Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie

涼夏のこれが今ツボ。その② 『暴れん坊将軍コンビが演じる茨城の熱い男』

この作品のチラシを見ると
時代劇ファンなら「おお、この組み合わせ久しぶり!」と
胸が熱くなる。
松平健 with 北島三郎。
徳田新之助 と め組の辰五郎。
とてつもない信頼関係の二人。

そんな二人はなんと14年ぶりの共演とのこと。
『暴れん坊将軍』ってそんなに前に終わってたっけ?
と思いだしてみたら最後の方は組頭を長次郎(山本譲二さん)に
引き継いだから北島さんは出演していなかったのだった。
しかもその後、栄五郎(松村雄基さん)もいたし
最後のスペシャルは辰五郎は堺正章さんだったなあと。

実はこの映画には『暴れん坊将軍』後半で大岡忠相を演じていた
田村亮さんも出演されているので間違いなく
暴れん坊将軍を連想してしまう。

この映画はどう見ても中高年向けの映画だが
『暴れん坊将軍9』第19話「江戸壊滅の危機!すい星激突の恐怖」という
暴れん坊将軍のトンデモ回の再放送を見るということに
ネット上も盛り上がったことがあるわけだし
若者は時代劇離れしていると言われてはいても
見ている人は見ているわけで
このお話も楽しんで見ていただける人がいるに違いないと思い
紹介させていただく。

松平健・北島三郎
二人の久々の共演を叶えたのは
一人の人間の「この人の生きざまを映画にしたい」という思いを
形にした作品だった。

油棚憲一の著書『鉄砲喜久一代記 明治・大正・昭和を駆け抜けた快男子』
という本を読み鉄砲喜久の生きざまに共感して映画化を考えた男がいた。
しかしすでに油棚氏は他界、版権の持ち主も特定できない状態。
映画化が困難となり途方にくれていた時、
仲間の一人が神田神保町の古本屋で偶然
喜久次郎を扱った「快侠山田喜久次郎君」という中央新聞社発行の古書を発見。
この本を基に香取俊介氏に脚本を依頼。
映画制作が動き出した。

あらすじ

つくばで劇団を経営する幸田は劇場の賃料を滞納。
大家の久代に出ていってほしいといわれる。
自分のためだけに芝居を作って見せてくれれば滞納を
帳消しにすると言われたもののどんな内容なら気に入ってもらえるのかがわからない。
そんな時、家で浅草の昔の風景が描かれた絵を見つける。
その絵の中の建物はどこにあったのか。
確かめるために浅草六区に向かった幸田と脚本担当の夢子は
あることがきっかけで喜久次郎のいる時代にタイムスリップ。
幸田は喜久次郎について働くことになる。

鉄砲喜久-山田喜久次郎とは

浅草六区で誰もが一目置く存在だった「鉄砲喜久」
本名は山田喜久次郎。
少年時代、けんかが強かった喜久次郎は、
若くして東京に出る。
様々な人々との出会いの中で浅草六区を共に興すことになる根岸浜吉に出会う。
やがて横綱になる下積み時代の常陸山や、
浪曲師として名声を馳せた桃中軒雲右衛門を支える
芸事の保護者にもなっていった。
「みっともない」ことをするな。これがモットー。
男気溢れる人だったという。
男気溢れる喜久次郎には
「松平健」というキャスティングはピッタリだ。
どっしりと構えた雰囲気。
いくつもの時代劇に出演している大スターの
所作や立ち回り。そしてあの色気のある声。
この喜久次郎になら間違いなく誰だって一目置く。
松平健さんに刀ではなく鉄砲を持たせたところがニクい。

松平健さんによる喜久次郎ならもう一人の男の中の男・根岸浜吉は
北島三郎さんがいいのではないかとスタッフから声が上がり
お願いしたところ快諾していただけたという。
北島三郎さん、32年ぶりの映画出演となった。

浅草六区とは

浅草寺の雷門の左手側(浅草寺の西側)の地区。
つくばエクスプレスに乗ろうと歩いていくとその方向に浅草六区はある。
茨城出身の喜久次郎や浜吉が自分たちがつくった街の
すぐ近くから故郷茨城へ快速で1時間以内に
帰れる鉄道が出来たと知ったら喜ぶに違いない。

