Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

truth1

EntaMirage! Entertainment Movie

インディーズ映画を撮ることーものづくりの原点へ(映画『truth』堤幸彦監督インタビュー)

映画、ドラマ、舞台。様々なジャンルで話題作を作ってきた堤幸彦監督。いよいよ映画製作50本目を迎える。その記念すべき作品は女優3人からラブコールを受けて製作したインディーズ映画。製作の経緯、そしてコロナ禍について。監督の思いを伺った。

Q.女優3人からの熱意をどう受け止めて、何が面白いと感じて企画を進めたのかを教えてください。

堤監督
「私も含めてコロナ禍で大変ひどい目にあっているということが今も続いています。特にこの3人の女優さんは象徴ともいえます。沢山の役者、スタッフ、様々なショービジネス関係の人々は大変で、未だにちょっと苦労しているというのが事実です。少しずつ映画館に人が戻ってきたり、劇場でも芝居が見られるようになってきていますが、まだまだというところなんですよ。私は去年65歳になりました。22歳ぐらいからこういう仕事を始めてそこそこ仕事が途切れるということはなかったんですけども、見事に0になってしまうという、ちょっと笑っちゃうぐらいシュールな時代を見ることになり、国の方針に従って大人しくしていたところ、この3人の女優がとても熱意を持って映像作品を作りたいと言いまして。「それは映画ですか?」と聞いたら「映画にできれば嬉しい」というとてつもない熱量を体当たりで受けまして、逆にリクルートされちゃった、雇われちゃった感じで。しかし私もプロフェッショナルですから、そこで頂いたお題が「精子バンク」で割と堅い物語を作りたいという話だったんですが、いやいや、裾野を広げて見やすく、ちょっと笑えたり、切なかったり、あるいはそこに骨太な女として生きること、男と女が愛し合うとはどういうことなのかみたいなことを含むちょっと一言では語れないような映画にするべきじゃないかという逆提案を僕の方からして、お互い面白そうですねという話になりました。1人の男に3人の女性というひどい男の話ですけど、同時に付き合っていてその結果、何でそうなったのかというミステリーも残るという何重構造かの映像にしたほうがいいということで始まったわけです。すべてはこの3人の女優さんの仕事が0になってしまったけれども、そこで怒るわけでも、愚痴を言うわけでもなく、一歩前に進んで、文化庁から助成を受けて作品を作りましょうという割とあっけらかんとした熱意にほだされたというのが正直なところです」

Q.1人の男と3人の女性。3人の女性のキャラクターが立っていますね。

堤監督
「そうですね。脚本の三浦有為子さんが大して話したことのないこの3人にほぼ当て書きのように書けるちょっと神通力みたいなものがあって、それに驚きました。今回の映画で描いた3人のキャラクターというのは女性なら誰しもが持っている側面なのではないかと。私は男性ですから言えば言うほどわかってないよって言われるかもしれないですが、そういう側面もあるなあと思って。今を生きる女性たちの側面がこの3人にうまく散りばめられたらいいなという思いがあって。脚本の三浦さんは見事にキャラわけをしているんですね。それに3人の女優さんがぴったりはまりました。広山さん演じる真弓が非常に狭いエリアの中では自分がナンバーワンだと思っている、そう思わないと生きていけない寂しさ、切なさを持っている。福宮さんが演じたマロンは元ヤンキーのシングルマザー。福宮さんに「元ヤンキーの演技うまいね」と話したら「私は違います」と頑固に否定するお育ちのいい方ですが、演技としてはうまいんですね。 彼女は撮影中は妊娠中でありまして、無事に今は出産してお子さんが生まれているんですが、お腹が大きい中、参加してくれた非常に生命力のある役者さんです。さな役の河野さんは見た目がヨーロッパの絵画のような顔をしている方で、本当に真面目な役者さんで理詰めで物事を追求する、でもどっかで破綻して爆発した時の様が本当に面白いというか三者三様です。広山さんは過去に私の作品に出ているんですが、残りの2人と出会ういいチャンスをもらったなと。3人と一緒に作ったこの映画が偶然にも記念すべき50本目になりました」

