Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

anomachi1

EntaMirage! Movie

映画『あのまちの夫婦』津田寛治監督インタビュー&舞台挨拶レポート

映画『あのまちの夫婦』の上映が名古屋・シネマスコーレで19日まで行われている。

監督は様々な作品に出演し、役者として多彩な顔を持つ津田寛治。

元々は映画監督になりたかったという津田さん。
今回、シネマスコーレでの公開に合わせて津田寛治さんにお話を伺った。
また制作に携わった知多半島映画祭のプロデューサー鈴木啓介さんも登壇した舞台挨拶の様子もお届けする。

津田寛治監督インタビュー

Q.この企画のきっかけは何だったのでしょうか?

津田監督
「きっかけは知多半島映画祭のプロデューサーの鈴木さんからです。知多半島映画祭の短編上映で、僕が以前撮った『カタラズのまちで』というこれも渡辺哲さんが主演されている作品を上映していただいた時に「実は知多半島ではメイドイン知多半島の映画がないので短編という形で撮りませんか?」とお声を掛けていただいて。じゃあやろうとなって。「どういう作品がいいとかありますか?」と鈴木さんに聞いたら、「知多半島が舞台ならどんな形でも」と言ってくださって。「でも知多半島の役者さんに出ていただいた方が、スタッフも知多半島の人だし喜ばれる、渡辺哲さんとか出ていただけるとすごく嬉しい」と言われて。知多半島には僕は縁がそんなになかったので、知多半島で映画撮影となった時に核になる画はなんだろうと調べたら、野間灯台がボーンと出てきまして。そこに寄り添う老夫婦が一番最初に見えたんですね。哲さんと、その時はまだどなたになるかわかっていなかった奥さん役の方二人が灯台の下に寄り添っている画の中で、哲さんは普段やくざとか刑事とかいかつい役が多いですが、その哲さんに敢えて繊細な男を演じてもらいたいなと思って、その時にババババババっとセリフを書いて「こんな感じにしたいんですが、どうですか?」と鈴木さんに会話部分を送ったら、「ああ、いいですね。昔の映画っぽくって」と返事が返ってきたのでそれを核とした形で広げていった感じです」

Q.尺も短いので生みの苦しみとかもあったのではないでしょうか?

津田監督
「すごく楽しかったんです。短編になると上映時間に合わせてギューッと切るところを切るというのはわが子の手や足を切っているようでしたが…。短編の撮影後の編集については今までは編集の方にお願いしながら進めていたんですが、これに関しては無料の映像編集ソフトをダウンロードしてきて僕が空いている時間に喫茶店とか電車の中とか色々な場所で編集したのでいろんなことを試すことが出来たんですね。編集の方と一緒にやっていると、「いっぺんやってみよう」となかなか言えなくて。細かい部分まで納得いくまでやったので楽しく編集できました」

Q.上映されるまで全部見届けたという感じですね

津田監督
「そうですね。ストーリーも0から。脚本家の方に頼むような予算もないので自分で書くんです。始めるまでは白いキャンバスの前でどうしようって思っていたんですが、書き始めるとババババっと出てきたのは知多半島という土地柄だからだと思います。そこに情緒があったし、僕は名古屋を経由して行ったので、名古屋の街を経て入っていったこういう半島の中に灯台がぽつんとあるという情景から入り込めたのがストレスなく話を作れた理由です。それに取材して知多半島の皆さんにたくさん出ていただきたいなと思って。いろんな方にお話を伺ったら、皆さんいい人で、映画出演に関してもご快諾いただけて。かといって何か言うわけでもなく、一歩も二歩も引きながら「どうぞよろしくお願いいたします」ってこちらが言わないといけないのに「うちなんかでよかったら使ってください、お願いします」という方ばかりだったのもストレスなく出来た理由だと思います」

