Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

Entertainment

『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』上映&松風理咲さん舞台挨拶トークイベントレポート

全長6.4kmしかない千葉県の銚子電気鉄道(銚子電鉄)。
幾度の経営難を地元の様々な人々の援助によって救われてきた
この鉄道会社は企画するイベントも面白く話題になっている。

そんな銚子電鉄が舞台になった作品が
『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』(http://tomoshibi-choshi.jp/)だ。

銚子電鉄と高校生の駅伝対決の物語だが
その周りのサイドストーリーも楽しめる。
主人公と母親のやりとり。
町に人探しにやって来た女性と鉄道オタクの配達員のやりとり。
そして毎日駅にやってくる元駅長と駅員たちのやりとり。
絶妙にこれが主軸の駅伝対決に絡んでくる。

井上順さん、升毅さん、菅原大吉さん、前野朋哉さん、
芹澤興人さんとバイプレイヤーがとてもいい味を出してくれている。

銚子電鉄推しだけなのかと思ったらそれだけじゃない。
海が近くて釣りもできるし、お魚もおいしい
という銚子という土地の魅力が非常に自然に織り込まれていて
鉄分多めの私には銚子電鉄を見に行くために旅行してもいいかなと
思えてしまう作品だった。

わずか6.4キロの中に趣ある風景が沢山ある。
そして一つとして同じような駅に見えない駅の個性がたまらない。
(普通、同じ鉄道だと同じデザインに見える駅舎が多いが
いろんな事情で違う建物になっている。だからいいというか。)

このトモシビのヒロインはどうして銚子電鉄と駅伝の企画を立てたのか。
そのあたりは触れられていないが
最後の方でなんとなくわかった気がした。
親子で受け継がれるもの。
そんなところも描かれている作品だ。

本作のヒロインを演じた松風理咲さんは岐阜県出身。
デビューしてまだ数年。
これからの活躍を感じさせる透明感、印象に残る目力、
そしてよく通る声が魅力的な女優だ。

地元岐阜でこれからどんどん応援してほしい。
そんな思いから岐阜新聞映画部が『トモシビ』上映と舞台挨拶トークイベントを企画した。
松風さんは今まで短いインタビュー取材は受けたことがあっても
40分のトークイベントは初めてだという。

地元岐阜への凱旋ということもあり、CINEXには高校生、小学生もたくさん集まった。
いつもよりも客層が一気に若返った感じがした。

CINEX映画塾ということでCINEXの総支配人磯谷さんがトークイベントのお相手。
磯谷さんはぎふチャンラジオでラジオパーソナリティーも担当しているお話上手。
撮影についてや松風さんのデビューのきっかけなど
色々聞いたトークイベントの一部をお届けする。

久々の帰郷

磯谷さん
「岐阜はいつぶりですか。」
松風さん
「去年の1月か2月以来の岐阜です。」
磯谷さん
「岐阜の友達とは連絡を取ったりしますか?今日も来られているかな。」
松風さん
「今日も沢山来てくれています。作品を見たあとに連絡をくれたりします。」

等身大の役を演じる

磯谷さん
「この作品の撮影はいつ頃ですか?銚子電鉄は知っていましたか?」
松風さん
「去年の9月ごろです。銚子電鉄は知りませんでした。撮影では通常の運行ではない時間に
臨時で列車を走らせてもらって時間に限りがある中で撮影しました。」
磯谷さん
「駅伝のシーンは結構走っているんですか?」
松風さん
「すべてではありませんが走っています。往復で走ったところもありました。」
磯谷さん
「走るのは好きですか?」
松風さん
「長距離で走るのは好きですね。」
磯谷さん
「以前中学生の時に小学生を演じていたこともありましたよね?
(『グッドパートナー・無敵の弁護士』)
今回は高校生役ということ同世代ですがでどうでしたか?
主人公と似ている所とかありましたか?」
松風さん
「今回は高校生で自分と同じ感じで。主人公とは性格が似ているところもあります。
つい、わーって言っちゃう所とか、お母さんに素直じゃないところは似ています(笑)。」

共演者との交流

磯谷さん
「お母さん役が富田靖子さんですね。今度ロイヤル劇場で富田靖子さんが今の松風さんと
同じくらいの年の頃に演じた『さびしんぼう』という作品を上映するので
映画で出てこられてその偶然に驚きだったんですが、撮影の合間にお話ししたんですか?」
松風さん
「共演者の方々とは控室が同じでいろんな話をしました。富田さんは演技のことを教えてくださいましたし、
私と同じぐらいの年から役者をやっているという話もしました。」
磯谷さん
「撮影は泊まり込みでしているんですか。」
松風さん
「はい。この時は近くのホテルに泊まって撮影しました。」
磯谷さん
「学校と仕事の両立は出来ているんですか?」
松風さん
「この作品の時は集中して撮影していたので学校をお休みしましたが
それ以外は放課後や週末にお仕事を入れていただけるので高校にはちゃんと通っています。」

今回のオリジナルチケット

今回のオリジナルチケット

岐阜でスカウトされる

磯谷さん
「デビューに至るきっかけをおしえてください。」
松風さん
「学校から帰る途中に声をかけられました。」
磯谷さん
「知らない人に声をかけられてもついていかないって言われませんでした?
逃げなかったんですね。」
松風さん
「学校では言われていましたが、逃げませんでした(笑)。
はじめはやる気はなかったんですけど
事務所の先輩の現場を見させていただいて。
こんなに撮影って時間がかかるんだとか知らないことばかりで。
いろんな人で作り上げていくものが
たくさんの人に見られるということに魅力を感じて
大変だとも思ったんですけどやってみたいって思いました。」
磯谷さん
「スカウトされたって原宿とかじゃないんですよ。岐阜ですからね。
なかなかないし、ご両親も反対されたでしょう?」
松風さん
「最初は反対しました。でもやりたいって言ったら許してくれました。」

