Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

ozland2

Entertainment

夢があふれる遊園地で働くお仕事とは(映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』波瑠&西島秀俊インタビュー)

熊本にグリーンランドという大きな遊園地があることを知っていますか?
グリーンランドを舞台に新入社員が遊園地の業績をV字回復させた魔法使いのような先輩社員・小塚達と奮闘する映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』が10月26日から公開される。監督はアクション映画のイメージが強い波多野貴文、そして新入社員・波平にはドラマ『サバイバル・ウエディング』での好演が記憶に新しい波瑠、魔法使いと呼ばれる小塚には硬派な役柄のオファーが続く西島秀俊。ちょっと意外な組み合わせにも感じるがいやいやとてもいい組みあわせ。

大変だけど楽しい。仕事の醍醐味を感じることができる映画だ。
遊園地が舞台の撮影はどんな様子だったのか。
来名した波瑠さん、西島秀俊さんに伺った。

営業中のグリーンランドで職員とお客様に囲まれながら

Q.ロケ地が実際の遊園地で、ある意味職場体験的な感じの撮影になったのではないかと思いますが、役づくりはどんな感じでされたんでしょうか?実際にグリーンランドで働いている方と話したりされたんですか?

波瑠さん
「私の演じた波平は環境が変わって熊本のグリーンランドという地にやって来るという設定だったので私も実際置かれている状況は同じだなと思っていました。クランクインもさちことのシーンだったんです」

西島さん
「さちこというブタですね(笑)」

波瑠さん
「さちことかヤギを嫌々面倒見ているシーンから始まったのですごく自然に、物語が始まるように撮影が始められました。始めに会った小塚さんに圧倒されたり、『何、この変な人』と思ったりとかするのが撮影の最初の方で出来て、徐々に自然に入って行けた感じです。撮影の支度のために借りていたお部屋がグリーンランドの職員の皆さんのオフィスだったんです。部屋のドアを開けるとデスクが並んでいて働いている皆さんを側で感じられる環境で、お客様の前にいないバックヤードのグリーンランドの職員の皆さんを毎日見ながら過ごせたのは大きかったですね」

西島さん
「僕の役はモデルの方がいらっしゃって。こんな変なおじさんじゃないんですよ(笑)。ちょっと変わったキャラクターで役作りしてしまったんですが、実際にお会いしたらすごい男前のエネルギッシュな方で全然違ったなと思って反省してるんですけど、その方にお話をお聞きしたりしました。電気担当のおじさんが『これ、俺の帽子なんだよ』と言って自分で帽子に電飾をつけてピカピカ光らせていたりとか、かなりユニークな方がグリーンランドにはいます。作品の中で園長役の柄本明さんが『ゴミはお客様が楽しんでくださった証だから』と言って嬉しそうに掃除するシーンがありますが、実際の園長さんも真っ黒に日焼けして麦わら帽子をかぶって同じことを言って掃除されていますし、岡山天音君が演じた役のモデルの方もいらっしゃいます。実在している方々とお話ししながら役を作っていきました。実在するモデルの方と話すと職員をつなぐレシーバーのイヤホンの中で涙と笑いのいろんなエピソードがあって、お客様を楽しませる分、裏方はものすごく大変なことをされているとわかるんです」

Q.特に印象に残っていることは?

波瑠さん
「暑かったです。去年の8月下旬に撮影したので本当に夏休みで、実際にお客様もいらっしゃいました。そんな中で撮影したんですが、一番暑くて大変なのは冒頭のヒーローショーのシーンでした。というのもそんなに長いシーンではないはずなのにカット割りが多いのもあって朝から日没前までかかったんです。エキストラさんも頑張っていただいていましたが、朝のシーンのはずなのに気がついたら西日がさしてると思いながら撮影しました。スーツアクターさんも大変だったと思いますし、スタッフさんは翌日見たらTシャツのラインがはっきりわかるほど日焼けしていて。暑かったです」

西島さん
「グリーンランドの独特の温かい感じがあって。撮影が終わると『乗ってきなよ』と職員さんに声をかけていただいて丘の上からアトラクションのカートで降りていったり、カメラマンさんがカメラを持ちながらリフトで降りていったり、かわいいバスでみんなで移動していたりとか。来場している地元のお客様も撮影が終わるのを待っててくださったり、エキストラの皆さんも撮影に協力してくださって。皆さんと映画が作れたのが印象深いですし、幸せでした。温かくて不思議な遊園地なのでぜひ皆さんも行ってみてください」

