Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

kibaiyanse7

EntaMirage! Movie

映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。

『きばいやんせ!私』は鹿児島県南大隅町のある集落に古くから伝わる御崎祭りを取り上げながらひとりのダメ女子が自らと向き合う姿も描かれる。

人気番組からマイナーな番組のレポーターに異動になった局アナ・貴子。すっかりやる気をなくし、ふて腐れた生活を送っている。
全国の祭りを取り上げる企画に、自身が小さい頃に一時期過ごしていた鹿児島県南大隅町の御崎祭りを取り上げようとするが、人手不足で祭りらしさが欠けているところもあり、祭りを紹介するだけの価値が見いだせない。数十年ぶりに帰った南大隅で貴子は自分の今の生き方と向き合うことになる。

登壇したのは愛知県出身・武正晴監督、役場の職員・田村役の坂田聡さん、野田役の眼鏡太郎(がん・きょうたろう)さん。
舞台挨拶とその後に行われたインタビューをお送りする。

坂田さんと武監督が登壇してトークが始まった。

『きばいやんせ!私』舞台挨拶レポート

Q.神輿を担いでいるシーンでのエピソードを教えてください。

坂田さん
「日本男子として恥ずかしいんですが、御輿を担いだことがそれまでなくて。神輿を担ぐって本当に痛いんだなと。肩がすごく痛かったです。それとつるつる滑るんです。力の入れ具合がわからなくて。劇中にどんひら坂という坂が出てきますが、坂道を神輿を担ぎながら降りていくというのが本当に痛くて難しくて。しかも実はあのシーンは雨が降っていたんですよね。滑る中を強行突破しました」

武正晴監督(以降、武監督)
「坂を下りるときに降ってきちゃったんですよ。途中でやんでくれましたが。あそこは…僕が言うのも何ですが神輿を担いじゃだめなところです(笑)」

坂田さん
「あれを1300年ずっと続けてきたのかと思うとすごいなと思いますよね」

武監督
「坂田さんは出身は博多ですよね。お神輿は担がなかったんですか?」

坂田さん
「山笠がありますが、あれはアスリート系のタイムレースみたいなもので何回かエントリーはしましたけど、お前じゃだめだって。あれは選ばれし者がやってるんです」

坂田聡さん

坂田聡さん

 

Q.監督は愛知県の知多半島で小学校の頃過ごされたとのことですが代表的なお祭りって何ですか?

武監督
「元々そういう共同体に参加するのが苦手な方だったので知らないんです。近所の子供神輿を法被を着て担いだことはありますが何の祭りだか知らなくて。代表的なお祭りがあるんでしょうけど…知らないです。山車とかそういうのはあるみたいなんですが。ただ今回の映画のおかげで日本のいろんなところに1年に1度こういうお祭りをやっているところが沢山あるというのを知りました。去年は1300年近く続いている祭りを撮影のために2回やっていただいて、地元の方にものすごく協力していただきまして。実際にお祭りを2回に分けて撮っているんですが、役者以外は出ている人が2回ともほとんど同じ人という、要するに地元のほとんどの人がこの映画に参加してくださって。祭りを2回やった中にたまたま我々が混じって参加して撮影したという形に過ぎないような感じで」

武正晴監督

武正晴監督

 

坂田さん
「ありがたかったですね」

武監督
「みなさん、だんだんカメラのことなんか忘れてましたから」

坂田さん
「ちゃんと祭りをやっていたんですよね」

武監督
「坂田さんなんか途中で素の顔になってました」

坂田さん
「だって本当に痛いんですもん」

武監督
「実は後ろにいる眼さんが全然担いでいないんです」

坂田さん
「神輿と言うのは同じぐらいの身長の人が担がないと力が分散されていかないんです」

武監督
「演出上、前に坂田さんで、後ろが眼さんじゃないと行けなくて。本当だったら野田君(眼さん)が前に来た方がいいんですよ」

眼さんの話が話題に出てきたところで「Amazing Grace」を吹きながら野田役の眼鏡太郎さんが登場。

坂田さん
「噂をすれば!」

武監督
「これどういうこと?」

眼鏡太郎さん(以降、眼さん)
「裏で緊張していましたが、このタイミングで入るべきかなとトランペットを吹くためだけに新幹線できました」

ここからは眼さんも入ってのトーク。

武監督
「眼さんが本当に神輿に届かないから…」

眼さん
「坂田さんは本当に大先輩ですし、申し訳なくて。僕の分も担いでいただいてる感じで」

坂田さん
「肩に力が乗っかっていないのに乗っかっている体で辛そうな顔をしているというのが僕、本当にむかつきましたもん(笑)」

眼さん
「本当にすいません…」

武監督
「それをこの間坂田さんから聞いて、さっきここで観ていたんですが、手で上げている体で確かにそうなんですよね。あれは一緒にやっている人はむかつきますね(笑)」

