Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

kibaiyanse7

EntaMirage! Movie

映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。

『きばいやんせ!私』は鹿児島県南大隅町のある集落に古くから伝わる御崎祭りを取り上げながらひとりのダメ女子が自らと向き合う姿も描かれる。

人気番組からマイナーな番組のレポーターに異動になった局アナ・貴子。すっかりやる気をなくし、ふて腐れた生活を送っている。
全国の祭りを取り上げる企画に、自身が小さい頃に一時期過ごしていた鹿児島県南大隅町の御崎祭りを取り上げようとするが、人手不足で祭りらしさが欠けているところもあり、祭りを紹介するだけの価値が見いだせない。数十年ぶりに帰った南大隅で貴子は自分の今の生き方と向き合うことになる。

登壇したのは愛知県出身・武正晴監督、役場の職員・田村役の坂田聡さん、野田役の眼鏡太郎(がん・きょうたろう)さん。
舞台挨拶とその後に行われたインタビューをお送りする。

坂田さんと武監督が登壇してトークが始まった。

『きばいやんせ!私』舞台挨拶レポート

Q.神輿を担いでいるシーンでのエピソードを教えてください。

坂田さん
「日本男子として恥ずかしいんですが、御輿を担いだことがそれまでなくて。神輿を担ぐって本当に痛いんだなと。肩がすごく痛かったです。それとつるつる滑るんです。力の入れ具合がわからなくて。劇中にどんひら坂という坂が出てきますが、坂道を神輿を担ぎながら降りていくというのが本当に痛くて難しくて。しかも実はあのシーンは雨が降っていたんですよね。滑る中を強行突破しました」

武正晴監督(以降、武監督)
「坂を下りるときに降ってきちゃったんですよ。途中でやんでくれましたが。あそこは…僕が言うのも何ですが神輿を担いじゃだめなところです(笑)」

坂田さん
「あれを1300年ずっと続けてきたのかと思うとすごいなと思いますよね」

武監督
「坂田さんは出身は博多ですよね。お神輿は担がなかったんですか?」

坂田さん
「山笠がありますが、あれはアスリート系のタイムレースみたいなもので何回かエントリーはしましたけど、お前じゃだめだって。あれは選ばれし者がやってるんです」

坂田聡さん

坂田聡さん

 

Q.監督は愛知県の知多半島で小学校の頃過ごされたとのことですが代表的なお祭りって何ですか?

武監督
「元々そういう共同体に参加するのが苦手な方だったので知らないんです。近所の子供神輿を法被を着て担いだことはありますが何の祭りだか知らなくて。代表的なお祭りがあるんでしょうけど…知らないです。山車とかそういうのはあるみたいなんですが。ただ今回の映画のおかげで日本のいろんなところに1年に1度こういうお祭りをやっているところが沢山あるというのを知りました。去年は1300年近く続いている祭りを撮影のために2回やっていただいて、地元の方にものすごく協力していただきまして。実際にお祭りを2回に分けて撮っているんですが、役者以外は出ている人が2回ともほとんど同じ人という、要するに地元のほとんどの人がこの映画に参加してくださって。祭りを2回やった中にたまたま我々が混じって参加して撮影したという形に過ぎないような感じで」

武正晴監督

武正晴監督

 

坂田さん
「ありがたかったですね」

武監督
「みなさん、だんだんカメラのことなんか忘れてましたから」

坂田さん
「ちゃんと祭りをやっていたんですよね」

武監督
「坂田さんなんか途中で素の顔になってました」

坂田さん
「だって本当に痛いんですもん」

武監督
「実は後ろにいる眼さんが全然担いでいないんです」

坂田さん
「神輿と言うのは同じぐらいの身長の人が担がないと力が分散されていかないんです」

武監督
「演出上、前に坂田さんで、後ろが眼さんじゃないと行けなくて。本当だったら野田君(眼さん)が前に来た方がいいんですよ」

眼さんの話が話題に出てきたところで「Amazing Grace」を吹きながら野田役の眼鏡太郎さんが登場。

坂田さん
「噂をすれば!」

武監督
「これどういうこと?」

眼鏡太郎さん(以降、眼さん)
「裏で緊張していましたが、このタイミングで入るべきかなとトランペットを吹くためだけに新幹線できました」

ここからは眼さんも入ってのトーク。

武監督
「眼さんが本当に神輿に届かないから…」

眼さん
「坂田さんは本当に大先輩ですし、申し訳なくて。僕の分も担いでいただいてる感じで」

坂田さん
「肩に力が乗っかっていないのに乗っかっている体で辛そうな顔をしているというのが僕、本当にむかつきましたもん(笑)」

眼さん
「本当にすいません…」

武監督
「それをこの間坂田さんから聞いて、さっきここで観ていたんですが、手で上げている体で確かにそうなんですよね。あれは一緒にやっている人はむかつきますね(笑)」