 

初共演のお互いの印象

Q.今回初共演ですが、お互いの会う前のイメージと会った後のイメージを教えてください。

波瑠さん
「本当にはじめましてでテレビ局や撮影所でお見かけしたこともなかったんです。衣装合わせが初対面だったんですが、それまではテレビや映画、雑誌での姿しか拝見していなかったので気難しいというイメージがすごいあったんです」

西島さん
「みんなは気難しいとは思ってないと思うんだけど。いや思ってるかも知れないけど(笑)」

波瑠さん
「とびっきり気難しいというわけではなくキャリアがあるちゃんと仕事をしてきた男性だからこそある…。なんていうんですかね?気難しさ?(笑)」

西島さん
「全然変わってないじゃない(笑)」

波瑠さん
「そんなにいろんなお話は出来ないんじゃないかというイメージがあったんですけど実際に熊本で撮影が始まったらそのイメージはひっくり返りました。真摯に役に向き合っていらっしゃって、それでいてすごい親しみやすさ、を感じる。人間味を感じる。お芝居でもコミュニケーションが取れる方で台詞を聞いてくださるし、見ていてくださるし。安心感がある方だなと思いました」

西島さん
「波瑠さんは実際こういう人なんですよ。なんか面白いことばっかり考えて(笑)。もしかしたら会う前はイメージが違ったかもしれないんですが、実際会うと掘れば掘る程面白い。この人の面白さをもっと世に伝えたいですね」

波瑠さん
「もっといいこと言ってください(笑)。自然体で飾らない人柄とか」

西島さん
「そうそう。自然体でとっても飾らない人柄なんです(笑)。すごく内面に豊かな大きなものがたくさんあって脳内が面白いことでたくさん膨らんでいる人です。表ではすっとしてるんだけど、今絶対心の中で笑ってるよねとか、面白いこと考えてるよねというのが段々わかってくる。そういう人ですね」

Q.キャストとの交流はあったんですか?

西島さん
「同じホテルに宿泊していたので夜は結構飲みに行きました。波瑠さんも来てくださって。撮影とは関係ない話をいっぱいしていました。グリーンランドは夏は花火をやっていて本当に短時間で通常の倍の花火を打ち上げるのですごくきれいでみんなで観に行ってました」

Q.作品内でもグリーンランドの先輩が沢山いますが、今まで共演した方の中で影響を受けた方はいらっしゃいますか?

波瑠さん
「色んな現場で色んな方と共演させて頂いてどの場所でも何かしらもらっているんだと思います。私が今まで出会った先輩方とは芝居を自由にやらせていただけたんです。だからあの方の芝居をよく見ておこうって逆に思いました。そういう姿や佇まいに教わる部分が多くてちょっとずつ、沢山もらっています。それは役者さんだけでなく技術スタッフさんだったりもします。役者って特殊だと思うんです。その特殊な世界の中でどこまでも普通が出来なければいけないので、色んな方を見て勉強します。撮影の中で言えば橋本愛さんです。私より年下なんですが、存在感があって、橋本さんなりのお芝居の解釈があって、そういう風に演じられるんだって新鮮でした」

ozland5

西島さん
「今回いらっしゃる方だと柄本さんですね。柄本さんとはレンタルビデオショップでお会いしていて。『あれ観た?』『いえ、観てないです』みたいな立ち話はあったんですが、今回初めて台詞を合わせることになってものすごく緊張して。グリーンランドで挨拶に行ったら『何でいるの?』って言われて(笑)。台本に名前が書いてあるのでわかっていて冗談で言っているんですが。そういうところがいいんですよね。先日の舞台挨拶前にも映画の話で盛り上がって舞台に出るのが遅れるんじゃないかと思うくらいで(笑)。映画好きな方なので色んな話をしてくださいます。柄本さんって凄い方なんですけど、いつでも気さくで自然体で凄いなと思います」

ozland3

取材後、二人はミッドランドスクエアシネマでの先行上映の舞台挨拶にも登壇。一部をレポートする。

名古屋と言えば

Q.久しぶりの名古屋ですね。

波瑠さん
「名古屋には一昨年ドラマの撮影で3か月ほど滞在していまして、久しぶりに帰ってきて映画を皆さんに観ていただけるということでとても嬉しいです。今日はよろしくお願いいたします」

西島さん
「僕は名古屋にはよく舞台挨拶でお邪魔していて。今回も来てしまいました(笑)。皆さんにお会い出来て嬉しいです。今日は沢山話そうと思います。よろしくお願いします」

Q.名古屋の思い出は?

