Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

otona5

EntaMirage! Movie

死なないスマホロシアンルーレットが始まる(映画『おとなの事情』)

携帯電話がなかった頃、隠しておきたいことは何処にしまっていたんだろうと
この映画を見て率直に考えた。

昔なら電話は着信履歴なんて残らなかったし(携帯がなかったし)
メールなんてこんなに気軽には出せなかった。(手書きだし)
そう。誰にも言えない秘密は自分の心のうちだけにしまおうと思えば出来た。
昔の方が色々と都合がよかったし、
真実を明らかにすることも難しくて面白かったのかもしれない。

今回紹介するのは今を生きるおとなのとある食事会の一コマを描いたイタリアの作品だ。
友情や夫婦の仲はこんなことがきっかけで大きな変化を見せるものなんだと
皮肉にもつい笑いながら見てしまう。
イタリア映画の最高賞とされるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で監督賞、脚本賞に輝いた
コメディを得意とするパオロ・ジェノヴェーゼ監督が描く96分の会話劇。
すでにスペインでリメイクも決まっている話題作だ。

あらすじ

友人の家に食事会にやって来た7人。
食事会に家を提供したロッコとエヴァ夫妻。エヴァは娘のソフィアともめている最中だ。
母親と子供たちと嫁姑の言い合いはあるが幸せに暮らすレレとカルロッタ夫妻、
最近結婚したカジモとビアンカ夫妻。
そして恋人ルチッラを風邪で連れてこられなかったペッぺ。
いつも通り近況報告をしているはずがそれぞれの携帯にやってくる着信やメールを
包み隠さず公開するというゲームに興じることに。
はじめは隠し事なんて何もないと言っていたはずなのにメールが届く度、
着信がある度にとんでもない事実が明らかになっていく。
otona6

夫婦に秘密はない?

食事会にやってくるまでの夫婦の映像をまず監督は見せてくれる。
後半に向けての伏線がこの時点からいくつも張り巡らされており、
冒頭で見たときは何気ない夫婦の会話であるようにしか見えない。
細かく差し込まれる友人たちの視線のカットも意味深だ。

 

事実が明らかになったときその行為は別の意味を為す。
好きで結婚したはずの夫婦。
でも携帯の中身まで明かすことが出来ているかといえばそうではない。
otona8

スマホの中には秘密がたくさん隠れている。
スマホを見た、見られたが原因で別れるカップルもいる世の中で
エヴァが言い出した携帯のメールや着信を公開するゲームはまさに
『死なないスマホロシアンルーレット』
死ねないのが辛いぐらいの展開が待っているとも知らず
「隠し事なんてない。」という嘘を押し通そうと自分の携帯が鳴らないことを祈って
ドキドキする時間を過ごすことになる7人。
中には嘘を押し通そうと行動したことがさらに悪い方へと向いてしまう人物も出てくる。

イタリアのバイプレイヤーズによる会話劇

96分のうちほとんどがロッコの家での会話劇。
その会話劇をそれぞれのキャラクターを作り上げて臨んでいるのは
イタリアの名俳優たち。主演も脇役もできる実力派が勢揃いしている。
ペッぺ役のジュゼッペ・バッティストンは
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を過去に3回受賞しており、
カルロッタ役のアンナ・フォッリエッタは本作で同賞にノミネートされた。

映画というよりも一幕ものの舞台を見ているようなそんな感覚にとらわれる。
観劇後によく感じるあの何とも言えない居心地の悪さをこの映画でも感じてしまう。
演劇はハッピーエンドや分かりやすい結末がないものも多いからだ。
居心地は良くないがなんだか笑ってしまう。
悲劇こそ喜劇。まさにこれだ。
otona7

 

姿の見えない登場人物に一喜一憂

メールや電話を掛けてくる相手がどんな人間なのかを想像するのも非常に面白い。
ペッぺの彼女のルチッラ、ビアンカの元カレ、カジモの同僚など
相手はいつも通りの会話をぶつけてくるため、
一つずつ知らないことが暴かれていく。
友人たちが知らない、出来れば知ってほしくないことが明るみになり
感情のたがが外れてさらに真実を自ら溢れさせる人物まで出てきてしまう。

最後には思いもよらない展開も待ち受ける。
夫婦だから仲がよいとは限らない。
夫婦だから全て知っているとは限らない。
自分が相手にとって一番とは限らない。

「知って知らぬふりをするのが長続きするコツなんです。」
と昔ある家庭円満の奥さまが言っていたことを思い出した。

皆既月蝕の夜はターニングポイントになるとも言われている。
この7人にとってどんな転機になってしまうのか。

結婚とは何か。夫婦として生きるとは何かを
改めて考える作品だ。

おとなの事情 http://otonano-jijyou.com/ は
3月18日(土)より新宿シネマ・カリテ他で全国公開。
東海地区では3月18日(土)より名古屋新栄・名演小劇場、
4月29日(土)より岐阜・CINEX、5月に三重・進富座で公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...