眼さん
「皆さんに謝りました・・・」

左 眼鏡太郎さん

左 眼鏡太郎さん

 

Q.あのシーンは本当に危険だったんですよね。そこまで役者さんたちが鹿児島弁をしゃべっていたのが「あぶない!」って標準語に戻っているという(笑)

武監督
「それが一番わかるのは太賀君ですよね。「すべるよ」って普通の言葉で言っているという。アフレコで入れ直したんですが。坂田さんも「危ない、危ない」とか「オッケー」とか言ってましたし(笑)。でもあそこは本当に地元の方も緊迫するところで。後から聞いたんですが、階段というか足場があったんですが、あれは江戸時代くらいから続いている足場で、先人の人たちが神輿の足場をこういう順番に行きなさいという風に教えてくれていて。あれがないと本当に危ないんです。昔の人は次の時代の人達に神輿を担がせることで何か知らせるという。そういうあたりがお祭りや儀式というのはよくできています。今まで僕らはそういう儀式に参加してこなかったので今回の映画で参加できて本当に良かったと思います」

Q.なぜ日本の最南端大隅町で映画を撮ることになったんですか?

武監督
「足立紳さんという脚本家さんが市川森一賞という賞を受賞した時の授賞式で今回のプロデューサーの高橋さんとお会いして。その方が足立さんと鹿児島で映画を作ろうという話をしていると言われるので、うちの父も鹿児島出身ですと話したら、「お祭りの話なんです」って写真を見せられました。この祭りで映画が出来るのかなと思って。足立さんが1年後にシナリオハンティングに行ったんですが、戻ってきて浮かない顔をしていて。「担ぎ手いないし、神輿をトラックで運んでいましたよ」って言うんです。それでも映画にしないといけないので、これをこのまま映画にしてしまえばいいんじゃないかとシナリオを作ってみたんですが、一番不安だったのは町の人が怒り出すんじゃないかと。役場の人とか、実際の場所の名前を出して撮影しますし、町長もあんな感じで、クソ祭りとかクソ田舎とか出てくるので大丈夫かなと思ったんですが、全部OKしてただいて。一番ハードルが高かったのは今まで女人禁制でやってきたものに女性が手を触れていいかどうかだったんです。恐る恐る聞いたら「いや撮影の時は神様は乗ってないのでいいですよ」って(笑)。おおらかな所だなって。父親が鹿児島出身だったというのが映画を撮るきっかけなんですが、実は足立さんのお母さんも鹿児島出身で、町長役の榎木孝明さんと同じ高校に通っていたそうです。面白いですよね」

坂田さん
「薩摩半島の方は電車が通っていてメジャーなんですけど、大隅半島というのがなんともマイナーな感じで」

武監督
「薩摩半島側では『RAILWAYS』を撮影していたんですよね。こっちは"レイルねえよ”って感じで(笑)、かたや大河ドラマの『西郷どん』も撮影していてあの時鹿児島はすごかったです。
空港から2時間半鉄道がないっていうのはいい思い出になったんじゃないですか?」

眼さん
「そうですね、まさか鉄道がないとは思わなかったですね」

武監督
「あれから南大隅に行きました?」

眼さん
「いや、行ってないです。トランペットを吹きにいかないといけないですね」

武監督
「眼さんは実はお分かりかもしれませんが、さっき吹いた曲しか吹けないんですよ。特技にトランペットと書いてあったので、撮影が始まる前に今回はセリフがない役なので申し訳ないから、特技にトランペットって書いてありますし、トランペットやりましょうよって言ったら「実は1曲しか吹けないんです」って。ケラ(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)さんの舞台で吹けと言われて吹いただけでほとんど吹いてないって。だからトランペットが特技っていうのは嘘だったんです。ただその曲のおかげで台本にトランペットを吹くシーンが増えたんです。眼さんのおかげで出来たんです」

フォトセッションでは観客も写真撮影はOKで、作品をどんどんSNSで広めてほしいと坂田さんが呼び掛けた。

舞台挨拶後にさらにお話を伺った。

武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー

Q.脚本の足立さんとのこの映画の企画はいつ頃から始まっているんですか?