©2021 映画「truth〜姦しき弔いの果て〜」パートナーズ

©2021 映画「truth〜姦しき弔いの果て〜」パートナーズ

Q.佐藤二朗さんが写真と声だけで登場して3人の女性から愛されていた男性として出てくる。なんて素晴らしいキャスティングなんだろうと。佐藤さんの役はどのように作られたのでしょうか。

堤監督
「台本の中で3人の女性から愛される資産家の男、多趣味、絵描きとしてもかなり達者となった時、僕はもう佐藤二朗しか思い浮かばなかったですね。もちろん同郷同士というのもありますが、しかし、彼の持つちょっとしたカリスマ性みたいなところがいいなと。イケメンじゃつまらなかった。佐藤二朗はイケメンではないとは言ってないですが、あ、言ってるか(笑)。イケメンだと醸し出せない、なんというか神々しさと言ったらちょっと言い過ぎかもしれないけど、ミステリアスで「なぜあの男に惚れるんだい?」という、でもそれだけ懐が深くて、多芸多彩でしかも金持ちであればあり得るよなと思ったとき、彼しか思い浮かばなかったです」

Q.佐藤さんにオファーされた時はどんな反応でしたか?

堤監督
「台本を読んで「めちゃくちゃ面白いですね」と言ってくれて喜んでやっていただけました。なんか僕に気を使って、忖度出演と書いてあるんですよね(笑)。昔テレビのデビューの場を私が作ったということに対してずっと彼は律儀に恩義を感じていて、何か言うと堤の言うことだったらと出てくれる。だからの忖度出演なんですね(笑)」

Q.写真と声でしか出ていないことについては佐藤さんは何か言っていらっしゃいましたか?

堤監督
「面白いと。 実はこの作品諸外国で7つの賞を頂いて、それも最高賞とかベストコメディ賞とかを頂いているんですが、イギリスのニューキャッスルで開かれた映画祭においては、佐藤二朗のことなんか誰も知らない、私のことも誰も知らない。佐藤二朗が出て来た瞬間に爆笑だったという(笑)。世界に通じる笑える顔だということなんですかね。本当にキャスティングしてよかったなと」

Q.3人の女優さんへの演出はどのようにされたのでしょうか。

堤監督
「福宮さんが妊婦だったこともあり、あまり無理はさせられないですし、私の場合、結構現場のスケジュールは守るんですけど、そもそもきついスケジュールが多くて肉体的にはハードなんですね。それをさせるのがちょっと忍びない。でも予算も本当に低予算ですから、撮影日数も取れて2日ということで、2日間でこの70分の内容を、しかも頭から順番に消化していかないといけないという結構高いハードルでした。ということでそれを乗り切るためにリハーサルをまるで舞台の稽古のように何日かさせて頂きました。4日か5日だったと思うんですけど、そこに行って細かく思いついた言葉を入れたり、演技をこんな風にしようと言ったり、ここの回想みたいな男のセリフは渡部篤郎にしようとか、いろんなことを言いながら稽古しました。河野さんは広山さんに英語を教えていたんです。英語の先生もやられているみたいで。なんかやたら英語の発音が一部いい人設定とか、それぞれの顔を見ていると思いつく事があってそれはたくさん放り込ませていただきました。顔を見ていると湧いてきますね。3人ともいい素材でした。その稽古以外でも3人が今時の方がやる方法ですが、ZOOMで稽古したりとか。そうやって芝居を固めるだけ固めて現場に来たから割と効率よく撮ることができたし、2日間でぴったり収まりました」

©2021 映画「truth〜姦しき弔いの果て〜」パートナーズ

©2021 映画「truth〜姦しき弔いの果て〜」パートナーズ

Q.劇中、河野さんが佐藤二朗さんの口調で話すシーンがありますが、あれも監督の思いつきですか?

