Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

EntaMirage! Entertainment Movie

お母さんを3万ペソで買います(映画『ブランカとギター弾き』)

人との出会いはその後の人生を大きく変える。
これは一人の少女の出会いと成長の物語

あらすじ

親に捨てられ街の片隅に段ボールの家を作って住んでいる少女・ブランカ。
もっぱら人からの施しと盗みで生計を立てている。

盗んだお金の取り分でもめ、街の子供たちに家を壊されて途方に暮れたブランカは
出会ったばかりのギター弾き・ピーターと旅に出る。

ブランカは有名な女優が自分と同じ境遇の子供を養子にしたニュースを見て思い付く。
「3万ペソでお母さんを買います。」
旅先の街中にチラシを貼っていく。

ピーターに勧められ、広場で歌い出すビアンカ。
その歌声を聞いたライブレストランのオーナーから店で歌わないかと声をかけられ
寝る場所と食事と報酬がある暮らしが二人にやって来るが
ある事件が起こり、それはそんなに長くは続かなかった。
生きていくために再び盗みに手を出すブランカにさらに危険が迫る。

 

家のない子供たちに焦点

フィリピンの街中で家も親もなく生きているストリートチルドレンの
今が見えてくる。
親に捨てられた子供たちが逞しく生きている姿を描き出す。
盗みはいいことではない。しかし学校にも行けず、働く術を知らない子供たちが
生きていくためにできる一つの行為としてリアルに描かれる。

©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

 

お金があれば何でも手に入るのか

フィリピンで孤児となって一人で生きるブランカ。
お金があれば物が買えることを子供ながらに学んだブランカは
盗んだお金を必死に貯めて母親を買うことを思いつく。
愛に飢えた少女は愛もお金さえあれば買えると思っている。

ピーターは目は見えないが真実を見抜く心の目を持っている。
そしてブランカに言う。
「お金では手に入れられるものと手に入れられないものがあるんだよ。」

ブランカはピーターとの"一人ではない"生活で
少しずつ人を思う気持ちを手に入れていく。

 

ピーターがいたから出来た作品 -ピーターは監督のヒーロー-

ブランカが出会うさすらいのギター弾き・ピーターは
俳優が演じているのではない。
ピーターは監督が短編映画を撮影した時に
マニラで出会ったギター弾きの男性だ。
ピーターと一緒に映画を撮るのは監督の夢だった。
この映画は監督がピーターのことを思って書いた作品であり
ピーターがいなければできなかったと言って過言ではない。

この作品を撮影する前に監督は1カ月半かけてフィリピンで
ピーターを探して見つけ出した。
演技の上手い下手は関係なく醸し出される人間味は
ピーターにしか出せないものだ。

エンドロールで知る事実に寂しさを覚えた。

 

街で出会った人々をキャスティング

ピーター以外も演技経験はない人々ばかりを起用している。

主人公ブランカは動画サイト(YouTube)で歌が話題になっていた
少女サイデル・ガブテロを起用した。
サイデル・ガブテロの歌声は劇中で確認してほしいが
表向き強気なブランカの実はとても子供らしい素直な心の内も感じられるだろう。

それ以外のキャストも監督がスラム街で見つけた子供たちだという。
監督は作品のイメージに合う人物をひたすら探した。

©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

 

監督は日本人 長谷井宏紀さん

フィリピンを舞台にした作品で出資はイタリアだが
監督は長谷井宏紀さん。
今回が長編のデビュー作になる。
短編映画がセルビアの映画祭で評価され、
海外で短編を撮影してきたが、ヴェネツィア国際映画祭のカレッジシネマ部門に
ノミネートされ、長編製作が決定した。
1枚の企画書と15分の短編そしてワークショップでの監督の情熱。
ベネツィア国際映画祭は監督の過去の経験に関係なく、
企画の面白さと監督の情熱で評価し、製作援助をしている。

日本に活動拠点を移している長谷井監督の今後の作品にも期待したい。

 

『ブランカとギター弾き』(http://www.transformer.co.jp/blanka/)は
7月29日よりシネスイッチ銀座で公開中。
東海地区では8月5日より名古屋・名演小劇場、
9月16日より岐阜・CINEXにて公開。

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

nekkojii3 1
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 2
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 3
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 4
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 5
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 6
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

7
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 8
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...