Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

otona5

EntaMirage! Movie

死なないスマホロシアンルーレットが始まる(映画『おとなの事情』)

携帯電話がなかった頃、隠しておきたいことは何処にしまっていたんだろうと
この映画を見て率直に考えた。

昔なら電話は着信履歴なんて残らなかったし(携帯がなかったし)
メールなんてこんなに気軽には出せなかった。(手書きだし)
そう。誰にも言えない秘密は自分の心のうちだけにしまおうと思えば出来た。
昔の方が色々と都合がよかったし、
真実を明らかにすることも難しくて面白かったのかもしれない。

今回紹介するのは今を生きるおとなのとある食事会の一コマを描いたイタリアの作品だ。
友情や夫婦の仲はこんなことがきっかけで大きな変化を見せるものなんだと
皮肉にもつい笑いながら見てしまう。
イタリア映画の最高賞とされるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で監督賞、脚本賞に輝いた
コメディを得意とするパオロ・ジェノヴェーゼ監督が描く96分の会話劇。
すでにスペインでリメイクも決まっている話題作だ。

あらすじ

友人の家に食事会にやって来た7人。
食事会に家を提供したロッコとエヴァ夫妻。エヴァは娘のソフィアともめている最中だ。
母親と子供たちと嫁姑の言い合いはあるが幸せに暮らすレレとカルロッタ夫妻、
最近結婚したカジモとビアンカ夫妻。
そして恋人ルチッラを風邪で連れてこられなかったペッぺ。
いつも通り近況報告をしているはずがそれぞれの携帯にやってくる着信やメールを
包み隠さず公開するというゲームに興じることに。
はじめは隠し事なんて何もないと言っていたはずなのにメールが届く度、
着信がある度にとんでもない事実が明らかになっていく。
otona6

夫婦に秘密はない?

食事会にやってくるまでの夫婦の映像をまず監督は見せてくれる。
後半に向けての伏線がこの時点からいくつも張り巡らされており、
冒頭で見たときは何気ない夫婦の会話であるようにしか見えない。
細かく差し込まれる友人たちの視線のカットも意味深だ。

 

事実が明らかになったときその行為は別の意味を為す。
好きで結婚したはずの夫婦。
でも携帯の中身まで明かすことが出来ているかといえばそうではない。
otona8

スマホの中には秘密がたくさん隠れている。
スマホを見た、見られたが原因で別れるカップルもいる世の中で
エヴァが言い出した携帯のメールや着信を公開するゲームはまさに
『死なないスマホロシアンルーレット』
死ねないのが辛いぐらいの展開が待っているとも知らず
「隠し事なんてない。」という嘘を押し通そうと自分の携帯が鳴らないことを祈って
ドキドキする時間を過ごすことになる7人。
中には嘘を押し通そうと行動したことがさらに悪い方へと向いてしまう人物も出てくる。

イタリアのバイプレイヤーズによる会話劇

96分のうちほとんどがロッコの家での会話劇。
その会話劇をそれぞれのキャラクターを作り上げて臨んでいるのは
イタリアの名俳優たち。主演も脇役もできる実力派が勢揃いしている。
ペッぺ役のジュゼッペ・バッティストンは
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を過去に3回受賞しており、
カルロッタ役のアンナ・フォッリエッタは本作で同賞にノミネートされた。

映画というよりも一幕ものの舞台を見ているようなそんな感覚にとらわれる。
観劇後によく感じるあの何とも言えない居心地の悪さをこの映画でも感じてしまう。
演劇はハッピーエンドや分かりやすい結末がないものも多いからだ。
居心地は良くないがなんだか笑ってしまう。
悲劇こそ喜劇。まさにこれだ。
otona7

 

姿の見えない登場人物に一喜一憂

メールや電話を掛けてくる相手がどんな人間なのかを想像するのも非常に面白い。
ペッぺの彼女のルチッラ、ビアンカの元カレ、カジモの同僚など
相手はいつも通りの会話をぶつけてくるため、
一つずつ知らないことが暴かれていく。
友人たちが知らない、出来れば知ってほしくないことが明るみになり
感情のたがが外れてさらに真実を自ら溢れさせる人物まで出てきてしまう。

最後には思いもよらない展開も待ち受ける。
夫婦だから仲がよいとは限らない。
夫婦だから全て知っているとは限らない。
自分が相手にとって一番とは限らない。

「知って知らぬふりをするのが長続きするコツなんです。」
と昔ある家庭円満の奥さまが言っていたことを思い出した。

皆既月蝕の夜はターニングポイントになるとも言われている。
この7人にとってどんな転機になってしまうのか。

結婚とは何か。夫婦として生きるとは何かを
改めて考える作品だ。

おとなの事情 http://otonano-jijyou.com/ は
3月18日(土)より新宿シネマ・カリテ他で全国公開。
東海地区では3月18日(土)より名古屋新栄・名演小劇場、
4月29日(土)より岐阜・CINEX、5月に三重・進富座で公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

1
脚本家と監督の駆け引きが魅力 『XXX KISS KISS KISS』シアターカフェで上映中

名古屋大須のシアターカフェで『XXX KISS KISS KISS』が25日まで ...

