Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie

トンネルの出口は何処だ? 映画『トンネル 闇に鎖された男』

昨年韓国で公開し、年間興行成績第4位の成績をおさめた
『トンネル 闇に鎖(とざ)された男』が現在日本でも公開されている。

"崩落事故でトンネルに閉じ込められた男を救出する映画"
と簡単に説明することもできるが
これは単なるパニック映画ではない。
パニックに遭遇した時の人間の本質とそれに関わる人々の様々な思いが見える作品だ。

あらすじ

ジョンスは車のディーラーに勤めるサラリーマン。
大口の契約を取って家に帰る途中、トンネルの崩落事故に巻き込まれる。
気がつくと周りは土砂と崩れた瓦礫の中でジョンスは孤立していた。
手元にあるのはペットボトルの水2本と娘の誕生日のために買ったケーキ、
そしてバッテリー残量が78%の携帯電話。

救助要請後、すぐ助けに来てくれるはずの救急隊はなかなかやってこない。
事故の起こったトンネルの外ではあまりの崩落のひどさに
レスキュー隊を率いるキム達もどこから救助するか悩んでいた。
ジョンスの妻・セヒョンも現場近くでジョンスの救出を信じるしかない。

「必ず助ける。」
キムの言葉を信じてジョンスは暗闇で待ち続ける。

これは誰にでも起こり得るアクシデント

普通に暮らしていた人が災害に巻き込まれる。
それはあまりにも突然で誰にでも起こりうるアクシデントだ。

閉じ込められたジョンスや
ジョンスを待つセヒョンの立場に自分がなるかもしれない。
何十日も諦めずに暗闇で生きられるか。
生きているかがわからない夫を信じて待ち続けられるか。
それを感じながら見ることになるだろう。

監督は前作『最後まで行く』で韓国映画界に新風を吹き込んだキム・ソンフン。
冒頭の崩落シーンやキム隊長が必死に逃げる
第2の崩落シーンは圧巻で恐ろしい。
この映画を作るためにいくつものトンネルを見に行き、
使用されなくなったトンネルを見つけて
作りたてのトンネルに見せるべく新しい道を作り、
トンネルの中に送風機も設置して撮影に挑んだ。

パニック映画は重くなりがちだが
重くなる時ほど笑えることもあるという事象を
監督は脚本に盛り込んだ。
閉ざされたトンネルの中のシーンは息苦しい。
だがジョンスの人柄もあって狭い空間の中で起こる出来事には
笑わずにはいられないこともあるので
見るのが辛くて途中でやめるという人はいないだろう。

 

韓国ならではの風刺もきいた映画「こんな人間にはなるな」

この映画にはこんな人間になってはダメだという事例がたくさん描かれている。

閉じ込められたジョンスに電話をかけ生放送の視聴率を取ろうとするマスコミ。

手抜き工事で開通から1週間で崩落した全長1900メートルのトンネル。
工期を間に合わせるのに手抜きしないとやってられないと
悪びれずに話す工事現場の作業員たち。

その手抜き工事の責任を感じることなく次のトンネル工事が進まないから
救出を中止させようとする開発企業と政府関係者。

現場にやって来て救出するために努力しているようなフリをする女性大臣。
大変な時でも外交の会見のように妻のセヒョンと記念撮影をする姿が滑稽。
(前大統領にそっくりな風貌で辛辣にその行動を監督が批判してるようにも見える。)

事故が起こっても他人事と思っているから出来る行為ばかりだ。
最後にキム隊長がいい放つジョンスの言葉を聞くと
私たちは激しく同意でき、スカッとした気分になる。

適材適所のキャスティング

一人諦めないキム隊長がいる。
ジョンスとの約束を守るために。
たかがひとり。されどひとり。
現場と会議室との温度差が激しくなってもひたすら救助を目指す。

ジョンスを励まし、必ず助けると誓う。
どこかコミカルなところもあってかっこいいキム隊長を演じるのはオ・ダルス。
この作品のもう一人の主役と言ってもおかしくない。
彼が出てくると絶対に一筋縄ではいかないと思えてしまうのは
過去の出演作が原因だと思うが今回も期待を裏切らない。

