Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

jyu3

Entertainment

銃に魅せられて(映画『銃』舞台挨拶レポート&武正晴監督、奥山和由プロデューサーインタビュー)

これは偶然銃を見つけてしまった男の話。

これは銃に見つけられてしまった男の話。

つまらない人生がつまらなくなくなるのはちょっとしたきっかけだ。

トオルのきっかけは銃だった。

銃を持っていることで妙な自信や優越感が感じられる。いつでも撃てるのに撃たない。その理性を保っている自分がまた面白くさえ感じられる。

撃ってしまったらどうなるのか?その興味との闘いに果たして彼は勝てるのか?

愛知県東海市出身の小説家中村文則氏のデビュー作『銃』を愛知県知多市出身の武正晴監督が実写化。

11月7日、名古屋・伏見ミリオン座で開催された試写会の舞台挨拶に武正晴監督、奥山和由プロデューサー、トースト女役の日南響子さんが登壇。終了後には武正晴監督と奥山和由プロデューサーにインタビュー。舞台挨拶の一部とインタビューをお届けする。

【舞台挨拶レポート】

Q.映画化したきっかけは?

奥山プロデューサー
「4、5年前精神的に落ちている時があったんです。その時に何か本を読もうかなと思って手にしたのが中村文則さんの本で。あの表紙がよかった。読んだらぐーっと主人公の気持ちに入ってしまったんです。3年前の東京国際映画祭のレッドカーペットを歩いていた時に虹郎が「あ、奥山さんでしょ?」という感じのタメ口を聞いてきて。あ、こいつが主人公だと思いました(笑)。武監督でやったら絶対にいい作品になると確信して、武さんに電話したら「向こう2年埋まってますよ、忙しいんです」と返事が返って来たんです。「いや1本ぐらい企画が飛ぶから、飛んだら連絡して」と伝えたら翌日電話がかかってきて(笑)」

武監督
「本当に翌日企画が飛びました。誰かの仕業じゃないかと思いましたけど(笑)」

奥山プロデューサー
「『銃』っていうタイトルですと伝えたらちょうど本屋にいたみたいで原作を探してくれたんです」

武監督
「そこで『銃』を拾っちゃったんですよね(笑)」

奥山プロデューサー
「2、3週間しか空いてないということだったんですがやっちゃいましょうと。それからキャスティングでリリー・フランキーさんも決まって最後にオーディションで日南響子さんというすばらしい方が決まって。本人がいるからそんなことを言っているわけではないんです。中村文則さんも最初の試写を観て作品の中で一番いいのは日南さんだとおっしゃっていました。日南さんの演技は想像を絶するんですよ」

Q.トースト女(トの女)を演じる上で気を付けたことは?

日南さん
「私の撮影日数は1日か2日で、自分の部屋の中で起こることの場面だけの出演なんです。訪ねてくるトオルの表情が変化していくところに立ち会っているというキーのような役柄でもあるので、トオルがどういうことを経てここへ来たのかをあまり知らない状態でやりたいなと思って。トオルを見たリアルな気持ちをテストや本番にぶつけていきました」

Q.思い出に残るシーンはどこですか?

武監督
「いいシーンはいっぱいあるんですけど、リリーさんには驚きました。噂には聞いていたんですが僕は初リリーで。僕もやっと経験出来て。リリー・フランキーさんって何者なんですかね。元々俳優さんじゃないじゃないですか。セリフがシナリオで8ページぐらいあるんですが、これ本当に覚えてきてくれるのかなって。なかなかリリーさん来ないし(笑)。リハーサルもちゃんと出来ない中でこれ普通の俳優でも出来ないのになと思うものをペロッとやっちゃうところが映画の見所でもあります。リリー・フランキーさん畏るべしっていう。お前もやっと経験したか初リリーと。それが業界で監督、俳優の中でも怪物リリー・フランキーと言われている所以で。カンヌ国際映画祭でも評判になっちゃいましたしね。そんな去年の夏の撮影です」

Q.日南さんがトースト女として、日南響子として主人公トオルのように銃を拾ったらどうしますか?