堤監督
「はい。普通に「こう言ってました。なんとかなんとかで」と話すのではつまらないので、最初は佐藤二朗のマネをしようと思ったんですよ。でもなかなか大変なんです。実際に河野さんがやるといまいち伝わりづらいと言うか「どうしちゃったの?突然」という感じになるので、それならいっそ一番わかりやすい渡部篤郎でまとめようということになって(笑)。大概のものまね芸人の入口である渡部篤郎さんでやってもらったらまあまあうまく行ったわけです」

Q.一つの部屋のシーンでの撮影の難しさ、ワンシチュエーションだからの面白さを教えてください。

堤監督
「僕は外に出ない芝居が大好きなんですよ。先ほど『2LDK』という作品の話が出ていたんですが、それ以前にも『チャイニーズ・ディナー』という作品を作っていて。これもワンシチュエーションで、中華料理店の丸テーブルにピストルが置いてあってロシアンルーレット的な殺し合いが出来ないかなという発想で撮ったんです。割と密室空間におけるバトルみたいなのが好きで。タランティーノさんの影響なのかとても僕の中で作りやすい。今回もそれに準じた形で高速道路の実景ぐらいしか外に出ないんです。逆に得意分野と言ってもいいかもしれない。苦痛、苦労はないです。もっとできたかな。こんな狭い空間で撮影時間が限定されていて、3人しか出てこず、非常に表現としては条件が悪いなと皆さん思うかもしれないですが、僕の中ではもっともっと戦えたし、遊べたかなというところはありますが、時間や女優さんの体調を考えれば、あれが限界でした」

Q.インディーズは時間もないし、予算もないし、人も足りないと悪条件ばかり言われることが多いですが、逆に今回インディーズで映画を撮ったからこそよかったなと思える点を教えていただきたいです。

堤監督
「第1に誰に気を使わなくてもいいという。気兼ねなしというか制限なしというか。ご覧になっていただければわかりますが、PG-12を頂いたぐらいで、かなりエロい言葉、通常私が表現で使わない感じのセリフ回しになっています。それも面白おかしくできるということ。第2に僕らみたいな仕事だと製作委員会という形でいろんな企業がお金を出資してくれているわけです。ということはその数分だけいろんなチェックが働くということなんですね。私もそういった場が長いので、こういうことをやったらこっちの人はちょっと都合悪いだろうなと自分の中でフィルターをかけながら作っていくんです。そうすると作品全体が丸くなってしまうんですね。これを今回は全く意識せずにズケズケやれたということ。第3にインディーズで映画を撮ることで、ものづくりの姿勢として、制限なしに作ることと言うのが本来の創作の第一歩であり、それをずっと大きなお金が動くからといって自主規制していた自分に対する戒めだとコロナ禍における偶然なのかもしれないですが、気づかされたんです。そもそも僕みたいなゲリラみたいなものづくりをしていた人間は、そんなお行儀のいいものではないはずなんだけど、長年この仕事をして、周りに人が増え、会社の経営者の一員にもなって。そうなってくるとどうしても口当たりの良いものに走りがちなんです。いや本当はそうじゃないだろうと。多少眉をひそめるようなもの、あるいは過激なもの、ちょっとみんなが仰天するようなもの。そういった創作の原点、忘れていたのかもしれないことをインディーズで撮りました。今66歳ですから、今後何歳まで作品を撮れるのか分かりません。並み居る先輩は90歳近くになっても作品をバンバン作っておられます。そういった作品づくりをずっと続けられるためにもこれはもう1回自分を初期化する一里塚なのだという意識を持てたという意味で今回は堂々とインディーズ映画を撮ったと言っていますが、とても良いことだったと思っています」

Q.コロナ禍を経て監督自身が気づいたことや今後に向けて考えたことはありますか?

