Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

oishii6

EntaMirage! Entertainment Movie

おいしい映画祭2022 初日レポート② 映画クラス 内田英治監督×森谷雄プロデューサー

12月2日~4日に渡り名古屋ミッドランドスクエアシネマでおいしい映画祭が開催された。
おいしいものをテーマに短編映画を公募したコンペティション部門と招待された作品、ゲストの監督、キャスト、クリエイターがトークを繰り広げる招待部門が企画され
上映された1日目の様子をレポートする。

2本目は『家族マニュアル』。とよはし映画祭のために豊橋で撮影。内田英治監督、森谷雄プロデューサー、おいしい映画祭の発起人 映画パーソナリティーの松岡ひとみさんのトークをお送りする。

映画祭はつながる場所

松岡ひとみさん(以下 松岡さん)
「映画祭はやっぱり繋がりですね。ご縁というか」

森谷雄プロデューサー(以下 森谷P)
「出会いと再会」

松岡さん
「いろんな映画祭を見に行って夕張も行ったし、湯布院も行ったし、山形、豊橋といろんなところに行っておいしい映画祭をやろうということになったんですが、映画祭といえばお二方も、大先輩なんですけど、どうですか。これ1年目って大変ですね」

内田英治監督(以下 内田監督)
「一番大変じゃないすか。告知することも集客も、運営も全部バッタバタですよね」

松岡さん
「バタバタです(笑)。この映画祭をやる意味というのは、森谷さんの場合は豊橋でやられて。今ちょっとなくなっちゃったんですけど」

森谷P
「本当ですよ。豊橋の皆さんに署名運動してほしいです。本当にとよはし映画祭復活を僕らは願っています。クリエイターと市民の方々が交流できるという利点があると思うんですよ。普段舞台挨拶とか一方的だし、本当に質問したり、話したり、交流会があってそこに入ってくれる人たちがいたり、あとはクリエイター、監督、スタッフとかが映画祭に来て交流があって、次の作品作りの話ができちゃうとか。「あれはきっかけ豊橋だったよね」みたいな」

松岡さん
「でもまさに森谷さん、それで映画作ったりとかやってますよね」

森谷P
「そうですね。あのとよはし映画祭のカンファレンスがきっかけで僕は今、堤幸彦さん、本広克行さん、佐藤祐市監督とスーパーサピエンスという活動を始めちゃったんですけども。何かが始まるんですね。映画祭ってきっと」

内田監督
「さっきも裏で始まってましたから」

森谷P
「YPさんとさっき固い握手をして。話したのたったの五分ですよ」

松岡さん
「すごいですよね。だってYouTube動画とか映画を作っていらっしゃる方とMVを作っている方とゴリゴリの映画監督ってなかなか交わらないことが多いと思うんですよね」

森谷P
「それが映画祭だと会えちゃうし、それがきっかけで何か起きるかもしれないという。僕は映画祭ってそういう意味があると思いますけどね」

松岡さん
「内田監督は海外の映画祭、結構行かれているじゃないですか。コロナ禍で、『ミッドナイトスワン』も海外でもたくさん受賞されていて、行きたくても行けなかったところもあると思いますが。海外の映画祭は日本の映画祭とはどうですか?」

内田監督
「全然違いますね。若い監督がデビューする場所としても認知がしっかりされているし、何よりもやっぱり国とか自治体のバックアップがかなり強いので全然違います。日本の映画祭はこのおいしい映画祭もそうだと思うし、僕も映画祭をやっているんですけど(湖畔の映画祭)、自分たちで頑張らなきゃいけない大変な部分があるんです。向こうはちゃんと助成金がざっと日本の100倍ぐらい多分あるんではないかと。日本の防衛費ぐらいヨーロッパでは文化芸術に対する助成金がある国もあります」

松岡さん
「日本はちょっと乏しいですよね」

森谷P
「経済が先に来るか、文化が先に来るかの国によって全然違うと思うんですよ。やっぱり文化が先にあってそれが経済を生むと考えている国は発展していますよ」

内田監督
「向こうは芸術好きですよ」

松岡さん
「韓国ですよ、韓国。韓国すごいですね」

森谷P
「国がバックアップしてますからね」

松岡さん
「だって大学もね。国がバックアップして映像の監督たちを育てる」

森谷P
「大学で留学させて、戻してノウハウをどんどん国内に溜め込んでいっているし、僕の学生時代は僕の行っていた大学に韓国、中国の方々がみんな留学に来てましたけど、今逆ですからね。日本から韓国に行っちゃう」