眼さん
「皆さんに謝りました・・・」

左 眼鏡太郎さん

左 眼鏡太郎さん

 

Q.あのシーンは本当に危険だったんですよね。そこまで役者さんたちが鹿児島弁をしゃべっていたのが「あぶない!」って標準語に戻っているという(笑)

武監督
「それが一番わかるのは太賀君ですよね。「すべるよ」って普通の言葉で言っているという。アフレコで入れ直したんですが。坂田さんも「危ない、危ない」とか「オッケー」とか言ってましたし(笑)。でもあそこは本当に地元の方も緊迫するところで。後から聞いたんですが、階段というか足場があったんですが、あれは江戸時代くらいから続いている足場で、先人の人たちが神輿の足場をこういう順番に行きなさいという風に教えてくれていて。あれがないと本当に危ないんです。昔の人は次の時代の人達に神輿を担がせることで何か知らせるという。そういうあたりがお祭りや儀式というのはよくできています。今まで僕らはそういう儀式に参加してこなかったので今回の映画で参加できて本当に良かったと思います」

Q.なぜ日本の最南端大隅町で映画を撮ることになったんですか?

武監督
「足立紳さんという脚本家さんが市川森一賞という賞を受賞した時の授賞式で今回のプロデューサーの高橋さんとお会いして。その方が足立さんと鹿児島で映画を作ろうという話をしていると言われるので、うちの父も鹿児島出身ですと話したら、「お祭りの話なんです」って写真を見せられました。この祭りで映画が出来るのかなと思って。足立さんが1年後にシナリオハンティングに行ったんですが、戻ってきて浮かない顔をしていて。「担ぎ手いないし、神輿をトラックで運んでいましたよ」って言うんです。それでも映画にしないといけないので、これをこのまま映画にしてしまえばいいんじゃないかとシナリオを作ってみたんですが、一番不安だったのは町の人が怒り出すんじゃないかと。役場の人とか、実際の場所の名前を出して撮影しますし、町長もあんな感じで、クソ祭りとかクソ田舎とか出てくるので大丈夫かなと思ったんですが、全部OKしてただいて。一番ハードルが高かったのは今まで女人禁制でやってきたものに女性が手を触れていいかどうかだったんです。恐る恐る聞いたら「いや撮影の時は神様は乗ってないのでいいですよ」って(笑)。おおらかな所だなって。父親が鹿児島出身だったというのが映画を撮るきっかけなんですが、実は足立さんのお母さんも鹿児島出身で、町長役の榎木孝明さんと同じ高校に通っていたそうです。面白いですよね」

坂田さん
「薩摩半島の方は電車が通っていてメジャーなんですけど、大隅半島というのがなんともマイナーな感じで」

武監督
「薩摩半島側では『RAILWAYS』を撮影していたんですよね。こっちは"レイルねえよ”って感じで(笑)、かたや大河ドラマの『西郷どん』も撮影していてあの時鹿児島はすごかったです。
空港から2時間半鉄道がないっていうのはいい思い出になったんじゃないですか?」

眼さん
「そうですね、まさか鉄道がないとは思わなかったですね」

武監督
「あれから南大隅に行きました?」

眼さん
「いや、行ってないです。トランペットを吹きにいかないといけないですね」

武監督
「眼さんは実はお分かりかもしれませんが、さっき吹いた曲しか吹けないんですよ。特技にトランペットと書いてあったので、撮影が始まる前に今回はセリフがない役なので申し訳ないから、特技にトランペットって書いてありますし、トランペットやりましょうよって言ったら「実は1曲しか吹けないんです」って。ケラ(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)さんの舞台で吹けと言われて吹いただけでほとんど吹いてないって。だからトランペットが特技っていうのは嘘だったんです。ただその曲のおかげで台本にトランペットを吹くシーンが増えたんです。眼さんのおかげで出来たんです」

フォトセッションでは観客も写真撮影はOKで、作品をどんどんSNSで広めてほしいと坂田さんが呼び掛けた。

舞台挨拶後にさらにお話を伺った。

武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー

Q.脚本の足立さんとのこの映画の企画はいつ頃から始まっているんですか?

