Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie

映画『リングサイド・ストーリー』武正晴監督インタビュー

リングの上の景色を見る人とリングの下からその人を見つめる人がいる。
あなたはどちらの人に共感するだろう。
映画『リングサイド・ストーリー』を観るとそれがわかるかも知れない。

『リングサイド・ストーリー』あらすじ

レッドカーペットを歩く役者になるという夢を信じて
自分の気に入る仕事が来るのを待ち続ける売れない役者ヒデオ(瑛太)。
ヒデオを信じて10年付き合い、家計を支える同棲相手のカナコ(佐藤江梨子)。
カナコが仕事を辞めたことを知ったヒデオは
プロレス団体の求人募集を見つけてカナコに就職先をアシストする。
プロレス団体で働くことになったカナコは毎日が多忙になっていく。
ヒデオはそんなカナコが浮気しているのではないかと妄想が膨らみ、
とんでもない事件を起こしてしまう。
そして、事件のケリをつけるため、K-1のリングで戦うことになるのだが…。

「自分はビックになれる」と思っているヒデオの全く根拠のないその確信が好きだ。
女性から見ればダメダメ男だが信じ続けられるその心の強さが好きだ。
そしてあきれながらもヒデオを信じるカナコのたくましさと優しさ。
プロレスの話もK-1の話もあるがこれはヒデオとカナコ二人の物語。

 

9月8日武正晴監督が来名。インタビューを行った。

『百円の恋』の次の新作

Q.作品を作った経緯を教えてください

武監督
『百円の恋』に比べれば、生みの苦しみのない作品でした。
去年の4月に『イン・ザ・ヒーロー』でもご一緒した
プロデューサーの李鳳宇(り・ぼんう)さんから格闘技団体のK-1、
プロレス団体のWRESTLE-1(レッスルワン)という団体や所属している人と共に
映画を撮れないかという話をいただきました。
『百円の恋』でボクシングの映画を撮ったので「またか!」とは思ったのですが
非常に難しい、だけど自由にできる、オリジナルの設定でできるので
何かできないかなあという感じで作り始めました。そんな話からスタートして
8月には撮影をしていました。
提案された企画をどういうストーリーにしようかなと考えた時に格闘家を主人公にするよりは
「バックヤード的な話にしたいね。」という雑談から始まりました。

 

自分の夢をかなえるために恋人を働かせる男の話

武監督
その雑談の中で『百円の恋』のシナリオライターの足立紳の話をしました。
昔、足立さんの奥さんがプロレス団体で働いていたことがあるんですと。
結婚する前、奥さんと同棲しているときに仕事がなくて家でごろごろしていたら
奥さんの仕事がなくなってしまって足立さんは自分の仕事は探さずに
奥さんの仕事を探したそうです。(笑)
シナリオライターの仕事が来ないなら誰かに食べさせてもらわないといけない
という考えだったようでプロレス好きな足立さんはプロレス雑誌の中から
社員募集の広告を見つけて奥さんにこれを受けなさいと積極的に薦めて
合格してもらうためにプロレス団体へ熱のこもった
就職活動用の作品を書いたり、奥さんにプロレスをレクチャーしたりしたとか。
本人にはプロレスをタダで見られるかもしれないし、レスラーと仲良くできるかもしれない
という下心もあったみたいですが。(笑)

かなりの倍率の中から奥さんは受かったそうです。
でもそこで終わらないのが足立さんの面白いところなんです。
奥さんの仕事がとても忙しくなって家にも遅くにしか帰ってこないし、
巡業に行くと数日帰ってこなくなって、一人で家で過ごすうちに寂しくて嫉妬に狂って
奥さんがレスラーと浮気しているんじゃないかと思いはじめて。
その話は以前聞かされていましたが、浮気相手だと妄想したレスラーの悪口を
ネット上で書いたりしていたことは、僕もこの間の取材で知りました (笑)。

そういう話を李さんにしたらすごく喜んでくれて。
この話を始まりにしてシナリオを構築し始めました。
足立さんに書いてもらえばよかったのですが、
足立さん自身が監督した作品『14の夜』の撮影と重なっていたので
足立さんのこともよく知っている横幕智裕(よこまく・ともひろ)さんを李さんが紹介してくれて
書いてもらうことになりました。