Q.昔から映画を撮りたいと思っていたんですか。

津田監督
「子どものころから映画が好きで、大人になったら映画関係の仕事がしたいと思っていました。その中でも花形と言えば監督なので監督になりたいと思っていました。途中で役者から入っていった方がいいと思って、役者を始めました。昔から俳優として現場にいる時も控室にいるのではなくて現場にずっといたんですね。撮影が止まっていると、「なぜこれは撮影が止まっているんだろう?」って考えたりとか、照明さんが言った言葉って専門的だけど、どういう意味なんだろうとか考えながら現場にいると飽きないんですよね。そんな感じで現場にいて色々教えていただいて、それで短編を作るようになったので最初からスムーズには映画作りが出来ていると思います。自分が見ていた現場が実際に映画になるとどんな感じに映るのかとかを比べるのもすごく楽しかったですし、楽しいことはいっぱいありました。なので「津田さんは俳優さんというより、スタッフさんですね」と言われていました」

Q.役者として現場にいて見てきたからこそこういう監督になりたい、こうしたいという自分の中で守りたいものはありますか。

津田監督
「監督をしているとスタッフさんにはあまり気を遣わなくなるんですよね。仲間だと思っちゃうから。対俳優になった時にやっぱりいいものを出してほしいと思うからとにかくいいところがあったらほめる。「今すごく良かったのでここを生かしてこういう感じでやってもらっていいですか?」というようにその人が本当にリラックスしていいものを出して行ける状況を作っていくということと俳優が自主的にやったことは否定せずに全部撮る。それを否定し始めるといいものにならないというのが経験上あったので、とにかく俳優が出してきたものはそれがエキストラさんが出したものであっても、エキストラさんが冷やかし半分でやったものであっても、「やらないでくれる?真剣にやっているから」とは言わずにそれを撮る。「面白いことやりましたよね、それ撮らしてもらっていいですか?」ってそういう風に作っていった方が面白いものが出来るというのはありますね。その人がやるんだったら、こう撮った方が面白いかなという感じで撮影を変えます。その分、スタッフさんに気を遣わなくなるのでスタッフさんが大変になるっていう所はありますけどね…(笑)」

Q.今後愛知で映画を撮ろうという構想はありますか?地方で撮る魅力とは?

津田監督
「構想はどんどん出てくるまちだとは思います。ただここを舞台にした短編の良作が沢山あるんですけど、いいところを切り取っているんですね。メイドイン愛知をあまり意識せずに作った方がまちの良さが出る気がしますね。僕にとって映画は土地との科学反応だと思うんです。セットよりはロケでやりたい。ロケでやることによって机上で書いた本が科学反応を起こしてくれる。それが楽しかったりするので、愛知だけでなくいろんな土地でやる楽しみとかはありますね。そこに住む人を撮りたいので今回も知多半島の美しい風景を沢山入れ込むよりは知多半島の人を沢山撮りました。今回主演の渡辺哲さんも常滑市出身で、焼き物を主人公が取材するロケーションがあって、「俺の実家はあの辺」と言いながらお父さんが焼き物の仕事をされていたので「息子です!」と焼き物さんに入って行かれていて。主演の人が自分の出身地で芝居をするというのを見られるというのがこんなにぞくぞくするものなんだと思いました」

シネマスコーレ舞台挨拶レポート

客席は超満員。実はシネマスコーレ初登場の津田寛治監督。

津田監督
「うわあ。もう想定外です。今日は立ち見のお客様がいらっしゃると聞いていたんですが、今ここに入ってきて見た光景は一生忘れないと思います。シネマスコーレには僕は初めて来まして。出演した作品は沢山上映していただいているんですが。来たいとは思っていたんですが、来られたのが自身の監督作品というのがまた嬉しいですね」

津田寛治監督

津田寛治監督

 

Q.若松孝二監督も天から見ているんじゃないかと…。

津田監督
「若松監督は僕がアルバイトをしていた喫茶店によくいらしていたんですが、出演したことはないんですよ。すごくこわいという噂は聞いていたんですが、喫茶店の従業員には優しくて。本当に素敵だったですけど、やっぱりいつも長靴は履いてましたね(笑)。晴れていようが長靴で来られていましたから。憧れでした。出られなくて悔しかったですけど。今日のご縁に感謝です」

Q.そのご縁を作ったのが知多半島映画祭の鈴木プロデューサーですね。出演も今回されていますが、役者ではないですよね?

