Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! mirageなお客様 Movie

artegg-yumi監督&AKIRA監督インタビュー「お互いがいたからこそ」①

以前、名古屋大須のシアターカフェでの上映会で
題材が面白くていいと思い、楽しく鑑賞した『ERASER WARS』。
どんな監督が作ったのだろうと思っていたら
舞台挨拶に立ったのは中学生監督のAKIRA監督13歳だった。

自分が空想していたことを作品にしたと言うのだが
なかなか形にすることまではこの年齢では持っていけない。

どういう環境で育ったのだろう?
誰が彼をそうさせたのだろう?

横浜で11月11日から上映するための準備を行っている
AKIRA監督を取材しようとAKIRA監督の経歴を調べたところ
先に俳優として映画に出演している作品があった。
『こうたろう イン スペースワンダーランド』
AKIRAさんの母親であるartegg-yumi監督が製作した作品だ。
この作品も11日から上映されるらしいと聞き、母子二人を取材した。
yumi監督からは技術的な部分もかなり細かく聞くことができた。

『こうたろう イン スペースワンダーランド』はこうして出来上がった

『こうたろう イン スペースワンダーランド』 ストーリー
時は2200年。
ミゴット星人のこうたろう7歳と子守ロボットのポンちゃんは、
小型のイルカ型宇宙船で旅をしている。
ある日、新しい冒険を求めてチョコレート星に降り立つが、
なんと全土を揺るがすほどの大事件が起きていた。
そこで出会った友達のWAVEくんと一緒に、解決の為、立ち上がる。

 


Q.普通に実写映画も撮られている監督が主人公以外フルCGでの撮影に

取り組んだのはどういうきっかけだったのでしょうか?

yumi監督
実写は最初2000年の頃、SONYの8mmビデオカメラ「CCD-TR75」で
2年ぐらい音楽家の演奏撮影をしていました。
編集はせず、そのままビデオテープに落としていたぐらいです。
2007年より8cmDVDを使用する「CANON DM-DC10」で音楽PVなどを製作しました。
AVI形式にしたくて、撮影後毎回2度変換しました。
ilinkケーブルから直でパソコンに映像を取り込めることを知ったのはこの頃です。

Adobeは主に授業の関係で「After Effects」をメインに触っていました。
当然、長編映像には動作が重くて、のちに「Premiere」を使うようになりました。
初期の短編映画は人形アニメーションや人間が出てくるものを撮っていましたが、
いずれも背景は合成したものが多かったです。あとは2D系のCGを重ねたりしています。
この頃、合成用に利用したグリーンバックは安価な市販品の布を中心に利用していました。
光量が不足していたせいもあり、抜きが弱かったです。
3DCGにおいては私個人の技術では、なかなかアカデミック版autodeskの「MAYA」を
使いこなすことができなくて、数年間モデリングをメインに時間をかけました。
.objや.fbxなどの互換可能な形式を使い、「CINEMA 4D」をメインに「MAYA」、
「Shade」、「3D MAX」を使用しました。

そして、最後に完成した映像を「Premiere」に入れて編集しました。
製作に時間がかかったので、その間、何度もソフトのバージョンが変わりました。
協力してくださる方とのやり取りはインターネットがメインなので、
私はインターフェース的な役割をしながら監督、宣伝・制作プロデュースを行いました。
勉強しながら、色んな方々のアドバイスを聞きながらの進行だったのでカット割などは
甘い部分もありました。

Q.全編CGというのはでは、これが初めての作品なんですね。

yumi監督
完全に背景・キャラクターまで合成のCGワールドで長編を製作したのは、
この作品が初めてです。
もともと、80s系などのSF、特撮、アニメが大好きだったのもあり、
『こうたろう イン スペースワンダーランド』では現実とは少し離れたような、
夢や希望をいっぱい詰め込んだ今まで以上のファンタジー感が強い作品にしたくて。
自主制作映画でこの規模のものをこの時代に完成させることができたのは、
自分が無謀でいられたから、そして総勢130人、みんなの協力があったからだと思っています。

Q.キャラクターはどのように生まれたのでしょう?

yumi監督
子守型ロボットの「ぽんちゃん」については、ロボットは不滅に近い命を持っているので、
"いつまでも宇宙人である少年の側で一緒に楽しく冒険が続けられるのでは?”
という気持ちから産まれました。大きな意味でのみんなのお母さん的な存在です。
原案デザインは私ですが、沢山の方々の協力で命が吹き込まれました。

友達ロボットでダンスが大好きな真面目な青年「WAVEくん」のデザインは
息子のAKIRAがやっています。
彼がデッサンしたものを原案にして、私がまとめたものを漫画家さんや
アニメーターさん達がみんなで協力してくれて、今の素敵な彼になりました。
手描きの、息子用に作った絵本から誕生した2人は、
主人公の少年を含め3人で冒険をする映画になりました。

