Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

20170519_131717-1

EntaMirage! Movie

風はどこから湧き起こるのか(映画『心に吹く風』インタビュー)

松竹ブロードキャスティング第4弾の監督はユン・ソクホ氏による『心に吹く風』。
日本でも一大ブームを巻き起こした韓国ドラマ『冬のソナタ』をはじめとする
四季シリーズの演出を担当した演出家が韓国ではなく、日本で映画の初監督をする。

初恋をテーマに描く作品が印象に残るユン・ソクホ監督。
『心に吹く風』は自然豊かな北海道を舞台に
23年ぶりに再会した初恋相手との数日を描く。

ヒロインのオーディションをしていることは知っていた。
ヒロインが発表になって驚いた。真田麻垂美さんだった。
『月とキャベツ』が今でも大好きな私には彼女の姿は
あの当時のヒバナの姿で止まっていた。
16年前アメリカに渡りそのままアメリカに居を移した彼女は
スクリーンから姿を消していたのだ。

スクリーンに16年ぶりに映る彼女はあの透明感を残しながら
しっかりと16年間を経た姿を見せてくれた。

その相手役には映画やドラマで様々な顔を見せてくれている眞島秀和さん。
本作でも新たな魅力で観客を楽しませてくれる。

撮影に来た北海道で23年ぶりに初恋相手・春香(真田麻垂美)に出会った
リョウスケ(眞島秀和)はわずかな時間を一緒に過ごしたいと願う。
はじめは戸惑っていた春香だったが少しずつ昔の感覚を思い出していく。

5月19日。ユン・ソクホ監督、真田麻垂美さんが来名。
作品、役作りについてインタビューした。

ユン・ソクホ監督  真田麻垂美さん インタビュー

Q.日本で映画を撮ることになったきっかけを教えてください。

ユン監督
「松竹のプロデューサーである深田さんから以前に一度
映画撮影の提案を受けていましたが
その時はスケジュールが合いませんでした。
今まではドラマをずっと撮ってきていたんですが
いつか映画も撮りたいなと思っていました。
今回落ち着いてきたところに再度深田さんから提案があり、
これがチャンスかもしれないと思いました。
しかも日本での撮影ということは経験したことがなかったですし
外国のスタッフとともに作品を作るということは
私にとっても挑戦で楽しみだったので提案をお受けしました。」

Q.北海道との縁はどこからあったんですか?ーロケ地に北海道を選んだわけ

ユン監督
「昔、ドラマ『北の国から』を見たことがありました。
そのときにとても美しい場所だと思っていました。
『冬のソナタ』をきっかけに札幌のNHKに出演しまして、
その事を話したところ『北の国から』の撮影場所に行くことができました。
ドラマの中と同じように美しい場所だなとひかれまして
それからプライベートで何度も足を運びました。
ですから場所についての知識はたくさんあります。
映画を撮る時にこの場所から受けるインスピレーションがたくさんありまして
北海道で撮影することにしました。」

Q.今作も"初恋"がテーマ。日本の初恋と韓国の初恋は違いますか。

ユン監督
「私が思うに韓国の方が日本よりも初恋に対する思いは深いと思います。
韓国は日本に比べて男女共学が少ないんです。
大学に行くまで同じ空間で異性に対して知る期間がないので
好奇心や審美眼が維持されると思うんです。
初恋に対してのファンタジーは審美眼が維持されていてこそだと思うんですね。
そういうところからも韓国の方が思い入れもあると思います。」

Q.監督にも初恋の思い出はありますか?

ユン監督
(日本語で)「もちろん!(笑)」

監督によって再び開かれた扉

Q.ワークショップから撮影までどんな気持ちで臨まれましたか?

