』

ご当地映画が最近よく作られている。 そのおかげでこの街にはこんなものがあるんだと ...

otona5 10
死なないスマホロシアンルーレットが始まる(映画『おとなの事情』)

携帯電話がなかった頃、隠しておきたいことは何処にしまっていたんだろうと この映画 ...

dowai3 11
涼夏のこれが今ツボ。その② さらば土曜ワイド劇場

3月をもってテレビ朝日で長年続いた『土曜ワイド劇場』が幕を閉じるという。 TBS ...

すもも 12
先人の思いを次の世代へ(映画『すもも』)

連続ものの時代劇が民放のテレビ番組表から姿を消してかなり経つ。 昔は月曜から日曜 ...

くも漫。 13
教えてくれてあざーす!(映画『くも漫。」レビュー&名古屋舞台挨拶レポ)

漫画家中川学さんの実体験を描いた作品『くも漫。』が実写化。 「このマンガがすごい ...

14
北川悦吏子×岩井俊二トークショー in 岐阜CINEX

北川悦吏子監督は岐阜県美濃加茂市出身。 脚本家としても知られている。 ドラマ『ロ ...

ショコラ 15
出会いが新たな扉を開ける(映画『ショコラ』)

いくら才能があったってそれを使わなければ 単なる宝の持ち腐れだ。 さらに芸の世界 ...

島々清しゃ 16
美しい島で重なる心(映画『島々清しゃ』(しまじまかいしゃ))

コーラス部にいたせいか音程には敏感だ。 和音の合っていない合唱を聞くと違和感を感 ...

この世界の片隅に 17
普通に生きられる幸せを感じて(映画『この世界の片隅に』)

どの時代に生まれるか。 それは自分では選べない。 自分が死ぬこと。それも自分では ...

18
Cafe Mirage Radio 第1回 ゲスト『彦とベガ』川津祐介さん、谷口未央監督

Cafe MirageはWebラジオも始めます。   10月29日、名 ...

19
かあちゃんの愛がたまらない(『湯を沸かすほどの熱い愛』)

作品のチラシのイメージが赤だった。 銭湯の風呂場に立つ女性は赤のエプロン。 そし ...