武監督
「『百円の恋』の後ぐらいから企画は始まっています。『噓八百』もそうですが、時間がかかるんです。あの頃に足立くんが書いたものが今たくさん形になっています。プロットは出来ていたんですが、シナリオハンティングに足立さんが出かけたのは『噓八百』のクランクアップの日だったと思います。現地に行って見たものを取り入れてシナリオ修正をしたり、役者さんの特技とかで野田さんのトランペットが追加になったりと順番にブラッシュアップしていく感じです」

Q.足立さんはこういうヒロインを描きたかったと話しておられましたが、監督はいかがですか。

武監督
「時代的にセクハラ、パワハラ、コンプライアンス問題などが我々の業界にもかなり押し寄せてきて息苦しいなと感じていたところだったのでそれを女性キャラクターの中に放りこんでみたらどうだろうと思いました。
祭りを知ってもらうためにストレンジャーが知らないところにいくという図式を取るには典型的ではありますが、東京から取材にやってくるというスタイルの方がよくて、マスコミに関わっているキャラクターの方が今の世の中を投影しやすいんじゃないかということもあり、主人公が色々言っている部分は僕や足立さんが思っていることをセリフにしています。ただこの役をやってくださる女優さんがいるのかなというのが疑問だったんですが、夏帆さんが「面白い、こういう役をやりたかったと手を挙げてくださいました」

kibaiyanse5

 

Q.貴子にモデルがいるとか、女子アナにこういうイメージを持っておられたりとかではないですか?

武監督
「それはないですね。主人公が性格悪い方が映画は作りやすいんです。『百円の恋』も『噓八百』もそうですがスタートの段階でちょっと微妙なキャラクターである方が成長の度合いを描きやすい。成長する必要はないんですけど、映画が終わった先のストーリーで僕らの知らないところでもう少しまともになるんじゃないかという希望や期待を込めているところもあります。彼女はあまり変わらないんだけど、何かを取り戻すというか。子どもの時になぜこの仕事をやろうと思ったのかという純粋な部分というのは僕らにもあるのでいつもそこに向き合って、なぜ今自分はこれをやっているのかと考えるときというのは必ず原因がある、そこを描きたかったんです。我々自身がなぜこの仕事をやっているのかというのを主人公と共に改めて気が付かせてもらった感じです。女子アナが不倫したというニュースがテレビでは大きく取りざたされていて、それを見た人たちが喫茶店とかで話している内容もその話だったりするんですが、僕や足立さんはテレビを見ないのでそういうことを知らなくて。もっと他に取り上げなければいけない問題はたくさんなるはずなのに、そればかり大きく報道されていて。昔はそんなことは無かったと思うんですが、テレビで真剣な顔して延々とやっているのがなぜかわからなくて、そのあたりを足立さんが取り上げて書いてきたんですね。僕よりは足立さんの方がテレビは見ているかもしれませんが、彼が書いてきたのでああ、世の中今こうなっているんだって僕は知るんです」

Q.鹿児島での合宿スタイルでの撮影だったんですか?

坂田さん
「宿泊施設が一カ所しかないですし、コンビニも車で40分行かないとないところなので合宿ではないですが自動的にそうなってしまいます」

Q.地元の方との交流はありましたか?

坂田さん
「道を歩いているとよそ者が来たという目で見られるので、ご挨拶して話しているうちに、帰らせてもらえなくなるんですよ、東京に。撮影の合間に4日間ぐらい空いていても帰れなくて地元の人と話していました」

眼さん
「坂田さん、とても地元の方に人気があって」

武監督
「坂田さんはオープニングに出てくる何を言っているかわからないくらいの鹿児島弁を話す90歳ぐらいのおじいちゃんに気に入られて。僕たち撮影隊が帰った後も、ここにいろと言われていました(笑)」

坂田さん
「役場の人の服を着ていたので地元の人と思われたのかもしれないですね。あの方が話す映像は本当に貴重な資料映像になると思います。何を言っているか全然わからなくて」

武監督
「今の鹿児島弁は標準語になっているそうなんです。昔の人が話していない鹿児島弁らしいです。テレビというのが日本人の文化を変えているので方言がなくなっているんですよね。あのおじいちゃんは本当に何を言っているのかわからなくて地元の人もわからない。通訳さんがいましたよね」

坂田さん
「海賊の暗号文化みたいな感じで他の地域の人達が聞いてもわからないようにしていった方言なんだそうです」

Q.方言は役者さん同士で練習されたんですか?

坂田さん
「地元の人に喜んでもらえるというのが第一なので方言はしっかりと覚えるというのが撮影前の宿題でした。まずそこをクリアしないと中に入れてもらえないだろうと思っていたんですが、地元の方たちは大歓迎してくださって。限られた時間でイントネーションなどで近づけて行ったりはするんですが、結局地元の人にはなれないんですよ。なろうなろうとすると自分が実際にやらなければいけない感情部分、役者業が疎かになってしまうと言うのがあるので、太賀君と話していたのは70点以上、いわゆる平均点以上の方言力でそれ以上は望まなくていいから、それよりは感情で方言のイントネーションを怠ってしまったとしてもよしとしようと」