監督業も忙しかった足立紳さんが、劇中のリングのサイドにいて
声を出して盛り上がっているので確認してほしいです。

リングのサイドを描きたい

Q.プロレスやK-1には詳しかったのですか。
武監督
僕はプロレスが好きな世代です。製作するにあたって
新しくなったK-1とかWRESTLE-1を見に行ったり、
レスラーの生活も見せてもらいました。

プロレスやK-1の現場にはいろんな経歴を持っている方がいます。
サトエリ(佐藤江梨子)さんが「あなたをスポットライトにあてたかったのよ。」と思える人たち。
そういう人たちを登場人物としてシナリオに取り込みました。
ただ、まず主人公をどういう風に描くかが重要でした。

始めは佐藤さんが演じたカナコが知らない世界を垣間見るという話を考えていたんですが
彼氏役のヒデオという人物を作り出したらとてつもなく傑作な男になっていって。
傑作な男をちゃんと作ろうとしたら二人の関係はきっちり描かないといけないなと思いました。
タイトルは『リングサイド・ストーリー』にはなっていますが
ふらふらしているカップルがどういう過程を進んでいくのかを
面白おかしく描けているとみなさんに感じていただければ嬉しいですね。

 

Q.ヒデオは誰をイメージして作られたのでしょうか。
武監督
話の出だし部分は足立さんですけど僕自身も含まれているんじゃないかなあと思います。
僕の周りも自分も含めてですが、ヒデオみたいな人間は多くて
ヒデオのことはダメな男に見えなくて、面白い男に見えてしまう。
僕達が逸脱することの面白さを求めてきてしまったせいもあるかもしれませんが。

ヒデオも足立さんもただ愉快な人だけど普通に暮らす女性から見ると
「なんでこの人と結婚しているんだろう?」「なんで一緒にいるんだろう?」
って思えるのではないでしょうか。
よその人から見られない何かを描きたかったのです。
瑛太さんもこの脚本にすごく乗ってくれました。
ヒデオの職業を役者にしたという事が大きかったと思うのですが
身の回りにいる俳優を見ていて、彼らの感覚からすると当たり前で
ダメだとかいう基準じゃなくて面白いとかまだ足りないとか。
そういうエピソードを結構入れています。

「分かる。」と思う人と「なんでこんなダメな男と?」と思う人と真っ二つに分かれるでしょうね。
ヒデオのことを「ダメだけど期待できませんか?この男。」と僕は思わせたくて。
足立紳じゃダメでも瑛太さんならそう思わせてくれると思うんです。

 

瑛太さんにはサトエリしかない。

Q.佐藤さんをキャスティングした理由を教えてください。
武監督
瑛太さんをヒデオ役に決めた時に、ヒデオと同等に立てる女性を考えました。
佐藤さんとお会いしたことが過去にあって、そのときの印象が
甘えさせてくれる、包容力もある女性のイメージで。
ぴったりだなと思い連絡しました。

 

胸に響く『消えぞこない』

Q.フラワーカンパニーズ(以降フラカン)の曲を起用した経緯を教えてください。
武監督
音楽は歌のある歌詞の入っている曲を使いたいねとプロデューサーとも話していて。
いろんなアーティストさんを紹介していただいたんですが
アルバム全体が『リングサイド・ストーリー』と精神世界でつながっていて、
曲を聞いたらフラカンさんがダントツでした。

「消えぞこない」という言葉は脚本を作っているときに気が付きませんでした。
曲の歌詞がこの映画そのものでした。
映像にはめてみたら尺もぴったり合って、音符一つずれずにはまったんです。
同じアルバムにある『くちびる』という曲も歌詞がシンクロしてこれは使いたいと思いました。
フラカンさんにお会いした時に『百円の恋』も好きだと言っていただけて
新曲『キャンバス』も提供してくださいました。
昨日大阪の映画館でお客さんと一緒にスクリーンで観て改めて
フラカンさんにかなり助けられたなと感じました。
フラカンさんの曲のおかげで全然自分たちが作った映画と違うものになったように思いました。
計算した訳ではなくすごく作品がよくなっているんですよ。
すごいエネルギーをいただきました。

映画を観た方が「歌のフレーズが残る。」と言ってくださるんです。
フラカンさんは名古屋出身ですし、僕と年代も近くて精神世界が近いのかなと思います。
(武監督は愛知県出身)
フラカンさんと仕事ができるなんて夢みたいでしたよ。
プロレスとK-1もそうですけど普段なら絶対に交じり合わない人たちが
交じり合うっていうのは映画の力じゃないかと思います。
先日の先行上映の舞台挨拶でプロレスの選手とK-1の選手が一緒に並んでいましたから。
足立さんの話から始まってフラカンさんと一緒に仕事ができるまでになるなんて
映画じゃないとできないんじゃないかと思います。