松岡さん
「韓国の映画やドラマがリメイク。いっぱい知ってますよね」

森谷P
「僕もやったんですけどね。『ラストプレゼント』という映画を日本でリメイクドラマにして。多分僕が初めてだと思いますよ」

松岡さん
「いつでしたっけ」

森谷P
「2004年」

松岡さん
「早いですね。元々韓国に興味が?」

森谷P
「なんか韓国の映画がすごい面白いなと思っている時期があったんですよ」

松岡さん
「内田さんはNetflixもやられて、韓国のドラマとか映画とかもちゃんと見られているんですか」

内田監督
「めちゃめちゃ見ます」

松岡さん
「最近は何を?」

内田監督
「「梨泰院クラス」。ちょっと最近じゃないか(笑)」

松岡さん
「「梨泰院クラス」とか見ていると、これお金かかってるなあとかそういう目で見るんですか?」

内田監督
「そういう目でしか見ないかもしれない(笑)。まあそれは冗談です。役者さんを見ますよ。やっぱりね。いわゆる出自、システムが全然違うんです。韓国が30年かけて育てた大学文化。大学で演技を教えるという文化。日本のサッカーと一緒です。30年間かけて育成して、ほとんどの人がいわゆるいい大学を卒業してスターになっていくという段階を得るんので、演技がしっかりしているというか。日本はね、大体原宿の辺を歩いていて声を掛けられて気付いたらやっている人もいるし」

松岡さん
「そんな人ばっかりじゃないですよ!」

内田監督
「そんな人ばっかりじゃないかもしれないけど。そういうシステムも助成金とかで役者さんが学べる場がある海外。日本は演技を教える大学がほとんどない。京都造形とか大阪芸大ぐらいかな。だからどうしても違いが出てしまう」

oishii5

松岡さん
「どうしたらいいんですか?」

内田監督
「国が助成金を上げるしかないんですけど」

森谷P
「あとは本当に誰かどんどん向こうに行かせて学んだ人を戻してその人たちからどんどん伝播するっていう仕組みを作らないと駄目かもしれませんね」

内田監督
「それもね、前は芸術助成金で若い子を海外に行かせるというシステムがあったんですけど、行くのはおじさんばっかりで。若い人行かせろよって本当に思っていましたけど、そういうのをもっと強く復活させた方がいい気がします」

森谷P
「ただ行かせても向こうで学んできたことが、日本の仕組みに帰ってくると生かせないんですよ」

松岡さん
「難しい問題です。仕組みも変えないといけないんですね。森谷さんはそれを今やってるんですよね」

森谷P
「変えようとスーパーサピエンスとやっていますけど、韓国の俳優さんとか見てるといいんですよ。やっぱり日本がタブーに切り込んでいけないテーマに韓国のドラマとか映画は平気で入っていくから、だから心掴まれるんですよ。そこはすごいなと思いましたね。僕らはもう日本中コンプライアンスだから」

松岡さん
「でもタブーに結構切り込んでいる人ですよ。内田さんは」

森谷P
「だから好きなんですよ」

松岡さん
「なるほど、タブーに切り込む内田英治さん。でもちょっと最近ソフトな感じが多いかな。また切り込んでいただければ」

森谷P
「本当ですよね。切り込んでいきましょう」

消えものは早く撮るべき

松岡さん
「今回はおいしい映画ということで、おいしいものがよく『家族マニュアル』の中に出てきます。やっぱり食事シーンはすごい大事だなと私はいつも思いながら見ていて、『家族マニュアル』もおやつの時間とか、注目して見ていたんですけど。あれは豊橋名物ですか?」

内田監督
「あれはbon Torayaさんです。僕は映画の中に食事シーンを絶対入れるんです」

松岡さん
「『ミッドナイトスワン』のハニージンジャーソテー。はちみつのしょうが焼き。そこは内田さんはこだわってますよね」

内田監督
「スタッフと喧嘩とかしたことないんですが、1回だけ美術さんと喧嘩したのが『全裸監督』という作品で、撮影してると湯気がなくなってくるんですよ。湯気はもう絶対撮りたいんですよ。湯気を撮るのはめっちゃ大変なんです。薄いから。だから、「もっと湯気!」と言って。スタッフが「もう出ねえよ!」みたいになって。「なんで出ないんだ!」みたいな(笑)。唯一人生で喧嘩したのが湯気です。湯気の出てない料理を撮りたくないんですよ。だから『ミッドナイトスワン』のハニージンジャーソテーも湯気がちゃんと出ています」