Q.この映画は変えの聞かない映画だという話が先程の舞台挨拶で出ていましたが、特にそれはどのシーンでしょうか

眼さん
「御輿を担ぐシーンですね。御輿を担ぐ意義もそうですが、地元の人と撮った映画ということです。撮影のためだけにそこに住んでいる方々が本当の祭りではないのにすごく協力的で、喜んでくださって。ずっと昔の人から受け継がれてきたものを担いでいる、言葉ではなく伝わるものがあって感動します。僕は担いでなかったですが(笑)。僕は方言も話さなかったんですね。皆さんすごく苦労されていて、部屋にこもって練習されたりしたんですが、自分だけやってないのでなんか申し訳なくて。坂田さんの部屋で僕は大体飲んでいたんですけど、「今日は来ないで」と言われると、あ、今日は練習するんだなと。じゃあ同じく方言を話さない宇野祥平さんと二人で飲んでます…と(笑)」

kibaiyanse6

Q.祭りのシーンは役者のセリフはほとんどなく、役者の表情と音楽で描かれていますが、その演出はいつ決められたのでしょうか。

武監督
「シナリオを作っている段階からですね。祭りのシーンは挑戦でした。そんなもの観たことないし、観て面白いと思ってもらえるのか、それを面白くしなくてはと思った時にどうしたらいいのかなと。かなり音楽はこだわりました。行進とかパレードのようなイメージで作りました。なので今日の上映もシネスコサイズ(横長サイズ)でやってもらったんです。歩むということをテーマに捉えたんですが、それに観た方が乗っかってくれるかどうかは我々の腕次第で。『嘘八百』もそうですが、茶碗を作るという行為が果たして面白いのかと。それは映画にすると面白いんじゃないのかなと思っていて。つまり普段面白くないものが映画になると面白くなるということを証明しない限り我々がやっている仕事の価値はない。普段面白いものは映画にすると面白くないことに気づいてますし、そこの辺りが勝負ですよね。毎回毎回お題が大変で、どうしたらいいんだ?って最初は悩むんですけど、逆にやる価値がある仕事なんだと。映画というのはこういうものだと思ってやってます」

 

映画『きばいやんせ!私』http://kibaiyanse.net/ は現在全国公開中。
東海地区ではセンチュリーシネマで上映中。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

kutinai1 1
愛知県が舞台。本物の桜の下で芝居してほしくて。(映画『朽ちないサクラ』原廣利監督インタビュー)

「佐方貞人」、「孤狼の血」、「合理的にあり得ない」などたくさんのシリーズが映像化 ...

asuwo1 2
映画『明日を綴る写真館』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 平泉成さん、佐野晶哉さん、秋山純監督登壇!

映画『明日を綴る写真館』の公開記念舞台挨拶が6月8日(土)に名古屋ミッドランドス ...

20240601211336_IMG_9318_ 3
映画『告白 コンフェッション』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 生田斗真さん、ヤン・イクチュンさん、山下敦弘監督登壇!

映画『告白 コンフェッション』の公開記念舞台挨拶が6月1日(土)に名古屋ミッドラ ...

asuwo1 4
映画『明日を綴る写真館』平泉成さん インタビュー

6月7日(金)公開の映画『明日を綴る写真館』は気鋭の若手カメラマン太一が、一枚の ...

oishi1 5
映画『おいしい給食 Road to イカメシ』市原隼人さん、綾部真弥監督インタビュー

現在公開中の『おいしい給食 Road to イカメシ』は食のドラマとして人気のド ...

20240512204237_IMG_9058_ 6
やっぱり芝居がやりたい 映画『私が私である場所』今尾偲監督、伊藤由紀さんインタビュー

名古屋シネマスコーレで公開されたドキュメンタリー映画『私が私である場所』は映画『 ...

Singula10 7
映画『SINGULA』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 

映画『SINGULA』公開記念舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催さ ...

cotton2 8
第81回CINEX映画塾 映画『コットンテール』リリー・フランキーさんトークレポート

第81回CINEX映画塾 映画『コットンテール』が4月27日岐阜CINEXで開催 ...

685221_seishun_honposter_B1_A 9
台湾→日本 18年越しの思いを連れて 映画『青春18×2 君へと続く道』

国内興行収入30億円超のヒットを記録した『余命10年』の藤井道人監督最新作で、初 ...

© 2023 GOLDMOON PICTURES & STUDIO&NEW. All Rights Reserved. 10
謎の貴公子あらわる。新たな韓国ノワール映画が登場!(映画『貴公子』)

ある日突然、自分が大企業の社長の子どもだと分かり、巨額の遺産争いに巻き込まれ、命 ...

Mothers_001_全体コラージュ 11
母をテーマにした短編映画集『Mothers マザーズ』完成。キャスト発表!

