Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

ala2022_5

EntaMirage! Entertainment Movie 岐阜推し!

アーラ映画祭2022レポート(映画『いとみち』横浜聡子監督トーク)

2022/11/28

可児市文化創造センター アーラで毎年行わなれているアーラ映画祭が今年も11月5、6、13、14の4日間で行われた。

上映作品は『浜の朝日の嘘つきどもと』、『いとみち』、『すばらしき世界』、『そして、バトンは渡された』『映画 太陽の子』、『梅切らぬバカ』。

この作品の選考と映画祭の運営はアーラ映画祭実行委員会の手で行われている。
ゲストの選考も実行委員会で行い、今年は『浜の朝日の嘘つきどもと』のタナダユキ監督、『いとみち』の横浜聡子監督が来場し、上映後トークが行われた。

13日に映画祭を取材したレポートをお送りする。

ala2022_6

実行委員会の動き

9:00
実行委員会メンバーが上映会場である映像シアターに集まり始める。
受付準備。
コロナ禍では必須の消毒、検温器の設置も。

9:15
一回目の上映の役割分担について確認。

9:30
開場。順番にお客様を迎える。

10:00
上映開始
チケット受付数が実際の販売数よりすくないため、遅れてくるお客様を待つ。
上映チェック担当は映写室で上映トラブルがないように終わるまで確認を続ける。

10:30
受付待機者を残し、映画祭の過去の記録を展示するため、数人が和室へ移動。もちよりシネマ設置と、午後、翌日用のアンケートなどお客様にお渡しするパンフレットなどを用意。

11:00
ゲスト担当が横浜監督と打ち合わせ

上映後
横浜聡子監督を迎えて、トーク。
タイムキーパーが最前列で時間の確認。記録係がトークの様子を写真に収める。
お客様から質問を受け付けるため、マイク係も待機。

(横浜聡子監督トークレポートは最後に記載)

トーク終了後
お客様のお見送り。忘れ物確認、座席の消毒。
横浜聡子監督と記念写真撮影。

12:50
午後も担当する人は昼食をとる

13:20
午後の上映担当、集合。分担確認。

13:30
開場。雨が降ってきたので、傘立てを用意。

14:00
上映開始
チケット受付数が実際の販売数よりすくないため、遅れてくるお客様を待つ。
上映チェック担当は映写室で上映トラブルがないように終わるまで確認を続ける。

上映終了まで、映画雑談をしながら待機。

上映終了後
お客様のお見送り。忘れ物確認、座席の消毒。

夜の回は18:30集合のため、明日の映画雑談会の準備後、夜の担当は待機。

今年新たに企画された映画雑談会は映画を観た方が感想を話したり、アーラ映画祭実行委員と交流を図る企画だ。どんなことを感じたか、映画祭に何を求めているかがアンケート以外に聞くことが出来る貴重な場となった。

ala2022_7

アーラ映画祭実行委員会は完全ボランティアな人たちの集まりだ。映画館のない可児市でいい映画を観てほしいという思いで毎年選考を行っている。

今年の映画祭が終わったら、また来年へと動き出す。一緒にやってみたいという方はぜひアーラ映画祭の公式SNS(以下参照)へ問い合わせて欲しい。

LINE公式アカウント

Twitter公式アカウント

Instagram公式アカウント

Facebook公式アカウント

 

 

横浜聡子監督トーク

横浜聡子監督(以下 横浜監督)
「ご覧いただきましてありがとうございます。この映画は去年劇場公開されまして、岐阜県内でも上映されたと思うんですけれども、見逃された方も多くて、今日初めて観たという方が多いかもしれません。こうして1年経ってまたアーラ映画祭で上映していただけて本当に嬉しいです」

ala2022_2

Q.『いとみち』は越谷オサムさんの同名小説の映画化ですが、今回映画化されようと思った経緯を教えてください

横浜監督
「最初にこの映画のお話をいただいたのが5年ぐらい前だったと思います。プロデューサーの松村さんが大阪出身の方で『奇跡のリンゴ』という青森が舞台の映画がありまして、アーラ映画祭でも以前上映されたと思うんですが、その作品でスタッフをされて、青森をすごく好きになったので、自分がプロデューサーデビューしたら絶対青森で映画を1本撮りたいと思っていたそうです。私も青森県出身で、過去に青森を舞台に映像を何本も撮ったりしていまして、青森で映画を撮るんだったら横浜監督にと、松村プロデューサーからお話をいただいて。『いとみち』という越谷オサム先生の小説があるんですけれど、ものすごくエンターテイメント的で人の心を掴む面白い小説を青森で青森の監督に撮ってほしいという強いお誘いを受けまして、それが最初のきっかけです」