日南さん
「拾いますね。私は物を磨くのが好きでレザーとかを1日磨いていたりするので拾ったら、銃を磨くなあと。引き金を引くかはわからないですけどまず飾って眺めますね」

Q.村上虹郎さんは的確に主人公トオルを演じたと伺っていますが現場ではどんな感じだったんですか?

武監督
「まず中村さんが描いた小説の中のトオルという世界に僕らも虹郎もどっぷり支配されていっている感じで撮影中も苦しくて。演者達が飲みこまれていく中でバランスを保っていくというのは日南さんもそうですが大変だったと思いますね」

日南さん
「撮影中、虹郎くんも入り込んでいるのでトースト女との関係性のまま、距離感のまま現場ではいました。1日の撮影の中でトオルが訪ねて来るという回想を重ねないといけなかったんです。その都度新鮮な気持ちでトオルの顔を見てどういう変化があったか感じないといけなかったので大変だったですけど毎回楽しかったですね」

左から奥山和由プロデューサー、武正晴監督、日南響子さん

左から奥山和由プロデューサー、武正晴監督、日南響子さん

【武正晴監督、奥山和由プロデューサーインタビュー】

あの時代を知っている、同じ現場で生きていた武監督に

Q.奥山さんは原作を気に入って武監督にオファーされましたが、武監督にどんな要望を出されたんでしょうか?

奥山プロデューサー
「昔、『SCORE』という映画があって。予算がなくて地獄の行軍と思えるような現場を支えてくれたのがその当時チーフ助監督の武さんで。凄く難しい石井隆監督で『GONIN』を作った時もあの時代にあんな内容の作品を作るって狂気の沙汰だったんですが、そこをまた支えてくれたのも武さんで。きらきら青春ものが主流の今の時代に自分の精神状態も含めて原作にぐーっとのめり込んで、映画化したいと思った時にあの時代を思い出すところがあって。武さんの顔が通過していくんです。武さんがやってくれるのなら何も言わずにお任せしようと思っていました。それは阿吽の呼吸のような感じで。僕らは話すというところでのコミュニケーション量は少ないですが、プロデューサーというのは映画の中で一種人柱みたいなところもあって、片やチーフ助監督も立ち位置が違うにしても人柱みたいなところがあって合い通ずる共有感覚がある中では何を語っても野暮臭い。渋谷ヒカリエの一階のちょっと椅子が置いてあるところで「武さん、なんか要望はありますか?」と聞いたら「銃のリアリティとモノクロでやりたいんですけどダメですか?」と返ってきたんですが、「ダメじゃないです。ベストです」と。通常この業界だとモノクロ作品は集客できないと言われているんですが、集客はできなくてもいいからいいものを撮ってくださいとお願いしました」

武監督
「『SCORE』や『GONIN』というのは自分達が修行していた助監督時代の中で一番映画の楽しさが詰まった時代で。特に『SCORE』は苦しくてもう一回やれと言われても出来ないんですけど若い青春のMAXの頃で。お前らやれるもんならやってみろというような最高のものを経験させてもらったんです。『GONIN』は役者も素晴らしい、スタッフも素晴らしい。内容も監督も修行時代には刺激になる作品を与えてもらったと思っていて。助監督時代に蓄えたものをこの作品にぶつけることが出来たと思っています。助監督をやっていなければこの映画を僕は作れていません。小説の中にあった一行が"銃を撃ったら世界が変わる"。そして刑事が人を殺すとどうなるかとトオルに話すあの感じはどうしたら伝わるのかなと。そこが小説の核だと僕は読んで思ったんです。フィルムノワールがこれで作れるなと思って。カラーでやるにしても色を落とした状態でやりたいと思っていました。そのときはまだシナリオもなくて小説を読んだイメージだけだったんです。煙草の煙が沸き立つような感じとかラストに向かってカッコいいかなと奥山さんに思いを伝えたら「それでいきましょう。でももうシナリオも書いちゃいましたよ」って言われて。しかも「初稿の脚本を撮影稿にブラッシュアップするという作業ももうやっちゃいましょう」って言われてえっと思いましたが(笑)」

原作の世界観を失わないそのために

Q.中村文則さん原作の作品を映像化することでの苦労はありましたか?