松岡さん
「おいしそうなんです。映画を観たその日に私は家で作りましたからね。森谷さんもすごいんですよ。『深夜食堂』をやったり、先日上映した『しあわせのパン』、『ぶどうのなみだ』、今回上映する『そらのレストラン』ですから。食いしん坊ですね」

森谷P
「いや、なんかわかんないんですけどドラマ「深夜食堂」のファーストシーズンを立ち上げてやったところから、何だか知らないけどその後、食べ物系がすごい来るんです。なんか引き寄せちゃって」

松岡さん
「しずる感がいいとか」

森谷P
「しずるって英語なんですよ。シズラーってありますよね。「じわじわとおいしそうっていうしずるをとりましょう」とかってCMディレクターが言うじゃないですか。あれシズラーから来ているんですよ。僕「将太の寿司」という連続ドラマを昔やっていて、そのときにすごい後悔したんです。全部撮り終わって、あとから物撮りを大体映像の世界ってやるから、寿司を作ってそのままにしていたんですよ。後でマグロづくしを撮ったら全くおいしそうに見えないんです。職人さんに握ってもらった瞬間に撮らないと寿司はおいしく撮れないとわかったんです。それ以降しずるを出すためには作ったらすぐ撮るとスタッフに必ず言ってます」

内田監督
「湯気と一緒です」

松岡さん
「やっぱりばれちゃう。ばれちゃうって変な言い方ですけど、その場でフードスタイリストさんが作って」

森谷P
「あったかいご飯を食べないと役者もいい芝居できないですよね」

松岡さん
「食べながらの演技がうまいなという方いらっしゃいました?食べながらの演技って難しくないですか」

内田監督
「回数を重ねると大変そうですよね。何度も何度もやるわけです。皆さんお腹をすかしてくるみたいですけど。おいしい方がみんなおいしいおいしいって言いながら食べますよね」

森谷P
「大概フードスタイリストさんとか、昔で言うところの消えもの係さんが作るご飯は本当美味しいですよ」

松岡さん
「消えもの係さん」

森谷P
「はい、食べて消えていっちゃうから。すごいおいしいんです。撮影で余るじゃないですか、みんなスタッフが持って帰るんです」

松岡さん
「おいしい現場ですね」

内田監督
「森谷さんがやってきたような潤沢な資金がある映画だとそうなんです。僕がやってきたようなインディーズ映画はそんなフードコーディネーターとかいないので」

松岡さん
「『ミッドナイトスワン』はありましたよね」

森谷P
「あれは美術部さんですよね」

内田監督
「そうですね。フードコーディネーターさんがいる現場はまあそこそこ裕福なんです」

森谷P
「でも『深夜食堂』のときは飯島奈美さんじゃないとできなかったかなとは思います」

松岡さん
「『深夜食堂』も愛知県の監督ですね」

森谷P
「松岡錠司監督でしたね」

松岡さん
「イタスパとか入れていたから聞いたんですよ。一応愛知県の名物じゃないですかって。そうしたら「俺は一宮出身だから」って言ってましたよ。そっかそういうことができるんだ監督って思いました」

森谷P
「おいしそうに食べるのはやっぱり大泉洋さんとか。食べるところは本当に美味しそうに食べてるな、本当に味わってるなって感じはしましたけどね」

松岡さん
「それを確認したい方は明後日の『そらのレストラン』でぜひご覧いただくということで」

30分短編は海外では短編にあらず

松岡さん
「『家族マニュアル』は何年前でしたっけ?」

森谷P
「2019年に上映しましたからね」

松岡さん
「2018年の夏に撮ってますよね。『家族マニュアル』は豊橋で撮られていますけど、もっといろんな方に、全国で見ていただきたいなと」

森谷P
「とよはし映画祭のために監督に撮り下ろしていただくということをやったんですよ」

松岡さん
「30分といつもの2時間とはやっぱり違いますよね、撮り方とか。尺とか」

内田監督
「そこはあんまり違いは感じないんですけど。よく昔やっていたようなインディーズ映画と例えばNetflix の作品はお金が全然違うから違いますよねって言われますけど、基本的には一緒な気がするんですけどね」

