Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

IMG_0373

Entertainment

覗きたくはなりますが、一度映画を観た後にご覧ください。ネタバレあり舞台挨拶レポートー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督名古屋舞台挨拶

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。
公開を記念して1月20日名古屋・センチュリーシネマにて主演の三上博史さん、宅間孝行監督による舞台挨拶が行われた。
伏線に伏線が絡むこの作品。上映後ということで、観客からの質問に答えるティーチイン形式が採られた。その様子をお届けする。
(※鑑賞前の方は内容自体がほぼネタバレとなっていますのでご注意ください)

(舞台挨拶前に行われたインタビューはこちらから)

司会
「まず、来ていただいた皆様に一言お願いいたします」

三上さん
「こんなにたくさんの皆様にお越しいただきありがとうございます。ちょっと不安ですけど皆さんの顔色を見ながら大丈夫かなと(笑)。本当にありがとうございます」

宅間監督
「名古屋はよく来ているんですが、公開のタイミングでこんなにたくさんの皆さんに駆けつけていただいて本当に感謝、感謝です。ありがとうございます」

宅間孝行監督

宅間孝行監督

 

司会
「三上さんは色々な作品に出演していらっしゃると思うんですが、映画の主演が今回14年ぶりだと聞いて驚きました」

三上さん
「結構開いちゃったんですよ。ないんですよ、仕事が(笑)。映画はずっと続けていきたいジャンルなんですけどなかなか出会わなくて」

三上博史さん

三上博史さん

 

司会
「今回、かなり攻めていらっしゃいますよね?」

三上さん
「いつもこいつどんな奴なの?って役者として思われていたいんですね。出てきた時にこの役者が演じる役をどう見るかと考えてもらえるような存在でいたいんです。そのためにいろんな役をやってきたし。今回の“クソ野郎”もすごいワクワクしましたけどね。どうクソを演じるかって(笑)」

司会
「宅間監督はご自身のオリジナル脚本での撮影ですが、三上さんも言われている“クソ野郎”をどんな風に料理をしていこうかと面白かったんではないですか?」

宅間監督
「人間の業というか負の部分というのは映画のテーマにありがちで定番中の定番でもあると思うんですが、全員“クソ野郎”でこんなに救いのない、救いがあってはいけない人たちのような話なんです。海外に持っていこうと思っていてつけた英題が『DIVINE JUSTCE』、因果応報なんです。もし僕がもっと若い頃に作っていたら最後の最後まで因果応報じゃなくて悪いまま突っ走っていたかもしれませんが、この年になってくると少々モラルみたいなものが出て来まして(笑)、こんな人たちは最後まで生かしておいちゃいけないだろうというところでああいうラストになりました」

司会
「それは観た後だから聞ける話ですね。皆さんも、上映後なので聞きたいことがあればぜひ」

観た後の率直なQ&A

観客
「出てきたホテルの客室が828号室だったんですね。少なくとも8階建てで28室部屋があるってとても大きなラブホテルだなと思ったんですが」

宅間監督
「僕らの中ではそこを話題にしていましたが、まさかそこを聞いてくださるとは思いませんでした。すばらしい。歌舞伎町のラブホテルという設定なんですけれども、製作・出資してくださった方が8月28日が誕生日だったので(笑)。これは今日初めてここでオープンにした話です。出資してくださったことに対する感謝と言いますかオマージュと言いますか828号室にしました。なので僕らもよく考えると8階で28号室もあるラブホテルなんてないだろうって(笑)。そういうことでございます」

司会
「こういう違和感を感じていただけるっていうのがいいですよね」

三上さん
「そうなんです。最近の作品だと少々辻褄が合わなくてもこれはそういうものなんだと受け入れて何の疑問も持たずにあてがわれるまま観ることの方が多いと思いますが、疑問に思うところから始まる映画なんですよね」

