Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

mittei_main

EntaMirage! Movie

裏か表か、それとも裏の裏か(映画『密偵』)

『密偵』あらすじ

1920年代、日本統治下の朝鮮半島。
朝鮮独立運動団体「義烈団」に近づき壊滅する特命を受けた
朝鮮人でありながら日本警察官であるイ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は、
義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に近づく。
一方、義烈団は日本の主要施設を破壊するため爆弾を京城へ輸送する作戦を
ひそかに進めていた。義烈団と日本警察の諜報戦が展開する中、
爆弾を載せた列車は京城に向かい……。

大変豪華なキャストだ。ソン・ガンホにイ・ビョンホン、
そしてコン・ユ、ハン・ジミン、オム・テグ。
日本でも有名なキャストが勢揃いしている。
このキャストを揃えたのはキム・ジウン監督だ。
ソン・ガンホとは四度目のタッグになる。

押さえておきたい1920年代の朝鮮半島と義烈団

この映画を見るにあたって1920年代の朝鮮半島の状態をまず知っておきたい。
1910年の日本による韓国併合によって朝鮮半島は日本統治下になっている。
この統治は1945年、第二次世界大戦終了まで続くことになる。
独立を掲げて活動した組織「義烈団」は1919年に結成され、
日本組織とその要人達への直接攻撃を計画する。
1920年に釜山警察署、翌年には朝鮮総督府を爆破し、
1922年には、上海で田中義一陸軍大将狙撃事件をひきおこした。
1935年に政治闘争への転換を名目として朝鮮民族革命党に改組するまで
武闘派として戦った。

本作ではこの義烈団の団長をイ・ビョンホン、
隊長をコン・ユが演じており、
義烈団と日本警察との狭間で揺れ動く男をソン・ガンホが演じている。

誰が本当の密偵か。探り合う男たち

主人公イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は日本語が堪能で
日本の警察で参謀として働く男。
しかし自民族のことを冷たくあしらうわけではない。
旧友のジャンオク(パク・ヒスン)が罠にはまり、命を救えなかったことを悔やんでいる。
上司のヒガシ(鶴見辰吾)から義烈団へ潜り込む指示を受けたジョンチュルは
リーダーのウジン(コン・ユ)に近づいて義烈団の動きを探ろうとする。
ジョンチュルと組むことになった同僚ハシモト(オム・テグ)は、
ジョンチュルの行動を次第に阻んでいく。
義烈団にも日本警察にもお互いの動きを知らせる密偵が
ジョンチュルの他にも暗躍し、お互いの計画がねじれていく。

どこかに紛れた密偵。
誰がどちらの密偵なのか探り合うスパイたちの駆け引きが面白い。

義烈団が爆弾を運ぶ列車のシーンはカット割やシーンの展開が見事で
ジョンチュル、ウジン率いる義烈団がどうなっていくかを
じわじわと来る不安を感じながら見ることになる。
脚本とキム・ジウン監督の演出が光る。

 

何が表で何が裏か

ジョンチュルは警察としてヒガシの下で働いているが
次第に自分が駒としてしか思われていないことを
ハシモトがやってきたことで気がつき始める。
自分の居場所が揺らぐことでアイデンティティーを揺さぶられたかのように
警察の密偵が次第に義烈団の密偵も兼ねていく。
義烈団団長と酌み交わした酒のシーンを境にジョンチュルの行動は変化していく。
ソン・ガンホの笑顔が好きなのだが、この映画ではない。
常に周りに神経を張り巡らしているようなそんな男に映る。
mitttei2

誰を信じていいかわからない状況で敵であるはずのジョンチュルを信じるウジン。
『新感染ファイナルエクスプレス』のちょっと頼りなさのある父親とは違い、
優しさもありながら革命にまっすぐ生きる青年をコン・ユが熱演する。
団長役のイ・ビョンホンはわずかなシーンの出演だが
わずかな目の動きとセリフで存在感を出してくる。

ジョンチュルのとった行動はどんな思いからなのか。
考えながら見るのが非常に楽しい。
複雑な感情が絡み合いながら進んでいく。
それを考えさせるソン・ガンホの芝居は見事というしかない。

mitttei3

日本語でも伝わるソン・ガンホの演技力。

ソン・ガンホ、オム・テグは日本語の台詞が非常に多い。
日本語で語るジョンチュルの裁判シーンは圧巻。
芝居は気持ちが大事ということを改めて思い知らされる。
ジョンチュルの主張と涙の本当の意味は
ラストシーンで明かされる。

