Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

otona5

EntaMirage! Movie

死なないスマホロシアンルーレットが始まる(映画『おとなの事情』)

携帯電話がなかった頃、隠しておきたいことは何処にしまっていたんだろうと
この映画を見て率直に考えた。

昔なら電話は着信履歴なんて残らなかったし(携帯がなかったし)
メールなんてこんなに気軽には出せなかった。(手書きだし)
そう。誰にも言えない秘密は自分の心のうちだけにしまおうと思えば出来た。
昔の方が色々と都合がよかったし、
真実を明らかにすることも難しくて面白かったのかもしれない。

今回紹介するのは今を生きるおとなのとある食事会の一コマを描いたイタリアの作品だ。
友情や夫婦の仲はこんなことがきっかけで大きな変化を見せるものなんだと
皮肉にもつい笑いながら見てしまう。
イタリア映画の最高賞とされるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で監督賞、脚本賞に輝いた
コメディを得意とするパオロ・ジェノヴェーゼ監督が描く96分の会話劇。
すでにスペインでリメイクも決まっている話題作だ。

あらすじ

友人の家に食事会にやって来た7人。
食事会に家を提供したロッコとエヴァ夫妻。エヴァは娘のソフィアともめている最中だ。
母親と子供たちと嫁姑の言い合いはあるが幸せに暮らすレレとカルロッタ夫妻、
最近結婚したカジモとビアンカ夫妻。
そして恋人ルチッラを風邪で連れてこられなかったペッぺ。
いつも通り近況報告をしているはずがそれぞれの携帯にやってくる着信やメールを
包み隠さず公開するというゲームに興じることに。
はじめは隠し事なんて何もないと言っていたはずなのにメールが届く度、
着信がある度にとんでもない事実が明らかになっていく。
otona6

夫婦に秘密はない?

食事会にやってくるまでの夫婦の映像をまず監督は見せてくれる。
後半に向けての伏線がこの時点からいくつも張り巡らされており、
冒頭で見たときは何気ない夫婦の会話であるようにしか見えない。
細かく差し込まれる友人たちの視線のカットも意味深だ。

 

事実が明らかになったときその行為は別の意味を為す。
好きで結婚したはずの夫婦。
でも携帯の中身まで明かすことが出来ているかといえばそうではない。
otona8

スマホの中には秘密がたくさん隠れている。
スマホを見た、見られたが原因で別れるカップルもいる世の中で
エヴァが言い出した携帯のメールや着信を公開するゲームはまさに
『死なないスマホロシアンルーレット』
死ねないのが辛いぐらいの展開が待っているとも知らず
「隠し事なんてない。」という嘘を押し通そうと自分の携帯が鳴らないことを祈って
ドキドキする時間を過ごすことになる7人。
中には嘘を押し通そうと行動したことがさらに悪い方へと向いてしまう人物も出てくる。

イタリアのバイプレイヤーズによる会話劇

96分のうちほとんどがロッコの家での会話劇。
その会話劇をそれぞれのキャラクターを作り上げて臨んでいるのは
イタリアの名俳優たち。主演も脇役もできる実力派が勢揃いしている。
ペッぺ役のジュゼッペ・バッティストンは
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を過去に3回受賞しており、
カルロッタ役のアンナ・フォッリエッタは本作で同賞にノミネートされた。

映画というよりも一幕ものの舞台を見ているようなそんな感覚にとらわれる。
観劇後によく感じるあの何とも言えない居心地の悪さをこの映画でも感じてしまう。
演劇はハッピーエンドや分かりやすい結末がないものも多いからだ。
居心地は良くないがなんだか笑ってしまう。
悲劇こそ喜劇。まさにこれだ。
otona7

 

姿の見えない登場人物に一喜一憂

メールや電話を掛けてくる相手がどんな人間なのかを想像するのも非常に面白い。
ペッぺの彼女のルチッラ、ビアンカの元カレ、カジモの同僚など
相手はいつも通りの会話をぶつけてくるため、
一つずつ知らないことが暴かれていく。
友人たちが知らない、出来れば知ってほしくないことが明るみになり
感情のたがが外れてさらに真実を自ら溢れさせる人物まで出てきてしまう。

最後には思いもよらない展開も待ち受ける。
夫婦だから仲がよいとは限らない。
夫婦だから全て知っているとは限らない。
自分が相手にとって一番とは限らない。

「知って知らぬふりをするのが長続きするコツなんです。」
と昔ある家庭円満の奥さまが言っていたことを思い出した。

皆既月蝕の夜はターニングポイントになるとも言われている。
この7人にとってどんな転機になってしまうのか。

結婚とは何か。夫婦として生きるとは何かを
改めて考える作品だ。

おとなの事情 http://otonano-jijyou.com/ は
3月18日(土)より新宿シネマ・カリテ他で全国公開。
東海地区では3月18日(土)より名古屋新栄・名演小劇場、
4月29日(土)より岐阜・CINEX、5月に三重・進富座で公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

ビガイルド 1
女の園に男が一人。さて何が起こる?(映画『ビガイルド 欲望のめざめ』)

女の怖さを知っているのは男より女だと思う。女はいつか敵になるかもしれないのになぜ ...

2
悠久の流れ長江・何度も巡り合う男と女(映画『長江 愛の詩』)

中国・長江。 世界の三大河川に数えられるこの河は全長3600キロ。中国を横断する ...

3
岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。 今年は新 ...

4
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・前編 Mirageなお客様その⑤)

自動車技術は日々進化している。 自動運転はまだまだ先のことと思っていたがCMでも ...

5
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・後編)

映画『センターライン』 下向拓生監督へのインタビュー後編をお送りする。 前編はこ ...

kenen1 6
兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。 絶対に勝てない親子喧嘩より ...

7
ラーメンマニアの上を行く。その名もラーメンヘッズ(映画『ラーメンヘッズ』)

日本人は世界中のどこの国よりもラーメン好きだ。 手軽で美味しい。その一杯のために ...

8
求めあう心に導かれて(映画『風の色』)

「もう一人の私は北海道で流氷を見ている。」 恋人のゆりが意味深な言葉を残し、自殺 ...

9
『悪と仮面のルール』玉木宏インタビュー「幸せの感覚」

この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために 創られた存在だと父から告げられ ...

10
『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』名古屋舞台挨拶レポート

映画『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』の公開記念舞台挨拶が 1月 ...

11
あなたの人生このままでいいですか?(映画『ルージュの手紙』レビュー)

酒も飲まず、恋愛もしない。 仕事と子供のために生きてきた女性の元に 思いもよらぬ ...

12
CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』トークショー レポート

CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』 佐古 ...

13
CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』トークショーレポート

CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』 及川奈央×益田祐美子プ ...

14
一本の糸からつながる世界(映画『YARN 人生を彩る糸』)

冬になると得意ではないのに編み物をやりたくなるのはなぜだろう? 一本の毛糸を編む ...

15
オペラで彩られるモーツァルトを描く新たな作品(映画『プラハのモーツァルト』)

  ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。 作曲家としてあまりにも ...

16
知多半島映画祭2017 レポートその1 『あのまちの夫婦』

11月19日に知多半島映画祭2017が東海市芸術劇場大ホールで開催された。 7年 ...