津田監督
「あれは鈴木さんがどうしても出たいって(笑)。なのに途中からやっぱり出ない方がいいですかね?って言ってきたり」

鈴木プロデューサー
「一番僕、津田さんにNG出されたんですよ」

津田監督
「一番やっぱり出来てない(笑)。びっくりしました。「榊原君!!」ってすごく二枚目芝居をやっていて、そのあと殴らないといけないのに遠慮してしまって叩けないので「そんなに痛いものではないので叩いちゃってください」って言ったんです。叩かれる俳優さんも「叩いてください」と言っているのにダメだから僕がもうイライラしちゃって。「鈴木さん!痛くないでしょ?」と言ってパーンと叩いたら「痛いです・・・」って返ってきて(笑)」

鈴木プロデューサー
「もう出ません(笑)」

Q.鈴木さんは知多半島映画祭のプロデューサーでもう年も続いているんですが、なぜ知多半島映画祭を始めようとしたんですか?

鈴木プロデューサー
「会社員の傍らやっておりまして。知多半島で映画監督になろうとか映画関係に進もうと高校時代から描いていたんですが、だけどそういう環境がなくて、東京に出るしかない。しかもそういう人ってなんだか異質に見られてしまう。そういう人たちのためにその道を作ってあげたいと思って始めました。ゆくゆくはフィルムコミッションを知多半島で立ち上げたいんです」

左 鈴木啓介知多半島映画祭プロデューサー

左 鈴木啓介知多半島映画祭プロデューサー

 

津田監督
「そうなんですよ。今回の作品でも鈴木さんにお店を紹介してくださいとお願いしたら、鈴木さんのお知り合いの方を割と紹介してくださって」

鈴木プロデューサー
「全部ですね(笑)」

津田監督
「しかもそのほとんどがお菓子屋さんなんですよ(笑)。なぜかお菓子だらけになってお土産までお菓子だったという(笑)」

Q.映画祭を始めたころは結構みんなから怒られてましたよね、鈴木さん。

鈴木プロデューサー
「映画業界のことをあまり知らなかったんです」

津田監督
「怒られキャラなんですね。この映画でもカメラマンに「この予算で映画撮れると思ってるのか!?」って居酒屋で予算書を書き直させられてましたから」

Q.そんな怖いカメラマンさんだったんですか?

津田監督
「そうなんです。僕が連続ドラマでやっている『特捜9』とかの東映の現場でバリバリやられている腕っぷしの強い方で「津田さんが監督するなら僕が撮りたいよ」と言っていただいて。ロケハンに来てもらったら「ロケハンチームに飯を食わせなくてどういうことだ!スタッフ舐めてるのか!」と。「俺は誰も置いていかない、みんなを連れて行くぞ!」と引っ張ってくれる感じだったんです。記録係が地元の弁護士事務所で働いている女性の方だったんですが、「記録なんて言うのはな、10年修行しないとできないんだよ!明日からやるって覚悟できてるのか?」って。その女性の方も泣きそうになっちゃって。僕も一緒に怒られていて。「監督が決めなくてどうするんですか!」って(笑)。」

鈴木プロデューサー
「知多半島でがっつり撮ろうということになって、予算が最初は100万円ぐらいだったんです」

津田監督
「僕も最初はそれで行けるかなと思ったんです。でもそのカメラマンが「最低で300万ぐらいだったらしょうがないかと思っていたけど、なんだこれは!」となって(笑)」

Q.監督が描いていたのはもっと自主映画っぽい作品だったということですね?