堤監督
「一時、ショービジネスが完全に閉ざされてしまいました。自分も今年の頭から「魔界転生」という結構大きな舞台をやっていたんです。刈谷から始めたんですが、途中東京公演は半分ぐらいの本数になってしまいました。我々は「飛ぶ」と言っていますが、本当にいくつもの作品が消滅ないし延期になりました。それでも図太く準備したり、あがいた作品はありますが、 しかしやっぱり我々の仕事自体が不要不急と言いますか。国家の非常時には要らんのだと。戦争中は歌舞音曲禁止なんて言葉がありましたが、わずか数ヶ月にしてそういう状態になるんだなって。 笑っちゃうぐらいシュールな時代という言い方はソフティスケートされた言い方なんですが、自分自身の存在価値を全否定されてるような時代だと。しかしこれは我々のみならず飲食業界の方々がよく言われます。ホストやキャバクラで働いていた方も含め沢山の方、世の中に束縛されたくなくて正規雇用に背を向ける人々とかに対してとんでもない事態になりました。それに対して国家はある程度の保証なり、セーフティネットなりを発動させているとは思うんですが、実感もなく、特に私ぐらいになるとこれからいろんなことがうまくいったとしても、来年半ばから後半ぐらいまで経済的な落ち込みは延々と続きますし、会社が維持できるのかなというレベルでもあるんです。しかし、そういう時だからこそこういったインディーズとはいえ、身内の寒いギャグで終わるのではなく、世界の映画祭で評価もされましたし、信じて進むことという抽象的なスローガンをしっかり持ってそこからコツコツともう一回立ち上がっていくんだということを彼女たちから教えてもらいました。同じような思いをたくさんの映画監督やプロデューサーが持っていて、メジャー、配給、テレビ局そして今はNetflixを筆頭に様々な配信チャンネルがありますが、果たしてそういうところだけに頼っていていいのか、もっと違うやり方があるんじゃないかというのを模索しています。多分来月ぐらいにこのことを言っていたのかというニュースが走るかもしれませんが、表現の経済的基盤も含めて、一から再構築というのがコロナを経て学習し、前へ進むための気づきがあったと。もちろん指名されればエンターテイメント作品を次々と作っていく予定もありますし、様々なこと、特に東海地区においてはいろいろな試みの提案を頂いていまして。まだこれも発表はできないんですが(笑)、楽しみにしていてください」

堤幸彦監督ー伏見ミリオン座にて

堤幸彦監督

映画『truth』https://truth-film-japan.com/ は2022年1月7日(金)より新宿シネマカリテ他で全国順次公開。東海3県ではセンチュリーシネマ、イオンシネマ(名古屋茶屋、岡崎、豊川、東員)で公開。

監督&原案 堤幸彦 『truth ~姦しき弔いの果て~』 広山詞葉 福宮あやの 河野知美 忖度出演:佐藤二朗 脚本:三浦有為子 企画:畑義久(レディバード) エグゼクティブプロデューサー:鬼頭理三 プロデューサー:広山詞葉 / 福宮あやの / 河野知美 音楽プロデューサー:茂木英興 音楽:魚返明未 撮影:唐沢悟 照明:角俊平 録音:臼井久雄 美術:田口麻里奈 助監督:稲留武 編集:似内千晶 音響効果:壁谷貴弘 仕上げ担当:和田泰宏 衣裳:藤崎コウイチ ヘアメイク:小坂美由紀 スチール:ハラダケイコ 宣伝ビジュアル:金延さえ 制作協力:オフィスクレッシェンド 配給:ラビットハウス
©2021 映画「truth〜姦しき弔いの果て〜」パートナーズ PG-12

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

badcity11 1
コワモテなの?コワオモテなの?(映画『BAD CITY』名古屋舞台挨拶 小沢仁志さん、小沢和義さんトーク)

映画『BAD CITY』の公開記念舞台挨拶が1月28日、名古屋ミッドランドスクエ ...

himitsu_main 2
第70回CINEX映画塾 映画『ひみつのなっちゃん。』先行公開記念舞台挨拶トークレポート

映画『ひみつのなっちゃん。』愛知・岐阜先行公開記念舞台挨拶が1月8日にCINEX ...

yajyu1 3
1990年代の釜山を舞台に抗争を描く韓国ノワール。チョン・ウが新たな顔を見せる(映画『野獣の血』)

韓国での劇場公開時に初登場1位を記録するヒットとなったベストセラー作家チョン・ミ ...

Sekaboku1 4
ぶつかり合う親子の関係に愛を感じて(映画『世界は僕らに気づかない』)

大阪アジアン映画祭2022コンペティション部門で「来るべき才能賞」受賞 を受賞し ...

PSX_20221230_171442 5
映画『ひみつのなっちゃん。』愛知・岐阜舞台挨拶決定!! ロケ地マップも配布スタート

1/6(金)愛知・岐阜先行公開の映画『ひみつのなっちゃん。』の舞台挨拶が決定した ...

famiria1 6
人種も国籍も超えて。仲間として共に生きる(映画『ファミリア』)

一族や家族を大事にしてきた歴史がある日本だが、地縁関係は年々薄くなっている。周り ...

kanfu1 7
香港アクション映画を支えたスタントマンの歴史と真実を語るドキュメンタリー(映画『カンフースタントマン 龍虎武師』)