女優にならなかったら

磯谷さん
「昔から芝居には興味があったんですか?」
松風さん
「いえ、なかったです。本を読むのが好きで台本を借りて読むのも楽しくて
やったことはなかったですけど、やれるかなと。」
磯谷さん
「本はどんなジャンルが好きなんですか?」
松風さん
「ミステリーが好きです。東野圭吾さんやアガサ・クリスティを読んでいます。
お姉ちゃんが好きで家に本が沢山あったというのもあります。」
磯谷さん
「もしこの仕事についてなかったら何になろうとしていたんですか?」
松風さん
「学校の先生になりたかったんです。」
後から聞いたところ、社会科の先生になりたかったのだそう。

憧れの女優はあの人

磯谷さん
「憧れの女優さんはいますか?」
松風さん
「黒木華さんです。すごく演技がお上手なので。」
磯谷さん
「お会いしたことはあるんですか?」
松風さん
「いえ、まだないんです。」
磯谷さん
「会えるといいですね。お芝居の上達のためにレッスンもあるんですか?」
松風さん
「はい。あります。台本を読む練習や発声練習をしています。」
磯谷さん
「岐阜弁が出たりはしませんか?」
松風さん
「上京したての時は出ましたが、最近はないです。」
磯谷さん
「帰ったときには岐阜弁が出るんでしょうね。」
松風さん
「あんまり自覚がないです。(笑)」

来てくれた皆様へ

磯谷さん
「では最後に来てくださったみなさんに一言お願いします。」
松風さん
「『トモシビ』は去年撮った作品で、後から自分で見たときに
こうすればよかったなと思うところもありましたが
初めての主演で共演者の方々と一緒に作り上げた作品です。
こんなにたくさんの方に見ていただけて本当に嬉しいです。
今後も精一杯頑張っていきます。
またこんな機会があると嬉しいです。
本日は本当にありがとうございました。」

上映終了後の1枚 松風理咲さん

上映終了後の1枚 松風理咲さん

 

16歳の魅力。そしてまだまだこれから大人へと成長して変化していく
松風さんもとても楽しみだと思った。
これからも応援していきたい。

-Entertainment
-

おすすめの記事はこれ!

1
みんなが僕のストレージ(映画『クソ野郎と美しき世界』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『クソ野郎と美しき世界』公開記念舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで ...

IMG_20180205_115556 2
中川運河の魅力を伝える短編集(『Filmusic in 中川運河・秋』)

名古屋都市センター【中川運河助成ARToC10】の助成事業として製作されている短 ...

dav 3
自分の心の中を見たら(『ミュージカル ジキル&ハイド』)

ミュージカル『ジキル&ハイド』 2018年3月25日(日) 13:00  名古屋 ...

4
今を、そしてこれからを生きる(映画『一陽来復 Life Goes On』)

東日本大震災から6年。 6年という月日が早いのか遅いのか。それは人それぞれ感覚が ...

5
映画『レオン』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『レオン』公開初日舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで行われた。 こ ...

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA 6
あなたが愛した私でいたい(映画『ナチュラルウーマン』)

前情報は全く入れずに鑑賞し始めた映画『ナチュラルウーマン』。 ナイトクラブで歌う ...

ビガイルド 7
女の園に男が一人。さて何が起こる?(映画『ビガイルド 欲望のめざめ』)

女の怖さを知っているのは男より女だと思う。女はいつか敵になるかもしれないのになぜ ...

8
悠久の流れ長江・何度も巡り合う男と女(映画『長江 愛の詩』)

中国・長江。 世界の三大河川に数えられるこの河は全長3600キロ。中国を横断する ...

9
岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。 今年は新 ...

10
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・前編 Mirageなお客様その⑤)

自動車技術は日々進化している。 自動運転はまだまだ先のことと思っていたがCMでも ...

11
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・後編)

映画『センターライン』 下向拓生監督へのインタビュー後編をお送りする。 前編はこ ...

kenen1 12
兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。 絶対に勝てない親子喧嘩より ...

13
ラーメンマニアの上を行く。その名もラーメンヘッズ(映画『ラーメンヘッズ』)

日本人は世界中のどこの国よりもラーメン好きだ。 手軽で美味しい。その一杯のために ...

14
求めあう心に導かれて(映画『風の色』)

「もう一人の私は北海道で流氷を見ている。」 恋人のゆりが意味深な言葉を残し、自殺 ...

15
『悪と仮面のルール』玉木宏インタビュー「幸せの感覚」

この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために 創られた存在だと父から告げられ ...

16
『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』名古屋舞台挨拶レポート

映画『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』の公開記念舞台挨拶が 1月 ...

17
あなたの人生このままでいいですか?(映画『ルージュの手紙』レビュー)

酒も飲まず、恋愛もしない。 仕事と子供のために生きてきた女性の元に 思いもよらぬ ...

18
CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』トークショー レポート

CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』 佐古 ...

19
CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』トークショーレポート

CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』 及川奈央×益田祐美子プ ...

20
一本の糸からつながる世界(映画『YARN 人生を彩る糸』)

冬になると得意ではないのに編み物をやりたくなるのはなぜだろう? 一本の毛糸を編む ...

21
オペラで彩られるモーツァルトを描く新たな作品(映画『プラハのモーツァルト』)

  ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。 作曲家としてあまりにも ...

22
知多半島映画祭2017 レポートその1 『あのまちの夫婦』

11月19日に知多半島映画祭2017が東海市芸術劇場大ホールで開催された。 7年 ...