Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

zenbubokuno3

EntaMirage! Entertainment Movie

相手のことをちゃんと想像できるような人になりたい(映画『ぜんぶ、ボクのせい』松本優作監督 インタビュー)

2022/08/22

現在公開中の映画『ぜんぶ、ボクのせい』。
母親に会うために児童養護施設を飛び出した13歳の中学生・優太は母親に再会するも、一緒には暮らせないと言われ、絶望する。施設の職員の追っ手を逃れ、当てもなく辿り着いた海辺で、軽トラで暮らすホームレスの男・坂本(オダギリジョー)に出会い一緒に暮らしはじめる。

主人公・優太はオーディションで選ばれた15才(撮影時13歳)の白鳥晴都。優太が出会う高校生・詩織には映画『ある船頭の話』で主演した川島鈴遥。そして優太が一緒に暮らしはじめる坂本にはオダギリジョー。この3人を中心に話が展開する。松本まりか、若葉竜也、仲野太賀、片岡礼子、木竜麻生、駿河太郎と演技派が脇を固め、孤独な主人公が社会の理不尽さの中で、人との出会いを通し、成長していく姿を描く。

松本優作監督にお話を伺った。

Q.この作品を作ったきっかけを教えてください。

松本優作監督(以下 松本監督)
「スタイルジャムという制作プロダクションの甲斐真樹さんという方がいらっしゃるんですけれども、その方が作られた映画が好きだったんですよ。青山真治監督の『サッド ヴァケイション』とか『共喰い』とかもそうですし、青山監督の作品に限らずですけど。いわゆるスタイルジャム映画がすごく好きだったので、いつかスタイルジャムさんでやりたいなと思っていたところに、甲斐さんとお会いできる機会をいただいて、もうこんなチャンスは滅多にないので、今まで構想していたアイディアとかをまとめてプレゼンしに行ったというのがきっかけです」

Q.プロットみたいなものを出されたと。

松本監督
「そうですね。10ぺージ行くか行かないかぐらいのプロットをお渡しして、一回企画の話をしようというところから気づいたら1年後に撮影が始まっていました」

Q.それはかなり撮影までが早いですね。プロットを書いて脚本書いて、何十稿も重ねるともっとかかることも多いですよね。

松本監督
「コロナ禍というのもあって、良くも悪くもですけど、他に仕事がなかったんです。この作品のためだけに時間を使えて」

Q.プロットに書かれたことというのはいつ頃から考えていたものなのでしょうか。

松本監督
「テーマ自体は、長編自主映画として作った『Noise ノイズ』から変わっていないんです。学生時代から同じテーマで映画を作っていたので。形は違うと思うんですけど、結果として同じテーマを描いているなと」

Q.松本監督は脚本も手掛けられていますが、脚本はすぐ書ける方ですか?

松本監督
「うーん…。あまり早くもないかもしれないです。一旦話を書ききるのは早いです。そこからブラッシュアップしていくんですが、それはゴールがないものなので。一旦最後まで書ききらないとやる気が起きないタイプなので、書ききって、そこから推敲する形をとっています」

Q.劇中で川島さん演じる詩織が焚き火の火を見ながら語るシーンが2回出てきます。このセリフを入れたことには監督の思いや意図はありますか?

松本監督
「今月8月27日から『バグマティ リバー』というネパールで撮った短編映画を公開するんです。それを作るきっかけは、2018年に登山家の栗城史多さんがエベレストに登るのでドキュメンタリーを撮って欲しいという依頼を受けて一緒に行って、撮影していたんですが、僕は撮影途中で高山病になって、ドクターヘリで下山することになってしまって。その直後に栗城さんは滑落事故で亡くなられてしまったんです。ネパールにバグマティリバーという川があるんですが、それはネパール版ガンジス川みたいな川なんです。ネパールの人は亡くなったら、基本的にはバグマティリバーの火葬場で燃やして位牌を川に流すんです。日本人だけに限らないですが、人が亡くなったら、悲しいじゃないですか。ネパールの場合は亡くなったことに対して悲観的ではなくて、逆に新しい人生を歩めるから、全然悲しくないよねという考え方で、泣いている人も少ないんですよ。その感覚が僕にはすごく新鮮だったというか、ある種ちょっと楽になる部分があるなと思ったんです。火は人を殺すことも生かすことも出来るという多面的なところがあるじゃないですか。ネパールでの経験から見方によっては不安にもなるし、あたたかくもなるという火にその相反する死生観みたいなものを込めています」

Q.優太役の白鳥晴都さんの芝居をすごい子が出てきたと終始感じながら観ていたのですが、白鳥さんはオーディションで選ばれたんですか?