5人の脚本家が、オリジナル脚本を執筆。自らプロデュース・監督し、映画化したオムニ ...

水平線_メイン画像 12
映画『水平線』名古屋シネマスコーレ舞台挨拶 小林且弥監督、足立智充さんトークレポート

映画『水平線』公開記念舞台挨拶が3月23日(土)名古屋シネマスコーレ開催された。 ...

水平線_メイン画像 13
愛する人を思いながら生きる人々を描く(映画『水平線』)

東日本大震災から13年が経つ。 3月23日(土)から名古屋シネマスコーレで公開さ ...

20240317_095635 14
ナゴヤキネマ・ノイ開館!映画『その鼓動に耳を当てよ』舞台挨拶レポート

名古屋今池のナゴヤキネマ・ノイが2024年3月16日、開館した。  入口の段差が ...

©東海テレビ放送 15
ナゴヤキネマ・ノイオープニングを飾るのは断らないERに密着した東海テレビドキュメンタリー(映画『その鼓動に耳を当てよ』)

名古屋・今池。歓楽街にあった映画館名古屋シネマテークが2023年7月に閉館し、同 ...

52kujira1 16
松岡ひとみのシネマコレクション 映画『52ヘルツのクジラたち』成島出監督、横山和宏プロデューサートークレポート

松岡ひとみのシネマコレクション vol.56 映画『52ヘルツのクジラたち』が3 ...

pabjyo5 17
映画『フィリピンパブ嬢の社会学』岐阜CINEX 3月16日公開 舞台挨拶決定!

愛知での先行公開時から観客動員を伸ばしてロングラン公開していた映画『フィリピンパ ...

o1184166415407703643 18
名古屋ミッドランドスクエアシネマでブラジル映画祭3月16日より開幕!

ブラジル映画。皆さんは観たことあるだろうか? 南米発の映画はそういえばあまり観た ...

theaterC6 19
シアターカフェが移転&リニューアルオープン4周年記念開放祭での上映作品を募集中!

名古屋のシアターカフェが開放祭の上映作品を現在公募中だ。 今の場所に移転して4年 ...

★メイン_PLAY! 20
映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』でeスポーツの楽しさを知ろう

IOC(国際オリンピック委員会)主催の世界大会も開かれるほど、今や正式なスポーツ ...

EiganoAsagohan14 21
楽しみなのはおいしいごはん。伝説のお弁当屋さん「ポパイ」と映画の裏側を食から捉えるドキュメンタリー(映画『映画の朝ごはん』)

映画を作るには本当にたくさんの人が関わっている。 映画やドラマ撮影のメイキングを ...

sinnemuro9 22
プロレス好きも、そうでない人も見たら好きになる 映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』シネマスコーレ舞台挨拶レポート

映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』公開記念舞台挨拶 ...

tumitoaku13 23
映画『罪と悪』公開記念名古屋舞台挨拶レポート 石田卓也さん、齊藤勇起監督登壇

映画『罪と悪』公開記念舞台挨拶が2月10日名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催 ...

netsu1 24
愛した日々の熱が冷めていく中で(映画『熱のあとに』)

東京藝術大学大学院での修了制作『小さな声で囁いて』(2018)がマルセイユ国際映 ...

kanata_9 25
映画『彼方の閃光』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 眞栄田郷敦さん、半野喜弘監督登壇

映画『彼方の閃光』公開記念舞台挨拶が1月28日(日)にミッドランドスクエアシネマ ...

©2022 彼⽅の閃光 製作パートナーズ 26
映画『彼方の閃光』ミッドランドスクエアシネマにて舞台挨拶決定

ホウ・シャオシェンやジャ・ジャンクーら名匠たちの作品の映画音楽を手掛け、『アグリ ...

© 2020 Mediaproducción S.L.U., Gravier Productions, Inc. & Wildside S.r.L. 27
映画祭は夢の時間。そこで起きる出来事も夢と言えるのか(映画『サン・セバスチャンへ、ようこそ』)

ウディ・アレンはとにかく精力的に作品を作る。その勢いは年を重ねても変わることはな ...

RemasterDirector_1a5c03258 28
ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』石田ひかりさん、大林千茱萸さんトークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』が ...

kakamigaharaeigasai2024_omote 29
第一回各務原映画祭 1月7日開催!短編映画11作品上映。初公開作品も

第一回各務原映画祭が2024年1月7日、岐阜県各務原市のあすかホールで開催される ...

ichiko 30
市子というひとりの人間の存在が刺さる(映画『市子』)

第28回 釜山国際映画祭 ジソク部門に正式出品された『市子』が12月8日(金)よ ...

メインビジュアル 31
2019年インディペンデント映画の大本命として劇場公開された 映画『センターライン』続編『INTERFACE -ペルソナ-』上映が名古屋で決定!!そして『センターライン』配信も!