武監督
「原作が素晴らしいので原作の世界観を壊さないようにするというのはかなりのプレッシャーですよね。奥山さんからも原作寄りに考えてもらった方がいいと伺っていましたし、中村さんが大事にされている作品だということも知っていました。この小説が映画化されていなかったことにも意味があると思いましたし、それを映画化するのは生半可なものじゃいけないなと思って。自分のやりたいということよりも、中村さんの世界観にどうやって自分が入り込んでいくか。その苦しさがありました」

奥山プロデューサー
「武さんにそこを目指してもらったのでうまく噛み合ったというか。中村さんご自身がおっしゃっていたんですが、『銃』は累計部数でいうと断トツに売れていてアメリカの中でもウォールストリートベスト10というのがあるんですが、日本の作品で唯一それに入った作品なんだそうです。銃社会のアメリカでこの作品が入っていて海外でも非常に売れている。原作の中でもファンの数が圧倒的に多い作品なので映画化するのもいい加減な作り方では出来ないと。中村さんの作品の脚本は本当に難しい。その中でも『銃』は特に難しい。のめり込んでこっちが脚本化するとしても中村さんは純然たる文学者だから『火-Hee-』を桃井かおり監督でやった時も感じたんですが、演出する人が真髄の部分を掴めるかにかかっている。脚本は実は沢山あったんですがダメで、じゃあ原作に一度べたっと沿った形でトレースするように書いて欲しいと宍戸英紀さんには頼んで、武さんが掴んでいるこの小説から感じる肝心なところはどのように直してもらってもいいと伝えたら武さんは素晴らしい形で直して。中村さんも「自分でこんな簡単にOKするとは思ってなかった。本当にストンと入ってきた。武さんから言われる一言一言が腑に落ちた」と言われて全幅の信頼を置いていただけましたね」

Q.映像もそうなんですが音にもこだわりがあると感じました。音の大きさや出すタイミングなども細かく設定されたんでしょうか?

武監督
「音の部分での不満が日本の映画にあって。それは技術者の問題ではなく演出だと思うんですが、そういうところにこだわって作りたい、サウンドデザインをもう一度一からやって日本映画を作りたいと思っていて、今回はそれを試せる作品になりました。サウンドデザインに関しては通常は撮り終わってから行いますが、今回は現場に入る前に音についての打合せもしていて、現場でどういう音を撮るか、どんな風に撮影していくかとかも考えて普段とは違う撮影スタイルをとりました。なのでダビングや仕上げにものすごく時間がかかりました。手強かったですね。それは一人称の小説を映像化するというところで主人公にまとわりつくカメラ、銃声を含めた音は日本の社会に対する人々の感覚というか、耳を遮断する人々への提示というか警告というか。そこを個人的にやりたいなと。電車の中で銃声が鳴った時に気がつく人が何人いるか。特に東京の地下鉄で何人いるか。そういうことを提示できたらいいなと思って音に関してはかなり細かくこだわりました」

奥山プロデューサー
「音楽も良かったですよね。ハマりましたよね」

武監督
「良かったですね。マイク・オールドフィールドの『エクソシスト』の音楽みたいなものが出来ないかと音楽担当の海田庄吾さんと話して。撮影前にあの音楽ができたので撮影中にかけるんですよ。そうすると撮影現場が妙な感じになる。役者もスタッフも。作品内でもステレオにCDを入れていつも聞いているという設定じゃないですか。なので観客は全ての曲が段々聞こえてくるわけです。それを現場でもかけながら虹郎が芝居をするんです。虹郎は撮影中あの部屋に住んでいましたから音楽を聞こうとするとあの音楽が聞こえてくるわけで(笑)。もう1曲は子どもの頃に聞いていたベートーベンの協奏曲の2曲を用意しておいて聞いてもらうという仕掛けをしました」