津田監督
「そうなんです。デジタルだから照明機材もそんなにいらないだろうと思って、少人数でやった方が機動力もあるのでいいなと思っていたところに、そのカメラマンが「照明機材だってこれくらいかかるし」と言って。実際に撮影が始まったらすごい照明機材が入っていて、これなくても撮れるんだけどな…と思いながら(笑)」

Q.長編映画をバリバリ撮るぞ!というようなものが来てしまったんですね。

津田監督
「はい。ボランティアの方もいらしていて、だからスタッフさんがとてもたくさんいたんですね。その人たちが見ている場所でカメラマンが怒鳴っているという構図が現場の感じでしたね(笑)」

Q.プロデューサーから見た津田さんの監督ぶりはどうだったですか?

鈴木プロデューサー
「役者としてはいろんな役をやられているんですよね。怖い役とかも。でも現場では本当に優しい感じでやっていただけて良かったです」

津田監督
「そうですね。出ていただく方も一般の方だったので、委縮されてしまうとその人が本来持っている素敵なところが出ないですし、リラックスしてもらえるような環境を作りました。もちろん素晴らしくないものは素晴らしいとは言わないんですけど、出てくださる方の良さを伸ばすようにします。でも、一般の方ってお芝居うまいと思いますよ。大蔵餅の社長は台詞を僕が書いたものでなく、自分のものにしていらっしゃる。度胸があるんですよ。だから渡辺哲さんも「この人は凄いねぇ」ってすごい褒められていましたね」

公開記念として花束贈呈も行われた。

anomachi3

映画『あのまちの夫婦』は
今週金曜まで名駅シネマスコーレで18時30分から公開中。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

badcity11 1
コワモテなの?コワオモテなの?(映画『BAD CITY』名古屋舞台挨拶 小沢仁志さん、小沢和義さんトーク)

映画『BAD CITY』の公開記念舞台挨拶が1月28日、名古屋ミッドランドスクエ ...

himitsu_main 2
第70回CINEX映画塾 映画『ひみつのなっちゃん。』先行公開記念舞台挨拶トークレポート

映画『ひみつのなっちゃん。』愛知・岐阜先行公開記念舞台挨拶が1月8日にCINEX ...

yajyu1 3
1990年代の釜山を舞台に抗争を描く韓国ノワール。チョン・ウが新たな顔を見せる(映画『野獣の血』)

韓国での劇場公開時に初登場1位を記録するヒットとなったベストセラー作家チョン・ミ ...

Sekaboku1 4
ぶつかり合う親子の関係に愛を感じて(映画『世界は僕らに気づかない』)

大阪アジアン映画祭2022コンペティション部門で「来るべき才能賞」受賞 を受賞し ...

PSX_20221230_171442 5
映画『ひみつのなっちゃん。』愛知・岐阜舞台挨拶決定!! ロケ地マップも配布スタート

1/6(金)愛知・岐阜先行公開の映画『ひみつのなっちゃん。』の舞台挨拶が決定した ...

famiria1 6
人種も国籍も超えて。仲間として共に生きる(映画『ファミリア』)

一族や家族を大事にしてきた歴史がある日本だが、地縁関係は年々薄くなっている。周り ...

kanfu1 7
香港アクション映画を支えたスタントマンの歴史と真実を語るドキュメンタリー(映画『カンフースタントマン 龍虎武師』)

どうしてこんなに体がしなやかに動き、高く飛んだり、回ったり出来るんだろうと昔の香 ...

tobenai3 8
心の傷を癒すのは島の人々のあたたかさ(映画『とべない風船』)

広島発。豪雨災害後の瀬戸内海の島を舞台に傷ついた心の癒しと再生を描いた映画『とべ ...

keiko1 9
決して器用とは言えないケイコの生き方に共感(映画『ケイコ 目を澄ませて』)

岸井ゆきの。変幻自在の女優である。時にはとてもかわいらしく、時に饒舌で、時には物 ...

oishii6 10
おいしい映画祭2022 初日レポート② 映画クラス 内田英治監督×森谷雄プロデューサー

12月2日~4日に渡り名古屋ミッドランドスクエアシネマでおいしい映画祭が開催され ...

ala2022_5 11
アーラ映画祭2022レポート(映画『いとみち』横浜聡子監督トーク)

可児市文化創造センター アーラで毎年行わなれているアーラ映画祭が今年も11月5、 ...

watakano4 12
あの日、あの時の私。菜 葉 菜が4人の主人公を演じる短編映画集(映画『ワタシの中の彼女』)

こんなにコロナ禍が長く続くなんて2019年には考えてもいなかった。 2022年の ...