松本監督
「そうです。一つ面白いエピソードがあって。たくさん事務所から役者さんのプロフィールが書かれている書類が届くんですけど、その書類の中にはイメージに合う方と合わない方がいて、書類で選考してオーディションまでは来てもらわない方もいるわけです。たまたま1枚落ちていた書類があって。それは呼ばない側として分けられた書類だったんです。その書類を改めて見て、ちょっと呼んでみようと思って、来てもらう側に変更したんですが、それが晴都くんだったんですね。そこで書類が落ちていなかったら、優太は彼ではなかったかもしれません。今回はオーディションでラストシーンを演じてもらったんです。相手役を僕がやったんですけど、彼に見つめられた時にすごくドキッとして。優太はこの子しかいないなと思いました」

Q.優太は主人公ですが、あまりセリフは多くないので、その分白鳥くんの表情に引き込まれたのですが、何か松本監督から演出されたりしていますか?

松本監督
「そうなんです。セリフ量は基本的に少なくしたいなというのが前提にあるので、彼のセリフはすごく少なくなっています。シーンによっては細かく演出したこともあったかもしれないですけど、彼がお芝居をしやすい環境をまず作っていくことが一番大事な仕事だと思ったので、コミュニケーションをいっぱい取るとか、不安があれば何でも話せるような関係になるというのを目指しました。泊まり込みで撮影だったんですが、彼も両親のもとを離れて泊まるのが人生で初めての経験で、大丈夫かなと心配に思うところもあったんですが、なんとか乗り切れて。彼自身も新しい世界に飛び込んでいるので、今考えるとそこが優太とリンクする部分としてあったと思いますね」

zenbubokuno4

Q.詩織役の川島鈴遥さんもオーディションですか?

松本監督
「そうです。川島さんはそもそもお芝居のセンスというか、基礎がすごくしっかりしているので、オーディションを見ていてもやっぱりお芝居はダントツでよかったんです。歌を歌うシーンがあるんですが、プロっぽく聞こえず、綺麗な声で、緊張感を感じながら歌うその感じが詩織役のイメージにぴったりはまったのでお願いしました。川島さんが『ある船頭の話』にも出演されているので、オダギリさんつながりでの出演かなと思う方もいると思うのですが(注:『ある船頭の話』はオダギリさん監督作品)、ちょっと強めに「そこは関係ないです」と言いたいです。本当にお芝居と歌が良かったんです」

Q.オダギリジョーさんにオファーすることを決めていらっしゃいましたか?坂本が非常に人間臭くて好きでした。

松本監督
「最初僕が書いていたおっちゃん像とは結構違うんですよ。もう少し静かな感じで。もちろんオダギリさんのイメージで書いていたんですけど、出演していただくことが決まってから色々話し合っていく中で変わっていきました。テーマが重くてつらい分、ユーモアだったり、ファンタジックな部分とかがどうしても必要だねという話をしていて。前半では笑えるシーンとかを入れて結果的に、豊かなシーンになったと思います。」

Q.坂本と優太の出会いのシーンのオダギリさんの芝居がすごく初対面っぽく見えましたが、撮影は順撮りですか?

松本監督
「撮影は順撮りではないです。ラストシーンは結構前半の頃に撮っていたりしています。出来る限り順撮りを目指してスケジュールは組んでもらってやってはいますが、ロケ地の関係とかがありますね。軽トラの中のシーンは実は結構後半に撮影しています」

Q.オダギリさんと白鳥さんとの間で交流もあったんでしょうか。

松本監督
「お互い全然話さないところからスタートして。お芝居していく中でコミュニケーションが生まれた感じだと思います。あとは地方ロケならではの撮影が終わった後に一緒にご飯を食べるというところで、少しずつ仲良くなっていったので、映画の中とリアルな部分で同じようなタイミングでリンクして仲が深まっていったようです」

Q.片岡礼子さん演じる千里と木竜麻生さん演じる由美香の仕事に対する取り組み方の対比も非常にリアルです。

松本監督
「ある程度ドライでやっていかないと続かない仕事だということを取材を通してお聞きしていました。木竜さん演じる由美香はまだ若いということもあってちょっと肩入れしすぎているところもある。だからもしかしたら由美香はこの仕事が長く続かないかもしれない。片岡さん演じる千里には長年働いていてドライさがあり、木竜さん演じる由美香には未熟さゆえに肩入れし過ぎるところを演じていただいています。難しい微妙なバランスが必要だということを描きたかったんですね」

Q.親と暮らせない優太、親がいて、何不自由なく暮らしているけれど、足りないものを求める詩織、名古屋にいる母に会いに行くといいつつ、なかなか動けない坂本。本作でも満たされないために何かを探す人を描いておられると思います。人それぞれ幸せは違うと思うのですが、松本優作監督にとって幸せとはなんだと思いますか?