2
岐阜発!短編映画祭MKE映画祭を見に行ってきた

今回のMKE映画祭。6月10日土曜日に全国から集まった80作品のうち 選ばれた1 ...

20170519_131717-1 3
風はどこから湧き起こるのか(映画『心に吹く風』インタビュー)

松竹ブロードキャスティング第4弾の監督はユン・ソクホ氏による『心に吹く風』。 日 ...

4
トンネルの出口は何処だ? 映画『トンネル 闇に鎖された男』

昨年韓国で公開し、年間興行成績第4位の成績をおさめた 『トンネル 闇に鎖(とざ) ...

tomosibi2 5
岐阜出身・松風理咲さんに話を聞こう 『トモシビ』上映&舞台挨拶トークイベント決定!

地元出身の映画関係者の作品を上映することを大切にしている岐阜新聞映画部が 主催す ...

MKE5-1 6
見てくれたっていいじゃない僕たちの映画(『MKE映画祭』)

MKEって何の略?? 今年もMKE映画祭が6月10日に開催される。 MKE映画祭 ...

konosekainew 7
『この世界の片隅に』岐阜CINEXトークショー レポート

岐阜新聞映画部 CINEX映画塾 第10回『この世界の片隅に』   い ...

8
生きづらいけど…今を生きる『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

自分の不器用な生き方を見ているかのようだった。 どうしてこんなにうまく生きていけ ...

9
映画『八重子のハミング』名古屋舞台挨拶 レポート

映画『八重子のハミング』の舞台挨拶が公開2日目の5月7日に 名古屋・名演小劇場で ...

10
刃には花でお相手を 映画『花戦さ』岐阜とのコラボ企画開催中

歴史の教科書に全く出てこない伝統文化-生け花- 日本の伝統文化の一つ、生け花。 ...

konosekainew 11
岐阜&高山で『この世界の片隅に』上映&豪華トークショー決定 のん×片渕須直監督×真木太郎プロデューサー 

岐阜&高山で『この世界の片隅に』上映&豪華トークショー決定 のん×片渕須直監督× ...

12
あなたが私を覚えていてくれる ー夫婦の絆ー 映画『八重子のハミング』佐々部清監督インタビュー

『八重子のハミング』 特に好きなのは冒頭、八重子が誠吾の病気を知り、 寝るときに ...

13
淵に立って描きたいもの(映画『淵に立つ』トークショー)

岐阜の映画館で上質な映画を見てもらいたい。 その思いで立ち上がった岐阜新聞映画部 ...

14
一般映画館で初「フレンドリー上映」開催-名古屋センチュリーシネマ(『ぼくと魔法の言葉たち』)

ディズニーの映画は世界中の老若男女に愛される。 子供と大人が一緒に見ても楽しめる ...

彼らが本気で 15
荻上監督が放つ性を越えた愛情の物語(映画『彼らが本気で編むときは、』)

家族の形は変わりつつある。 世の中でもトランスジェンダーに対する動きは変わりつつ ...

アーラ映画祭 16
アーラ映画祭復活!ボランティアスタッフ募集中

岐阜県可児市。 まず読み方に困ると言われる。岐阜県【ぎふけん】可児市【かにし】だ ...

グッドバイエレジー 17
かなしみの先の光をみて(映画『グッバイエレジー』

ご当地映画が最近よく作られている。 そのおかげでこの街にはこんなものがあるんだと ...

otona5 18
死なないスマホロシアンルーレットが始まる(映画『おとなの事情』)

携帯電話がなかった頃、隠しておきたいことは何処にしまっていたんだろうと この映画 ...

dowai3 19
涼夏のこれが今ツボ。その② さらば土曜ワイド劇場

3月をもってテレビ朝日で長年続いた『土曜ワイド劇場』が幕を閉じるという。 TBS ...

すもも 20
先人の思いを次の世代へ(映画『すもも』)

連続ものの時代劇が民放のテレビ番組表から姿を消してかなり経つ。 昔は月曜から日曜 ...

くも漫。 21
教えてくれてあざーす!(映画『くも漫。」レビュー&名古屋舞台挨拶レポ)

漫画家中川学さんの実体験を描いた作品『くも漫。』が実写化。 「このマンガがすごい ...

22
北川悦吏子×岩井俊二トークショー in 岐阜CINEX

北川悦吏子監督は岐阜県美濃加茂市出身。 脚本家としても知られている。 ドラマ『ロ ...

ショコラ 23
出会いが新たな扉を開ける(映画『ショコラ』)

いくら才能があったってそれを使わなければ 単なる宝の持ち腐れだ。 さらに芸の世界 ...

この世界の片隅に 24
普通に生きられる幸せを感じて(映画『この世界の片隅に』)

どの時代に生まれるか。 それは自分では選べない。 自分が死ぬこと。それも自分では ...

25
Cafe Mirage Radio 第1回 ゲスト『彦とベガ』川津祐介さん、谷口未央監督

Cafe MirageはWebラジオも始めます。   10月29日、名 ...

26
かあちゃんの愛がたまらない(『湯を沸かすほどの熱い愛』)

作品のチラシのイメージが赤だった。 銭湯の風呂場に立つ女性は赤のエプロン。 そし ...