観客
「仕事がないとかめんどくさいとか言われている三上さんに宅間さんがオファーした理由を教えてください」

三上さん
「どこ情報なんですか?(笑)それ」

観客
「ネットで…」

宅間監督
「…(爆)。三上さんは面倒くさいと言われているんですけど僕が初めてお会いした時に同じ匂いの人だなと思ったんです」

三上さん
「ええ、同じ側の人間です」

宅間監督
「僕も芸能界では結構面倒くさいと言われている方なので非常に気が合うというか。面倒くさいというか真面目なんですよ。すごくストイックで。よくそういう話になるんですけどここで何かを突っ張った時にあることに対するそれは正義だったり誠意だったりするんですけど、それをやると今は面倒くさい俳優と言われてしまうのでみんな言わないようにしているだけです。そうするとつまらない作品がいっぱい溢れてくるとなった時に現場止めたくないから言わないけど、三上さんはある程度自分が作品を背負って立つ立場になる、例えば主演でドラマをやります、映画をやりますと言った時にどうしても譲れないところで「譲れません」って言ったりするところがあるのでそう言われるとか、あとギャラが高いとか(笑)、ものすごく役を選ぶとかそういうことをトータルしてそう言われてますけど…」

三上さん
「どれも違うでしょう!(笑)」

宅間監督
「・・・(笑)。いやそういう話でよくご飯に行って盛り上がってます。ご近所さんなんです」

lovehotel3

司会
「今回もワンカットというのが何回かあったそうですが、長いのだと何分ぐらい?」

宅間監督
「一番長いので40分弱ぐらいのがありました」

三上さん
「皆さんは40分とか意識してみなくていいと思うんですけど、通常はワンカットが5秒~10秒の世界なんですよ。長く撮っていて後からそれを編集することはあります。途中でアップのカットを入れたりとか。でも1分単位とか10分単位とかもあまりないです。そういう場合は大体皆さん飽きてしまうのでカメラが動くんです。手持ちだとかアップにするために寄ったりとか横に動いたり引いたりとかクレーン使ったりとか。今回そんなんじゃなくて。バーンってカメラ一台置いたまま。これは役者としては腹くくるしかないと思いましたね」

司会
「宅間監督、これは何回もやり直しはやることなく…1回きりでと三上さんがおっしゃったとお聞きしましたが」

宅間監督
「でもやり直せばいろんなことが変わってくるんです。一回一回ってことは役者さん達のテンションや熱で変わってくるので今回は色々40分の長さの時にはアクシデントがあったんです。思いっきり録音部の人が見切れていたりとか、カメラを置く時に下に置くサドルバックというものをカメラマンがそのまま忘れていってしまって、切り返して映したら全部映ってしまっているとか、最悪なのは人がいっぱいいてケーブル裁いている人がいたんです。全部なんとかしたんです。もう三上さんがやりたくないって言ったので(笑)」

三上さん
「いや、そうやって言うと「嫌だ」って言ったみたいじゃないですか(笑)。そうじゃなくて「出来ますよ。出来るけどそれ以上のものは絶対に出ません」と言ったんです」

司会
「緊張感というのは一回目より二回目の方が下がってしまうということはありますよね」

宅間監督
「特にこの作品の中で生きている人たちは非常に際際の所にずっといて、特に三上さんと酒井若菜ちゃんの役はあるプランを元に結託しているという役で、人生賭けて一人殺して、二人殺してと作戦を立てている二人の話なので普通とはちょっと違うテンションになっている方が本当というかリンクしていた方がいい、妙に小慣れていない方がいいというのはありました」

観客
「三上さんと酒井さんというとある弁護士ドラマを思い出すんですが、監督がお二人を組み合わせたのはなぜですか」

宅間監督
「そのドラマは観ていなかったので知らないんですけど(笑)、三上さんはプロデューサーがこの作品の前に一緒に意気投合していて次に何かあったらやろうという話があって、プロデューサーさんから三上さんはどうですか提案されたんです。「絶対やらないでしょ?とりあえず頼んでみれば?」と言ったところ、三上さんも非常に乗り気でやってくれるというのでこんな素敵なことはないとお願いして、若菜ちゃんもプロデューサーと僕から挙がったという感じで二人の組み合わせで始めからというわけではなかったんです」

観客
「麗華が死んだと思われている状態の中、バスルームに引きずられて行っているときに足が動いた感じがしたんですが、あれはわざとなのかハプニングなのかどちらですか。その先を観ていたら麗華は生きていたので、あれも伏線だったのかなと思いました」