波瑠さん
「やはり美味しいものが沢山。今日もお昼にひつまぶしを戴いて。手羽先、味噌かつ、味噌煮込み。それと名古屋の地下街ですね。あれは感動します。地下にもう一つ街があるみたいで。結構好きで歩いていて気がついたら遠い所まで行っていたこともあります」

西島さん
「僕も手羽先好きですね。あと味仙とか。味仙は食べ物じゃないですが」

Q.作品の中には大きな観覧車が出てきます。名古屋にも観覧車があるのを波瑠さんご存知ですか?

波瑠さん
「もちろん。唐突な観覧車ですよね。街並みに突然現れる」

西島さん
「それ乗りたいですね。大きいですか?街中にあるんですね。ダメですか?」

波瑠さん
「いいんじゃないですか?この後にでも(笑)」

社会人一年生波平の思い

Q.波平の現実と理想のギャップを感じながら成長していく役ですが演じる上で意識されたことはありますか?

波瑠さん
「すごい波平はいい子なんです。演じながら私も応援したいと思っていて、今まで学生として勉強をきちんと頑張ってきたからこそ現実と理想のギャップがあって。社会に出たときは何もかも変わる。いろんな常識が今までとは違うという現実があると思うんですよね。だからダメだしとか先輩からの指示とかすごく嫌なことを言われているように波平は思うんですが、言われてしまう原因は波平の中にあるということをきちんと表現したいなと思っていまして。つまんないなという思いで撮影していたらなんかすごく不貞腐れた表情が映ってました(笑)。ズボンもみんなはワークパンツを履いているのに一人だけガウチョパンツをはいて"私東京から来ました"と考えている波平の意地を表現しました」

ozland6

Q.魔法使いと言われる小塚を演じた西島さんはずっと笑顔でしたよね?最近作品で笑顔見てないなあって思っていたんですが。

西島さん
「そんなことないですよ。結構笑ってる役やってますよね?」

波瑠さん
「…(笑)。『奥様(奥様は、取り扱い注意)』とか。」

西島さん
「やってた。最後公安だったけど(笑)」

グリーンランド広報担当の西島さん

Q.西島さんは映画では硬派な役が多かったんだと思いますが、今回小塚を演じてみていかがでしたか?

西島さん
「楽しかったんでしょうね。笑ってるなあって正直僕も思ったので。楽しかったんです。すごく。またグリーンランドの宣伝になっちゃうんですが、グリーンランドのアットホームな雰囲気がいいんです。アトラクションの数が日本一なんですよ。すごく広くて。ジェットコースターなんか数ありすぎて。プールの滑り台なんかめっちゃ高くて。あんなの乗れないよね」

波瑠さん
「何ですか?広報の方ですか?(笑)」

西島さん
「いや、色々グリーンランドは本当に面白いんですよ。アットホームな空気があってその感じが僕に作用して楽しい撮影になりました」

Q.波瑠さんが感じる小塚の良さはどんなところですか?

波瑠さん
「指導するんだけど、あれをやってこれを学びなさいと1から10まで口で言うのではなくて一旦預けてちゃんとやらせてみて失敗するところまで見届けてくれる上司というところが成長の助けになるのではないかと思います。全部教えてあげるというのは優しさだと思うんですけど一歩退いて受け止める準備だけして待っていてくれているような。大きさを感じますよね」

映画を観る皆様へ

西島さん
「なかなか癖のある魅力的なキャラクターが出てきますのでもしこのキャラクターに会いたいなと思ってくださったらまた劇場に来ていただけたらこんな嬉しいことはないです」

波瑠さん
「これから新社会人になって働いていく皆さんには特に色んな気付きがある映画なのではないかと思います。お仕事でも日常の生活でも自分の見方や考え方で見える社会が一気に変わるという経験を物語の中できっと波平はしていますので自分もこういう風に働きたいなと思ってくれたら嬉しいです。素敵なキャラクターがたくさんいます。また会いたいなと思ったらグリーンランドにも足を運んでみてください」

 

映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』http://ozland.jp は
10月26日(金)より109シネマズ名古屋他で全国公開。

メイク:今井貴子[波瑠さん]、亀田雅(The VOICE)[西島さん]
スタイリスト:黒崎彩[波瑠さん]、TAKAFUMI KAWASAKI(MILD))[西島さん]

 

-Entertainment

おすすめの記事はこれ!

