Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

EntaMirage! Entertainment Movie

お母さんを3万ペソで買います(映画『ブランカとギター弾き』)

人との出会いはその後の人生を大きく変える。
これは一人の少女の出会いと成長の物語

あらすじ

親に捨てられ街の片隅に段ボールの家を作って住んでいる少女・ブランカ。
もっぱら人からの施しと盗みで生計を立てている。

盗んだお金の取り分でもめ、街の子供たちに家を壊されて途方に暮れたブランカは
出会ったばかりのギター弾き・ピーターと旅に出る。

ブランカは有名な女優が自分と同じ境遇の子供を養子にしたニュースを見て思い付く。
「3万ペソでお母さんを買います。」
旅先の街中にチラシを貼っていく。

ピーターに勧められ、広場で歌い出すビアンカ。
その歌声を聞いたライブレストランのオーナーから店で歌わないかと声をかけられ
寝る場所と食事と報酬がある暮らしが二人にやって来るが
ある事件が起こり、それはそんなに長くは続かなかった。
生きていくために再び盗みに手を出すブランカにさらに危険が迫る。

 

家のない子供たちに焦点

フィリピンの街中で家も親もなく生きているストリートチルドレンの
今が見えてくる。
親に捨てられた子供たちが逞しく生きている姿を描き出す。
盗みはいいことではない。しかし学校にも行けず、働く術を知らない子供たちが
生きていくためにできる一つの行為としてリアルに描かれる。

©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

 

お金があれば何でも手に入るのか

フィリピンで孤児となって一人で生きるブランカ。
お金があれば物が買えることを子供ながらに学んだブランカは
盗んだお金を必死に貯めて母親を買うことを思いつく。
愛に飢えた少女は愛もお金さえあれば買えると思っている。

ピーターは目は見えないが真実を見抜く心の目を持っている。
そしてブランカに言う。
「お金では手に入れられるものと手に入れられないものがあるんだよ。」

ブランカはピーターとの"一人ではない"生活で
少しずつ人を思う気持ちを手に入れていく。

 

ピーターがいたから出来た作品 -ピーターは監督のヒーロー-

ブランカが出会うさすらいのギター弾き・ピーターは
俳優が演じているのではない。
ピーターは監督が短編映画を撮影した時に
マニラで出会ったギター弾きの男性だ。
ピーターと一緒に映画を撮るのは監督の夢だった。
この映画は監督がピーターのことを思って書いた作品であり
ピーターがいなければできなかったと言って過言ではない。

この作品を撮影する前に監督は1カ月半かけてフィリピンで
ピーターを探して見つけ出した。
演技の上手い下手は関係なく醸し出される人間味は
ピーターにしか出せないものだ。

エンドロールで知る事実に寂しさを覚えた。

 

街で出会った人々をキャスティング

ピーター以外も演技経験はない人々ばかりを起用している。

主人公ブランカは動画サイト(YouTube)で歌が話題になっていた
少女サイデル・ガブテロを起用した。
サイデル・ガブテロの歌声は劇中で確認してほしいが
表向き強気なブランカの実はとても子供らしい素直な心の内も感じられるだろう。

それ以外のキャストも監督がスラム街で見つけた子供たちだという。
監督は作品のイメージに合う人物をひたすら探した。

©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

 

監督は日本人 長谷井宏紀さん

フィリピンを舞台にした作品で出資はイタリアだが
監督は長谷井宏紀さん。
今回が長編のデビュー作になる。
短編映画がセルビアの映画祭で評価され、
海外で短編を撮影してきたが、ヴェネツィア国際映画祭のカレッジシネマ部門に
ノミネートされ、長編製作が決定した。
1枚の企画書と15分の短編そしてワークショップでの監督の情熱。
ベネツィア国際映画祭は監督の過去の経験に関係なく、
企画の面白さと監督の情熱で評価し、製作援助をしている。

日本に活動拠点を移している長谷井監督の今後の作品にも期待したい。

 

『ブランカとギター弾き』(http://www.transformer.co.jp/blanka/)は
7月29日よりシネスイッチ銀座で公開中。
東海地区では8月5日より名古屋・名演小劇場、
9月16日より岐阜・CINEXにて公開。

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

1
みんなが僕のストレージ(映画『クソ野郎と美しき世界』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『クソ野郎と美しき世界』公開記念舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで ...

IMG_20180205_115556 2
中川運河の魅力を伝える短編集(『Filmusic in 中川運河・秋』)

名古屋都市センター【中川運河助成ARToC10】の助成事業として製作されている短 ...

dav 3
自分の心の中を見たら(『ミュージカル ジキル&ハイド』)

ミュージカル『ジキル&ハイド』 2018年3月25日(日) 13:00  名古屋 ...

4
今を、そしてこれからを生きる(映画『一陽来復 Life Goes On』)

東日本大震災から6年。 6年という月日が早いのか遅いのか。それは人それぞれ感覚が ...

5
映画『レオン』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『レオン』公開初日舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで行われた。 こ ...

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA 6
あなたが愛した私でいたい(映画『ナチュラルウーマン』)

前情報は全く入れずに鑑賞し始めた映画『ナチュラルウーマン』。 ナイトクラブで歌う ...

ビガイルド 7
女の園に男が一人。さて何が起こる?(映画『ビガイルド 欲望のめざめ』)

女の怖さを知っているのは男より女だと思う。女はいつか敵になるかもしれないのになぜ ...

8
悠久の流れ長江・何度も巡り合う男と女(映画『長江 愛の詩』)

中国・長江。 世界の三大河川に数えられるこの河は全長3600キロ。中国を横断する ...

9
岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。 今年は新 ...

10
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・前編 Mirageなお客様その⑤)

自動車技術は日々進化している。 自動運転はまだまだ先のことと思っていたがCMでも ...

11
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・後編)

映画『センターライン』 下向拓生監督へのインタビュー後編をお送りする。 前編はこ ...

kenen1 12
兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。 絶対に勝てない親子喧嘩より ...

13
ラーメンマニアの上を行く。その名もラーメンヘッズ(映画『ラーメンヘッズ』)

日本人は世界中のどこの国よりもラーメン好きだ。 手軽で美味しい。その一杯のために ...

14
求めあう心に導かれて(映画『風の色』)

「もう一人の私は北海道で流氷を見ている。」 恋人のゆりが意味深な言葉を残し、自殺 ...

15
『悪と仮面のルール』玉木宏インタビュー「幸せの感覚」

この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために 創られた存在だと父から告げられ ...

16
『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』名古屋舞台挨拶レポート

映画『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』の公開記念舞台挨拶が 1月 ...

17
あなたの人生このままでいいですか?(映画『ルージュの手紙』レビュー)

酒も飲まず、恋愛もしない。 仕事と子供のために生きてきた女性の元に 思いもよらぬ ...

18
CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』トークショー レポート

CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』 佐古 ...

19
CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』トークショーレポート

CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』 及川奈央×益田祐美子プ ...

20
一本の糸からつながる世界(映画『YARN 人生を彩る糸』)

冬になると得意ではないのに編み物をやりたくなるのはなぜだろう? 一本の毛糸を編む ...

21
オペラで彩られるモーツァルトを描く新たな作品(映画『プラハのモーツァルト』)

  ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。 作曲家としてあまりにも ...

22
知多半島映画祭2017 レポートその1 『あのまちの夫婦』

11月19日に知多半島映画祭2017が東海市芸術劇場大ホールで開催された。 7年 ...