Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie

友人の恋人に会いに行く(映画『婚約者の友人』)

あなたは友人といえばどのあたりまでの関係なら友人と呼ぶのだろう。
知人と友人と恋人の線引きはどこなのか。違いは?

婚約者をなくした女性のもとに婚約者の友人だという男性が突然現れる。
婚約者の墓の前で泣いていたその男を
あなたならどう受け入れるだろうか。

『婚約者の友人』あらすじ

1919年、ドイツ。婚約者・フランツを戦争で亡くしたアンナは悲しみの日々を送っていた。
ある日フランツの墓の前で泣いている男・アドリアンと出会う。
アドリアンは戦前のパリでフランツと友人だったと言い、
フランツの思い出話を両親と婚約者のアンナに話す。
アドリアンにアンナが婚約者の友人以上の気持ちを抱いた頃、
アドリアンは隠していたことをアンナに打ち明ける。

かけらを探す人たち

舞台は第一次世界大戦後のドイツ。
ドイツ人は戦争に負けたことで大きな制裁を受けていた頃で
勝者のフランス人を目の敵にしている。
フランツを失い何かが足りない日々を送る
フランツの両親、そしてアンナ。
そこにやって来たフランス人・アドリアン。
彼らはフランツの思い出のかけらをお互いに見いだす。

 

モノクロームからカラーに変わる演出

フランツの死で鮮やかさを失った世界。
この作品は基本モノクロームだ。
モノクロだからこその美がこの作品にはある。
それは陰影だ。
カラーの世界では描けない微妙な影の深さが
この作品に重みを持たせる。
建造物や景色もモノクロになることで違う味わいを見せる。

そこに入れ込まれるカラーのカット。
モノクロの世界に突然現れるカラーの威力はすごい。
失った時間が戻ってくるようでもあり、
真実を隠すための嘘の鮮やかさを描き、
再び回り出す時間も表現する。

モノクロームからカラーへ変化するのは
誰の視点なのか。
それを随所で考えるのが面白い。

 

消えては現れる嘘。優しい嘘は時に必要

この作品にはいくつもの嘘が登場する。
建前の嘘、優しい嘘。
アドリアンの告白によってアンナも嘘と真実の狭間で苦悩する。

 

戯曲の解釈を変えることで生まれた作品

この作品は『私が殺した男』というタイトルでエルンスト・ルビッチ監督が映画化していた。
映画でも戯曲でもフランスから来た男性視点だが
フランソワ・オゾン監督は婚約者を亡くした女性視点に変更。
視点を変えたことで「滑稽な告白劇」だったものが
真実を解き明かす謎解き要素も入りつつ、
男女の心の動きが感じられる作品に生まれ変わっている。
ナイーブなアドリアン、フランツとアドリアンの間で揺れ動くアンナ。
魅力的なキャラクターだ。

アンナを演じたパウラ・ベーアはこの時20歳。
落ち着いた雰囲気と機微な心情を表現していて
その年齢だとは思わなかった。
パウラの落ち着きとどこか影があるような雰囲気を
監督が気に入っての起用だったという。

 

勝者にも敗者にも犠牲者は存在する

ドイツとフランス。お互いの国の言葉を勉強するのが当たり前の関係だった
2つの国が戦争で敵対し、多くの若者が犠牲になった。
アンナとアドリアンの関係を描きながら
残された親たちのその後を描いている。
戦争は誰も幸せにしないと改めて思った。

 

婚約者の友人という男はなぜわざわざドイツまでやって来たのか。
監督の演出マジックとナイーブなアドリアンには
最後まで騙された。
男と女はやはり一筋縄ではいかない。

『婚約者の友人』(http://www.frantz-movie.com/)は
10月21日よりシネスイッチ銀座ほかで公開。
東海地区では10月21日より名古屋・伏見ミリオン座、
11月25日より静岡・シネ・ギャラリーで公開。
岐阜・CINEX、浜松・シネマイーラは順次公開予定。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

ビガイルド 1
女の園に男が一人。さて何が起こる?(映画『ビガイルド 欲望のめざめ』)

女の怖さを知っているのは男より女だと思う。女はいつか敵になるかもしれないのになぜ ...

2
悠久の流れ長江・何度も巡り合う男と女(映画『長江 愛の詩』)

中国・長江。 世界の三大河川に数えられるこの河は全長3600キロ。中国を横断する ...

3
岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。 今年は新 ...

4
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・前編 Mirageなお客様その⑤)

自動車技術は日々進化している。 自動運転はまだまだ先のことと思っていたがCMでも ...

5
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・後編)

映画『センターライン』 下向拓生監督へのインタビュー後編をお送りする。 前編はこ ...

kenen1 6
兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。 絶対に勝てない親子喧嘩より ...

7
ラーメンマニアの上を行く。その名もラーメンヘッズ(映画『ラーメンヘッズ』)

日本人は世界中のどこの国よりもラーメン好きだ。 手軽で美味しい。その一杯のために ...

8
求めあう心に導かれて(映画『風の色』)

「もう一人の私は北海道で流氷を見ている。」 恋人のゆりが意味深な言葉を残し、自殺 ...

9
『悪と仮面のルール』玉木宏インタビュー「幸せの感覚」

この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために 創られた存在だと父から告げられ ...

10
『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』名古屋舞台挨拶レポート

映画『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』の公開記念舞台挨拶が 1月 ...

11
あなたの人生このままでいいですか?(映画『ルージュの手紙』レビュー)

酒も飲まず、恋愛もしない。 仕事と子供のために生きてきた女性の元に 思いもよらぬ ...

12
CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』トークショー レポート

CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』 佐古 ...

13
CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』トークショーレポート

CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』 及川奈央×益田祐美子プ ...

14
一本の糸からつながる世界(映画『YARN 人生を彩る糸』)

冬になると得意ではないのに編み物をやりたくなるのはなぜだろう? 一本の毛糸を編む ...

15
オペラで彩られるモーツァルトを描く新たな作品(映画『プラハのモーツァルト』)

  ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。 作曲家としてあまりにも ...

16
知多半島映画祭2017 レポートその1 『あのまちの夫婦』

11月19日に知多半島映画祭2017が東海市芸術劇場大ホールで開催された。 7年 ...