Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

彦とベガ

EntaMirage! Movie

老老介護と夫婦の愛の行方(映画『彦とベガ』)

あいち国際女性映画祭2015フィルム・コンペティション長編フィルム部門で
金のコノハズク賞を受賞した『彦とベガ』。

いよいよ名古屋に凱旋上映、さらに続いて大阪でも上映される。
(名古屋の上映館は名駅シネマスコーレ、大阪は九条シネ・ヌーヴォ大阪)

現役介護士の目も持った女性監督が描く介護の今

監督は今回が長編デビュー、現役の介護士でもある谷口未央。
自らの経験から書き上げたシナリオが、
2013年、伊参スタジオ映画祭(群馬県中之条町)のシナリオ大賞を受賞。
翌年、女性監督・谷口未央の長編映画デビュー作『彦とベガ』として完成。

現代日本の大きな問題となっている老人介護、認知症。
それらを決して悲観的に描くのではなく、老いの先 にある“生”に目を向ける。
老人介護、認知症の現実を俯瞰的に見据えた描写は、
自身の仕事での経験から生み出されたもの。

それは見ている私たちに他人事ではない現実を見せつつ
老いた夫婦の愛の形を伝えている。

名優たちによる熱演が心を打つ

主人公・比古朝雄を演じるのは、
大島渚監督『青春残酷物語』や鈴木清順監督『けんかえれじい』など、
日本映画史に残る名作に数多く出演する川津祐介。
名古屋では20年以上続いた長寿番組『てれび博物館』の司会者としても知られている。

認知症の妻・ことを演じるのは、篠田正浩監督『乾いた花』
TVドラマ「赤いシリーズ」などに出演し、
近年も着実に女優活動を続ける原知佐子。

昭和の映画をこよなく愛する谷口監督が
名俳優と 若手の俳優を起用して作品を作り上げた。
どこか昭和の匂いも感じさせる中之条の風景の中で
今を描いている。

老いても夫婦、その先は…

自身のことを16歳だと思っている認知症の妻・ことを懸命に介護する夫・朝雄。
そこにやってくる若い訪問介護ヘルパー菊名。
ことはそのヘルパーを朝雄だと思ってしまう。

夫の思い、介護はどこまで家族に介入するか。
様々なことが映画の中には含まれている。

男はいつまでも男。
女はいつまでも女。

忘れることは幸せかかなしみか。

 

『彦とベガ』
http://hiko-vega.com/

名古屋シネマスコーレ
10月29日(土)~11月4日(金) 10:40より上映
10月29日(土)上映後に舞台挨拶を予定。
(川津祐介さん、谷口未央監督登壇予定)

シネ・ヌーヴォ大阪
11月12日(土)より公開

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

nekkojii3 1
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 2
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 3
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 4
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 5
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 6
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

7
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 8
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...