1
僕らのヴィレヴァンが映画になる!遊べる本屋でサブカル・ウォーズ?(映画『リトル・サブカル・ウォーズ~ヴィレヴァン!の逆襲~』)

名古屋が生んだ、遊べる本屋「ヴィレッジヴァンガード」。本屋に来たのか?雑貨屋に来 ...

namo7 2
名古屋を舞台に3兄弟の数奇な運命を描く『名も無い日』公開決定!名古屋の映画を応援するチケットも発売決定!

熱田神宮での記者発表から2年。いよいよ名古屋で撮影された作品が公開されることが決 ...

ninzuu1 3
欲望が満たされる町の秘密とは?(映画『人数の町』予告映像、ビジュアル解禁)

河瀨直美監督(河瀨の瀨は瀬の旧字体)を審査員長に迎え、2017年に発表された第1 ...

kodera1 4
のぼる姿が美しい小寺さん(映画『のぼる小寺さん』)

自分のすぐ近くで輝いている人はどんな人? 卓球部の近藤が惹かれたのはただただ上を ...

kimigairu5 5
痛みと共に生きていく(映画『君がいる、いた、そんな時。』迫田公介監督舞台挨拶レポート)

日本人とフィリピン人のハーフというだけでいじめられる正哉、給食時間の空気が読めな ...

Die Familien Strelzyk und Wetzel starten den Ballon - Peter Strelzyk (Friedrich Mücke, l.), Doris Strelzyk (Karoline Schuch, r.) und Andreas Strelzyk (Tilman Döbler) 6
気球に乗って国境の壁をこえろ(映画『バルーン 奇蹟の脱出飛行』)

ドイツという国も戦争で翻弄された国の一つだ。東西冷戦の中、ドイツは共産主義の東ド ...

itidomo1 7
伝説の殺し屋、最大の危機!?石橋蓮司が魅せる表と裏の顔(映画『一度も撃ってません』)

石橋蓮司という役者を知ったのはいつの頃なのかもう覚えていない。時代劇や2時間ドラ ...

20190406201104_IMG_0771 8
東海地区の映画館、劇場を応援しよう(応援方法まとめ)

東海地区の映画館、劇場を応援しよう(応援方法まとめ)新型コロナウイルス感染防止の ...

hanamuko encore1 9
国際結婚家族に移住計画勃発?(映画『最高の花婿 アンコール』)

結婚とは結婚する二人だけの話ではない。 二人のそれぞれの家族が大きく関わってくる ...

renren (5) 10
涼夏のここが今ツボ⑦ MIRAGE THEATRE Vol.0 映画『恋恋豆花』名古屋公開前夜祭トーク&ライブによせて

MIRAGE THEATRE VOL.0 映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』ト ...

carenin2_1 11
よりよい一日を目指して(映画『ケアニン~こころに咲く花~』)

介護福祉士・大森圭が帰ってきた。2017年の公開から日本全国で上映が続いている『 ...

biglittle5 12
ここは地球に愛される農場(映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』)

自分達で一から作る生活というのは軌道に乗るまでがとても大変だ。 「自然と共存する ...

yamanaka5 13
今だからずっと温めてきたこの映画を撮りたい(映画『山中静夫氏の尊厳死』村橋明郎監督インタビュー)

自分に残された時間があとわずかと知ったらあなたは残りの人生をどう生きるだろうか。 ...

20200307145335_IMG_2835_ 14
映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋公開初日舞台挨拶が3月7日、名古屋・名 ...

kessan3 15
第37回CINEX映画塾『決算!忠臣蔵』中村義洋監督トークレポート

中村義洋監督が岐阜大学病院をロケ地に撮影した2009年の『ジェネラル・ルージュの ...

rerendoufa1 16
台湾の旅は美味しい出会いの旅(映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』)

名古屋から飛行機で約3時間。 日本語がかなり通じる異文化都市・台湾は一度は行って ...

1581834114678 17
涼夏のここが今ツボ⑥ 星能豊がつなげる映画の縁ー特集上映『星能豊 retrospective』ー

私は星能豊のことを今回のイベントチラシにこう書いた。 現場で会った時とスクリーン ...

rerentoufa 18
MIRAGE THEATRE vol.0  映画『恋恋豆花』名演小劇場上映前夜祭!洸美・ミニライブ&今関あきよし監督トークショー 開催決定!