真田さん
「16年前に出演した映画がきっかけでアメリカに渡ったんですが
あの当時は演技のワークショップが存在していなくて
個人の先生について学ぶという感じだったんです。
たくさんの人と何かをするという経験がなくて
今回ユン・ソクホ監督がワークショップをやられるということで
私でも参加していいのかなと戸惑いはあったんですが
是非という後押しもあって参加しました。
男女20人ずつで組んでやっていくんです。
監督が書いたシナリオをやっていくんですがその内容が心動かされるもので
気負うこともなく自然とワークショップで感情が動き出したんです。
16年経っていたんですが、感情の扉はユン監督のお力で自然と開かれたような感じです。
無理矢理涙を流さないといけないとかもなく
フラットな状態で自然な反応ができました。
その後、春香役に決まって現場に戻れたことはすごく嬉しかったです。
何とも言えない感情の高ぶりがありました。
春香は自分の気持ちを押し殺して生きてきた女性なので
自分の感じたことをそのまま表現すればいいというわけではないですし、
その辺りのコントロールを現場では監督に委ねて
私がその当時できた力を発揮させていただいた感じです。
監督がひとつひとつ引っ張ってくださったと思います。」

リョウスケとの距離感はどう演じていたのでしょうか?

「リョウスケが突然現れたときの春香は戸惑いだらけだったと思うんですよね。
今自分の前に現れても何もしてあげることができないし、
そこから何か変えるわけにもいかないしどこかで迷惑ではないけれど
どうすることもできないという距離感をはじめはもってますよね。
そこからリョウスケに連れ出されてどんどん心を解していってもらうんですが
その解されていく演技というのは撮影に入る前から
監督と眞島さんと半年前ぐらいから本読みもリハーサルもしていたので
お互いに春香とリョウスケになっている状態で現場にいて
しかもほぼ順撮りでの撮影で、解れていく段階の表現は私のフィルタを通しただけで
感情が赴くままに表現していた感じです。」

Q.眞島さん演じるリョウスケにひかれます。真田さんから見た眞島さんはどんな方ですか?

真田さん
「撮影中はリョウスケだと思うんですが
普段の眞島さんはソフトな男性というよりは男気に溢れた感じです。(笑)
今回は眞島さんの新たな魅力をユン監督が引き出してくださっていると思います。
映画やテレビで眞島さんを見ている方はリョウスケにも心が揺れるんじゃないかと思いますね。」

人を味方につける力ー真田麻垂美の変わらぬ魅力ー

Q.なぜ真田さんを選んだのですか

ユン監督
「私はワークショップの面接から関わりました。
韓国でも1日のワークショップに関わったことはあるんですが
3日以上というのは今回が初めてでした。
役者さんはエネルギッシュな方が多くて
私もエネルギーをもらって情熱的になりました。
オーディションなので誰かを最後には選ばないといけない。
真田さんははじめの面接よりもどんどんプラスの印象を見せてくれた参加者でした。
途中ぐらいから真田さんが春香にリンクしてるなと思っていたんですが
どの課題でもいいところを見せてくれたので真田さんに決めました。
春香は真面目に生きてきた女性です。とても女性らしい女性。
どういう運命でもこれが私の人生かなと逆らうことなく
毎日をコツコツ生きる女性に風が吹く。段階を踏みながら
本当の自分自身を見つけていくという春香にぴったりだったんです。
韓国でも大事に考えていることですがビジュアルのイメージだけでなく、
いかに見る人を味方につけられるかが大事だと思うんです。
演技力でも外見でもなく人に好かれる雰囲気を持っていることは大事です。
今回は特に不倫の話なので不倫だけどあの二人を応援したいと思ってもらえる
雰囲気を持っていたので真田さんに決めました。」

日本でとったからこそ。いつもと違うユン・ソクホ監督の違う顔

Q.もしこれを韓国で撮影していたらストーリーは違っていましたか?

ユン監督
「意図的にそうしたわけではないんですが作品を見て
自分の作品ではない気がいい意味でしました。
新しいものを感じました。慣れないカラーと言いますか。
もし韓国で韓国の俳優とやっていたらきっと感じられないことだったと思います。
場所柄というよりは日本の俳優さんだったので演じ方に違いがありました。
間接的な表現であったり、控えめな表現であったり。
ぐっと抑えた演技をしてくれました。
韓国の俳優だったら違うように思います。
編集担当も日本の女性で、編集の方やプロデューサーの方の意見も
聞いて取り入れたところ違った感じの作品になりました。」

Q.テレビドラマと映画ではやはり違いますか?