武監督
「『百円の恋』の後ぐらいから企画は始まっています。『噓八百』もそうですが、時間がかかるんです。あの頃に足立くんが書いたものが今たくさん形になっています。プロットは出来ていたんですが、シナリオハンティングに足立さんが出かけたのは『噓八百』のクランクアップの日だったと思います。現地に行って見たものを取り入れてシナリオ修正をしたり、役者さんの特技とかで野田さんのトランペットが追加になったりと順番にブラッシュアップしていく感じです」

Q.足立さんはこういうヒロインを描きたかったと話しておられましたが、監督はいかがですか。

武監督
「時代的にセクハラ、パワハラ、コンプライアンス問題などが我々の業界にもかなり押し寄せてきて息苦しいなと感じていたところだったのでそれを女性キャラクターの中に放りこんでみたらどうだろうと思いました。
祭りを知ってもらうためにストレンジャーが知らないところにいくという図式を取るには典型的ではありますが、東京から取材にやってくるというスタイルの方がよくて、マスコミに関わっているキャラクターの方が今の世の中を投影しやすいんじゃないかということもあり、主人公が色々言っている部分は僕や足立さんが思っていることをセリフにしています。ただこの役をやってくださる女優さんがいるのかなというのが疑問だったんですが、夏帆さんが「面白い、こういう役をやりたかったと手を挙げてくださいました」

kibaiyanse5

 

Q.貴子にモデルがいるとか、女子アナにこういうイメージを持っておられたりとかではないですか?

武監督
「それはないですね。主人公が性格悪い方が映画は作りやすいんです。『百円の恋』も『噓八百』もそうですがスタートの段階でちょっと微妙なキャラクターである方が成長の度合いを描きやすい。成長する必要はないんですけど、映画が終わった先のストーリーで僕らの知らないところでもう少しまともになるんじゃないかという希望や期待を込めているところもあります。彼女はあまり変わらないんだけど、何かを取り戻すというか。子どもの時になぜこの仕事をやろうと思ったのかという純粋な部分というのは僕らにもあるのでいつもそこに向き合って、なぜ今自分はこれをやっているのかと考えるときというのは必ず原因がある、そこを描きたかったんです。我々自身がなぜこの仕事をやっているのかというのを主人公と共に改めて気が付かせてもらった感じです。女子アナが不倫したというニュースがテレビでは大きく取りざたされていて、それを見た人たちが喫茶店とかで話している内容もその話だったりするんですが、僕や足立さんはテレビを見ないのでそういうことを知らなくて。もっと他に取り上げなければいけない問題はたくさんなるはずなのに、そればかり大きく報道されていて。昔はそんなことは無かったと思うんですが、テレビで真剣な顔して延々とやっているのがなぜかわからなくて、そのあたりを足立さんが取り上げて書いてきたんですね。僕よりは足立さんの方がテレビは見ているかもしれませんが、彼が書いてきたのでああ、世の中今こうなっているんだって僕は知るんです」

Q.鹿児島での合宿スタイルでの撮影だったんですか?

坂田さん
「宿泊施設が一カ所しかないですし、コンビニも車で40分行かないとないところなので合宿ではないですが自動的にそうなってしまいます」

Q.地元の方との交流はありましたか?

