Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

Entertainment Movie

あなたの人生このままでいいですか?(映画『ルージュの手紙』レビュー)

酒も飲まず、恋愛もしない。

仕事と子供のために生きてきた女性の元に
思いもよらぬ人から電話がかかってくる。
聞こえてきたのは三十年前父と自分の元を去った
血の繋がらない義理の母の声だった。

あらすじ

シングルマザーで助産師のクレールは子育てをしながら真面目に仕事をこなしてきた。
ある日、三十年ぶりに義理の母ベアトリスが連絡をしてくる。
自分と父を置いて消えた彼女は今まで奔放に生きてきたが
脳腫瘍で先は長くないと診断されたらしい。
医師を目指していたクレールの息子シモンは突然医学部をやめて
助産師になると言い出す。
恋人が妊娠したので家庭を持つというのだ。
様々な出来事が起こる中、知り合った隣人のポールにはじめはそっけない態度を
取っていたクレールだが次第に心を許していく。
手術したベアトリスを放っておけず、クレールは
ベアトリスを迎えに行く。

 

三十年ぶりの再会。なぜか見放せない

許せないけど見放せない。
自分と父を捨てて消えた義理の母ベアトリスに父のその後を告げ
はじめは怒りをぶちまけたクレールだったが
昔と何も変わらずギャンブルと酒が好きでその日暮らしをしている
ベアトリスを見放すことが出来ない。
一緒に一時期を過ごした家族であることは事実で
クレール自身が大人になり、親となったことで
ベアトリスにはベアトリスの事情があったことも理解できる。
三十年経った今だからこそ言い合いながらも
次第にお互いを分かり合って行ける
大人の光景が映し出される。

このベアトリスの突然の来訪はクレールにとっては自分の
ペースを乱される驚きの出来事だが、
この辺りからクレールの周りに様々な人が現れる。

人生の転機には必ず出会いや再会がある

自身が働く病院が閉院することを告げられ、息子は家庭を持って独立し、
これからどうやって生きていくか考えなければいけない
時期がやって来たクレール。
ベアトリスとの再会、ポールとの出会いはクレールに
自身の今までの生活を振り返らせ新たな道を歩ませる。
ひたすら助産師として妊婦に尽くし、
母親として一人で息子を育ててきたクレール。
自らを無意識に抑え続けてきたクレールに
ベアトリスとポールの言葉は少しずつ染みていき
クレールを変化させていく。

誰かがドアをノックしても鍵を開けなければ開かないように
自分で変わろうとしなければ変わらない。
ベアトリスの来訪はクレールの心の鍵を開けさせた。
ベアトリスを拒まず受け入れたことで彼女の環境にも変化が訪れたようだ。
今まで視界に入らなかったルージュや香水が入ってくる。
ルージュ一つで変わるクレールが美しい。

助産師という職業

助産師という職業は文字通り出産を助ける仕事。
体力的にも精神的にも不安になる妊婦を支え新たな命を取り上げる。
とても大変な仕事だと思う。

マルタン・プロヴォ監督は自身の出生時に自らの血液を輸血して
命を助けてくれた助産師に一言お礼を言いたくて必死になって探した。
しかし見つからずすべての助産師の方へ
感謝の意味を込めて作品の主人公を助産師にしたそうだ。
出産のシーンは本物の出産時の映像であり、
役者はそのシーンで実際に出産の手助けをしている。

正反対の性格を演じる二人のカトリーヌ

クレール役は『偉大なるマルグリッド』で音痴で大胆な婦人を演じた
カトリーヌ・フロ。あのときのような派手な印象は今回は全くない。
地味に日陰を生きてきた女性の心の変化を体現し、楽しませてくれる。
シャワールームでの彼女の背中にクレールという人物の
寂しさを感じ取った前半。自分の生活を大事にし始める後半。
歩き方やしぐさまでもが変化する。
フロの細かい役作りを見ることが出来る。

ベアトリスにはカトリーヌ・ドヌーヴ。
『神様メール』の彼女の芝居も好きだが今回もいい。
思ったことを口に出すが全く悪びれない。
愛した男は一人だけと言いながら
ギャンブルと酒が大好きで頼れる男の元を転々とし、
奔放に生きてきたベアトリス。
何故か憎めぬ自然体。
ただやはりどこかさびしい女性をドヌーヴは表現する。
後半になるにつれ自由に生きているように見えたベアトリスが
実は自由ではなく、こういう生活しかできなかったのではないか
と思わせてくれるのだ。

二人の名女優の掛け合いが楽しい。
性格は真逆でわかりあえないはずの義理の母と娘のやり取りは
妙にそれぞれの主張に共感出来るところがあり
この親子面白いなとついニヤッとしてしまう。
その分、クレールとベアトリスが一人で見つめる風景に
マルタン・プロヴォ監督がどんな思いを込めているのかを
考えずにはいられない。
菜園に植えられた花や川のボートは何を表しているのか。
最後まで見た後で気になってくる。

生き方は人様々だ。
自分の一度きりの人生だからどう生きてもいいだろう。
女性二人の様々な場面に私は自分を重ねた。
あなたはどちらの女性の生き方に共感するだろうか。
忙しくてもルージュは持って歩かねば。

『ルージュの手紙』http://rouge-letter.com/ は

現在シネスイッチ銀座にて公開中。
東海地区では名古屋 伏見ミリオン座で12月23日より、
静岡 シネ・ギャラリーで1月16日より、三重 進富座で2月17日より公開。
静岡 シネマイーラでも順次公開予定。

-Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

DSC_0058 1
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 2
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 3
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

4
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 5
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...