Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

© Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.

EntaMirage! Movie

「世界が愛した料理人」に会いに行こう(映画『世界が愛した料理人』)

スペイン・バスク地方のミシュランガイド三ツ星の店の料理人がスペイン、フランス、日本で気になる料理人に会いに行く映画『世界が愛した料理人』が9月22日から公開される。

三ツ星を取っても終わらない追求

「エネコシステム」(環境に配慮した独自の循環型システム)に取り組みながら2012年に最年少でミシュランの三ツ星を獲得した「アスルメンディ」を経営する料理人エネコ・アチャ。妥協を許さず真の美味しさを追求し、料理に込める魂とその源流を探す旅に出る。スペイン、フランスと渡り、様々な料理人と話すうちミシュラン三ツ星店が一番多い日本へたどり着く。世界各国の料理人からこぞって注目されている和食の料理人の心=魂。それはどんなものなのか。

© Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.

© Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.

エネコ自身やエネコが会った料理人が料理する姿、料理について語る姿を通して料理に込める魂を私たちも知ることが出来る。

フランス料理の神様 最後の言葉

エネコはフランス料理の巨匠ジョエル・ロブションにも会って話を聞いている。日本にも店を構えるロブションは食材に愛情と敬意を持ち、料理にもそれを反映していると話す。フランス料理の神様と言われたロブションは今年8月に亡くなった。彼が語った料理に対する思いはこの映画を通して世界中に届くはずだ。

すきやばし次郎 小野二郎が握る伝統の江戸前寿司

アメリカのオバマ前大統領が来日した際に訪れた店としても有名になった「すきやばし次郎」。間もなく93才で今も現役の小野二郎。ミシュランガイド世界最高齢三ツ星シェフだ。ドキュメンタリー映画『二郎は鮨の夢を見る』で海外でも注目されている。修業として始めたが、好きなことだから長くできると話す。職人歴80年以上というキャリアを誇ることなく、長く続けてきた自身の感覚で一貫の寿司を感動の一口に変えていく。小野二郎の一回の絶妙な握りは他の誰にも出来ないまさに心のこもった職人技。

© Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.

© Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.

毎日同じ仕込みを繰り返す弟子たちをじっと見つめながら過ごす。江戸前寿司の伝統を後進へと繋ぐ役目も果たしながら小野二郎はまだまだ修業の道を進む。親の跡を継ぎ店主として店を守る息子・禎一の話に二郎から受け継がれる心を感じるだろう。

龍吟 山本征治が彩る和の皿

日本で取れた天然素材のみを使い、化学調味料を一切使わないという「龍吟」の料理を作り出すのは山本征治。
たくさんの客が来店するが料理を楽しんでもらうために来店する客に必ず守ってもらっていることがある。目、耳、鼻、口、手。料理を五感で味わうものと捉える山本のこだわりがそこにある。

© Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.

© Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.

壬生 夫婦が営むわずか8席のおもてなし空間

ある夫婦が営む店がある。わずか8席のその店は会員制で許されたものしか入れない一見さんよりも入るのが難しいお店。銀座にある「壬生」だ。ここで出される料理は夫婦二人が瞑想し、練られたテーマに沿って器や料理が用意される。季節や自然のものを使って一つ一つの料理を夫が作り、その世界観を妻が解説する。壬生という一つのコミュニティが存在しているようだ。この思いは海外の一流料理人も絶賛する。料理は一つの芸術。壬生の料理を作る石田廣義・登美子夫妻のリアルな言葉がここにはある。

© Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.

© Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.

料理は意識しなければただ生きていくためのツールに過ぎない。だが人間はそれを五感で楽しむものに昇華させた。心も体も喜ぶ料理を食べることは幸せな時間だ。

料理という芸術を私たちは楽しむ。その中で憧れの店、憧れの料理人として存在し続けるのに必要なのは毎日の努力と食べて笑顔になってもらいたい、食べて元気になってほしいという彼らの思いがあってのこと。料理人の魂が一つ一つの料理にあることを私たちは忘れてはならない。

© Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.

© Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.

日本で和食の心を知ったエネコは昨年東京に自身の名をつけた「エネコ東京」を出店した。バスク料理は魚を米やいもと一緒に組み合わせることもあり、日本人にも親しみやすいという。エネコの魂がこもった料理を味わいたい方はぜひ行ってみてはいかがだろうか。

映画『世界が愛した料理人』http://sekai-ryori.com/ は
9月22日よりYEBISU GARDEN CINEMA他で全国順次公開。東海地区では9月22日より愛知・名演小劇場で公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

DSC_0058 1
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 2
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 3
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

4
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 5
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...