Q.原作は3巻ありますが、映画は1巻を描いているんですね

横浜監督
「高校生のいとちゃんが高校に入学してから卒業するまでが小説では描かれています。今回映画化したのはその一番最初の部分で、メイド喫茶で内気な少女がアルバイトをし始め、成長する瞬間をピックアップしています」

Q.劇中のいとと駒井蓮さんがリンクして成長している、女優としてもこの作品で大きくなられたなあと。

横浜監督
「皆さんご覧いただいたのでわかると思いますが、駒井さんはすごく背が高くて、モデルみたいな体型なんですが、原作のいとちゃんは150センチに満たない小柄な身長で、ちっちゃい体で三味線という大きい楽器を弾いていて、それですごく同時に泣き虫でという小説のイメージがあったので、どなたにオファーしようかなってすごく悩みました。青森弁が喋れる女優さんじゃないとちょっとこの物語は成立しないなと思いまして、そこをまず絞って俳優さんを探した結果、駒井さんという10代で津軽弁が喋れて、経験値もあって、これからどんどん伸びていく若い方を見つけて。でも駒井さんは170センチ近くあるので、原作のイメージとだいぶかけ離れるという懸念はあったんですけれども、彼女は澄んだ、ひねくれたところがない、すごく真っ直ぐ青森で育ったのびのびした素質をお持ちの面白い人であるので、お願いしました。駒井さんに決めてからは駒井さん自身からどうやっていとに繋げていくかを考えました」

Q.駒井さんが元から弾けたかのように津軽三味線を弾いていらっしゃいますが、未経験だそうですね。事前準備はどのくらいからされたのでしょうか。

横浜監督
「津軽弁を話せて津軽三味線を弾ける女優っていないと思うんです(笑)。本当にハードルが高すぎて。三味線って難しい楽器らしいんです。駒井さんにはもう練習してもらうしかなくて。オファーした時は初心者で全く触った事もない状態だったんですが、ギターとかピアノは結構得意で、音楽的な素養が高かったんです。そんな素養があってもこんな難しい楽器はないと言いながら9ヶ月間ぐらい練習してもらって。2年前に撮影を行ったんですけど、コロナ禍で何ヶ月か撮影が延期になってしまって。その期間も不幸中の幸いというか、それがよい三味線の練習期間になって、すごく上達して撮影までにある程度仕上げてもらった感じです。撮影までに三味線が弾けるようになるかはわからないので賭けではあったんですが、駒井さんは本当に意志が強くて、真面目で本当に血のにじむような努力をする人間だと知っていたので、駒井さんなら何かしら形をちゃんと残してくれると信頼してお願いしたんです。ご本人的には撮影が始まってからも、毎日ホテルに帰ってからずっと練習していて、すごくつらかったみたいです」

ala2022_4

Q.おばあちゃん役の西川さんは三味線奏者ですが、2人でセッションしているシーンは元から家族でやっていたみたいな雰囲気がよく出ていたと思います。

横浜監督
「おばあちゃん役の西川洋子さんは三味線を10代の頃からやっている方で、青森県の三味線奏者で高橋竹山さんという方がいらっしゃるんですが、その方の一番弟子で、若い頃からすごく上手な方で、駒井さんはその西川さんと渡り歩かなければいけないシーンだったので、お2人で練習を重ねていただいて。本番は2人で手を繫ぎながらがんばろうねって。2人ともすごく緊張されていたと思います。よくあそこまで駒井さんも追いついたなという」

Q.西川さんはこれが初演技で新人賞を受賞されて。西川さんと三味線が初めての駒井さんということで初々しいコンビという(笑)

横浜監督
「西川さんは役者さんではなく、普通に暮らして生活されている方なんですよ。でもすごい堂々としていらっしゃるじゃないですか。カメラが回っている時と回っていない時とが変わらないんです。緊張はしているんですけど、豊川悦司さんとも全然ちゃんと対等にお芝居されている、本当にすごい方です」