奥山プロデューサー
「何が良かったって東京国際映画祭での上映が終わって、役者がステージに舞台挨拶で立つときの音楽であの音楽がかかるんです。そうするとみんながあの気持ちにさっとなれるんですよ。観客のテンションがあがるのがわかるんです」

武監督
「映画音楽を作ろうぜと言うのが合言葉で海田さんは『百円の恋』でも音楽を担当してくださっていて。スタッフのチームワークもかなり出来上がっているんじゃないかなと思います」

思い通りのキャスティング

Q.役者さんの起用理由も聞かせていただきたいです。

武監督
「虹郎については奥山さんから聞いたときにいいなあと思っていて。ではあの刑事は誰がやるんだろうと思っていたら「リリー・フランキーどう思う?」と言われて。やってくれたらいいなと思いました。それが決まればヒロイン探しで。片っ端から候補を挙げていく中で僕は広瀬アリスさんがいいと言ったんです。年齢的にジャストですし、このヨシカワユウコをやるにはいいんじゃないかと思っていたらモノクロで撮ったらより良かったですね。芝居は上手いですし、キャラクターに合っていると思ったんです。難しいかなと思ったんですがすぐやってくれると返事があって。リリーさんはやるのかやらないのかと気を揉んだんですけど(笑)。新垣里沙さんについては隣の女というのはこういう元アイドルみたいな予想外な人が出てくるというイメージで。選考の時にいかにも子どもに手をあげそうな人っぽい人ばかりが挙がってきて。本当に幼い顔をしていてまさかそんな風に見えないような人が道端で子どもを叩いている姿を僕は見たことがあって。その時に彼女を思い出して。新垣さんが出ている舞台を観たことがあったんです。お願いしてやっていただいて良かったと思います。日南さんもオーディションなんですけど、このレベルぐらいの役者になってくると普通はみんながやりたがらない役なんですよ。それをやってくれるんですから。日南さんなんかもう清々しいです。朝になってコーヒーを入れる姿は台本で一行入れているだけなんですけど入れて良かったなと思える神々しいフォルムで。みんな驚くと思います。後込みして断られる役なので、だからこそみんなに観て欲しい。こういう俳優がいるからこそ作品が出来上がるんです。キャスティングはここまで上手く行くことないなと思うほどやってもらいたい人にお願いできました」

Q.岡山天音さんははじめ岡山さんとは気がつきませんでした

武監督
「観た方に結構そう言われます」

奥山プロデューサー
「本人は大人しそうな子なのにね」

武監督
「変わるんですよね。彼は虹郎と一緒ですけどこの10年で来ますね。僕はこの前も別の現場で一緒だったんですけど20代なのにここまで役作りをしてくるというか。いい人が本当にこの現場は揃いましたね」

奥山プロデューサー
「ジャルジャルの後藤さんもぴったりだったよね」

武監督
「頼り無さそうな警官っていうのがいそうな感じで。なかなか難しい役なんですけどよくやってくれました。僕は井筒組の『ヒーローショー』からご一緒していて。相方は何で俺じゃないの?って思ったかも知れませんが。会ったら言われそうで(笑)」

クライマックスはスタッフも集中度MAX

Q.現場の雰囲気はどんな感じだったんでしょうか?