★IMG_0238 13
誰もが主役。名もなきエキストラとしての人生とは 監督集団「5月」(関友太郎監督、平瀬謙太朗監督、佐藤雅彦監督)インタビュー(映画『宮松と山下』)

東京藝術大学大学院映像研究科佐藤雅彦研究室を母体とした監督集団「5月」から生まれ ...

oishii 14
おいしい映画祭 12月2日~4日 名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催!

2022年12月2日(金)〜4日(日)の3日間、名古屋駅前ミッドランドスクエアシ ...

Print 15
11/20〜11/26 NAGOYA CINEMA Week2022 with SDGs 開催!

「映画」で心を動かそう 持続可能なまちづくりを目指す名古屋市を舞台に、映画をメイ ...

achira 16
寺島しのぶ×廣木隆一監督再び。瀬戸内寂聴の半生をモデルにした作品が映画化(映画『あちらにいる鬼』)

瀬戸内寂聴。作家でもあり、たくさんの人たちに僧侶として講話をしてきた彼女は202 ...

watashi 17
近くて遠い。だから苦手。でも母親。(映画『わたしのお母さん』)

切っても切れない関係・親と子。あなたは親のことを好きと言えるだろうか。 11月1 ...

tsuchi2 18
素朴でおいしい。そんな料理を一緒に食べられたら。(映画『土を喰らう十二ヵ月』)

料理研究家の土井善晴さんが映画に挑むことで公開前から話題になった映画『土を喰らう ...

syayou1 19
太宰治の名作が再び映画化(映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』)

太宰治。戦後、流星のごとく現れ、数々の傑作小説を生み出し早逝した天才作家である。 ...

kyuri1 20
キュリー夫人の波瀾の生涯を描く(映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』)

キュリー夫人。キューリ夫人と小さい頃に一度は見間違え、だからこそ逆に名を覚える世 ...

PSX_20220930_230718 21
35ミリフィルムで鑑賞後の楽しいトーク(松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』)

松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』上映&トーク ...

main 22
待ち続けることは信じること(映画『千夜、一夜』)

今の時代の人たちは待ちぼうけをどのくらいまでしているのだろう。スマホで気軽に連絡 ...

yoakemade5 23
仕事も家もお金もない。でも助けてとは言えない(映画『夜明けまでバス停で』)

深夜のバス停。もう明日の朝までバスは来ない。バス停のベンチで旅行に行くかのような ...

kikori1 24
第68回CINEX映画塾『木樵』宮﨑政記監督、面家一男さんトークレポート 

第68回CINEX映画塾『木樵』が10月1日、岐阜CINEXで開催された。『木樵 ...

koubo_ 25
MIRAGE THEATRE 来年の上映に向けて 短編作品上映開始

Cafe mirageと岐阜の喫茶星時がコラボして不定期開催中の1日だけのインデ ...

PSX_20220930_230718 26
35ミリフィルムで鑑賞後の楽しいトーク(松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』)

松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』上映&トーク ...

ポスター01 27
飛騨の地と共に木樵として生きる(映画『木樵』)

岐阜県飛騨地方は9割が山林に覆われている。この飛騨地方で約50年間、木樵の仕事で ...

IMG_20220916_162130 28
舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を観に行ったので、観る前にやっておくといいかもしれないことを書きました

現在、東京 TBS赤坂ACTシアターでは舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」をロン ...