松岡さん
「30分でちゃんと起承転結全部やってしまいますよね」

内田監督
「30分の短編文化は多分日本だけです。29分とか20分とかっていう短編映画は海外の短編映画祭だと多分ほぼ受け付けられないです。もうちょっと短いところで10分以内がベストです。日本は多分30分ドラマとかで回ってるからですね。海外の映画祭に送ろうとしている方にはあんまりおすすめしないですね。10分以内にした方がいい」

松岡さん
「でも海外に出すことも本当に大事だと思うし。どんどんどんどん羽ばたいていただきたいです」

内田監督
「映画祭はそのためにあるので。実際僕もこの短編を得て、森谷さんと長編『ミッドナイトスワン』を撮りましたから。短編でお互いの確認もできる。長編で合わないことが発覚すると大変なことになるんです。短編なら5日間ぐらいとかで終わるからいいやって思うんですけど(笑)」

森谷P
「でも内田監督とはロサンゼルスでも一緒に短編映画をご一緒させていただいて、『家族マニュアル』をやって、『ミッドナイトスワン』と段階を踏めている」

内田監督
「長編映画は気が合わない人とはなかなか厳しいですよね。長期間何年も一緒にいないといけないので」

松岡さん
「いろいろ経験されたから言うんですよね(笑)」

内田監督
「これは全映画に関わってる人たちにあると思いますよ」

豊橋がニューヨーク

松岡さん
「今日は豊橋まちなか図書館でも同時に上映してくださっていました。『家族マニュアル』は豊橋ロケで」

森谷P
「豊橋の市役所は、皆さん働いているのに撮影させてもらったりするんです」

内田監督
「悪い言葉で言うと豊橋を使い倒してますよ(笑)。桜丘高校もこれだけじゃなくて『異動辞令は音楽隊』でもやってますもんね。保健室を警察署に変えるという(笑)、古い保健室を無理やり警察署の音楽隊の事務所にするという。しかも学校あるのに(笑)」

森谷P
「そんなこと言ったら『ミッドナイトスワン』のニューヨークは豊橋ですよ。まさにラストは『異動辞令は音楽隊』でも使われていた公会堂ですよ。廊下はPLAT(穂の国とよはし芸術劇場PLAT)ですから。PLATの廊下に左側のレンガ造りの廊下があったんですよ。それを「内田さん、とよはし映画祭いらっしゃいましたよね。あそこを覚えてます?ニューヨークに見えませんか?」とプレゼンしました」

松岡さん
「コロナで延期になっていた撮影がニューヨーク部分だったんですよね。結局行けないので」

森谷P
「公会堂の写真を見せたんですよ。内田さんに。「これニューヨークに見えますか?」

内田監督
「僕昔、ニューヨークに住んでいたので。「見える」と。愛知県の外国人を全員集めて」

森谷P
「松岡さんにもご協力いただきましたよね。名古屋にいらっしゃった外国人の方が集合してくださったので、ほとんど非英語圏の方々でしたけど(笑)。でも最後に、一果が踊る審査の横顔の皆さん、めちゃくちゃ緊張感を作れていて」

oishii4

松岡さん
「本当にニューヨークに見えちゃいましたね。マジックですね」

森谷P
「あれは東京で外国人の皆さんを集めると「見たことある!アンビリバボーで」とかそういう人が映っちゃうんですよ(笑)」

松岡さん
「そっか。タレントさんで活躍しちゃっているから(笑)」

森谷P
「これ絶対ニューヨークじゃないなと思われるんですよ」

愛知を撮影の街に

松岡さん
「豊田でも撮影が始まったりとか」

森谷P
「すごいですね」

内田監督
「映画の自治体としてもう突き進めばいいんじゃないですかね、愛知は」

松岡さん
「そうですね。おいしい映画を作ってください。内田さん」

内田監督
「いいですね。食べ物がおいしいしね、愛知、豊橋とか入れば」

森谷P
「これが映画祭なんです」

松岡さん
「その場で企画を言っちゃうというね、ステージ上で監督と約束をすると大体実りますね」

内田監督
「そういう映画祭文化があるけど、日本では消えかかっているので、松岡さんと豊橋の皆さんにかかっています」

松岡さん
「わかりました。名古屋めしは茶色いとか豊橋も茶色か」

森谷P
「もう作ろうとしている人もいらっしゃるんでしょうね。愛知県はどこからも近いから。実は日本の中心なんですよ」

松岡さん
「知ってますよ。三英傑がいますから(笑)」

森谷P
「そして撮影ウェルカムです!ってやってくれればいろんな映画人が愛知県を好きになって、名古屋を好きになって豊橋を好きになってという風になっていくと思います」