 

日本の俳優・鶴見辰吾の味

NHKの大河ドラマを見てキム・ジウン監督が総督府警務局部長ヒガシ役を
オファーしたのは日本の作品でも重要ポストで光る演技を見せる鶴見辰吾。
ソン・ガンホ演じるジョンチュル、オム・テグ演じるハシモトの上司であるヒガシは
二人を使い分け義烈団壊滅へ奔走する。
冷静沈着で、基本は静かだがヒガシから滲み出る非情で残酷な雰囲気が
この時代の日本と韓国の関係を匂わせている気がする。
日本でもこういった役を演じることが多い鶴見辰吾を起用した
キム・ジウン監督の洞察眼には驚かされる。

mittei5

この時代を描く作品が韓国では数年来いくつも撮影されているが
群を抜いてこの『密偵』はあの時代の匂いを感じることが出来るように思う。
京城、上海という二つの街のあの当時の風景を見事に蘇らせた。
モノクロでもなく鮮やかでもない。独特な色合いが作品全体に漂う。
スパイ映画というだけでなく日本と関わる朝鮮の一時代を知ることが出来る快作だ。

mittei4

『密偵』(http://mittei.ayapro.ne.jp)は11月11日(土)より
シネマート新宿、シネマート心斎橋他で全国公開。
東海地区では11月11日(土)より名古屋 センチュリーシネマ、
豊橋 ユナイテッドシネマ豊橋18で公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

musashi1€ 1
己の信じる道を行く 映画『武蔵-むさし-』三上康雄監督インタビュー

『蠢動―しゅんどう―』から6年。リアルな演出と、徹底的なこだわりで時代劇の熱や美 ...

baaba6 2
寺田心くん、地元凱旋!(映画『ばあばは、だいじょうぶ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『ばあばは、だいじょうぶ』の公開記念舞台挨拶が5月18日イオンシネマ名古屋茶 ...

pia 3
人と人とが協力する在宅医療の現場を描く(映画『ピア まちをつなぐもの』)

様々な場所で劇場公開され、上映会としても800カ所以上で上映されている介護従事者 ...

©2019 KAMPAI! SAKE SISTERS PRODUCTION COMMITTEE 4
女性が活躍する日本酒の世界(映画『カンパイ!日本酒に恋した女たち』)

二十歳になった直後、苦いお酒が飲めなくてカクテルや梅酒、杏露酒など甘いお酒ばかり ...

baaba2 5
寺田心くんの熱演が光る!新たな角度から認知症を描いた作品(映画『ばあばは、だいじょうぶ』)

ものを忘れてしまう病気(認知症)で物忘れが多くなり、出来ていたことが出来なくなっ ...

sorokin 6
映画『ソローキンの見た桜』岐阜 大垣舞台挨拶レポート

映画『ソローキンの見た桜』の公開記念舞台挨拶が岐阜・コロナシネマワールド大垣で4 ...

namonri1 7
地方で働こう-趣味も仕事も充実させる働き方-(映画『波乗りオフィスへようこそ』)

日本は今、自分の時間、生き方を重視する方向へと進み始めている。だが、なかなか自分 ...

centerline1 8
じわじわきているインディーズ映画2本が名古屋で同時上映中!『センターライン』『さらば大戦士トゥギャザーV』初日イベントレポート

映画『さらば大戦士トゥギャザーV』、『センターライン』の名古屋上映が名駅のシネマ ...

place1 9
欲望と欲望が交差するカフェ ザ・プレイス(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)

人は誰でも欲望を持つ。今までに叶わなかった欲望も沢山あるだろう。もし、「これをす ...

55443345_2189956214435052_3257495925353873408_o 10
来週いよいよロードショー・映画『センターライン』吉見茉莉奈さんインタビュー

Cafe mirageが推し続けている映画『センターライン』。 昨年の完成披露か ...

kibaiyanse7 11
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 12
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 13
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 14
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 15
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 16
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 17
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 18
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 19
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 20
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 21
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 22
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 23
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 24
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

25
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 26
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...