 

Q.作品を観る方へメッセージをお願いします。
武監督
『リングサイド・ストーリー』というタイトルがついてますから
リングの上の話かと思われるかもしれませんが
実はリングに上がっていく人たちを支える人たちの物語です。
その上で『カナコとヒデオ』というタイトルでもよかったぐらい二人の関係を描いています。
観終わった時に「映画って意外と面白いじゃん。」とか
「プロレスって面白いじゃない。」って言いながら
何かを始める人がいてくれたら嬉しいなと思います。

武正晴監督

武正晴監督

 

格闘技の世界の裏側もたくさん垣間見える。
地道な努力を重ねて「ハレ」の舞台に立つ男達の背中をずっと見てきた人達の物語。
『リングサイド・ストーリー』(http://ringside.jp/)は
10月14日(土)より新宿武蔵野館、渋谷シネパレス他全国公開。
東海地区では名古屋栄・センチュリーシネマ、ユナイテッドシネマ豊橋18にて公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

ala2022_5 1
アーラ映画祭2022レポート(映画『いとみち』横浜聡子監督トーク)

可児市文化創造センター アーラで毎年行わなれているアーラ映画祭が今年も11月5、 ...

watakano4 2
あの日、あの時の私。菜 葉 菜が4人の主人公を演じる短編映画集(映画『ワタシの中の彼女』)

こんなにコロナ禍が長く続くなんて2019年には考えてもいなかった。 2022年の ...

★IMG_0238 3
誰もが主役。名もなきエキストラとしての人生とは 監督集団「5月」(関友太郎監督、平瀬謙太朗監督、佐藤雅彦監督)インタビュー(映画『宮松と山下』)

東京藝術大学大学院映像研究科佐藤雅彦研究室を母体とした監督集団「5月」から生まれ ...

oishii 4
おいしい映画祭 12月2日~4日 名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催!

2022年12月2日(金)〜4日(日)の3日間、名古屋駅前ミッドランドスクエアシ ...

Print 5
11/20〜11/26 NAGOYA CINEMA Week2022 with SDGs 開催!

「映画」で心を動かそう 持続可能なまちづくりを目指す名古屋市を舞台に、映画をメイ ...

achira 6
寺島しのぶ×廣木隆一監督再び。瀬戸内寂聴の半生をモデルにした作品が映画化(映画『あちらにいる鬼』)

瀬戸内寂聴。作家でもあり、たくさんの人たちに僧侶として講話をしてきた彼女は202 ...

watashi 7
近くて遠い。だから苦手。でも母親。(映画『わたしのお母さん』)

切っても切れない関係・親と子。あなたは親のことを好きと言えるだろうか。 11月1 ...

tsuchi2 8
素朴でおいしい。そんな料理を一緒に食べられたら。(映画『土を喰らう十二ヵ月』)

料理研究家の土井善晴さんが映画に挑むことで公開前から話題になった映画『土を喰らう ...

syayou1 9
太宰治の名作が再び映画化(映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』)

太宰治。戦後、流星のごとく現れ、数々の傑作小説を生み出し早逝した天才作家である。 ...

kyuri1 10
キュリー夫人の波瀾の生涯を描く(映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』)

キュリー夫人。キューリ夫人と小さい頃に一度は見間違え、だからこそ逆に名を覚える世 ...

PSX_20220930_230718 11
35ミリフィルムで鑑賞後の楽しいトーク(松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』)

松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』上映&トーク ...

main 12
待ち続けることは信じること(映画『千夜、一夜』)

今の時代の人たちは待ちぼうけをどのくらいまでしているのだろう。スマホで気軽に連絡 ...

yoakemade5 13
仕事も家もお金もない。でも助けてとは言えない(映画『夜明けまでバス停で』)

深夜のバス停。もう明日の朝までバスは来ない。バス停のベンチで旅行に行くかのような ...

kikori1 14
第68回CINEX映画塾『木樵』宮﨑政記監督、面家一男さんトークレポート 

第68回CINEX映画塾『木樵』が10月1日、岐阜CINEXで開催された。『木樵 ...

koubo_ 15
MIRAGE THEATRE 来年の上映に向けて 短編作品上映開始

Cafe mirageと岐阜の喫茶星時がコラボして不定期開催中の1日だけのインデ ...