Cafe mirageが今年岐阜柳ケ瀬のカフェ星時とタッグを組んでお送りする企画 ...

goon1 19
Go on 人生は続いていく(映画『轟音』)

片山享という人の作品と出会ったのは2018年のはままつ映画祭だった。 彼の故郷福 ...

hitoyo3 20
第36回CINEX映画塾『ひとよ』白石和彌監督トークレポート

あの日がなければ人生が変わっていたかもしれない、あの日があったから今がある。 そ ...

maeda1 21
我らのブルーオーシャンを開拓せよ!(映画『前田建設ファンタジー営業部』)

永井豪氏原作のアニメ「マジンガーZ」の出撃シーンで登場する地下格納庫兼プールを、 ...

kaze3 22
風は思いを乗せて(映画『風の電話』モトーラ世理奈さん、諏訪敦彦監督インタビュー)

岩手県大槌町のガーデンデザイナーがもう一度死別した従兄弟と話したいと願って自身の ...

his7 23
演じたことで変化する自らの感覚(映画『his』名古屋先行上映舞台挨拶レポート)

昨年『愛がなんだ』が大ヒットし、2020年も監督作が続けて公開される今泉力哉監督 ...

okazaki_main 24
鏡が映す4つの恋愛模様(映画『おかざき恋愛四鏡』)

愛知県岡崎市で撮影された『おかざき恋愛四鏡』が岡崎での先行公開を経ていよいよ1月 ...

midori1 25
「待ってください。ちょっと停めただけじゃない!」「いいえダメです」(映画『ミドリムシの夢』)

ミドリムシとは皆さん、なんのことかご存じだろうか。 普通はユーグレナのことだが今 ...

FF20180522_Stills0219.jpg 26
漁師達のコーラスグループがメジャーデビュー!?(映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』)

歌が巧いというのは音程が取れるという意味もあるが、それよりも歌をいかに自分のもの ...

theater__d_omote 27
『MIRAGE THEATRE』上映作品募集開始!

  当サイトCafe mirageは2019年に『MIRAGE THE ...

DSC_0409 28
観る者の心をざわつかせる映画『MANRIKI』の引力とは?(名古屋舞台挨拶レポート)

映画『MANRIKI』の公開記念舞台挨拶が12月12日名古屋センチュリーシネマで ...

向こうの家 29
映画『向こうの家』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『向こうの家』の初日舞台挨拶が12月7日名古屋シネマテークで行われた。 『向 ...

CH1 30
3度目の実写シティーハンター、出来栄えは?(『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』)

29日公開『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は北条司 ...

itukano7 31
第35回CINEX映画塾『いつかのふたり』トークレポート

第35回CINEX映画塾が11月9日岐阜CINEXで開催された。 作品は『いつか ...

inoti2 32
新たな夢は動物園に(映画『いのちスケッチ』)

夢を追っていても、叶えられない人は沢山いる。自身の夢をあきらめることは悔しいが、 ...

IMG_20191111_080319 33
金沢の夜がアツい!ROJIURAシネマ鑑賞レポート(涼夏のこれが今ツボ⑤)

「ROJIURA CINEMA」を観に金沢に出かけた。 岐阜からは特急しらさぎで ...

左:中川龍太郎監督 右:松本穂香さん 34
映画『わたしは光をにぎっている』松本穂香さん、中川龍太郎監督インタビュー

CMや様々なジャンルの映画に多数出演し、注目を集める松本穂香を主演に迎え、中川龍 ...

kagehumi1 35
『月とキャベツ』の縁から生まれた新たな山崎まさよし×篠原哲雄監督作品(映画『影踏み』篠原哲雄監督インタビュー)

映画『月とキャベツ』を毎年上映している映画祭がある。群馬県中之条町で開催される伊 ...

GARO_GEKKOU_0 36
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』名古屋舞台挨拶レポート&中山麻聖さん、雨宮慶太監督、勇翔さん(BOYS AND MEN)インタビュー

『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』の公開記念舞台挨拶が10月6日109シネマズ名 ...

sousiki1 37
友よ、皆に送られて安らかに逝け(映画『葬式の名人』)

『おくりびと』以降、逝く人を見送る職業の人々を描く映画は沢山作られており、今回も ...

mukounoie1 38
僕の知らないもう一つの森田家(映画『向こうの家』西川監督インタビュー追加)

食卓というのは家族の雰囲気がわかる場所だ。 家族四人で朝ご飯を囲む、幸せな家庭に ...

jimoto8 39
地元ピース!岐阜上映は超満席!!

映画『地元ピース!』の岐阜上映会が6月9日岐阜・柳ヶ瀬のCINEXで行われた。 ...