Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

kugutsu

Entertainment

名古屋の小劇場をはみ出るエンターテイメントが映画で観られる!-映画『傀儡の石英~KUGUTSU NO SEKIEI~ in the MOVIE』

名古屋を中心に活動しているアクションプロデュースカンパニー「RE-act」は芝居、アクション、ダンスと様々なジャンルのキャストを迎え、エンタテイメント性を打ち出した公演「本祭」を行っている。
2018年名古屋北文化小劇場で上演された舞台『傀儡の石英』は「RE-act」に所属するメンバー、名古屋で活躍するアクション俳優、ダンサーも参加してのいろいろ”ありえない”が詰まった壮大な舞台となった。

今回、その『傀儡の石英』が映画館で上映されることになった。名古屋の演劇が映画館で上映されるという初の企画。
なぜDVD発売だけでなく映画館での上映を行うことにしたのか。
「RE-act」主宰の手嶋さんに話を聞いた。

名古屋から全国へ。上映プロジェクト始動!

LINE_P20190125_215433846

Q.RE-actさんはいつごろから名古屋で活動されているのですか?活動内容も教えてください。

手嶋さん
「2010年に設立しました。アクションが好きで舞台も好き仲間が集まり、キャラクターショーを受託しながら年々、活動の幅を広げています。最近はYOUTUBE、イベントプロデュース、コスプレにも進出しております。
活動指針は【未来、誇らしい自分でいる為に】、【互いを尊重!団体は個人を、個人は団体を!】です」

Q.本祭とはどのようなものでどれぐらいのペースで企画していますか?

手嶋さん
「とにかく主宰が気になったパフォーマーにお声がけをして、RE-actのメンバーを主軸に置いて上演しています。小劇場で上演しますが、小劇場の規格を壊す試みです。屋外ライブの様な、ありえない照明、ギリギリの幅を攻めるありえない装置、ライブハウスさながらの爆音、ありえない音響。そして、ダンスや歌、芝居、アクションが融合したありえない運動量をお見せするという演劇のカテゴリーではありますが、来場した人が体感できる舞台をモットーにしています。1〜2年のペースで企画上演しています」

Q.今回、映画館で『傀儡の石英』を上映しようと思ったのはなぜですか?

手嶋さん
「演劇の命は長い稽古期間の割には一瞬です。それが本当に悔しくて切ない。そしてもったいない。もっとその熱を違う形でも伝えて、そしてそれがきっかけで生を体感してもらえる未来の可能性をつくる為に映画化に踏み切りました。だって、沢山の人に見てもらいたいじゃないですか」

Q.上映場所を「イオンシネマ常滑」にしたのはなぜですか?

手嶋さん
「東海3県では、名古屋に来なければ演劇などを見る機会が少ないと思います。しかし、全国で見れば、有名劇団はその名古屋をも飛ばします。ならば、名古屋を拠点に全国に展開していくべきではないのか?と考えました。でも、舞台活動はコストがかかります。ならば、映像なら!という事から、まずはご縁の強いイオンシネマ常滑で上映することにしました。近場でも、来てもらうのではなく、こちらから出向いて上映させていただきます」

Q.作品の紹介をお願いします!

手嶋さん
「物語のテーマは、人間悪です。石を擬人化し、人間と石の関係をファンタジックに彩りました。まるで宝石の様に煌びやかに散りばめられたシーンや台詞の数々。見終わった後には、見た人それぞれの解釈が生まれるはずです。五感を刺激するアクションエンターテインメントを是非、その目で、その耳で、その体でお確かめください!」

上映イベントは特別上映と一般上映の2回。上映前に舞台挨拶も予定されている。
予告編を観て、ぜひ観てみたいと思った方はこのイベントに駆けつけてほしい。チケットはオンラインショップで購入できる。

Action Produce Company RE-act 第6回本祭
『傀儡の石英~KUGUTSU NO SEKIEI~ in the MOVIE』
場所 イオンシネマ常滑
特別上映 2月2日(土)19:00~  チケット料金3000円  出演者による舞台挨拶あり
一般上映 2月10日(日)19:00~ チケット料金2000円  RE-actメンバーによる舞台挨拶あり
チケット発売サイト  RE-act オンラインショップ https://react.stores.jp

詳細は公式ウェブサイトへ
https://www.react-apc.com

-Entertainment

おすすめの記事はこれ!

nekkojii3 1
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 2
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 3
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 4
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 5
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 6
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

7
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 8
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...