松岡さん
「楽しみにしておりますので、よろしくお願いいたします。おいしい映画祭、今年は初年度だったのであまり浸透しなくて」

内田監督
「いやこんなもんです。湖畔の映画祭は1年目で台風直撃くらって、台風の中でみんなで固まって映画を観てましたよ」

森谷P
「僕湖畔の映画祭で台風の中で『カメラを止めるな!』を見ました」

松岡さん
「『カメラを止めるな!』はさぬき映画祭から始まって映画祭でヒットして、火がついていきましたよね」

松岡さん
「最後にお二方から一言お願いします」

森谷P
「本日はどうもありがとうございました。おいしい映画祭が始まって、とにかくよかったなと思うのと、先程も言いましたけれども、愛知県を本当に撮影の街にしていった方がいいなって内田監督もおっしゃってましたけど思うので、撮影しておいしい映画祭に僕たちもまた帰ってこれるようにと思っていますし、また2人で作る映画を期待していただければ、楽しみにしていただければと思います」

内田監督
「映画祭はめちゃめちゃ重要で、映画祭でしかデビューできない人っていっぱいいるんですよ。僕もそうでしたけど。テレビ局員でもないし、何のバックボーンもない人が唯一出られる場所が映画祭。僕も初めて行ったのがアメリカの映画祭なんですけど。インディーズ映画をかけて、お客さんも本当に2、3人からスタートして凹んでいた時に、映画祭に行って。僕はアメリカテキサスの映画祭のトイレで、映画を見た人からメモをもらったんですよ。「映画良かったよ、頑張ってね」と。見ず知らずのおっさんだったんですけど。それで映画続けようかなって思った思い出があって。映画祭というのはやっぱりそういうものだと思うんですよね。映画祭でしかスタートできない人たちもいるので。ただそれが危機に段々なってきていますね。日本は特に。海外は逆にもっとね、お金、税金を入れるようになっているんですけど、日本の場合は縮小傾向にあるんです。その中での映画祭で、若手をどんどん育ててほしいと思います。なのでぜひ頑張ってほしいし、皆様に応援していただきたいと思います」

左:森谷雄プロデューサー 右:内田英治監督

左:森谷雄プロデューサー 右:内田英治監督

-EntaMirage!, Entertainment, Movie
-

おすすめの記事はこれ!

badcity11 1
コワモテなの?コワオモテなの?(映画『BAD CITY』名古屋舞台挨拶 小沢仁志さん、小沢和義さんトーク)

映画『BAD CITY』の公開記念舞台挨拶が1月28日、名古屋ミッドランドスクエ ...

himitsu_main 2
第70回CINEX映画塾 映画『ひみつのなっちゃん。』先行公開記念舞台挨拶トークレポート

映画『ひみつのなっちゃん。』愛知・岐阜先行公開記念舞台挨拶が1月8日にCINEX ...

yajyu1 3
1990年代の釜山を舞台に抗争を描く韓国ノワール。チョン・ウが新たな顔を見せる(映画『野獣の血』)

韓国での劇場公開時に初登場1位を記録するヒットとなったベストセラー作家チョン・ミ ...

Sekaboku1 4
ぶつかり合う親子の関係に愛を感じて(映画『世界は僕らに気づかない』)

大阪アジアン映画祭2022コンペティション部門で「来るべき才能賞」受賞 を受賞し ...