現在この2つのキャラクター(ぽんちゃん・Waveくん)は、金型から日本国内製造で
ソフビフィギュア化しました。3DCGデータがあるので、3Dプリンタで出力することも
出来るのですが、あえて3Dプリンタで原型を出さずに、
動画を参考に人の手で製作して頂きました。
海外では同じ価格で1000体作れるところを完全日本国内製造で作りました。
特に、ぽんちゃんはこだわりを重ね、全16パーツで成型しています。
一般的な大人向け着せ替え人形は6パーツです。
Waveくんも、特殊な頭部のフォルムを美しく見せる為、全8パーツで
くみ上げられています。
他に、同型で植毛加工を施しているダイアモンドもいます。
いずれも限定品で東京都美術館でも大人気でした。
現在ニューヨークのTOY TOKYOさんや、日本のOneup.さんで取り扱って頂いています。

Q.AKIRAさん以外全てCGです。撮影の時は実際にはいない登場人物との
芝居をしてもらわなければいけなかったと思いますがどんな段取りで
撮影したんでしょうか?

yumi監督
脳内で空間を認識し、目線の方向だけ毎回伝え、あとは想像力だけで
イメージしてもらっていました。
数年後に出た実写版『ジャングルブック』のような、等身大模型みたいなものは一切なく、
ただバックに緑の紙が貼ってあるだけでした。
台詞のタイミングのみ素人の子供なので、アニメキャラクターの役の声優のおねえさん達が
毎回同録で左右にいてくれました。
スタジオは最初、愛知県のスチールスタジオで試しましたが、時間の制約と
子役の年齢に対する距離で長期の撮影が難しいと思い諦めました。
次に、三重県でワンルームを2回借りてテストしましたが、
こちらも録音などの環境で断念。次に身近なフィルムコミッションが
有料で紹介してくれた施設があったのですが、体育館サイズの窓からくる
外の光を毎回遮断しなくてはいけないのと、1階からのカラオケが止まらないので断念。
結局全編自宅寝室での撮影でしたので狭くて申し訳なかったです。

撮影は、毎回ベッドをどかし、スタンドを組み立ててライトをはめたりして
準備するところから始まりました。こちらの音声はアフレコせず、
カメラ付属のDolbyでそのまま撮りました。カラスの声や、近所であった工事の音が
入り込まないかハラハラでしたが子役は成長するので撮り直しが難しいため、
全行程の中で一番スピードを上げてこなしました。

撮りためた映像を4人でそれぞれキーイングし、完了したものから
アニメーターさんに送ります。
上手くキーイングで抜けない部分もあり、その場合は丁寧に手作業を行いました。
(キーイング:映像編集技術の一つ。色や明暗の違いを利用して
映像の一部を取り除いたり切り出したりすること。)
1秒間で30フレームなので、5秒分を手作業でやると、
150回設定をしなければなりません。
結局クオリティの問題で、撮影したデータを3回ぐらいキーイングし直し、
合成まで完了した映像の全編確認も入れて各シーン毎3~4回ずつ高品質で
レンダリングしました。
(レンダリング:形成した立体物に色や陰影を付けること。)
日本の様々な場所に住む複数のクリエイターでクラウドの共有サーバーを使って
やりとりをしました。高画質データのアップロード、レンダリングは
本当に時間がかかるので、みんな大変だったと思います。
HDDを直で送りあうこともありました。クオリティが低くても、完成させるという
モチベーションだけはあったのですが、最終的に見ていただけるぐらいの形にはなり、
本当に奇跡が起きた。良かったと思っています。
各クリエイター様への深い感謝なしには語れません。

出演したAKIRAさんにも作品について聞いた。

Q.お母さんの作品『こうたろう イン スペースワンダーランド』に
出演したきっかけはどんなことからだったんですか

AKIRAさん
ものづくりが大好きなお母さんだったので、一緒にいろんなものを作りました。
クッキーも作りましたし、牛乳パックなどを使って作るおもちゃも作りました。
小さかったのであまり覚えていないのですが、一緒に内容を考えたりしているうちに、
「おもちゃ買ってあげるから映画に出てくれない?」と言われたような(笑)。

Q.AKIRAさん以外全てCGです。撮影の時は実際には
いない登場人物との芝居をしなければいけなかったと思いますが
どんな感じで撮影したんでしょうか?

AKIRAさん
想像するしかなかったです。チョコレートやパンケーキは実際食べました。
感情的な演技をする時が一番大変でした。
毎週土日のどちらかを使っての撮影だったんですが
おじいちゃんに突然前髪を切られた時はこまりました。
映像が繋がらなくなってしまうので…。
また、撮影時、歯が入れ替わり抜けた時は、アニメーターさんが
歯を動画に合成してくださって驚きました。

Q.出演するのと映画を撮るのとではどちらが今はやりたいですか?