観客から
「ビジュアルについて伺います。今監督の横に置かれている、いとが仁王立ちしている赤いバージョンのポスターと、DVDのジャケットになっている、いとが三味線を持ってジャンプしている青色のものとあるんですよね。赤版と青版二つキービジュアルがあるんですが、二つある意味がわからなくて。赤版は青森県以外の都道府県にフライヤーが配られて、青版は青森だけ配っているのは知っているんですが、なぜそうしたのか。それと、いとちゃんが三味線を持ってジャンプしているのが同じく東北を舞台とした映画『スイングガールズ』のポスターにそっくりというかほぼ構図が同じだと思うのですが、その意図を教えてください」

ala2022_3

横浜監督
「DVDは青いポスターで主人公のいとがジャンプしているものなんですが、あの写真はスタジオで撮影したんです。最初とりあえずは青森県民全員に見てもらおうというためのチラシを作るということで、主人公のいとが元気で、老若男女皆さんに伝わるような明るい映画だっていうイメージで、まずキービジュアルを作りましょうということであれをやってもらいました。本当に『スイングガールズ』みたいというか、朝ドラ「あまちゃん」のテイストも入っていて、私的には大丈夫かなあと不安だったんですが。あれは青森県の人用、一番最初のこの映画の入り口として見てもらうためのポスターだったんですけど、三味線してジャンプするというのはいとのキャラクターとちょっと違うかなという意見もありまして。意志が固いけれども、基本的に人見知りで内気な女の子ということで、もうひと思案して、全国公開にあたってはポスタービジュアルを別のものにしてほしいとお願いしまして、この写真を選びました。これは劇中でいとがメイド喫茶で三味線ライブを行うシーンの、告知のポスター用に撮影したものをこの映画のビジュアルとして使ったという経緯があります」

観客から
「可児の印象は?」

横浜監督
「今回岐阜県に来たこと自体初めてですが、最寄りの駅を降りたら野焼きのにおいがして。遠くに来たのに青森もこのにおいが漂っているので、すごく懐かしい、地元に帰ってきた錯覚に陥りました。すごい静かなまちだなと思いながら、アーラまで来ました。映画祭は市民の方がスタッフさんもやられていて長年、毎年やられている。本当に手作り感あふれる、素晴らしい映画祭だなと思いながら今日呼んでいただけて、参加させていただけて嬉しいです。毎月上映されているということにすごいびっくりしました(注:アーラキネマ倶楽部)。地元の方が映画を中心に集まれる場はすごく必要だと思っていますので、感謝しております」

観客から
「監督が映画に携わるようになったのが確か大学を卒業して一度企業に就職して、そこからまた映画学校に行ってそれで監督を目指したと聞いたのですが、やっぱり映画好きだな、やりたいなと思ったということですか?」

横浜監督
「大学を卒業して、全く映画とは関係ない会社に1回就職したんですが、やっぱり映画に携わる仕事がしたいという気持ちが残っていて、1年も経たないうちに会社を辞めてしまいまして。当時はフリーターという選択肢って割と若い人の間では普通になっていて、就職しなくてもフリーターとして生きていけばいいじゃんという考え方が社会的に結構一般的な考えとしてあったので、バイトしながら映画を作ろうという気持ちで会社を辞めました。でも映画をどうやって作るか全然わかっていなかったので、まずはやっぱり学ばなきゃと思い、映画美学校という映画作りの学校に行きました。でも最初は監督をやりたいというわけでもなく撮影をやりたいなと。撮影や脚本を勉強したいなということで入学したんですけれども、何年かやっているうちに演出すること、自分が監督として映画を作ることの楽しさをもっと追求したいなと思って。いつの間にか監督という役職についていました」

観客から
「『いとみち』って何の道だろうと思って観たんですが、いとみちって三味線のことかなとも思いましたし、いとちゃんの道だったんですね。監督はどちらで描かれましたか。両方でしょうか」

横浜監督
「いとみちは三味線用語としてあります。左手で弦を押さえていると人差し指の爪の真ん中に溝ができて、それを糸道と一般的には呼ぶそうです。その糸道でもありますし、歴史の話と私は捉えています。継承されていく物語。津軽弁ですとか、津軽三味線は継承していかないと、いつか消えてしまうものなので、ちゃんと古い時代から大事にされてきた津軽弁や三味線を若い人が継承していく物語、歴史としてこの映画を作れたらいいなと思って。それが道というか、歴史というか、続いてきた道をこれからも耕して続けていくというイメージで糸の道でもありますし、主人公のいとの歴史の話でもありますし、いろんな意味を込めてタイトルを眺めておりました」

