Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

TMWIC 1762.tif

Entertainment

名作「クリスマス・キャロル」に隠された作者の過去と葛藤の日々(映画『Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男』)

ハロウィンが終わると日本はクリスマス商戦に向かって様々な業界が一斉に模様替えを行う。クリスマスはサンタクロースがプレゼントを持ってくる日というイメージが日本では強いせいかクリスマスプレゼントを贈ることやクリスマスケーキを食べることに重きを置いてイベントを楽しんでいる気がする。イギリスやドイツのようにクリスマスを家族と過ごす大切な一日として捉えている人はどれだけいるのだろうか。

ヨーロッパのそんな慣習も一つの物語がきっかけだった。
チャールズ・ディケンズが1943年に書いた「クリスマス・キャロル」はクリスマス集の第一集として書かれた作品だ。この作品が人気となりクリスマスはイエス・キリストの生誕を祝うだけでなく家族や大切な人と過ごす日という習慣が定着したとも言われている。

「クリスマス・キャロル」の主人公スクルージは意地が悪く強欲だった。そんなスクルージの前に昔一緒に会社の経営をしていた亡きマーレイの亡霊が現れ、意地の悪い人間が死んだ後どうなるのかを聞かされる。3人の精霊達に過去・現代・未来を見せられたスクルージは翌日から心を入れ替え、今まで冷たくしていた人々に手を差し伸べていく。

この「クリスマス・キャロル」をチャールズ・ディケンズはどんな思いから作ったのだろうか?

「クリスマス・キャロル」の製作過程を描いた『Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男』がクリスマスを前に公開される。

TMWIC 1839.tif

行き詰まったチャールズを救ったのは

「オリバー・ツイスト」で小説家としての地位を築いたディケンズだったがその後に出した作品は不評。売れるつもりでアメリカへの旅行の費用を出版社から前借りしていたため入ってくる印税も少ない。5人目の子も生まれてくるのに生活は苦しい。そこへ浪費家である父が母を連れてお金を無心にやって来る。次の作品を何としてもヒットさせなければならないとディケンズは借金の工面をしながら作品のヒントになるものを様々な場所や人に求める。

そんなディケンズにヒントを与えたのはディケンズの家に新たにお手伝いとして入ってきたタラ。アイルランド出身の彼女はディケンズの子供たちにクリスマスにはあの世とこの世の境が薄くなって精霊たちがこの世にやってくるという逸話を聞かせていた。その話をヒントにディケンズはクリスマスをテーマにした話を書きはじめようとするが、出版社にクリスマスを題材にしても売れないと出版費用の捻出を拒否されてしまう。6週間後のクリスマスまでに自費でも出版したい。ディケンズはさらに金策をしながらクリスマスの話の創作に没頭する。

登場人物と会話する男・ディケンズ

この作品の面白いところは役名がぴったりと当てはまったときにディケンズの中で形となって作品の登場人物が現れることだ。現実とディケンズが作り出した物語の世界が交差する。形となって現れたスクルージやマーレイたちと会話するうち、ディケンズはコメディとして描こうとしていた「クリスマス・キャロル」とは違う展開を見つけ出す。スクルージが言い放つ言葉、スクルージが見ているもの。それのどこかにディケンズの過去と今、そして未来が重なる。ディケンズの心の奥に押し込まれていた思いが様々な人物となってディケンズの本当の「クリスマス・キャロル」のストーリーを生み出していく。

TMWIC 1372.tif

チャールズ・ディケンズを演じるのは『ダウントン・アビー』のマシュー役でブレイクし、ディズニー映画『美女と野獣』の野獣役を演じて脚光を浴びたダン・スティーブンス。「クリスマス・キャロル」を描いた31歳の頃、若きエネルギー溢れる小説家を繊細に演じている。時には陽気に、時には激高し、悩む。多面的なディケンズを作り上げた。ディケンズが生み出したスクルージにはクリストファー・プラマー。『サウンド・オブ・ミュージック』のトラップ大佐を演じていたクリストファーは現在79歳。様々な役の経験を活かし、スクルージをお茶目なところもある心を閉ざした意地の悪い男として演じている。ディケンズの父親・ジョンを演じたジョナサン・プライズも物語のキーマンになっているので演技に注目してほしい。

