Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

ichigo10

EntaMirage! Movie

映画『いちごの唄』公開記念名古屋舞台挨拶レポート

映画『いちごの唄』の公開記念舞台挨拶が7月7日ミッドランドスクエアシネマで開催された。
主演の笹沢コウタ役・古舘佑太郎さん、作品の原作、音楽、出演で映画に関わる峯田和伸さんが登壇。その様子をお届けする。

Q.今日は7月7日、七夕です。この日の舞台挨拶はコウタ的に言うと「運命ですよ!」という感じですね。まず今日お越しの皆様にご挨拶をお願いいたします。

古舘さん
「この作品は去年の夏から関わらせていただいて1年越しで7月7日に東京は高円寺から飛び出して名古屋に来られたことを嬉しく思います。今日は皆さん来ていただいてありがとうございます」

古館佑太朗さん

古館佑太朗さん

峯田さん
「3年ぐらいかかって原作が始まって、3年ぐらいかかってようやく映画が完成して名古屋まで来れ幸せです。今日は本当にありがとうございます」

Q.3年かかるって、出産するような気分ですね。

峯田さん
「そうですね。自分のバンドではアルバムを作るのに長い時間レコーディングをやって終わって、発売されると「うわー!今日3人目の子が生まれた!」とかありますけど、それともちょっと違って共同でみんなで作った感じで生まれたなって感じです」

峯田和伸さん

峯田和伸さん


Q.古館さんにとってもコウタは分身みたいな感じではないですか?

古館さん
「分身だっておっしゃっていただけることがあるんですが、僕自身は銀杏BOYSが自分の中ですごく大切なものなので最初は意識してしまっていたんです。でも峯田さんから「自由にやれ!」と言っていただけてからはいい意味で気にせず、自分の中のコウタ像がどんどん出来上がった感覚があるので、そう言っていただけるとすごく嬉しいなと思います」

Q.いろんな表情をコウタは見せてくれていますが、すぐにコウタになれたのかそれとも段々となっていった感じですか?

古館さん
「最初撮影が始まるまでは悩んだ頃もあって、銀杏BOYSの楽曲ってかわいい部分と凶暴な部分があったりしていろんな部分が内包されているので、何を自分で切り取っていいのかわからなかったんですけど、撮影が始まってからはすごく自分の中で楽しもうと決めて、その世界の中で暴れまくってやろうという気持ちだったので始まってからは一瞬の出来事という感じでした」

Q.峯田さんは優しいまなざしでコウタを見ているラーメン屋さんでしたが、現場はいかがでしたか?

峯田さん
「僕が出るシーンは1日で全部撮影したんです。衣装だけ変えて、「はい、次このシーンやりますよ」みたいな感じで。大雨が降っていたんですよね。途中からみうらじゅんさんや田口トモロヲさんも入って…。ね?(古館さんに同意を求める)大変だったですね」

古館さん
「あの日はみんな緊張して、一番僕が緊張しました。峯田さんがいてみうらじゅんさんがいて、田口トモロヲさんがいてという中で石橋さんと芝居をしなければいけなかったので、もう周りが気になって気になって仕方なかったです。3人でアドリブをガンガン始めるのでそれが面白くて笑いを堪えるのが大変でしたし、自分のセリフも言わないといけないしですごかったですね」

峯田さん
「本当に古館くんと石橋さんをカウンター越しから見守るみたいな役でしたけど、見守るとかそんなのではなくて、2人の空気がしっかり出来ていたので、本当にお客さんを見ている感じでずっと観ていました」

Q.『いちごの唄』を作ったときの思いを教えてください。

峯田さん
「2つあって。1つは原作と脚本を書いてくださった岡田恵和さんへ。3年ほど前から彼の書いたドラマに出させていただいているので、僕からの恩返しといいますか。もう1つはあの2人に沿った歌でもあるし、それとはまた違った世界線の唄を作れないかなと思って作りました」

映画の主題歌『いちごの唄』は劇場鑑賞者しか買えない劇場限定CDがあるので、映画館でぜひ購入してほしい。

7月7日、お願いごとを叶えます企画

Q.今日は7月7日ということで、七夕企画をやろうと思っています。事前に公式Twitterで募集しまして。お二人にこの場でお願いをかなえてもらおうという企画です。沢山の願い事をいただきました。本当にありがとうございます。その中から「76歳のおばあちゃんがはるばる電車に乗ってやって来るのでハグしてあげて欲しい」という願いをかなえていただきたいと思います。大ファンということですので。

観客席から76歳のおばあちゃんが登場。

峯田さん
「どういうハグがいいですか?(笑)」

おばあちゃん
「小さいのでしっかりハグしてください!」

峯田さん、古館さんがしっかりとおばあちゃんをハグ。おばあちゃんの願いが叶った瞬間をどうぞ。

ichigo7

ichigo6

おばあちゃん
「もう感激です!早く起きてきて良かったです。若いパワーをいただきまして、100歳まで生きます!」

味噌煮込みが食べたい

峯田さん
「これまだ他の方のもやるんですか?え?これだけで名古屋終わりですか?」

古館さん
「一瞬でしたね(笑)」

プロデューサー
「時間が限られているので1つだけです」

峯田さん
「これ、味噌煮込み食べられますかね?」

プロデューサー
「その話はあとで・・・(笑)」

峯田さん
「ひつまぶしもいいんですけどね、味噌煮込みを食べたいんです・・・」

古館さん
「このあとすぐ僕ら京都なので、駅でパパっと食べられるじゃないですか?」

峯田さん
「だって時間あるもん、まだ。本当に好きなんですよ、名古屋のご飯。だから大阪もおいしいところいっぱいあるんですけど名古屋がいいんだよな」

古館さん
「そうですね、時間とってもらいましょうか(笑)」

(この後味噌煮込みを食べに行かれたとのこと)

ichigo3

Q.まだ名古屋にいる時間はあるんですが、舞台挨拶の方はそろそろお時間です。最後に応援してくださる皆様に一言お願いします。

古館さん
「『いちごの唄』はまだ走り出したばかりですのでこれから皆さんと一緒に走っていけたらと思っていますのでこの作品をずっとよろしくお願いいたします」

峯田さん
「さっき話していて思い出したんですけど、名古屋は映画の舞台挨拶ではほとんど来たことがなくて、名古屋に来たのは初めてお芝居をした時が2003年の映画『アイデン&ティティ』でその時だったんです(矢場町に当時あったシネプラザ2での舞台挨拶)。監督の田口トモロヲさんとみうらじゅんさんと3人で2階の奥で映画を観ようと言って、僕が真ん中で田口さんとみうらさんに挟まれて観たんですけど、3人でめっちゃ泣いていて。あの時以来だったんだなと。本当に名古屋に来られて嬉しいです。古館さんのおかげで映画が完成したなと思って。彼でよかったなと。偉そうなことを僕は言えないですけど、本当に彼でよかったと思っています。本日は本当にありがとうございました!」

映画『いちごの唄』http://ichigonouta.com/ は現在公開中。
東海3県ではミッドランドスクエアシネマ、ユナイテッド・シネマ豊橋16、MOVIX三好、イオンシネマ津南で公開中。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...