Q.今後の予定を教えてください

横浜監督
「今年は短編映画を撮りまして、来年上映になる予定です。間もなくドラマの撮影が始まります。長編の映画は来年以降になる予定ですけれども、映画、ドラマと垣根を越えて面白い作品を作っていきたいと思っております。皆様これからもよろしくお願いいたします。またアーラ映画祭に呼んでいただけるよう頑張ります。今日はありがとうございました」

-EntaMirage!, Entertainment, Movie, 岐阜推し!

おすすめの記事はこれ!

EiganoAsagohan14 1
楽しみなのはおいしいごはん。伝説のお弁当屋さん「ポパイ」と映画の裏側を食から捉えるドキュメンタリー(映画『映画の朝ごはん』)

映画を作るには本当にたくさんの人が関わっている。 映画やドラマ撮影のメイキングを ...

sinnemuro9 2
プロレス好きも、そうでない人も見たら好きになる 映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』シネマスコーレ舞台挨拶レポート

映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』公開記念舞台挨拶 ...

tumitoaku13 3
映画『罪と悪』公開記念名古屋舞台挨拶レポート 石田卓也さん、齊藤勇起監督登壇

映画『罪と悪』公開記念舞台挨拶が2月10日名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催 ...

netsu1 4
愛した日々の熱が冷めていく中で(映画『熱のあとに』)

東京藝術大学大学院での修了制作『小さな声で囁いて』(2018)がマルセイユ国際映 ...

kanata_9 5
映画『彼方の閃光』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 眞栄田郷敦さん、半野喜弘監督登壇

映画『彼方の閃光』公開記念舞台挨拶が1月28日(日)にミッドランドスクエアシネマ ...

©2022 彼⽅の閃光 製作パートナーズ 6
映画『彼方の閃光』ミッドランドスクエアシネマにて舞台挨拶決定

ホウ・シャオシェンやジャ・ジャンクーら名匠たちの作品の映画音楽を手掛け、『アグリ ...

© 2020 Mediaproducción S.L.U., Gravier Productions, Inc. & Wildside S.r.L. 7
映画祭は夢の時間。そこで起きる出来事も夢と言えるのか(映画『サン・セバスチャンへ、ようこそ』)

ウディ・アレンはとにかく精力的に作品を作る。その勢いは年を重ねても変わることはな ...

RemasterDirector_1a5c03258 8
ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』石田ひかりさん、大林千茱萸さんトークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』が ...

kakamigaharaeigasai2024_omote 9
第一回各務原映画祭 1月7日開催!短編映画11作品上映。初公開作品も

第一回各務原映画祭が2024年1月7日、岐阜県各務原市のあすかホールで開催される ...

ichiko 10
市子というひとりの人間の存在が刺さる(映画『市子』)

第28回 釜山国際映画祭 ジソク部門に正式出品された『市子』が12月8日(金)よ ...

メインビジュアル 11
2019年インディペンデント映画の大本命として劇場公開された 映画『センターライン』続編『INTERFACE -ペルソナ-』上映が名古屋で決定!!そして『センターライン』配信も!

日本中の映画祭で話題をさらい、2019年のインディペンデント映画の大本命として劇 ...

1701248560153 12
スペースオペラ?ヒーローもの?これぞ日本で作る波乱万丈な特撮映画だ!(映画『BY THE WAY-波乱万丈-』)

自身の夢を諦めて、守ろうとした家族との平和な生活が思いもしないことで壊れたら?し ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 13
Xのいる世界を通して気づく大事なもの(映画『隣人X -疑惑の彼女-』熊澤尚人監督インタビュー)

12月1日公開の映画『隣人X -疑惑の彼女-』。故郷を追われた惑星難民Xの受け入 ...

interface1 14
愛知で撮影! 映画『INTERFACE』シネマスコーレ公開初日舞台挨拶レポート

映画『INTERFACE-ペルソナ-』の公開初日舞台挨拶が名古屋・シネマスコーレ ...

nosenkyo1 15
選挙は面白い!候補者の声を聞き、ペンをとる!選挙ライターを通して選挙を知るドキュメンタリーが愛知上陸!(映画『NO 選挙,NO LIFE』)