日本中の映画祭で話題をさらい、2019年のインディペンデント映画の大本命として劇 ...

1701248560153 32
スペースオペラ?ヒーローもの?これぞ日本で作る波乱万丈な特撮映画だ!(映画『BY THE WAY-波乱万丈-』)

自身の夢を諦めて、守ろうとした家族との平和な生活が思いもしないことで壊れたら?し ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 33
Xのいる世界を通して気づく大事なもの(映画『隣人X -疑惑の彼女-』熊澤尚人監督インタビュー)

12月1日公開の映画『隣人X -疑惑の彼女-』。故郷を追われた惑星難民Xの受け入 ...

interface1 34
愛知で撮影! 映画『INTERFACE』シネマスコーレ公開初日舞台挨拶レポート

映画『INTERFACE-ペルソナ-』の公開初日舞台挨拶が名古屋・シネマスコーレ ...

nosenkyo1 35
選挙は面白い!候補者の声を聞き、ペンをとる!選挙ライターを通して選挙を知るドキュメンタリーが愛知上陸!(映画『NO 選挙,NO LIFE』)

選挙の面白さを伝えるフリーランスライター・畠山理仁(50)。国政から地方選、海外 ...

train6 36
大森南朋×須藤蓮×庄司哲也 ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 映画『トレインスポッティング』トークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 須藤蓮セレクト35ミリフィルム上映『トレインス ...

fanfare1 37
映画『ファンファーレ』名古屋舞台挨拶・衣装制作担当:箕浦杏さんトークレポート

映画『ファンファーレ』公開記念舞台挨拶が11月18日名古屋センチュリーシネマで開 ...

ringin18 38
映画『隣人X-疑惑の彼女-』名古屋舞台挨拶付先行上映 上野樹里さん、林遣都さん、熊澤尚人監督トークレポート

12月1日公開の映画『隣人X』舞台挨拶付先行上映が11月16日名古屋ミッドランド ...

saturday_main 39
開戦前夜、上海。幕は開くか(映画『サタデー・フィクション』)

2019年第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品されたロウ・イ ...

hanakutasi1 40
映画『花腐し』綾野剛さん、荒井晴彦監督インタビュー

11月10日(金)公開、映画『花腐し』。松浦寿輝の原作を荒井晴彦監督が脚色。ピン ...

20231104173817_IMG_7592_ 41
松岡ひとみのシネマコレクション 映画『愛にイナズマ』ゲスト:石井裕也監督 レポート

松岡ひとみのシネマコレクション Vol.51 映画『愛にイナズマ』が11月4日ミ ...

seiyoku1 42
映画『正欲』第36回東京国際映画祭 最優秀監督賞&観客賞ダブル受賞!11月10日(金)いよいよ公開!

岐阜県出身の小説家・朝井リョウによる小説『正欲』を、監督・岸善幸、脚本・港岳彦で ...

20231021172718_IMG_7355_ 43
第77回CINEX映画塾『まなみ100%』川北ゆめき監督、青木柚さん、中村守里さんトークレポート

第77回CINEX映画塾『まなみ100%』が10月21日(土)、岐阜CINEXで ...

tuki 44
映画『月』伏見ミリオン座公開記念 石井裕也監督 舞台挨拶レポート

映画『月』の名古屋公開記念舞台挨拶が10月22日伏見ミリオン座で開催された。石井 ...

inazuma5 45
本音を隠さずココロのままに生きていく!(映画『愛にイナズマ』)

『舟を編む』をはじめ、発表する作品がどれも国内外で高く評価されてきた石井裕也監督 ...

hanakutasi_5 46
映画『花腐し』名古屋伏見ミリオン座先行上映舞台挨拶レポート

11月10日(金)より全国公開される映画『花腐し』名古屋先行上映が10月24日( ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 47
映画『隣人 X -疑惑の彼女-』滋賀ロケ撮影現場レポート

2022年10月から滋賀県で熊澤尚人監督が新作撮影をしているという情報を聞いてい ...

bishu1 48
【愛知・岐阜】2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優しい服〜』エキストラ募集!