20220828170445_IMG_4777_ 29
第66回CINEX映画塾 映画『島守の塔』五十嵐匠監督 トークレポート

第66回CINEX映画塾が8月28日岐阜CINEXで開催された。上映作品は『島守 ...

deku1 30
あいち国際女性映画祭 映画『でくの空』トークレポート&林家ペーさんインタビュー

名古屋 名演小劇場で9月23日から公開される映画『でくの空』。埼玉県秩父市、寄居 ...

0714_GCW_B1poster_outline 31
生きるために。狂える人々の終わらない争い(映画『グッバイ・クルエル・ワールド』

とにかくぶっ飛んでいる。まともな奴はほとんどいない。ノリのいいノワールものが久し ...

ala2022 32
アーラ映画祭2022 ラインナップ発表!今年は4日間6作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2022の全ラインナッ ...

配給:ハピネットファントム・スタジオ © 2022「この子は邪悪」製作委員会 33
真実を知れば知るほど信じたくない…ありえない(映画『このこは邪悪』)

『嘘を愛する女』、『哀愁しんでれら』か映画化されたオリジナル作品の企画コンテスト ...

horuonna9 34
映画『掘る女  縄文人の落とし物』名演小劇場トークイベントレポート

映画『掘る女 縄文人の落とし物』公開記念トークイベントが8月21日名古屋 名演小 ...

zenbubokuno3 35
相手のことをちゃんと想像できるような人になりたい(映画『ぜんぶ、ボクのせい』松本優作監督 インタビュー)

現在公開中の映画『ぜんぶ、ボクのせい』。 母親に会うために児童養護施設を飛び出し ...

36
スリリングな148のツイート。真実は物語より奇なり。48時間の悪夢を映画化(映画『Zola ゾラ』)

2015年、Twitterに投稿され、大きな話題となったスリリングな148のツイ ...

horuonna1 37
縄文に魅せられ汗だくになって発掘作業をする「掘る女」に密着したドキュメンタリー(映画『掘る女 縄文人の落とし物』)

昔、考古学に憧れて、真剣にその方面の大学に進学しようと考えたことがある(いろいろ ...

theater2022_2 38
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭 Aプログラム舞台挨拶レポート

名古屋・清水口のシアターカフェでは移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭が今 ...

gyakkou3 39
第64回CINEX映画塾『逆光』須藤蓮監督トークレポート

第64回CINEX映画塾『逆光』が7月16日岐阜CINEXで開催された。監督、主 ...

IMG_20220727_134705 40
あいち国際女性映画祭2022 開催決定!今年は31作品上映

あいち国際女性映画祭2022の記者発表が7月27日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

mugen1 41
只見線とともに奥会津でみる美しい景色を守るために(映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』)

日本のローカル線は赤字路線が多く、毎年存続の危機に瀕しながらその土地で生活する人 ...

CVS4 42
コンビニは異世界!?コンビニで起こる不思議な出来事(映画『コンビニエンス・ストーリー』三木聡監督インタビュー)

日本のコンビニエンスストアとはとても便利な店である。値段は定価だが、大体何でも揃 ...

theaterC6 43
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭上映作品決定!

名古屋のシアターカフェが大須から清水口に移転、リニューアルオープン2周年を記念し ...

hakai_main_B2poster 44
島崎藤村の名作が60年ぶりに映画化 自分らしく生きるとは?(映画『破戒』)

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた、 ...

IMG_20220705_185811_573 45
映画『逆光』須藤蓮監督、脚本家渡辺あやさんインタビュー 岐阜柳ケ瀬 再会から夏祭り×映画という企画が生まれた 

名古屋で上映されることはあっても、岐阜の映画館で上映されるミニシアター系の映画は ...

mikaeri1 46
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 47
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 48
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 49
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 50
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 51
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 52
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 53
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 54
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 55
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 56
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 57
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 58
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 59
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 60
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 61
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 62
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 63
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 64
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 65
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 66
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 67
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...