選挙の面白さを伝えるフリーランスライター・畠山理仁(50)。国政から地方選、海外 ...

train6 16
大森南朋×須藤蓮×庄司哲也 ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 映画『トレインスポッティング』トークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 須藤蓮セレクト35ミリフィルム上映『トレインス ...

fanfare1 17
映画『ファンファーレ』名古屋舞台挨拶・衣装制作担当:箕浦杏さんトークレポート

映画『ファンファーレ』公開記念舞台挨拶が11月18日名古屋センチュリーシネマで開 ...

ringin18 18
映画『隣人X-疑惑の彼女-』名古屋舞台挨拶付先行上映 上野樹里さん、林遣都さん、熊澤尚人監督トークレポート

12月1日公開の映画『隣人X』舞台挨拶付先行上映が11月16日名古屋ミッドランド ...

saturday_main 19
開戦前夜、上海。幕は開くか(映画『サタデー・フィクション』)

2019年第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品されたロウ・イ ...

hanakutasi1 20
映画『花腐し』綾野剛さん、荒井晴彦監督インタビュー

11月10日(金)公開、映画『花腐し』。松浦寿輝の原作を荒井晴彦監督が脚色。ピン ...

20231104173817_IMG_7592_ 21
松岡ひとみのシネマコレクション 映画『愛にイナズマ』ゲスト:石井裕也監督 レポート

松岡ひとみのシネマコレクション Vol.51 映画『愛にイナズマ』が11月4日ミ ...

seiyoku1 22
映画『正欲』第36回東京国際映画祭 最優秀監督賞&観客賞ダブル受賞!11月10日(金)いよいよ公開!

岐阜県出身の小説家・朝井リョウによる小説『正欲』を、監督・岸善幸、脚本・港岳彦で ...

20231021172718_IMG_7355_ 23
第77回CINEX映画塾『まなみ100%』川北ゆめき監督、青木柚さん、中村守里さんトークレポート

第77回CINEX映画塾『まなみ100%』が10月21日(土)、岐阜CINEXで ...

tuki 24
映画『月』伏見ミリオン座公開記念 石井裕也監督 舞台挨拶レポート

映画『月』の名古屋公開記念舞台挨拶が10月22日伏見ミリオン座で開催された。石井 ...

inazuma5 25
本音を隠さずココロのままに生きていく!(映画『愛にイナズマ』)

『舟を編む』をはじめ、発表する作品がどれも国内外で高く評価されてきた石井裕也監督 ...

hanakutasi_5 26
映画『花腐し』名古屋伏見ミリオン座先行上映舞台挨拶レポート

11月10日(金)より全国公開される映画『花腐し』名古屋先行上映が10月24日( ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 27
映画『隣人 X -疑惑の彼女-』滋賀ロケ撮影現場レポート

2022年10月から滋賀県で熊澤尚人監督が新作撮影をしているという情報を聞いてい ...

bishu1 28
【愛知・岐阜】2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優しい服〜』エキストラ募集!

以前現場レポートをお送りした2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優 ...

aalt 29
フィンランドの建築家・デザイナー アアルト その仕事の裏に愛する妻がいた(映画『アアルト』

北欧家具は日本でも根強い人気がある。それはおしゃれであることはもちろん、実用性で ...

somedays6 30
映画『SOMEDAYS』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

10月6日、映画『SOMEDAYS』の名古屋先行公開を記念してミッドランドスクエ ...

no image 31
岐阜の刃物のまち・関市で特撮怪獣映画始動! 映画『怪獣ヤロウ!』製作開始

岐阜県関市を舞台にした映画の製作が決まった。タイトルは『怪獣ヤロウ!』。ご当地怪 ...

undercurrent1 32
女、突然やってきた男、消えた夫。三人が抱える心の奥底にある思いは……(映画『アンダーカレント』)

映画一本よりなお深い作品だと発表当時評された豊田徹也の漫画「アンダーカレント」が ...

mendou1 33
映画「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズ特集上映 大阪・名古屋・神戸で開催決定! 新作『メンドウな人々』他2作品 

地域のおいしいもの×地元の高校生×映画をテーマに地元と協力して制作される映画「ぼ ...

houtei1 34
映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』三重先行上映舞台挨拶レポート

映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』の三重先行上映、舞台挨拶が9月22日三重県 ...

Screenshot_20230922_200759_Drive 35
映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』名古屋凱旋上映決定!