坂田さん
「道を歩いているとよそ者が来たという目で見られるので、ご挨拶して話しているうちに、帰らせてもらえなくなるんですよ、東京に。撮影の合間に4日間ぐらい空いていても帰れなくて地元の人と話していました」

眼さん
「坂田さん、とても地元の方に人気があって」

武監督
「坂田さんはオープニングに出てくる何を言っているかわからないくらいの鹿児島弁を話す90歳ぐらいのおじいちゃんに気に入られて。僕たち撮影隊が帰った後も、ここにいろと言われていました(笑)」

坂田さん
「役場の人の服を着ていたので地元の人と思われたのかもしれないですね。あの方が話す映像は本当に貴重な資料映像になると思います。何を言っているか全然わからなくて」

武監督
「今の鹿児島弁は標準語になっているそうなんです。昔の人が話していない鹿児島弁らしいです。テレビというのが日本人の文化を変えているので方言がなくなっているんですよね。あのおじいちゃんは本当に何を言っているのかわからなくて地元の人もわからない。通訳さんがいましたよね」

坂田さん
「海賊の暗号文化みたいな感じで他の地域の人達が聞いてもわからないようにしていった方言なんだそうです」

Q.方言は役者さん同士で練習されたんですか?

坂田さん
「地元の人に喜んでもらえるというのが第一なので方言はしっかりと覚えるというのが撮影前の宿題でした。まずそこをクリアしないと中に入れてもらえないだろうと思っていたんですが、地元の方たちは大歓迎してくださって。限られた時間でイントネーションなどで近づけて行ったりはするんですが、結局地元の人にはなれないんですよ。なろうなろうとすると自分が実際にやらなければいけない感情部分、役者業が疎かになってしまうと言うのがあるので、太賀君と話していたのは70点以上、いわゆる平均点以上の方言力でそれ以上は望まなくていいから、それよりは感情で方言のイントネーションを怠ってしまったとしてもよしとしようと」

Q.この映画は変えの聞かない映画だという話が先程の舞台挨拶で出ていましたが、特にそれはどのシーンでしょうか

眼さん
「御輿を担ぐシーンですね。御輿を担ぐ意義もそうですが、地元の人と撮った映画ということです。撮影のためだけにそこに住んでいる方々が本当の祭りではないのにすごく協力的で、喜んでくださって。ずっと昔の人から受け継がれてきたものを担いでいる、言葉ではなく伝わるものがあって感動します。僕は担いでなかったですが(笑)。僕は方言も話さなかったんですね。皆さんすごく苦労されていて、部屋にこもって練習されたりしたんですが、自分だけやってないのでなんか申し訳なくて。坂田さんの部屋で僕は大体飲んでいたんですけど、「今日は来ないで」と言われると、あ、今日は練習するんだなと。じゃあ同じく方言を話さない宇野祥平さんと二人で飲んでます…と(笑)」

kibaiyanse6

Q.祭りのシーンは役者のセリフはほとんどなく、役者の表情と音楽で描かれていますが、その演出はいつ決められたのでしょうか。

武監督
「シナリオを作っている段階からですね。祭りのシーンは挑戦でした。そんなもの観たことないし、観て面白いと思ってもらえるのか、それを面白くしなくてはと思った時にどうしたらいいのかなと。かなり音楽はこだわりました。行進とかパレードのようなイメージで作りました。なので今日の上映もシネスコサイズ(横長サイズ)でやってもらったんです。歩むということをテーマに捉えたんですが、それに観た方が乗っかってくれるかどうかは我々の腕次第で。『嘘八百』もそうですが、茶碗を作るという行為が果たして面白いのかと。それは映画にすると面白いんじゃないのかなと思っていて。つまり普段面白くないものが映画になると面白くなるということを証明しない限り我々がやっている仕事の価値はない。普段面白いものは映画にすると面白くないことに気づいてますし、そこの辺りが勝負ですよね。毎回毎回お題が大変で、どうしたらいいんだ?って最初は悩むんですけど、逆にやる価値がある仕事なんだと。映画というのはこういうものだと思ってやってます」

 

映画『きばいやんせ!私』http://kibaiyanse.net/ は現在全国公開中。
東海地区ではセンチュリーシネマで上映中。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

MKE7_15 1
みてくれたっていいじゃない!第7回MKE映画祭レポート

第7回MKE映画祭が6月8日、岐阜県図書館多目的ホールで開かれた。 選考で選ばれ ...

jimoto8 2
地元ピース!岐阜上映は超満席!!

映画『地元ピース!』の岐阜上映会が6月9日岐阜・柳ヶ瀬のCINEXで行われた。 ...