PSX_20220930_230718 16
35ミリフィルムで鑑賞後の楽しいトーク(松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』)

松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』上映&トーク ...

ポスター01 17
飛騨の地と共に木樵として生きる(映画『木樵』)

岐阜県飛騨地方は9割が山林に覆われている。この飛騨地方で約50年間、木樵の仕事で ...

IMG_20220916_162130 18
舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を観に行ったので、観る前にやっておくといいかもしれないことを書きました

現在、東京 TBS赤坂ACTシアターでは舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」をロン ...

20220828170445_IMG_4777_ 19
第66回CINEX映画塾 映画『島守の塔』五十嵐匠監督 トークレポート

第66回CINEX映画塾が8月28日岐阜CINEXで開催された。上映作品は『島守 ...

deku1 20
あいち国際女性映画祭 映画『でくの空』トークレポート&林家ペーさんインタビュー

名古屋 名演小劇場で9月23日から公開される映画『でくの空』。埼玉県秩父市、寄居 ...

0714_GCW_B1poster_outline 21
生きるために。狂える人々の終わらない争い(映画『グッバイ・クルエル・ワールド』

とにかくぶっ飛んでいる。まともな奴はほとんどいない。ノリのいいノワールものが久し ...

ala2022 22
アーラ映画祭2022 ラインナップ発表!今年は4日間6作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2022の全ラインナッ ...

配給:ハピネットファントム・スタジオ © 2022「この子は邪悪」製作委員会 23
真実を知れば知るほど信じたくない…ありえない(映画『このこは邪悪』)

『嘘を愛する女』、『哀愁しんでれら』か映画化されたオリジナル作品の企画コンテスト ...

horuonna9 24
映画『掘る女  縄文人の落とし物』名演小劇場トークイベントレポート

映画『掘る女 縄文人の落とし物』公開記念トークイベントが8月21日名古屋 名演小 ...

zenbubokuno3 25
相手のことをちゃんと想像できるような人になりたい(映画『ぜんぶ、ボクのせい』松本優作監督 インタビュー)

現在公開中の映画『ぜんぶ、ボクのせい』。 母親に会うために児童養護施設を飛び出し ...

26
スリリングな148のツイート。真実は物語より奇なり。48時間の悪夢を映画化(映画『Zola ゾラ』)

2015年、Twitterに投稿され、大きな話題となったスリリングな148のツイ ...

horuonna1 27
縄文に魅せられ汗だくになって発掘作業をする「掘る女」に密着したドキュメンタリー(映画『掘る女 縄文人の落とし物』)

昔、考古学に憧れて、真剣にその方面の大学に進学しようと考えたことがある(いろいろ ...

theater2022_2 28
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭 Aプログラム舞台挨拶レポート

名古屋・清水口のシアターカフェでは移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭が今 ...

gyakkou3 29
第64回CINEX映画塾『逆光』須藤蓮監督トークレポート

第64回CINEX映画塾『逆光』が7月16日岐阜CINEXで開催された。監督、主 ...

IMG_20220727_134705 30
あいち国際女性映画祭2022 開催決定!今年は31作品上映

あいち国際女性映画祭2022の記者発表が7月27日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

mugen1 31
只見線とともに奥会津でみる美しい景色を守るために(映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』)

日本のローカル線は赤字路線が多く、毎年存続の危機に瀕しながらその土地で生活する人 ...

CVS4 32
コンビニは異世界!?コンビニで起こる不思議な出来事(映画『コンビニエンス・ストーリー』三木聡監督インタビュー)

日本のコンビニエンスストアとはとても便利な店である。値段は定価だが、大体何でも揃 ...

theaterC6 33
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭上映作品決定!

名古屋のシアターカフェが大須から清水口に移転、リニューアルオープン2周年を記念し ...

hakai_main_B2poster 34
島崎藤村の名作が60年ぶりに映画化 自分らしく生きるとは?(映画『破戒』)

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた、 ...

IMG_20220705_185811_573 35
映画『逆光』須藤蓮監督、脚本家渡辺あやさんインタビュー 岐阜柳ケ瀬 再会から夏祭り×映画という企画が生まれた 

名古屋で上映されることはあっても、岐阜の映画館で上映されるミニシアター系の映画は ...

mikaeri1 36
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 37
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 38
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 39
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 40
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 41
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 42
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 43
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 44
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 45
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 46
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 47
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 48
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 49
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 50
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 51
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 52
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 53
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 54
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 55
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 56
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 57
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...