ジョンスの帰りをひたすら信じる妻セヒョンは
海外での活躍も目覚ましいペ・ドゥナ。
ちょっと変わった役が多かったと感じていたが
今回は夫を待つ妻の役。
憔悴しきった姿がリアル過ぎる。
ノーメイクなのは間違いないが日本の作品でのノーメイクとは
わけが違う。これぞ本当のノーメイク。
重大な決断をし、ラジオを通して夫に語った後のスタジオから出る時の姿に涙が出る。

トンネルの中で奮闘する主人公ジョンスはハ・ジョンウ。
作品によって全く違う顔を見せてくれる彼は
今回は弱いところもあるとても人間らしい男を演じている。
暗闇のシーンが多いがその中でも様々な感情の変化を見せてくれる。
キム・ソンフン監督はハ・ジョンウがトンネルの中でリアルな
芝居が出来るようにカメラをなるべく見つからない場所に設置して撮影した。

こんな映画は今日本では絶対に作れないと思う作品だった。
トンネルの中に一人閉じ込められた男を
救出するべく動き出した人々の描き方が
非常に風刺的で今の韓国を物語る。

たかがひとりの命、されどひとりの命。
パニック映画でもありながら人ひとりの命の重さを様々な角度から
考えさせられる作品だ。

『トンネル 闇に鎖(とざ)された男』http://tunnel-movie.net/
シネマート新宿、シネマート心斎橋他で現在上映中。
中部地区では6月10日(土)より名演小劇場、
6月17日(土)よりイオンシネマ名古屋茶屋で公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

horuonna1 1
縄文に魅せられ汗だくになって発掘作業をする「掘る女」に密着したドキュメンタリー(映画『掘る女 縄文人の落とし物』)

昔、考古学に憧れて、真剣にその方面の大学に進学しようと考えたことがある(いろいろ ...

theater2022_2 2
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭 Aプログラム舞台挨拶レポート

名古屋・清水口のシアターカフェでは移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭が今 ...

gyakkou3 3
第64回CINEX映画塾『逆光』須藤蓮監督トークレポート

第64回CINEX映画塾『逆光』が7月16日岐阜CINEXで開催された。監督、主 ...

IMG_20220727_134705 4
あいち国際女性映画祭2022 開催決定!今年は31作品上映

あいち国際女性映画祭2022の記者発表が7月27日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

mugen1 5
只見線とともに奥会津でみる美しい景色を守るために(映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』)

日本のローカル線は赤字路線が多く、毎年存続の危機に瀕しながらその土地で生活する人 ...

CVS4 6
コンビニは異世界!?コンビニで起こる不思議な出来事(映画『コンビニエンス・ストーリー』三木聡監督インタビュー)

日本のコンビニエンスストアとはとても便利な店である。値段は定価だが、大体何でも揃 ...

theaterC6 7
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭上映作品決定!

名古屋のシアターカフェが大須から清水口に移転、リニューアルオープン2周年を記念し ...

hakai_main_B2poster 8
島崎藤村の名作が60年ぶりに映画化 自分らしく生きるとは?(映画『破戒』)

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた、 ...

IMG_20220705_185811_573 9
映画『逆光』須藤蓮監督、脚本家渡辺あやさんインタビュー 岐阜柳ケ瀬 再会から夏祭り×映画という企画が生まれた 

名古屋で上映されることはあっても、岐阜の映画館で上映されるミニシアター系の映画は ...

mikaeri1 10
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 11
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 12
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 13
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 14
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 15
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 16
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 17
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 18
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 19
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 20
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 21
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 22
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 23
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 24
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 25
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 26
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 27
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 28
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 29
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 30
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 31
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...