AKIRAさん
物語を考えるほうが好きなので撮る側に興味を持っています。

インタビュー後編ではAKIRA監督の『ERASER WARS』について聞いた。
そちらもご覧ください。

Q.これから観る方へ見所を教えてください。

yumi監督
ほっこり優しく、かわいらしい世界観で製作したので、
大人から子供まで楽しめる作品です。主人公の少年が問題を解決するために、
勇気をもって立ち向かっている様子を見てほしいです。
感情の高ぶりをよりクライマックスにぶつけていくために、
あえて全編順撮り撮影をしています。

また、実際にあるロボット教室のブロックを使用しての作品ですので、
ワクワクする気持ちになれるのではと思います。

Q.どちらのブロックなんですか?

yumi監督
マーゼンプロダクツさんのアソブロックと
ヒューマンキッズサイエンスさんのロボット教室のブロックです。

 

    artegg-yumi監督artegg-yumi監督

Q.これからどんな作品を作ろうと思っていますか?
または制作中の作品があれば教えてください。

yumi監督
現在、編集段階に入っているものは、実写のLGBT系作品です。
それが完成したら長い間構想していたアニメーション作品を作る予定です。
新しい音楽アルバム、写真集も制作しています。
来年以降は関わる作品数を減らし、より集中して制作していけたらと思っています。
随時、公式サイトやFacebook、Twitter、インスタ、アメブロ、Youtubeなどで
告知していく予定です。

インタビュー後半へ続く

-EntaMirage!, mirageなお客様, Movie

おすすめの記事はこれ!

IMG_20220916_162130 1
舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を観に行ったので、観る前にやっておくといいかもしれないことを書きました

現在、東京 TBS赤坂ACTシアターでは舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」をロン ...

20220828170445_IMG_4777_ 2
第66回CINEX映画塾 映画『島守の塔』五十嵐匠監督 トークレポート

第66回CINEX映画塾が8月28日岐阜CINEXで開催された。上映作品は『島守 ...

deku1 3
あいち国際女性映画祭 映画『でくの空』トークレポート&林家ペーさんインタビュー

名古屋 名演小劇場で9月23日から公開される映画『でくの空』。埼玉県秩父市、寄居 ...

0714_GCW_B1poster_outline 4
生きるために。狂える人々の終わらない争い(映画『グッバイ・クルエル・ワールド』

とにかくぶっ飛んでいる。まともな奴はほとんどいない。ノリのいいノワールものが久し ...

ala2022 5
アーラ映画祭2022 ラインナップ発表!今年は4日間6作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2022の全ラインナッ ...

配給:ハピネットファントム・スタジオ © 2022「この子は邪悪」製作委員会 6
真実を知れば知るほど信じたくない…ありえない(映画『このこは邪悪』)

『嘘を愛する女』、『哀愁しんでれら』か映画化されたオリジナル作品の企画コンテスト ...

horuonna9 7
映画『掘る女  縄文人の落とし物』名演小劇場トークイベントレポート

映画『掘る女 縄文人の落とし物』公開記念トークイベントが8月21日名古屋 名演小 ...

zenbubokuno3 8
相手のことをちゃんと想像できるような人になりたい(映画『ぜんぶ、ボクのせい』松本優作監督 インタビュー)

現在公開中の映画『ぜんぶ、ボクのせい』。 母親に会うために児童養護施設を飛び出し ...

9
スリリングな148のツイート。真実は物語より奇なり。48時間の悪夢を映画化(映画『Zola ゾラ』)

2015年、Twitterに投稿され、大きな話題となったスリリングな148のツイ ...

horuonna1 10
縄文に魅せられ汗だくになって発掘作業をする「掘る女」に密着したドキュメンタリー(映画『掘る女 縄文人の落とし物』)

昔、考古学に憧れて、真剣にその方面の大学に進学しようと考えたことがある(いろいろ ...

theater2022_2 11
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭 Aプログラム舞台挨拶レポート

名古屋・清水口のシアターカフェでは移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭が今 ...

gyakkou3 12
第64回CINEX映画塾『逆光』須藤蓮監督トークレポート

第64回CINEX映画塾『逆光』が7月16日岐阜CINEXで開催された。監督、主 ...

IMG_20220727_134705 13
あいち国際女性映画祭2022 開催決定!今年は31作品上映

あいち国際女性映画祭2022の記者発表が7月27日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

mugen1 14
只見線とともに奥会津でみる美しい景色を守るために(映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』)

日本のローカル線は赤字路線が多く、毎年存続の危機に瀕しながらその土地で生活する人 ...

CVS4 15
コンビニは異世界!?コンビニで起こる不思議な出来事(映画『コンビニエンス・ストーリー』三木聡監督インタビュー)

日本のコンビニエンスストアとはとても便利な店である。値段は定価だが、大体何でも揃 ...

theaterC6 16
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭上映作品決定!

名古屋のシアターカフェが大須から清水口に移転、リニューアルオープン2周年を記念し ...

hakai_main_B2poster 17
島崎藤村の名作が60年ぶりに映画化 自分らしく生きるとは?(映画『破戒』)

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた、 ...

IMG_20220705_185811_573 18
映画『逆光』須藤蓮監督、脚本家渡辺あやさんインタビュー 岐阜柳ケ瀬 再会から夏祭り×映画という企画が生まれた 

名古屋で上映されることはあっても、岐阜の映画館で上映されるミニシアター系の映画は ...

mikaeri1 19
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 20
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 21
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 22
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 23
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 24
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 25
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 26
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 27
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 28
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 29
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 30
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 31
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 32
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 33
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 34
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 35
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 36
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 37
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 38
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 39
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 40
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...