Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

sousiki1

EntaMirage! Movie

友よ、皆に送られて安らかに逝け(映画『葬式の名人』)

『おくりびと』以降、逝く人を見送る職業の人々を描く映画は沢山作られており、今回もタイトルからまたそういう映画なのかと思ったが、見始めると全く違った。

タイトルは『葬式の名人』。
映画の舞台は大阪・茨木市。同級生の死がきっかけのある日の出来事がコミカルにファンタジックに描かれる。しかも思い出話はとてもノスタルジックで…。この作品とにかくいろんな要素が入っていて一言では言い切れない。

同級生の突然の死が久しぶりの再会を呼ぶ。
茨木高校に同級生が久しぶりに集まって友を送る。学校というところは大事な思い出が沢山ある場所なのに卒業するとなかなか入ることが出来ない場所になってしまう。そんな思い出が沢山残る場所で営まれる通夜とは?

劇団とっても便利の主宰であり、日本のチャップリン研究の第一人者でもある大野裕之が脚本家・プロデューサーとして『太秦ライムライト』に続いて手掛けるのは大阪府茨木市出身の川端康成の作品群を原案にしたちょっと不思議なお話。自身も茨木市出身の大野さんが母校と故郷のまちを存分に使い物語を描く。

あらすじ

小学生の息子あきおを働きながら育てるシングルマザーの雪子(前田敦子)は高校の同級生・吉田(白洲迅)の訃報を受け取る。
高校の野球部で吉田とバッテリーを組んでいた豊川(高良健吾)は母校・茨木高校で教師をしている。右手を痛めて投手生命を絶たれ、野球部を辞めてから音沙汰がなかった吉田が久しぶりに学校に現れたが、その直後に吉田は突然死んでしまう。豊川は子どもを連れてやってきた雪子や同級生たちと吉田の体を棺に入れて母校に運び、そこでひょんなことから通夜を迎えることになる。そんな中、雪子はあきおに吉田が父親なのだと告げる。

sousiki2

 友の葬式で時間が動き始める

吉田の同級生の会話劇が面白い。テンポの緩急があるボケツッコミがあるトークはリアルだ。コメディ要素も沢山組み込まれ、葬式というより言わば同窓会の様相。吉田が呼び寄せて開かれた10年ぶりの同窓会は普段なかなか来られない高校にいることもあり、思い出話に花が咲き、賑やかに進んでいく。

吉田とバッテリーを組み、本当に好きだったのではないかと思われるくらい仲が良かった豊川、部活を辞めてから吉田と接近した雪子。高校時代は仲が良かった三人は吉田がいなくなってバラバラに。昔話が展開するうちに高校時代の吉田への思いが蘇ってくる。遮ってしまっていた吉田への思い。吉田の死が人々の心を動かしていく。

吉田への思いが登場人物それぞれで熱い。
それを演じる役者陣も豪華だ。
吉田との子ども、あきおを一人で懸命に育ててきた雪子に前田敦子。母親として、女性として迷いながら、でも苦しさは表に出さない雪子を繊細に演じる。
吉田へ友達以上の思いを向けていた豊川に高良健吾。二枚目も三枚目も出来、様々な役を演じてきた彼が今回は間違ったことが嫌いな高校教師を三枚目成分多めに演じている。

sousiki3

ちょっと不思議なストーリーは川端康成原案

映画の撮影場所となった茨木市は文豪・川端康成が育った場所であり、作品の舞台、茨木高校は川端康成の母校で、伝統ある文武両道の学校だ。最近大河ドラマ『いだてん』に出て来た高石勝男(演・斎藤工)もこの高校出身(当時は茨木中学)。

川端康成の作品には『葬式の名人』という映画と同名タイトルの作品がある。川端康成自身が16歳までに自身の家族を失い、「葬式の名人」とからかわれたことから書かれた自叙伝的な話だが、この映画の主人公雪子も16歳までに身内を失い、たった一人で息子を育てている。作品の中には川端作品からのモチーフが沢山ある。川端康成と言えば人間界だけではない他の世界の話もあり、通夜の夜には不思議なことも起こっていくが、登場人物達が驚くことなくそれを受け入れているあたりが面白い。どれがどの作品からのものなのか後から調べてみるのも面白いかもしれない。

不思議な話を映像化したのは『インターミッション』の樋口尚文監督。作品の中の光の描写がファンタジックさを生み出す。また独特な場所から人々を捉えるカメラワークも興味深い。

sousiki4

ベテラン俳優、個性派俳優が脇を固める

吉田の同級生役に尾上寛之、奥野瑛太と個性的な役者も出演し、キャラの強い同級生を演じているが、大野裕之さんの作品ということもあり、京都パワーが強いのがいい。
高校での通夜にやってきた僧侶役に栗塚旭、吉田の父親役に堀内正美、そしてある場所には『太秦ライムライト』主演の福本清三に中島貞夫監督まで。京都の時代劇を支えた方々が若手の演技を脇で支える。時代劇好きには嬉しい出演者が揃う。そして通夜に現れる女性として有馬稲子も出演。物語の大事な役割を担う。
旅立つ人を送るとはどういうことか。
葬式には悲劇も喜劇も存在する。
涙して笑って。逝く人を偲んで送り出し、生きていく人々はまた新たな出会いに向かい歩き出す。

映画『葬式の名人』は9月20日(金)日より新宿バルト9他で全国公開。東海地区では9月20日より名演小劇場で公開。
http://soushikinomeijin.com/

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

ikiro3 1
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 2
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 3
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 4
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 5
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 6
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 7
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 8
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 9
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 10
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 11
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 12
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 13
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 14
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 15
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 16
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 17
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...