以前現場レポートをお送りした2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優 ...

aalt 49
フィンランドの建築家・デザイナー アアルト その仕事の裏に愛する妻がいた(映画『アアルト』

北欧家具は日本でも根強い人気がある。それはおしゃれであることはもちろん、実用性で ...

somedays6 50
映画『SOMEDAYS』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

10月6日、映画『SOMEDAYS』の名古屋先行公開を記念してミッドランドスクエ ...

no image 51
岐阜の刃物のまち・関市で特撮怪獣映画始動! 映画『怪獣ヤロウ!』製作開始

岐阜県関市を舞台にした映画の製作が決まった。タイトルは『怪獣ヤロウ!』。ご当地怪 ...

undercurrent1 52
女、突然やってきた男、消えた夫。三人が抱える心の奥底にある思いは……(映画『アンダーカレント』)

映画一本よりなお深い作品だと発表当時評された豊田徹也の漫画「アンダーカレント」が ...

mendou1 53
映画「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズ特集上映 大阪・名古屋・神戸で開催決定! 新作『メンドウな人々』他2作品 

地域のおいしいもの×地元の高校生×映画をテーマに地元と協力して制作される映画「ぼ ...

houtei1 54
映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』三重先行上映舞台挨拶レポート

映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』の三重先行上映、舞台挨拶が9月22日三重県 ...

Screenshot_20230922_200759_Drive 55
映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』名古屋凱旋上映決定!

映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』が ...

20230902_141200 56
ロイヤル劇場存続をかけてクラウドファンディング開始! 【ロイヤル劇場】思いやるプロジェクト~ロイヤル、オモイヤル~

岐阜市・柳ケ瀬商店街にあるロイヤル劇場は35ミリフィルム専門映画館として常設上映 ...

hamon12 57
第76回 CINEX映画塾 映画『波紋』 筒井真理子さんトークレポート

第76回CINEX映画塾『波紋』が7月22日に岐阜CINEXで開催された。上映後 ...

seiyou1 58
岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクションの舞台裏』トークレポート

岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクシ ...

doll5 59
女性監督4人が撮る女性をとりまく今『人形たち~Dear Dolls』×短編『Bird Woman』シアターカフェで上映

名古屋清水口のシアターカフェで9月23日(土)~29日(金)に長編オムニバス映画 ...

sister 60
映画『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』公開記念 アルノー・デプレシャン監督舞台挨拶付き上映 伏見ミリオン座で開催決定!

世界の映画ファンを熱狂させる名匠アルノー・デプレシャンが新作『私の大嫌いな弟へ  ...

bakanuri1 61
自分の生きる道を探して(映画『バカ塗りの娘』)

「バカ塗りの娘」というタイトルはインパクトがある。気になってバカ塗りの意味を調べ ...

bishu1 62
「シントウカイシネマ聖地化計画」始動!第一弾「BISHU〜世界でいちばん優しい服〜」(仮)愛知県⼀宮市にて撮影決定‼

株式会社フォワードがプロデュースし、東海地方を舞台にした全国公開映画を毎年1本ず ...

erithabeth1 63
エリザベート40歳。これからどう生きる?(映画『エリザベート1878』)

クレオパトラ、楊貴妃と並んで世界の三大美女として名高いエリザベート皇妃。 彼女の ...

mitoyamane4 64
ポップな映像と音楽の中に見る現代の人の心の闇(映画『#ミトヤマネ』)

ネット社会ならではの職業「インフルエンサー」を生業にする女性を主人公に、ネット社 ...

高野豆腐店の春_場面写真 65
豆腐店を営む父娘にやってきた新たな出会い(映画『高野豆腐店の春』)

尾道で小さな豆腐店を営む父と娘を描いた映画『高野(たかの)豆腐店の春』が8月18 ...

pabjyo5 66
映画『フィリピンパブ嬢の社会学』11/10(金)より名古屋先行公開が決定!海外展開に向けたクラウドファンディングもスタート!

映画『フィリピンパブ嬢の社会学』が 11月10日(金)より、ミッドランドスクエア ...

Yokosuka10 67
『Yokosuka1953』名演小劇場上映会イベントレポート

ドキュメンタリー映画『Yokosuka1953』の上映会が7月29日(土)、30 ...

Yokosuka1 68
海外から届いたメッセージ。66年前の日本をたどる『Yokosuka1953』名古屋上映会開催!

同じ苗字だからといって親戚だとは限らないのは世界中どこでも一緒だ。 「木川洋子を ...

youko4 69
彼女を外に連れ出したい。そう思いました(映画『658km、陽子の旅』 熊切和嘉監督インタビュー)

42才、東京で一人暮らし。青森県出身の陽子はいとこから24年も関係を断絶していた ...

egoist_5 70
第75回CINEX映画塾 『エゴイスト』松永大司監督が登場。7月29日からリバイバル上映決定!

第75回CINEX映画塾 映画『エゴイスト』が開催された。ゲストには松永大司監督 ...

komuragaeri14 71
映画を撮りたい。夢を追う二人を通して伝えたいのは(映画『愛のこむらがえり』髙橋正弥監督、吉橋航也さんインタビュー)

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

PSX_20230713_212926 72
あいち国際女性映画祭2023 開催決定!今年は37作品上映

あいち国際女性映画祭2023の記者発表が7月12日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

komuragaeri5 73
映画『愛のこむらがえり』名古屋舞台挨拶レポート 磯山さやかさん、吉橋航也さん、髙橋正弥監督登壇!