松本監督
「難しい質問です。相手のことをちゃんと想像できるような社会になってほしい、そういう人になりたいと思っていて。結果それが幸せにつながるかもしれないと思っています。今、ネット上も含めてあまりにも相手のことを考えていない発言とかがすごく多いなと思っていて。見ているだけですごく疲れてきてしまう。よくこんなことを言えるな、こんな言い方できるなと。相手のことを思う心の欠如がすごくあるなと思います。こんなことを言ったら相手はどう思うかなとかを想像しながら行動していくことが幸せにつながる気がしています」

 

松本監督が語った幸せに対する思い。それがこの『ぜんぶ、ボクのせい』というタイトルと作品に込められていると感じた。

優太のラストシーンの表情はしばらく忘れられない。

松本優作監督

松本優作監督

映画『ぜんぶ、ボクのせい』https://bitters.co.jp/bokunosei/ は現在全国順次公開中。東海3県では愛知 伏見ミリオン座、ミッドランドシネマ名古屋空港で公開中。

短編映画『バグマティ リバー』8 月 27 日(土)より 新宿 K`s cinema にて1週間限定公開

ライター:涼夏(Twitter:@ryounatu)

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

IMG_20220916_162130 1
舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を観に行ったので、観る前にやっておくといいかもしれないことを書きました

現在、東京 TBS赤坂ACTシアターでは舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」をロン ...

20220828170445_IMG_4777_ 2
第66回CINEX映画塾 映画『島守の塔』五十嵐匠監督 トークレポート

第66回CINEX映画塾が8月28日岐阜CINEXで開催された。上映作品は『島守 ...

deku1 3
あいち国際女性映画祭 映画『でくの空』トークレポート&林家ペーさんインタビュー

名古屋 名演小劇場で9月23日から公開される映画『でくの空』。埼玉県秩父市、寄居 ...

0714_GCW_B1poster_outline 4
生きるために。狂える人々の終わらない争い(映画『グッバイ・クルエル・ワールド』

とにかくぶっ飛んでいる。まともな奴はほとんどいない。ノリのいいノワールものが久し ...

ala2022 5
アーラ映画祭2022 ラインナップ発表!今年は4日間6作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2022の全ラインナッ ...

配給:ハピネットファントム・スタジオ © 2022「この子は邪悪」製作委員会 6
真実を知れば知るほど信じたくない…ありえない(映画『このこは邪悪』)

『嘘を愛する女』、『哀愁しんでれら』か映画化されたオリジナル作品の企画コンテスト ...

horuonna9 7
映画『掘る女  縄文人の落とし物』名演小劇場トークイベントレポート

映画『掘る女 縄文人の落とし物』公開記念トークイベントが8月21日名古屋 名演小 ...

zenbubokuno3 8
相手のことをちゃんと想像できるような人になりたい(映画『ぜんぶ、ボクのせい』松本優作監督 インタビュー)

現在公開中の映画『ぜんぶ、ボクのせい』。 母親に会うために児童養護施設を飛び出し ...

9
スリリングな148のツイート。真実は物語より奇なり。48時間の悪夢を映画化(映画『Zola ゾラ』)

2015年、Twitterに投稿され、大きな話題となったスリリングな148のツイ ...

horuonna1 10
縄文に魅せられ汗だくになって発掘作業をする「掘る女」に密着したドキュメンタリー(映画『掘る女 縄文人の落とし物』)

昔、考古学に憧れて、真剣にその方面の大学に進学しようと考えたことがある(いろいろ ...

theater2022_2 11
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭 Aプログラム舞台挨拶レポート

名古屋・清水口のシアターカフェでは移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭が今 ...

gyakkou3 12
第64回CINEX映画塾『逆光』須藤蓮監督トークレポート

第64回CINEX映画塾『逆光』が7月16日岐阜CINEXで開催された。監督、主 ...

IMG_20220727_134705 13
あいち国際女性映画祭2022 開催決定!今年は31作品上映

あいち国際女性映画祭2022の記者発表が7月27日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

mugen1 14
只見線とともに奥会津でみる美しい景色を守るために(映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』)

日本のローカル線は赤字路線が多く、毎年存続の危機に瀕しながらその土地で生活する人 ...

CVS4 15
コンビニは異世界!?コンビニで起こる不思議な出来事(映画『コンビニエンス・ストーリー』三木聡監督インタビュー)

日本のコンビニエンスストアとはとても便利な店である。値段は定価だが、大体何でも揃 ...

theaterC6 16
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭上映作品決定!

名古屋のシアターカフェが大須から清水口に移転、リニューアルオープン2周年を記念し ...

hakai_main_B2poster 17
島崎藤村の名作が60年ぶりに映画化 自分らしく生きるとは?(映画『破戒』)

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた、 ...

IMG_20220705_185811_573 18
映画『逆光』須藤蓮監督、脚本家渡辺あやさんインタビュー 岐阜柳ケ瀬 再会から夏祭り×映画という企画が生まれた 

名古屋で上映されることはあっても、岐阜の映画館で上映されるミニシアター系の映画は ...

mikaeri1 19
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 20
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 21
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 22
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 23
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 24
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 25
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 26
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 27
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 28
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 29
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 30
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 31
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 32
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 33
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 34
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 35
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 36
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 37
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 38
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 39
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 40
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...