かつてこの辺りに観覧車や高層の凌雲閣も存在したという。
明治~昭和にかけての日本最大の興行街として発展した場所。
浅草オペラ、軽演劇、剣劇、コント…
ここから様々な芸人たちが生まれた。
浅香光代さんやコント55号、ツービートといえば
ここ浅草六区の演芸場から。

昔の面影は今はあまりないそうだが
ここは浅草の中でも他の地区とは違う雰囲気を今も醸し出している。

撮影は浅草六区と茨城県つくば市で行われた。
浅草六区の昔やここで生きた人々のことをもっと知りたくなる。
今度浅草に行ったらじっくり六区を歩いてみよう。

現代と明治 時を越えて

現代で生きる若者が過去にタイムスリップして
喜久次郎に会う。

現代で劇団興行を打ってもうまくいかない青年が
興行とは何かを浅草六区を作り上げる一員となって経験する。
その中で描かれる喜久次郎と浜吉の姿は
見ているこっちにも素敵に映る。

かっこいい喜久次郎をみた現代のちょっと頼りなさげな幸田が
どんな作品を作り上げるかは映画を見てのお楽しみ。

今どきのステレオタイプな若者・幸田を長谷川純さんが巧みに演じている。
長谷川さんが松平さん、北島さんを尊敬する姿勢が
そのまま芝居にあらわれている感じがする。
松平さんの喜久次郎のかっこよさがその芝居で更に際立っているし
大家の久代を演じた星由里子さんの思わぬコメディエンヌぶりにはかなり驚かされる。

『浅草・筑波の喜久次郎~浅草六区を創った筑波人~』
http://www.kikujiro-movie.com/index.html
は12月3日よりTOHOシネマズ新宿他で順次公開
名古屋地区ではTOHOシネマズ名古屋ベイシティで12月3日より公開

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

musashi1€ 1
己の信じる道を行く 映画『武蔵-むさし-』三上康雄監督インタビュー

『蠢動―しゅんどう―』から6年。リアルな演出と、徹底的なこだわりで時代劇の熱や美 ...

baaba6 2
寺田心くん、地元凱旋!(映画『ばあばは、だいじょうぶ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『ばあばは、だいじょうぶ』の公開記念舞台挨拶が5月18日イオンシネマ名古屋茶 ...

pia 3
人と人とが協力する在宅医療の現場を描く(映画『ピア まちをつなぐもの』)

様々な場所で劇場公開され、上映会としても800カ所以上で上映されている介護従事者 ...

©2019 KAMPAI! SAKE SISTERS PRODUCTION COMMITTEE 4
女性が活躍する日本酒の世界(映画『カンパイ!日本酒に恋した女たち』)

二十歳になった直後、苦いお酒が飲めなくてカクテルや梅酒、杏露酒など甘いお酒ばかり ...

baaba2 5
寺田心くんの熱演が光る!新たな角度から認知症を描いた作品(映画『ばあばは、だいじょうぶ』)

ものを忘れてしまう病気(認知症)で物忘れが多くなり、出来ていたことが出来なくなっ ...

sorokin 6
映画『ソローキンの見た桜』岐阜 大垣舞台挨拶レポート

映画『ソローキンの見た桜』の公開記念舞台挨拶が岐阜・コロナシネマワールド大垣で4 ...

namonri1 7
地方で働こう-趣味も仕事も充実させる働き方-(映画『波乗りオフィスへようこそ』)

日本は今、自分の時間、生き方を重視する方向へと進み始めている。だが、なかなか自分 ...

centerline1 8
じわじわきているインディーズ映画2本が名古屋で同時上映中!『センターライン』『さらば大戦士トゥギャザーV』初日イベントレポート

映画『さらば大戦士トゥギャザーV』、『センターライン』の名古屋上映が名駅のシネマ ...

place1 9
欲望と欲望が交差するカフェ ザ・プレイス(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)

人は誰でも欲望を持つ。今までに叶わなかった欲望も沢山あるだろう。もし、「これをす ...

55443345_2189956214435052_3257495925353873408_o 10
来週いよいよロードショー・映画『センターライン』吉見茉莉奈さんインタビュー

Cafe mirageが推し続けている映画『センターライン』。 昨年の完成披露か ...

kibaiyanse7 11
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 12
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 13
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 14
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 15
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 16
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 17
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 18
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 19
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 20
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 21
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 22
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 23
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 24
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

25
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 26
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...