PSX_20221230_171442 5
映画『ひみつのなっちゃん。』愛知・岐阜舞台挨拶決定!! ロケ地マップも配布スタート

1/6(金)愛知・岐阜先行公開の映画『ひみつのなっちゃん。』の舞台挨拶が決定した ...

famiria1 6
人種も国籍も超えて。仲間として共に生きる(映画『ファミリア』)

一族や家族を大事にしてきた歴史がある日本だが、地縁関係は年々薄くなっている。周り ...

kanfu1 7
香港アクション映画を支えたスタントマンの歴史と真実を語るドキュメンタリー(映画『カンフースタントマン 龍虎武師』)

どうしてこんなに体がしなやかに動き、高く飛んだり、回ったり出来るんだろうと昔の香 ...

tobenai3 8
心の傷を癒すのは島の人々のあたたかさ(映画『とべない風船』)

広島発。豪雨災害後の瀬戸内海の島を舞台に傷ついた心の癒しと再生を描いた映画『とべ ...

keiko1 9
決して器用とは言えないケイコの生き方に共感(映画『ケイコ 目を澄ませて』)

岸井ゆきの。変幻自在の女優である。時にはとてもかわいらしく、時に饒舌で、時には物 ...

oishii6 10
おいしい映画祭2022 初日レポート② 映画クラス 内田英治監督×森谷雄プロデューサー

12月2日~4日に渡り名古屋ミッドランドスクエアシネマでおいしい映画祭が開催され ...

ala2022_5 11
アーラ映画祭2022レポート(映画『いとみち』横浜聡子監督トーク)

可児市文化創造センター アーラで毎年行わなれているアーラ映画祭が今年も11月5、 ...

watakano4 12
あの日、あの時の私。菜 葉 菜が4人の主人公を演じる短編映画集(映画『ワタシの中の彼女』)

こんなにコロナ禍が長く続くなんて2019年には考えてもいなかった。 2022年の ...

★IMG_0238 13
誰もが主役。名もなきエキストラとしての人生とは 監督集団「5月」(関友太郎監督、平瀬謙太朗監督、佐藤雅彦監督)インタビュー(映画『宮松と山下』)

東京藝術大学大学院映像研究科佐藤雅彦研究室を母体とした監督集団「5月」から生まれ ...

oishii 14
おいしい映画祭 12月2日~4日 名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催!

2022年12月2日(金)〜4日(日)の3日間、名古屋駅前ミッドランドスクエアシ ...

Print 15
11/20〜11/26 NAGOYA CINEMA Week2022 with SDGs 開催!

「映画」で心を動かそう 持続可能なまちづくりを目指す名古屋市を舞台に、映画をメイ ...

achira 16
寺島しのぶ×廣木隆一監督再び。瀬戸内寂聴の半生をモデルにした作品が映画化(映画『あちらにいる鬼』)

瀬戸内寂聴。作家でもあり、たくさんの人たちに僧侶として講話をしてきた彼女は202 ...

watashi 17
近くて遠い。だから苦手。でも母親。(映画『わたしのお母さん』)

切っても切れない関係・親と子。あなたは親のことを好きと言えるだろうか。 11月1 ...

tsuchi2 18
素朴でおいしい。そんな料理を一緒に食べられたら。(映画『土を喰らう十二ヵ月』)

料理研究家の土井善晴さんが映画に挑むことで公開前から話題になった映画『土を喰らう ...

syayou1 19
太宰治の名作が再び映画化(映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』)

太宰治。戦後、流星のごとく現れ、数々の傑作小説を生み出し早逝した天才作家である。 ...

kyuri1 20
キュリー夫人の波瀾の生涯を描く(映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』)

キュリー夫人。キューリ夫人と小さい頃に一度は見間違え、だからこそ逆に名を覚える世 ...

PSX_20220930_230718 21
35ミリフィルムで鑑賞後の楽しいトーク(松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』)

松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』上映&トーク ...

main 22
待ち続けることは信じること(映画『千夜、一夜』)

今の時代の人たちは待ちぼうけをどのくらいまでしているのだろう。スマホで気軽に連絡 ...

yoakemade5 23
仕事も家もお金もない。でも助けてとは言えない(映画『夜明けまでバス停で』)

深夜のバス停。もう明日の朝までバスは来ない。バス停のベンチで旅行に行くかのような ...

kikori1 24
第68回CINEX映画塾『木樵』宮﨑政記監督、面家一男さんトークレポート 

第68回CINEX映画塾『木樵』が10月1日、岐阜CINEXで開催された。『木樵 ...

koubo_ 25
MIRAGE THEATRE 来年の上映に向けて 短編作品上映開始

Cafe mirageと岐阜の喫茶星時がコラボして不定期開催中の1日だけのインデ ...

PSX_20220930_230718 26
35ミリフィルムで鑑賞後の楽しいトーク(松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』)

松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』上映&トーク ...