ユン監督
「ドラマと映画は違いがたくさんありました。
ドラマはテレビを通してみていただくので不特定多数の方が見ますよね。
子供からお年寄りまで。それも考えないといけないし、
しかも同じ時間に他のチャンネルと競争しています。
リモコンですぐチャンネルが変えられてしまわないように
視聴者を引き留めておくためにはあまり考える時間を与えないと言うか
テンポを早く進めないといけません。
そこも考えないといけないですし、与える情報が多い分だけ
色んなことを親切に細かく説明しないといけない。
映画はドラマとは違います。今何を撮りたいのかを真剣に自分と向き合って考えました。
テレビではできないカットを撮っています。
車が走るカットを長く撮ってみたり、大自然が本当にきれいなので
大きなスクリーンで見ていただくために大きなカットでそれを入れてみたり。
音の面でも風の音が効果的に使われるというのが映画だと思うんです。
ドラマではできなかったことが今回は思う存分できたと思います。」

(左)真田麻垂美さん (右)ユン・ソクホ監督

(左)真田麻垂美さん (右)ユン・ソクホ監督

 

風の気配が随所にする映画だ。
風の音はせつなくもやさしくもある。
23年ぶりの再会で二人の心にも風が巻き起こる。

北海道の自然と日本の俳優が
ユン・ソクホ監督の新たな魅力を引き出した。
『心に吹く風』(http://kokoronifukukaze.com/)は
6月17日より新宿武蔵野館他で順次公開。
東海地区では6月17日より名古屋センチュリーシネマにて公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

horuonna1 1
縄文に魅せられ汗だくになって発掘作業をする「掘る女」に密着したドキュメンタリー(映画『掘る女 縄文人の落とし物』)

昔、考古学に憧れて、真剣にその方面の大学に進学しようと考えたことがある(いろいろ ...

theater2022_2 2
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭 Aプログラム舞台挨拶レポート

名古屋・清水口のシアターカフェでは移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭が今 ...

gyakkou3 3
第64回CINEX映画塾『逆光』須藤蓮監督トークレポート

第64回CINEX映画塾『逆光』が7月16日岐阜CINEXで開催された。監督、主 ...

IMG_20220727_134705 4
あいち国際女性映画祭2022 開催決定!今年は31作品上映

あいち国際女性映画祭2022の記者発表が7月27日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

mugen1 5
只見線とともに奥会津でみる美しい景色を守るために(映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』)

日本のローカル線は赤字路線が多く、毎年存続の危機に瀕しながらその土地で生活する人 ...

CVS4 6
コンビニは異世界!?コンビニで起こる不思議な出来事(映画『コンビニエンス・ストーリー』三木聡監督インタビュー)

日本のコンビニエンスストアとはとても便利な店である。値段は定価だが、大体何でも揃 ...

theaterC6 7
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭上映作品決定!

名古屋のシアターカフェが大須から清水口に移転、リニューアルオープン2周年を記念し ...

hakai_main_B2poster 8
島崎藤村の名作が60年ぶりに映画化 自分らしく生きるとは?(映画『破戒』)

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた、 ...

IMG_20220705_185811_573 9
映画『逆光』須藤蓮監督、脚本家渡辺あやさんインタビュー 岐阜柳ケ瀬 再会から夏祭り×映画という企画が生まれた 

名古屋で上映されることはあっても、岐阜の映画館で上映されるミニシアター系の映画は ...

mikaeri1 10
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 11
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 12
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 13
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 14
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 15
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 16
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 17
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 18
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 19
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 20
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 21
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 22
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 23
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 24
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 25
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 26
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 27
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 28
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 29
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 30
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 31
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...