Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

baaba2

EntaMirage! Movie

寺田心くんの熱演が光る!新たな角度から認知症を描いた作品(映画『ばあばは、だいじょうぶ』)

ものを忘れてしまう病気(認知症)で物忘れが多くなり、出来ていたことが出来なくなっていく祖母の姿を孫の視点から描き、2018年のミラノ国際映画祭で最優秀主演男優賞と最優秀監督賞を受賞した映画『ばあばは、だいじょうぶ』が5月10日から公開される。

あらすじ

ちょっと弱虫な小学生の翼は、喜寿を迎えたばあば、おとうさん、おかあさんと4人暮らし。翼は、ばあばのことが大好きだ。何かくじけそうになると話を聞いてもらう。そんな時、ばあばは必ず「だいじょうぶだよ」と言ってくれる。そんな優しいばあばが同じ質問を何度も繰り返すようになり、得意だった編み物ができなくなる。ばあばは「わすれてしまう病気(認知症)」になってしまったのだ。怒り出したり、大切にしていた庭の植物を枯らしてしまったり。翼はなんだか怖くなり、近寄らなくなってしまう。

baaba3

ばあばどうして忘れちゃうの?

ばあばがおかしいとはじめに気がついたのは孫の翼だった。今まで自分のことを本当に大事にしてくれたばあばが少しずつ忘れっぽくなり、普段出来ていたことが出来なくなって人柄も変わってしまったように感じられる。変わっていく姿を翼はうまく受け入れられない。大人の葛藤とはまた違う翼の葛藤、成長が描かれる。

誰もがなり得る病気 認知症

認知症の特効薬はいまだ開発されておらず、誰もがなり得る病気だ。忘れてしまう、記憶をなくす。それはとても辛いことだ。認知症と知り一番ショックなのは認知症になった本人だ。家族にはどう接して行けばいいのかを試行錯誤する日々がやってくる。認知症のセミナーに家族が通う姿、生活スタイルを変えていく姿。家族の中での変化も映しだされていく。

みんなが泣いたという本が原作

原作は10万部を突破した作・楠章子さん、絵・いしいつとむさんの同名タイトルのベストセラー絵本。子どもだけでなく、大人も泣いた原作をベースに認知症の様々な症状、それに伴う行動が描かれていく。

baaba4

この声でなくてはいけない‐監督に響いた声

翼役はオーディションで選ばれた。「この声でなければいけない」と自己紹介の挨拶で監督に見初められたのは寺田心くん。

寺田心くんはドラマ、CM、バラエティに引っ張りだこの名子役だが、ジャッキー・ウー監督はひとりの役者として心くんを高く評価している。
その演技は2018年のミラノ国際映画祭でも評価され、最年少で最優秀主演男優賞を受賞した。また、ジャッキー・ウー監督もこの作品で最優秀監督賞を受賞した。上映された会場は映画祭では初めてのスタンディングオベーションで大きな拍手に包まれたという。

ばあばがばあばでなくなっていく

ばあばを演じたのは冨士眞奈美。特殊メイクを駆使しながら認知症の進み具合を描写しているが、少しずつ変化していく表情に注目したい。
温和な性格が少しずつ怒りっぽくなったり、心ここにあらずな時間があったり、脚本には様々な認知症の症状が描かれているが、冨士さんが体当たりで表現している。

baaba5

大事なばあばを思う孫の溢れんばかりの思いがクライマックスで観る者の涙を誘う。

祖母との思い出があまりない私にはばあばをこんなにも大切に思える翼くんが羨ましかった。たとえ忘れられても一緒に過ごした大切な日々がなくなるわけではない。忘れてしまったらまたひとつこれから思い出を作ろう。

これは自分の家族の物語かも知れない。是非家族で観て頂きたいと思う。

映画『ばあばは、だいじょうぶ』は 5月10日(金)より全国のイオンシネマ他で公開。公開を記念した舞台挨拶も決定している。
詳しくは公式HP https://grandmaisokay.com/ の劇場情報を参照のこと。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

ikiro3 1
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 2
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 3
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 4
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 5
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 6
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 7
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 8
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 9
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 10
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 11
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 12
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 13
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 14
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 15
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 16
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 17
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...