宅間監督
「あれは仕組んだものではなく偶然です。一応死んだふりをしてもらっていて引っ張っているときに引っかかって足が動いちゃったんですけど、そういうところを頭から撮り直すかこれで行くかというときに、彼女は一応死んだふりをしている設定なのでいいんじゃないかという。逆にそれが伏線として捉えてもらえればありだねと。なのであのシーンを観て「なんだよ、この映画ぬるいな」って思ってくれるぐらいだったらいいなと。引っかかっていただいてありがとうございます(笑)」

観てほしい4つのシーン

観客
「次回観るときに気にしてみると面白い点はありますか」

宅間監督
「基本的には全部の芝居に意味があるんですが、間宮と詩織の芝居に関しては全て意味が逆転して見えてくると思います。次観ていただく時に注意していただきたいのは二人が本音でしゃべっているシーンが大きく分けて4つありまして。麗華というデリヘル嬢が入ってくるまでは全て本当で一番最後みんながいなくなった後の2人の会話も本音なんですね。それ以外にバスルームを閉めて二人になった時の会話の中の間宮のセリフで「これをきっかけに本当の夫婦になったりして」というセリフはあの状況で詩織を口説いてるんです。最低ですよね。2人になった瞬間キスしようとしているというどうしようもないクズのシーンで詩織に「ありえません」と止められるシーンとウォンが入ってきてここで麗華を切り刻むかどうかと会話をしているところ。ここはウォンに麗華を殺させることが二人の目的だったのでウォンがここでいいんじゃないかと言われたときに詩織もクズなのでやっちゃえと言うんですよ。ただ自分たちも手を染めないといけないとなると無理無理って引くんです。大きく言うとこの4つの会話です。細かく観るとまだ色々あるんですが、もう一回観ていただくと全て意味が逆転していきますし、見え方が変わってくるとおもいますのでそういった楽しみ方が出来ると思います」

司会
「宅間さんは役者さんでもあるわけですが、三上さんは他の監督さんと違うなって感じますか」

三上さん
「やっぱり、映像作家さん、監督と同じものを作っているんですけど全然違うんです。宅間さんは役者さんだから役者のことをわかっているわけです。役者がいかにずるいか、いかに弱いかとか。とにかく役者なんてダメダメなんですよ。すぐさぼろうとするし、手抜こうとうするし、早く帰りたいと思っちゃうし(笑)。でもそういうところを全部わかっていてそういう武器をどう使ったら一番効果を発揮するかをわかっているわけです。裏の裏を読まれているのでもうまな板の上の鯉ですよ。カメラ1台をドーンと置かれたら役者は怖いです。役者の素養が全部出てしまうんです。わざとらしい奴だとかすぐわかってしまうんです」

宅間監督
「演じている人たちの全てが見えてしまってごまかしようがない。普通は編集でごまかしますけどそれがないので出ている役者がすべて表現しないといけないことになっています」

三上さん
「出会わせてくれた取り合わせがすごく嬉しくて、若菜ちゃんは過去にも共演してますけど、波岡一喜さんは初めてでほんっとに嬉しくて。一緒に稽古しているのが楽しかったです。さすがですよね。あの人は本当にバランスがいい。大好きです」

フォトセッションにて

フォトセッションにて

司会
「最後に皆さんへ一言お願いします」

三上さん
「そんなにぶりとは自分は思っていなかったんですが、そんなにぶりなんですね。やっと生まれました。結構前に撮影していたんですがようやく公開にこぎつけることが出来て本当に幸せです。一人でも多くの方に観ていただきたいので隣の近所の方にりんごでも持って(笑)宣伝してください」

宅間監督
「この作品は非常に好き嫌いが分かれる作品だと思います。気に入ってくださる方もいればうーんって方もいると思うんですがこういったローバジェットで制約なく作品を作れる場というのが少なくて、テレビ局が主導の作品だといろいろ放送コードを考えると最終的にこれがダメとかもっとわかりやすくとなっていくんですが、なかなかこういう小さい映画を生み出す、クリエイターの方たちが自由な発想でするというのがなくならないことが結果的には皆さんのエンタテイメントへの関心の幅が広がることになると思いますのでこの映画を応援していただけると嬉しいですし、小さい映画をこういう素敵な劇場で観続けて応援していただけたらと思います。今日はありがとうございました」

 

『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』 https://love-hate-movie.jp/ は現在公開中。
東海地区ではセンチュリーシネマ、ユナイテッド・シネマ豊橋18で公開中。

-Entertainment

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...