Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

20171020_175237

EntaMirage! Movie

涼夏のこれが今ツボ④ 映画『ひかりのたび』(ネタバレあり)

親と子。親にとって子はいつまでも子であり、
子にとっていつまでも親は親。

昨今のニュースで子の不祥事に親が頭を下げるのを見ては
大人だから個人の責任というのはわかっていても
親が頭を下げるというのが日本の昔からの伝統、慣習なのだと
感じずにはいられない。
そして同じように親の行動で子の居場所がなくなるということがあるのも
昔から変わらない。

最近偶然にもモノクロの映画を立て続けに見た。
フランス映画『婚約者の友人』、そして『ひかりのたび』。

『ひかりのたび』
現在名古屋今池にある名古屋シネマテークで上映している。
田舎の町でやや強引に不動産売買の仕事をする父親・植田とその娘・奈々の物語。

ただその強引さはあまりこの作中では植田自身からは見えてこない。
出てくる登場人物の植田に対する言動や態度、
嫌がらせからわかってくる。
この男は秘密裏に暗躍して手に入れるタイプなのだ。

その嫌がらせを娘も薄々はわかっているのに
この町が好きで父親が東京に戻ると言っても戻ろうとはしない。

海外からやって来て大金を積んでもいいからここで住みたいという人々のために
田舎の土地や家屋を持ち主から譲渡させようとする植田。
大金の先に見えるその人たちの思いを感じる男は国籍など気にせず
その思いを叶えようと奔走しているがそれは一方で強引な取引でもある。

父親の仕事の都合であちこち転校してきた奈々は
今までの中で一番長く住んでいるその町を
自分の生きる町と決めた。

ある死を利用してこの町で父が暗躍し始めたと知っても
揺るがない故郷に残るという思い。

生きづらい町かもしれない。
父親がしたことはまだまだ町で語り継がれる。
しかしそれも全て受け入れて生きる。

最後の父娘の笑顔。
たまらなかった。
あのタイミングの笑顔は親しい関係にしかわからない。

この作品は伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2015グランプリ受賞作品。
今回が商業作品デビューで監督脚本を担当した澤田サンダーさんの脚本の構成は
見ているとそれぞれのシーンがバラバラのように見えて最後にはきっちりつながる。
台詞の内容に説明がない。どうしても台詞で説明してしまう脚本も多いが
それがなく進み、後半で種明かしがやって来る。

日本の田舎の風景がモノクロで描かれているわけだが先に見た
『婚約者の友人』とは全く違ったモノクロであり、
絵本作家としての顔を持つ澤田監督の作るモノクロ世界は非常に興味深かった。


伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞の作品をここ数年見続けており、
今年も観に来てよかった。
山田真歩さんが出演されているのもあって観に来たのだが
植田役の高川裕也さんと浜田晃さんの大人の会話のやりとりとその間を最後まで楽しんだ。
高川さん、いい声だなあと思ったらカンブリア宮殿のナレーションの方…。(;´д`)
しかも無名塾出身。存じ上げず申し訳ない。

劇場で老夫妻が上映後に澤田サンダー監督と
植田役の高川裕也さんのサインを見つめていた。
じっくりと今日は鑑賞されたに違いない。

親は子を思い、子は親を思う。
この映画のラストシーンの後で観ることが出来た素敵な光景だった。

『ひかりのたび』(http://hikarinotabi.com/)は
名古屋シネマテークで現在公開中(21日からは20時30分からの上映。)

大須のシアターカフェでは12月23日から澤田サンダー監督作品を特集上映する。
商業デビュー以前の短編作品が上映されるのでこちらも是非チェックしてほしい。

『ひかりのたび』公開記念 澤田サンダー監督特集上映

上映スケジュール
12/23(土) 15:00B/17:00A
12/24(日) 15:00A/17:00B ※舞台挨拶等情報は更新していきます

料金 1プログラム1000円
Aプロ(2 作品 87 分)
『惑星のささやき』 (2011 年/73 分)
『私は知ってる、私は知らない』(2013 年/14 分)

Bプロ (3 作品 86 分)
『劇場的、かつ遊戯的なもの』(2014 年/57 分)ドキュメンタリー
『ECHO』(2014 年/14 分)
『謎のワークショップin AOMORI』(2016 年 6 月/15 分)

※舞台挨拶情報はシアターカフェブログで更新予定。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

cake1 1
彼が愛したものを求めて(映画『彼が愛したケーキ職人』)

『彼が愛したケーキ職人』 タイトルだけを見たとき、単純に最近多いグルメ映画かと思 ...

TMWIC 1762.tif 2
名作「クリスマス・キャロル」に隠された作者の過去と葛藤の日々(映画『Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男』)

ハロウィンが終わると日本はクリスマス商戦に向かって様々な業界が一斉に模様替えを行 ...

jyu3 3
銃に魅せられて(映画『銃』舞台挨拶レポート&武正晴監督、奥山和由プロデューサーインタビュー)

これは偶然銃を見つけてしまった男の話。 これは銃に見つけられてしまった男の話。 ...

ozland2 4
夢があふれる遊園地で働くお仕事とは(映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』波瑠&西島秀俊インタビュー)

熊本にグリーンランドという大きな遊園地があることを知っていますか? グリーンラン ...

gokko1 5
親子の証とは何か かりそめの親子のささやかな時間(映画『ごっこ』)

千原ジュニア主演、熊澤尚人監督で製作された映画『ごっこ』が公開されることになった ...

garosakura1 6
薄墨桜に宿る長年の思いとは(映画『薄墨桜-牙狼-』)

長年根強いファンに支えられ続く『牙狼-GARO-』シリーズ。特撮、アニメ、パチン ...

idou_1 7
岐阜・可児市で滞在して製作する舞台(アーラコレクション Vol.11『移動』製作発表レポート)

可児市文化創造センターalaで稽古し、開幕する舞台「アーラコレクション」が今年も ...

netemo3 8
日常の中の非日常な恋に落ちて(映画『寝ても覚めても』東出昌大さん、濱口竜介監督インタビュー)

昔突然消えた恋人とそっくりな男が目の前に現れて自分を好きになってくれたらあなたは ...

syottan1 9
しょったんが開いた将棋界への新たな扉(映画『泣き虫しょったんの奇跡』)

人生の様々な時間に出会った相手からの一言が自分の記憶に深く残っていることはないだ ...

received_1906226122756449 10
地域×映画ー自分の街での映画作りの可能性(『MACHI×FILM GO!GO!「Life works」6作品上映&トークセッション』)

8月5日岐阜県可児市文化創造センターで『ROCKFILLJAM2018』が開かれ ...

恋する小説家 11
『カメラを止めるな!』上田監督の短編もチェックしよう!

現在名古屋シネマスコーレで上映中の『カメラを止めるな!』は連日チケットが速攻完売 ...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 12
第18回CINEX映画塾『パンとバスと2度目のハツコイ』深川麻衣トークショーレポート

7月1日岐阜CINEXにて第18回CINEX映画塾が開催された。作品は『パンとバ ...

room6 13
映画『ルームロンダリング』×池田エライザ トーク&インタビュー at 名古屋

6月5日名古屋PARCOで【映画『ルームロンダリング』×PARCO SWIM D ...