映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』が ...

20230902_141200 36
ロイヤル劇場存続をかけてクラウドファンディング開始! 【ロイヤル劇場】思いやるプロジェクト~ロイヤル、オモイヤル~

岐阜市・柳ケ瀬商店街にあるロイヤル劇場は35ミリフィルム専門映画館として常設上映 ...

hamon12 37
第76回 CINEX映画塾 映画『波紋』 筒井真理子さんトークレポート

第76回CINEX映画塾『波紋』が7月22日に岐阜CINEXで開催された。上映後 ...

seiyou1 38
岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクションの舞台裏』トークレポート

岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクシ ...

doll5 39
女性監督4人が撮る女性をとりまく今『人形たち~Dear Dolls』×短編『Bird Woman』シアターカフェで上映

名古屋清水口のシアターカフェで9月23日(土)~29日(金)に長編オムニバス映画 ...

sister 40
映画『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』公開記念 アルノー・デプレシャン監督舞台挨拶付き上映 伏見ミリオン座で開催決定!

世界の映画ファンを熱狂させる名匠アルノー・デプレシャンが新作『私の大嫌いな弟へ  ...

bakanuri1 41
自分の生きる道を探して(映画『バカ塗りの娘』)

「バカ塗りの娘」というタイトルはインパクトがある。気になってバカ塗りの意味を調べ ...

bishu1 42
「シントウカイシネマ聖地化計画」始動!第一弾「BISHU〜世界でいちばん優しい服〜」(仮)愛知県⼀宮市にて撮影決定‼

株式会社フォワードがプロデュースし、東海地方を舞台にした全国公開映画を毎年1本ず ...

erithabeth1 43
エリザベート40歳。これからどう生きる?(映画『エリザベート1878』)

クレオパトラ、楊貴妃と並んで世界の三大美女として名高いエリザベート皇妃。 彼女の ...

mitoyamane4 44
ポップな映像と音楽の中に見る現代の人の心の闇(映画『#ミトヤマネ』)

ネット社会ならではの職業「インフルエンサー」を生業にする女性を主人公に、ネット社 ...

高野豆腐店の春_場面写真 45
豆腐店を営む父娘にやってきた新たな出会い(映画『高野豆腐店の春』)

尾道で小さな豆腐店を営む父と娘を描いた映画『高野(たかの)豆腐店の春』が8月18 ...

pabjyo5 46
映画『フィリピンパブ嬢の社会学』11/10(金)より名古屋先行公開が決定!海外展開に向けたクラウドファンディングもスタート!

映画『フィリピンパブ嬢の社会学』が 11月10日(金)より、ミッドランドスクエア ...

Yokosuka10 47
『Yokosuka1953』名演小劇場上映会イベントレポート

ドキュメンタリー映画『Yokosuka1953』の上映会が7月29日(土)、30 ...

Yokosuka1 48
海外から届いたメッセージ。66年前の日本をたどる『Yokosuka1953』名古屋上映会開催!

同じ苗字だからといって親戚だとは限らないのは世界中どこでも一緒だ。 「木川洋子を ...

youko4 49
彼女を外に連れ出したい。そう思いました(映画『658km、陽子の旅』 熊切和嘉監督インタビュー)

42才、東京で一人暮らし。青森県出身の陽子はいとこから24年も関係を断絶していた ...

egoist_5 50
第75回CINEX映画塾 『エゴイスト』松永大司監督が登場。7月29日からリバイバル上映決定!

第75回CINEX映画塾 映画『エゴイスト』が開催された。ゲストには松永大司監督 ...

komuragaeri14 51
映画を撮りたい。夢を追う二人を通して伝えたいのは(映画『愛のこむらがえり』髙橋正弥監督、吉橋航也さんインタビュー)

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

PSX_20230713_212926 52
あいち国際女性映画祭2023 開催決定!今年は37作品上映

あいち国際女性映画祭2023の記者発表が7月12日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

komuragaeri5 53
映画『愛のこむらがえり』名古屋舞台挨拶レポート 磯山さやかさん、吉橋航也さん、髙橋正弥監督登壇!

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

tooi3 54
彼女たちを知ってほしい。その思いを脚本に込めて(映画『遠いところ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『遠いところ』の公開記念舞台挨拶が7月8日伏見ミリオン座で開催された。 あら ...