イギリスの役者陣に負けない日本声優陣による超訳吹替版

今回日本では1940年代のイギリスの情勢や「クリスマス・キャロル」の話を知らなくても映画がわかる”超訳吹替版”で上映される。ディケンズの声は小野大輔、ディケンズの妻ケイト・ディケンズの声は坂本真綾、そしてスクルージの声は日本の舞台作品『クリスマス・キャロル』、『スクルージ!』で何度もスクルージを演じ、スクルージ役者と言っても過言ではない市村正親が担当する。またディケンズの父の声は、これまでトム・ハンクスをはじめ、ロビン・ウィリアムズやエディ・マーフィといった大物俳優の声を担当してきたベテラン声優、江原正士が演じる。作品の世界観を壊すことのないすばらしい声優陣による吹替となった。

TMWIC 1853.tif

ベストセラー作品が生まれた背景にはいくつもの物語がある。
「クリスマス・キャロル」という現代のクリスマスを形式づけた小説が生まれたのはチャールズ・ディケンズが歩んできた人生があったからこそだ。

人は変われる。やり直せる。自分次第。

失敗したらやり直せない風潮がある今の日本で生きる人たちにぜひ観てほしい映画だ。

『Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男』 https://merrychristmas-movie.jp/ は11月30日(金)より新宿バルト9他で全国公開。
東海地区では109シネマズ(名古屋、四日市)、イオンシネマ(名古屋茶屋、ワンダー、岡崎、豊田KiTARA、長久手、各務原、鈴鹿、津南)、ユナイテッド・シネマ(豊橋18、阿久比、稲沢)、MOVIX三好で11月30日(金)より公開。

-Entertainment

おすすめの記事はこれ!

sousiki1 1
友よ、皆に送られて安らかに逝け(映画『葬式の名人』)

『おくりびと』以降、逝く人を見送る職業の人々を描く映画は沢山作られており、今回も ...

mukounoie1 2
僕の知らないもう一つの森田家(映画『向こうの家』西川監督インタビュー追加)

食卓というのは家族の雰囲気がわかる場所だ。 家族四人で朝ご飯を囲む、幸せな家庭に ...

ala2019_01 3
アーラ映画祭2019ラインナップ発表!

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2019の全ラインナッ ...

nagai3 4
第30回CINEX映画塾 映画『長いお別れ』中野量太監督トークショーレポート

第30回CINEX映画塾が6月30日岐阜CINEXで開催された。30回目の作品は ...

kohaku3 5
映画『こはく』井浦新さん×横尾初喜監督 名古屋 シネマスコーレ 舞台挨拶レポート

井浦新という役者は観る作品によって出てくる色が違う。役そのものが出す色を井浦新と ...

AIWFF2019_02 6
あいち国際女性映画祭2019の開催が決定!明日からチケット発売

「あいち国際女性映画祭2019」の記者会見&ラインナップ発表が7月11日、映画祭 ...

inukoro4 7
住宅顕信という俳人を知っていますか?若き俳人の心を描く(映画『ずぶぬれて犬ころ』本田孝義監督インタビュー)

自由律俳句をあなたは知っているだろうか。 五七五にとらわれないリズムと自由な感覚 ...

anomachi1 8
映画『あのまちの夫婦』津田寛治監督インタビュー&舞台挨拶レポート

映画『あのまちの夫婦』の上映が名古屋・シネマスコーレで19日まで行われている。 ...

ichigo10 9
映画『いちごの唄』公開記念名古屋舞台挨拶レポート

映画『いちごの唄』の公開記念舞台挨拶が7月7日ミッドランドスクエアシネマで開催さ ...

ichigo1 10
今日から公開『いちごの唄』鑑賞者にしか買えないCDをゲットしよう!

今日7月5日(金)から公開される映画『いちごの唄』の公開記念舞台挨拶が7月7日( ...

nagimati1 11
波の立たない人生などない(映画『凪待ち』)

凪とは…。風がやんで波がおさまり、海が静まること。 心という海が静かになる日はい ...

hotgimic1 12
堀未央奈さん(乃木坂46)岐阜に凱旋!映画『ホットギミック ガール ミーツ ボーイ』舞台挨拶レポート

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』の先行上映が岐阜県のTOHOシネマズモ ...

MKE7_15 13
みてくれたっていいじゃない!第7回MKE映画祭レポート

第7回MKE映画祭が6月8日、岐阜県図書館多目的ホールで開かれた。 選考で選ばれ ...

jimoto8 14
地元ピース!岐阜上映は超満席!!

映画『地元ピース!』の岐阜上映会が6月9日岐阜・柳ヶ瀬のCINEXで行われた。 ...