IMG_20190526_124410 3
映画『嵐電』鈴木卓爾監督&キャストインタビュー

先日舞台挨拶レポートをお届けした映画『嵐電』。 鈴木卓爾監督と川本明輝尾役の福本 ...

koria1 4
名古屋開催は今年で10回目!『花開くコリア・アニメーション』

「花開くコリア・アニメーション2019+アジア」の名古屋での上映が7月6日、7日 ...

dance1 5
一人で踊るダンスの出来栄えは?映画『1人のダンス』安楽涼監督インタビュー(Mirageなお客様⑧)

毎年音楽と映画でタッグを組み制作されているMOOSIC LAB2018短編部門で ...

peer7 6
『ピア~まちをつなぐもの~』細田善彦さん、松本若菜さん登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『ピア~まちをつなぐもの~』の公開記念舞台挨拶が6月1日名古屋シネマスコーレ ...

ani1 7
40年という時代を超えて。時は動き出す(映画『兄消える』)

兄弟というのは愛すべき肉親である。弟にとって兄は一番身近な人生の先輩であり、見本 ...

MKE7tops 8
岐阜で今年も短編映画上映!MKE映画祭

今年もMKE映画祭が6月8日に開催される。 MKE映画祭は7回目。 M(見て)K ...

randen3 9
映画『嵐電』名古屋舞台挨拶レポート

映画『嵐電』の公開記念舞台挨拶が5月26日名古屋・名演小劇場で行われた。 登壇し ...

jimoto4 10
役者の出身地で作るオムニバス映画『地元ピース!』上映会のお知らせ 『柳ケ瀬ダンジョン』撮影レポート

岐阜市柳ケ瀬。 昭和の時代、この柳ケ瀬は多くの人でにぎわった。 美川憲一が歌う『 ...

musashi1€ 11
己の信じる道を行く 映画『武蔵-むさし-』三上康雄監督インタビュー

『蠢動―しゅんどう―』から6年。リアルな演出と、徹底的なこだわりで時代劇の熱や美 ...

baaba6 12
寺田心くん、地元凱旋!(映画『ばあばは、だいじょうぶ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『ばあばは、だいじょうぶ』の公開記念舞台挨拶が5月18日イオンシネマ名古屋茶 ...

pia 13
人と人とが協力する在宅医療の現場を描く(映画『ピア まちをつなぐもの』)

様々な場所で劇場公開され、上映会としても800カ所以上で上映されている介護従事者 ...

©2019 KAMPAI! SAKE SISTERS PRODUCTION COMMITTEE 14
女性が活躍する日本酒の世界(映画『カンパイ!日本酒に恋した女たち』)

二十歳になった直後、苦いお酒が飲めなくてカクテルや梅酒、杏露酒など甘いお酒ばかり ...

baaba2 15
寺田心くんの熱演が光る!新たな角度から認知症を描いた作品(映画『ばあばは、だいじょうぶ』)

ものを忘れてしまう病気(認知症)で物忘れが多くなり、出来ていたことが出来なくなっ ...

sorokin 16
映画『ソローキンの見た桜』岐阜 大垣舞台挨拶レポート

映画『ソローキンの見た桜』の公開記念舞台挨拶が岐阜・コロナシネマワールド大垣で4 ...

namonri1 17
地方で働こう-趣味も仕事も充実させる働き方-(映画『波乗りオフィスへようこそ』)

日本は今、自分の時間、生き方を重視する方向へと進み始めている。だが、なかなか自分 ...

centerline1 18
じわじわきているインディーズ映画2本が名古屋で同時上映中!『センターライン』『さらば大戦士トゥギャザーV』初日イベントレポート

映画『さらば大戦士トゥギャザーV』、『センターライン』の名古屋上映が名駅のシネマ ...

place1 19
欲望と欲望が交差するカフェ ザ・プレイス(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)

人は誰でも欲望を持つ。今までに叶わなかった欲望も沢山あるだろう。もし、「これをす ...

55443345_2189956214435052_3257495925353873408_o 20
来週いよいよロードショー・映画『センターライン』吉見茉莉奈さんインタビュー

Cafe mirageが推し続けている映画『センターライン』。 昨年の完成披露か ...

kibaiyanse7 21
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 22
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 23
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 24
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 25
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 26
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 27
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 28
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 29
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 30
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 31
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 32
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 33
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 34
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

35
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 36
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...