どうしてこんなに体がしなやかに動き、高く飛んだり、回ったり出来るんだろうと昔の香 ...

tobenai3 8
心の傷を癒すのは島の人々のあたたかさ(映画『とべない風船』)

広島発。豪雨災害後の瀬戸内海の島を舞台に傷ついた心の癒しと再生を描いた映画『とべ ...

keiko1 9
決して器用とは言えないケイコの生き方に共感(映画『ケイコ 目を澄ませて』)

岸井ゆきの。変幻自在の女優である。時にはとてもかわいらしく、時に饒舌で、時には物 ...

oishii6 10
おいしい映画祭2022 初日レポート② 映画クラス 内田英治監督×森谷雄プロデューサー

12月2日~4日に渡り名古屋ミッドランドスクエアシネマでおいしい映画祭が開催され ...

ala2022_5 11
アーラ映画祭2022レポート(映画『いとみち』横浜聡子監督トーク)

可児市文化創造センター アーラで毎年行わなれているアーラ映画祭が今年も11月5、 ...

watakano4 12
あの日、あの時の私。菜 葉 菜が4人の主人公を演じる短編映画集(映画『ワタシの中の彼女』)

こんなにコロナ禍が長く続くなんて2019年には考えてもいなかった。 2022年の ...

★IMG_0238 13
誰もが主役。名もなきエキストラとしての人生とは 監督集団「5月」(関友太郎監督、平瀬謙太朗監督、佐藤雅彦監督)インタビュー(映画『宮松と山下』)

東京藝術大学大学院映像研究科佐藤雅彦研究室を母体とした監督集団「5月」から生まれ ...

oishii 14
おいしい映画祭 12月2日~4日 名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催!

2022年12月2日(金)〜4日(日)の3日間、名古屋駅前ミッドランドスクエアシ ...

Print 15
11/20〜11/26 NAGOYA CINEMA Week2022 with SDGs 開催!

「映画」で心を動かそう 持続可能なまちづくりを目指す名古屋市を舞台に、映画をメイ ...

achira 16
寺島しのぶ×廣木隆一監督再び。瀬戸内寂聴の半生をモデルにした作品が映画化(映画『あちらにいる鬼』)

瀬戸内寂聴。作家でもあり、たくさんの人たちに僧侶として講話をしてきた彼女は202 ...

watashi 17
近くて遠い。だから苦手。でも母親。(映画『わたしのお母さん』)

切っても切れない関係・親と子。あなたは親のことを好きと言えるだろうか。 11月1 ...

tsuchi2 18
素朴でおいしい。そんな料理を一緒に食べられたら。(映画『土を喰らう十二ヵ月』)

料理研究家の土井善晴さんが映画に挑むことで公開前から話題になった映画『土を喰らう ...

syayou1 19
太宰治の名作が再び映画化(映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』)

太宰治。戦後、流星のごとく現れ、数々の傑作小説を生み出し早逝した天才作家である。 ...

kyuri1 20
キュリー夫人の波瀾の生涯を描く(映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』)

キュリー夫人。キューリ夫人と小さい頃に一度は見間違え、だからこそ逆に名を覚える世 ...

PSX_20220930_230718 21
35ミリフィルムで鑑賞後の楽しいトーク(松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』)

松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』上映&トーク ...

main 22
待ち続けることは信じること(映画『千夜、一夜』)

今の時代の人たちは待ちぼうけをどのくらいまでしているのだろう。スマホで気軽に連絡 ...

yoakemade5 23
仕事も家もお金もない。でも助けてとは言えない(映画『夜明けまでバス停で』)

深夜のバス停。もう明日の朝までバスは来ない。バス停のベンチで旅行に行くかのような ...

kikori1 24
第68回CINEX映画塾『木樵』宮﨑政記監督、面家一男さんトークレポート 

第68回CINEX映画塾『木樵』が10月1日、岐阜CINEXで開催された。『木樵 ...

koubo_ 25
MIRAGE THEATRE 来年の上映に向けて 短編作品上映開始

Cafe mirageと岐阜の喫茶星時がコラボして不定期開催中の1日だけのインデ ...

PSX_20220930_230718 26
35ミリフィルムで鑑賞後の楽しいトーク(松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』)

松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』上映&トーク ...

