Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie

友人の恋人に会いに行く(映画『婚約者の友人』)

あなたは友人といえばどのあたりまでの関係なら友人と呼ぶのだろう。
知人と友人と恋人の線引きはどこなのか。違いは?

婚約者をなくした女性のもとに婚約者の友人だという男性が突然現れる。
婚約者の墓の前で泣いていたその男を
あなたならどう受け入れるだろうか。

『婚約者の友人』あらすじ

1919年、ドイツ。婚約者・フランツを戦争で亡くしたアンナは悲しみの日々を送っていた。
ある日フランツの墓の前で泣いている男・アドリアンと出会う。
アドリアンは戦前のパリでフランツと友人だったと言い、
フランツの思い出話を両親と婚約者のアンナに話す。
アドリアンにアンナが婚約者の友人以上の気持ちを抱いた頃、
アドリアンは隠していたことをアンナに打ち明ける。

かけらを探す人たち

舞台は第一次世界大戦後のドイツ。
ドイツ人は戦争に負けたことで大きな制裁を受けていた頃で
勝者のフランス人を目の敵にしている。
フランツを失い何かが足りない日々を送る
フランツの両親、そしてアンナ。
そこにやって来たフランス人・アドリアン。
彼らはフランツの思い出のかけらをお互いに見いだす。

 

モノクロームからカラーに変わる演出

フランツの死で鮮やかさを失った世界。
この作品は基本モノクロームだ。
モノクロだからこその美がこの作品にはある。
それは陰影だ。
カラーの世界では描けない微妙な影の深さが
この作品に重みを持たせる。
建造物や景色もモノクロになることで違う味わいを見せる。

そこに入れ込まれるカラーのカット。
モノクロの世界に突然現れるカラーの威力はすごい。
失った時間が戻ってくるようでもあり、
真実を隠すための嘘の鮮やかさを描き、
再び回り出す時間も表現する。

モノクロームからカラーへ変化するのは
誰の視点なのか。
それを随所で考えるのが面白い。

 

消えては現れる嘘。優しい嘘は時に必要

この作品にはいくつもの嘘が登場する。
建前の嘘、優しい嘘。
アドリアンの告白によってアンナも嘘と真実の狭間で苦悩する。

 

戯曲の解釈を変えることで生まれた作品

この作品は『私が殺した男』というタイトルでエルンスト・ルビッチ監督が映画化していた。
映画でも戯曲でもフランスから来た男性視点だが
フランソワ・オゾン監督は婚約者を亡くした女性視点に変更。
視点を変えたことで「滑稽な告白劇」だったものが
真実を解き明かす謎解き要素も入りつつ、
男女の心の動きが感じられる作品に生まれ変わっている。
ナイーブなアドリアン、フランツとアドリアンの間で揺れ動くアンナ。
魅力的なキャラクターだ。

アンナを演じたパウラ・ベーアはこの時20歳。
落ち着いた雰囲気と機微な心情を表現していて
その年齢だとは思わなかった。
パウラの落ち着きとどこか影があるような雰囲気を
監督が気に入っての起用だったという。

 

勝者にも敗者にも犠牲者は存在する

ドイツとフランス。お互いの国の言葉を勉強するのが当たり前の関係だった
2つの国が戦争で敵対し、多くの若者が犠牲になった。
アンナとアドリアンの関係を描きながら
残された親たちのその後を描いている。
戦争は誰も幸せにしないと改めて思った。

 

婚約者の友人という男はなぜわざわざドイツまでやって来たのか。
監督の演出マジックとナイーブなアドリアンには
最後まで騙された。
男と女はやはり一筋縄ではいかない。

『婚約者の友人』(http://www.frantz-movie.com/)は
10月21日よりシネスイッチ銀座ほかで公開。
東海地区では10月21日より名古屋・伏見ミリオン座、
11月25日より静岡・シネ・ギャラリーで公開。
岐阜・CINEX、浜松・シネマイーラは順次公開予定。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

nekkojii3 1
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 2
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 3
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 4
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 5
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 6
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

7
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 8
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...