武監督
「最後の電車のシーンだけは緊迫感がありましたね。シーンの内容上よく許可してもらえたなとは思うんですが、電車会社さんからはこの時間でとお願いされて。ロケハンの時にAV現場の痴漢電車のセットでと言われて一時間ぐらい悩みましたよ。ここでどう撮るんだと。でもやっぱりダメでNOと言いました。多分そのロケハンが一番緊張感がありました(笑)。この監督は何て言うんだろうと。NOと言った時みんなホッとしてましたよ。あの時ここでやるって言ったらスタッフは離れていったでしょうね。実際の電車を決められた時間で借りて撮影したのでスタッフも相当気合い入っていましたし、一番の見せ場なのでご飯も食べずに集中してやっていたんじゃないですかね。その日だけは僕もモニターを見てないですから。カメラの横でずっとよーいスタートをかけて役者とやっていた感じで、昔ながらの撮影方法になりました」

クライマックスの電車シーンがどんなシーンなのかが気になるところ。モノクロだからこそ出てくる味、武監督が最後までこだわった音を是非映画館で感じて欲しい。

映画『銃』http://thegunmovie.official-movie.com は
11月17日(土)よりテアトル新宿他で全国公開
東海地区では愛知・伏見ミリオン座、ミッドランドシネマ名古屋空港、イオンシネマ(名古屋茶屋、豊田KiTARA)、ユナイテッド・シネマ豊橋18、半田コロナシネマワールド、岐阜・大垣コロナシネマワールドで11月17日(土)より公開。

-Entertainment

おすすめの記事はこれ!

musashi1€ 1
己の信じる道を行く 映画『武蔵-むさし-』三上康雄監督インタビュー

『蠢動―しゅんどう―』から6年。リアルな演出と、徹底的なこだわりで時代劇の熱や美 ...

baaba6 2
寺田心くん、地元凱旋!(映画『ばあばは、だいじょうぶ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『ばあばは、だいじょうぶ』の公開記念舞台挨拶が5月18日イオンシネマ名古屋茶 ...

pia 3
人と人とが協力する在宅医療の現場を描く(映画『ピア まちをつなぐもの』)

様々な場所で劇場公開され、上映会としても800カ所以上で上映されている介護従事者 ...

©2019 KAMPAI! SAKE SISTERS PRODUCTION COMMITTEE 4
女性が活躍する日本酒の世界(映画『カンパイ!日本酒に恋した女たち』)

二十歳になった直後、苦いお酒が飲めなくてカクテルや梅酒、杏露酒など甘いお酒ばかり ...

baaba2 5
寺田心くんの熱演が光る!新たな角度から認知症を描いた作品(映画『ばあばは、だいじょうぶ』)

ものを忘れてしまう病気(認知症)で物忘れが多くなり、出来ていたことが出来なくなっ ...

sorokin 6
映画『ソローキンの見た桜』岐阜 大垣舞台挨拶レポート

映画『ソローキンの見た桜』の公開記念舞台挨拶が岐阜・コロナシネマワールド大垣で4 ...

namonri1 7
地方で働こう-趣味も仕事も充実させる働き方-(映画『波乗りオフィスへようこそ』)

日本は今、自分の時間、生き方を重視する方向へと進み始めている。だが、なかなか自分 ...

centerline1 8
じわじわきているインディーズ映画2本が名古屋で同時上映中!『センターライン』『さらば大戦士トゥギャザーV』初日イベントレポート

映画『さらば大戦士トゥギャザーV』、『センターライン』の名古屋上映が名駅のシネマ ...

place1 9
欲望と欲望が交差するカフェ ザ・プレイス(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)

人は誰でも欲望を持つ。今までに叶わなかった欲望も沢山あるだろう。もし、「これをす ...

55443345_2189956214435052_3257495925353873408_o 10
来週いよいよロードショー・映画『センターライン』吉見茉莉奈さんインタビュー

Cafe mirageが推し続けている映画『センターライン』。 昨年の完成披露か ...

kibaiyanse7 11
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 12
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 13
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 14
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 15
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 16
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 17
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 18
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 19
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 20
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 21
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 22
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 23
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 24
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

25
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 26
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...