ポスター01 27
飛騨の地と共に木樵として生きる(映画『木樵』)

岐阜県飛騨地方は9割が山林に覆われている。この飛騨地方で約50年間、木樵の仕事で ...

IMG_20220916_162130 28
舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を観に行ったので、観る前にやっておくといいかもしれないことを書きました

現在、東京 TBS赤坂ACTシアターでは舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」をロン ...

20220828170445_IMG_4777_ 29
第66回CINEX映画塾 映画『島守の塔』五十嵐匠監督 トークレポート

第66回CINEX映画塾が8月28日岐阜CINEXで開催された。上映作品は『島守 ...

deku1 30
あいち国際女性映画祭 映画『でくの空』トークレポート&林家ペーさんインタビュー

名古屋 名演小劇場で9月23日から公開される映画『でくの空』。埼玉県秩父市、寄居 ...

0714_GCW_B1poster_outline 31
生きるために。狂える人々の終わらない争い(映画『グッバイ・クルエル・ワールド』

とにかくぶっ飛んでいる。まともな奴はほとんどいない。ノリのいいノワールものが久し ...

ala2022 32
アーラ映画祭2022 ラインナップ発表!今年は4日間6作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2022の全ラインナッ ...

配給:ハピネットファントム・スタジオ © 2022「この子は邪悪」製作委員会 33
真実を知れば知るほど信じたくない…ありえない(映画『このこは邪悪』)

『嘘を愛する女』、『哀愁しんでれら』か映画化されたオリジナル作品の企画コンテスト ...

horuonna9 34
映画『掘る女  縄文人の落とし物』名演小劇場トークイベントレポート

映画『掘る女 縄文人の落とし物』公開記念トークイベントが8月21日名古屋 名演小 ...

zenbubokuno3 35
相手のことをちゃんと想像できるような人になりたい(映画『ぜんぶ、ボクのせい』松本優作監督 インタビュー)

現在公開中の映画『ぜんぶ、ボクのせい』。 母親に会うために児童養護施設を飛び出し ...

36
スリリングな148のツイート。真実は物語より奇なり。48時間の悪夢を映画化(映画『Zola ゾラ』)

2015年、Twitterに投稿され、大きな話題となったスリリングな148のツイ ...

horuonna1 37
縄文に魅せられ汗だくになって発掘作業をする「掘る女」に密着したドキュメンタリー(映画『掘る女 縄文人の落とし物』)

昔、考古学に憧れて、真剣にその方面の大学に進学しようと考えたことがある(いろいろ ...

theater2022_2 38
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭 Aプログラム舞台挨拶レポート

名古屋・清水口のシアターカフェでは移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭が今 ...

gyakkou3 39
第64回CINEX映画塾『逆光』須藤蓮監督トークレポート

第64回CINEX映画塾『逆光』が7月16日岐阜CINEXで開催された。監督、主 ...

IMG_20220727_134705 40
あいち国際女性映画祭2022 開催決定!今年は31作品上映

あいち国際女性映画祭2022の記者発表が7月27日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

mugen1 41
只見線とともに奥会津でみる美しい景色を守るために(映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』)

日本のローカル線は赤字路線が多く、毎年存続の危機に瀕しながらその土地で生活する人 ...

CVS4 42
コンビニは異世界!?コンビニで起こる不思議な出来事(映画『コンビニエンス・ストーリー』三木聡監督インタビュー)

日本のコンビニエンスストアとはとても便利な店である。値段は定価だが、大体何でも揃 ...

theaterC6 43
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭上映作品決定!

名古屋のシアターカフェが大須から清水口に移転、リニューアルオープン2周年を記念し ...

hakai_main_B2poster 44
島崎藤村の名作が60年ぶりに映画化 自分らしく生きるとは?(映画『破戒』)

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた、 ...

IMG_20220705_185811_573 45
映画『逆光』須藤蓮監督、脚本家渡辺あやさんインタビュー 岐阜柳ケ瀬 再会から夏祭り×映画という企画が生まれた 

名古屋で上映されることはあっても、岐阜の映画館で上映されるミニシアター系の映画は ...

mikaeri1 46
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 47
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 48
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 49
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 50
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 51
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 52
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 53
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 54
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 55
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 56
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 57
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 58
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 59
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 60
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 61
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 62
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 63
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 64
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 65
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 66
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 67
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...