MKE10-3 55
観てくれたっていいじゃない! 第10回MKE映画祭レポート

第10回MKE映画祭が7月8日岐阜県図書館多目的ホールで開催された。 今回は13 ...

1minutes_5 56
京都はファンタジーが受け入れられる場所(映画『1秒先の彼』山下敦弘監督インタビュー)

台湾発の大ヒット映画『1秒先の彼女』が日本の京都でリメイク。しかも男女の設定が反 ...

received_259295013361207 57
映画『老ナルキソス』シネマテーク舞台挨拶レポート

映画『老ナルキソス』の公開記念舞台挨拶が名古屋今池のシネマテークで行われた。 あ ...

PSX_20230429_093447 58
「ジキル&ハイド」。観た後しばらく世界から抜けられない虜になるミュージカル

ミュージカルソングという世界を知り、大好きになった「ジキル&ハイド」とい ...

math 59
『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシク久しぶりの映画はワケあり数学者役(映画『不思議の国の数学者』)

映画館でポスターを観て気になった2本の韓国映画。『不思議の国の数学者』と『高速道 ...

nortoredame 60
全編IMAX®️認証デジタルカメラで撮影。再現率98% あの火災の裏側(映画『ノートルダム 炎の大聖堂』)

2019年4月15日、ノートルダム大聖堂で、大規模火災が発生した。世界を駆け巡っ ...

baby14 61
松岡ひとみのシネマコレクション  映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』 阪元裕吾監督トークレポート

松岡ひとみのシネマコレクション 映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』が4月1 ...

sidebyside1 62
映画『サイド バイ サイド』坂口健太郎さん、伊藤ちひろ監督登壇 舞台挨拶付先行上映レポート 

映画『サイド バイ サイド』舞台挨拶付先行上映が4月1日名古屋ミッドランドスクエ ...

zakodomo1 63
第72回CINEX映画塾 映画『雑魚どもよ、大志を抱け!』足立紳監督トークレポート

第72回CINEX映画塾が3月25日岐阜CINEXで開催された。上映作品は岐阜県 ...

mogiri1 64
片桐はいりさん来場。センチュリーシネマでもぎり(映画『「もぎりさん」「もぎりさんsession2」上映+もぎり&アフタートークイベント』)

センチュリーシネマ22周年記念企画 『「もぎりさん」「もぎりさんsession2 ...

PSX_20230319_165037 65
カンヌ国際映画祭75周年記念大賞を受賞したダルデンヌ兄弟 新作インタビュー(映画(『トリとロキタ』)

パルムドール大賞と主演女優賞をW受賞した『ロゼッタ』以降、全作品がカンヌのコンペ ...

feibru 66
アカデミー賞、オスカーは誰に?(松岡ひとみのシネマコレクション『フェイブルマンズ』 ゲストトーク 伊藤さとりさん))

松岡ひとみのシネマコレクション vol.35 『フェイブルマンズ』が3月12日ミ ...

son 67
親子とは。近いからこそ難しい(映画『The Son/息子)』

ヒュー・ジャックマンの新作は3月17日から日本公開される『The Son/息子』 ...

tyanomi1 68
先の見えない日々を生きる中で寂しさ、孤独を感じる人々。やすらぎはどこにあるのか(映画『茶飲友達』外山文治監督インタビュー)

東京で公開された途端、3週間の間に上映館が42館にまで広がっている映画『茶飲友達 ...

tyanomi5 69
映画『茶飲友達』名古屋 名演小劇場 公開記念舞台挨拶レポート

映画『茶飲友達』公開記念舞台挨拶が2月25日、名演小劇場で開催された。 外山文治 ...

ginpei8 70
第71回 CINEX映画塾 映画『銀平町シネマブルース』小出恵介さん、宇野祥平さんトークレポート

第71回CINEX映画塾『銀平町シネマブルース』が2月17日、岐阜CINEXで開 ...

gokudaru7 71
名古屋シアターカフェ 映画『極道系Vチューバー達磨』舞台挨拶レポート

映画『極道系Vチューバー達磨』が名古屋清水口のシアターカフェで公開中だ。 映画『 ...

wakareru 72
パク・チャヌク監督の新作は今までとは一味も二味も違う大人の恋慕を描く(映画『別れる決心』)

2月17日から公開の映画『別れる決心』はパク・チャヌク監督の新作だ。今までのイメ ...