ポスター01 27
飛騨の地と共に木樵として生きる(映画『木樵』)

岐阜県飛騨地方は9割が山林に覆われている。この飛騨地方で約50年間、木樵の仕事で ...

IMG_20220916_162130 28
舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を観に行ったので、観る前にやっておくといいかもしれないことを書きました

現在、東京 TBS赤坂ACTシアターでは舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」をロン ...

20220828170445_IMG_4777_ 29
第66回CINEX映画塾 映画『島守の塔』五十嵐匠監督 トークレポート

第66回CINEX映画塾が8月28日岐阜CINEXで開催された。上映作品は『島守 ...

deku1 30
あいち国際女性映画祭 映画『でくの空』トークレポート&林家ペーさんインタビュー

名古屋 名演小劇場で9月23日から公開される映画『でくの空』。埼玉県秩父市、寄居 ...

0714_GCW_B1poster_outline 31
生きるために。狂える人々の終わらない争い(映画『グッバイ・クルエル・ワールド』

とにかくぶっ飛んでいる。まともな奴はほとんどいない。ノリのいいノワールものが久し ...

ala2022 32
アーラ映画祭2022 ラインナップ発表!今年は4日間6作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2022の全ラインナッ ...

配給:ハピネットファントム・スタジオ © 2022「この子は邪悪」製作委員会 33
真実を知れば知るほど信じたくない…ありえない(映画『このこは邪悪』)

『嘘を愛する女』、『哀愁しんでれら』か映画化されたオリジナル作品の企画コンテスト ...

horuonna9 34
映画『掘る女  縄文人の落とし物』名演小劇場トークイベントレポート

映画『掘る女 縄文人の落とし物』公開記念トークイベントが8月21日名古屋 名演小 ...

zenbubokuno3 35
相手のことをちゃんと想像できるような人になりたい(映画『ぜんぶ、ボクのせい』松本優作監督 インタビュー)

現在公開中の映画『ぜんぶ、ボクのせい』。 母親に会うために児童養護施設を飛び出し ...

36
スリリングな148のツイート。真実は物語より奇なり。48時間の悪夢を映画化(映画『Zola ゾラ』)

2015年、Twitterに投稿され、大きな話題となったスリリングな148のツイ ...

horuonna1 37
縄文に魅せられ汗だくになって発掘作業をする「掘る女」に密着したドキュメンタリー(映画『掘る女 縄文人の落とし物』)

昔、考古学に憧れて、真剣にその方面の大学に進学しようと考えたことがある(いろいろ ...

theater2022_2 38
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭 Aプログラム舞台挨拶レポート

名古屋・清水口のシアターカフェでは移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭が今 ...

gyakkou3 39
第64回CINEX映画塾『逆光』須藤蓮監督トークレポート

第64回CINEX映画塾『逆光』が7月16日岐阜CINEXで開催された。監督、主 ...

IMG_20220727_134705 40
あいち国際女性映画祭2022 開催決定!今年は31作品上映

あいち国際女性映画祭2022の記者発表が7月27日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

mugen1 41
只見線とともに奥会津でみる美しい景色を守るために(映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』)

日本のローカル線は赤字路線が多く、毎年存続の危機に瀕しながらその土地で生活する人 ...

CVS4 42
コンビニは異世界!?コンビニで起こる不思議な出来事(映画『コンビニエンス・ストーリー』三木聡監督インタビュー)

日本のコンビニエンスストアとはとても便利な店である。値段は定価だが、大体何でも揃 ...

theaterC6 43
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭上映作品決定!

名古屋のシアターカフェが大須から清水口に移転、リニューアルオープン2周年を記念し ...

hakai_main_B2poster 44
島崎藤村の名作が60年ぶりに映画化 自分らしく生きるとは?(映画『破戒』)

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた、 ...

IMG_20220705_185811_573 45
映画『逆光』須藤蓮監督、脚本家渡辺あやさんインタビュー 岐阜柳ケ瀬 再会から夏祭り×映画という企画が生まれた 

名古屋で上映されることはあっても、岐阜の映画館で上映されるミニシアター系の映画は ...

mikaeri1 46
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 47
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 48
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 49
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 50
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 51
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 52
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 53
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 54
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 55
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 56
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 57
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 58
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 59
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 60
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 61
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 62
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 63
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 64
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 65
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 66
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 67
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...