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

tooi3 74
彼女たちを知ってほしい。その思いを脚本に込めて(映画『遠いところ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『遠いところ』の公開記念舞台挨拶が7月8日伏見ミリオン座で開催された。 あら ...

MKE10-3 75
観てくれたっていいじゃない! 第10回MKE映画祭レポート

第10回MKE映画祭が7月8日岐阜県図書館多目的ホールで開催された。 今回は13 ...

1minutes_5 76
京都はファンタジーが受け入れられる場所(映画『1秒先の彼』山下敦弘監督インタビュー)

台湾発の大ヒット映画『1秒先の彼女』が日本の京都でリメイク。しかも男女の設定が反 ...

received_259295013361207 77
映画『老ナルキソス』シネマテーク舞台挨拶レポート

映画『老ナルキソス』の公開記念舞台挨拶が名古屋今池のシネマテークで行われた。 あ ...

PSX_20230429_093447 78
「ジキル&ハイド」。観た後しばらく世界から抜けられない虜になるミュージカル

ミュージカルソングという世界を知り、大好きになった「ジキル&ハイド」とい ...

math 79
『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシク久しぶりの映画はワケあり数学者役(映画『不思議の国の数学者』)

映画館でポスターを観て気になった2本の韓国映画。『不思議の国の数学者』と『高速道 ...

nortoredame 80
全編IMAX®️認証デジタルカメラで撮影。再現率98% あの火災の裏側(映画『ノートルダム 炎の大聖堂』)

2019年4月15日、ノートルダム大聖堂で、大規模火災が発生した。世界を駆け巡っ ...

baby14 81
松岡ひとみのシネマコレクション  映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』 阪元裕吾監督トークレポート

松岡ひとみのシネマコレクション 映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』が4月1 ...

sidebyside1 82
映画『サイド バイ サイド』坂口健太郎さん、伊藤ちひろ監督登壇 舞台挨拶付先行上映レポート 

映画『サイド バイ サイド』舞台挨拶付先行上映が4月1日名古屋ミッドランドスクエ ...

zakodomo1 83
第72回CINEX映画塾 映画『雑魚どもよ、大志を抱け!』足立紳監督トークレポート

第72回CINEX映画塾が3月25日岐阜CINEXで開催された。上映作品は岐阜県 ...

mogiri1 84
片桐はいりさん来場。センチュリーシネマでもぎり(映画『「もぎりさん」「もぎりさんsession2」上映+もぎり&アフタートークイベント』)

センチュリーシネマ22周年記念企画 『「もぎりさん」「もぎりさんsession2 ...

PSX_20230319_165037 85
カンヌ国際映画祭75周年記念大賞を受賞したダルデンヌ兄弟 新作インタビュー(映画(『トリとロキタ』)

パルムドール大賞と主演女優賞をW受賞した『ロゼッタ』以降、全作品がカンヌのコンペ ...

feibru 86
アカデミー賞、オスカーは誰に?(松岡ひとみのシネマコレクション『フェイブルマンズ』 ゲストトーク 伊藤さとりさん))

松岡ひとみのシネマコレクション vol.35 『フェイブルマンズ』が3月12日ミ ...

son 87
親子とは。近いからこそ難しい(映画『The Son/息子)』

ヒュー・ジャックマンの新作は3月17日から日本公開される『The Son/息子』 ...

tyanomi1 88
先の見えない日々を生きる中で寂しさ、孤独を感じる人々。やすらぎはどこにあるのか(映画『茶飲友達』外山文治監督インタビュー)

東京で公開された途端、3週間の間に上映館が42館にまで広がっている映画『茶飲友達 ...

tyanomi5 89
映画『茶飲友達』名古屋 名演小劇場 公開記念舞台挨拶レポート

映画『茶飲友達』公開記念舞台挨拶が2月25日、名演小劇場で開催された。 外山文治 ...

ginpei8 90
第71回 CINEX映画塾 映画『銀平町シネマブルース』小出恵介さん、宇野祥平さんトークレポート

第71回CINEX映画塾『銀平町シネマブルース』が2月17日、岐阜CINEXで開 ...

gokudaru7 91
名古屋シアターカフェ 映画『極道系Vチューバー達磨』舞台挨拶レポート

映画『極道系Vチューバー達磨』が名古屋清水口のシアターカフェで公開中だ。 映画『 ...

wakareru 92
パク・チャヌク監督の新作は今までとは一味も二味も違う大人の恋慕を描く(映画『別れる決心』)

2月17日から公開の映画『別れる決心』はパク・チャヌク監督の新作だ。今までのイメ ...