Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

©2018「孤狼の血」製作委員会

EntaMirage! Movie

東映実録路線を引き継ぐ妥協のない作品(映画『孤狼の血』)

ここまで今の日本でよく作ったと思える映画だった。熱き男達の闘い。それは昭和の時代にある。

あらすじ

昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島・呉原。そこでは、未だ暴力団組織が割拠し、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組と地場の暴力団尾谷組との抗争の火種が燻り始めていた。そんな中加古村組関連企業の金融会社社員が失踪。失踪を殺人事件と見たマル暴のベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡は事件解決の為に奔走する。警察組織の目論み、大上自身に向けられた黒い疑惑、様々な欲望をもむき出しにして、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦が起ころうとしていた……。

原作は柚月裕子。ドラマ化もされた『最後の証人』などの佐方貞人シリーズでは検事や弁護士という表舞台で活躍する人達を描いてきた。

しかしこの『孤狼の血』では裏の社会で自分達の正義のために生きる男達が描かれる。

監督は『彼女がその名を知らない鳥たち』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌。人間の業を隠すことなく描く白石監督が柚月作品をどう映像化したのか。

平成が終わる今。描かれる昭和の終わり

舞台は昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島。そこには懐かしさが沢山ある。

パチスロ、ポケベル、車、カラオケ、風景に映りこむテレビの映像。昭和だからこそあった空気やにおいが再現されている。テレビの映像に昭和の終わりを感じずにはいられなかった。そんな頃の日本の極道シーン。平成のインテリヤクザとは違う武闘派極道。やっぱりこのジャンルの映画は広島。映画『仁義なき戦い』の舞台で新たな抗争ものが誕生した。

最初のシーンで観る覚悟を迫られる

話は暴力団と関わることを当たり前として動く刑事大上とそれに納得出来ないながら大上の行動に巻き込まれる新人刑事日岡を中心に描かれる。警察とは何か。正義とは何か。次第に見えてくる真実に見ている観客は心を持っていかれる。抉られるような思いもする。白石監督は人間の弱さ、強さ、欲をしっかりと描き出す。

目には目を歯には歯を。やられたらやり返す。目を覆いたくなるようなシーンがたくさんある。残酷な暴力描写、リアルな血の色、気持ち悪くなりそうな拷問。その加減のなさは映画だからこそ出来るもの。最初のシーンを観てまず覚悟を決めて見て欲しい映画だ。

豪華キャスト集結

一匹狼で暴力団とも繋がっているマル暴の刑事大上には役所広司。久しぶりに野性的でギラギラした役所広司を見ることができる。刑事としての任務を大上は大上らしく遂行していく。平成の世の中では許されない行動も昭和の時代には出来たということは沢山あっただろうが、その行動は観る側からするとぶっ飛んでいる。暴力団にも警察にも一目置かれていた大上。大上はなぜ自由に行動出来たのか。誰のために生きていたのか。孤独な一匹狼の真実がこの作品にはある。

その大上のバディとなる新人刑事日岡には松坂桃李。彼の目は観客の感覚に近い。自然と日岡の考えに同調して観ていくことになる。

尾谷組の若頭・一之瀬には江口洋介、構成員・永川には中村倫也。加古村組の若頭・野崎には竹野内豊。いつもなら優しくて柔らかい二枚目を演じる役者達が眉間にシワを寄せている姿が新鮮であり、狂気が感じられる。中村倫也の登場シーンには特に驚かされる。そして組長役の伊吹吾郎、石橋蓮司というベテランがさすがの睨みを効かせる。

警察組織には滝藤賢一、矢島健一、田口トモロヲとカメレオン俳優が揃う。警察が果たして正義なのかどうか。考えるシーンが幾つもある。

暴力団VS暴力団だけではなく暴力団VS警察も絡んだ駆け引きのある男達のもつれ合いが堪らない。

実は新人刑事の成長物語。変化する松坂桃李を見逃すな

この作品は抗争ものでもあるが一人の新人刑事の成長物語でもある。一人の若手刑事が大上という一人の型破りな警察官と出会うことで変化していく。終始飄々と暴力団とやり取りする大上に振り回され、自分の中の警察のイメージも崩壊し、心が揺れていく。様々な場面に臨場し、時が経つにつれ変わっていく松坂桃李の変化にぜひ注目してほしい。

白石組集結 一癖も二癖もある役者陣

白石組の常連メンバーの芝居も気になる。ピエール瀧、音尾琢真、勝也、中村獅童。沢山出番があるわけではないがしっかりと印象を残していく。なくてはならない役者陣だ。

遊び心を忘れていないのも白石組。冒頭薬局で大上が食べているサメエキスのカプセル。
『日本で一番悪い奴ら』を観た人には分かるニヤリとさせられるネタも用意されている。

観る人によって評価は賛否両論分かれるだろう。映画を作るには今の日本には様々な制限がある。その映画界でここまで遠慮なく生々しさを表現出来る映画はなかなかない。ここ数年では珍しい作品と言えるだろう。

 

映画『弧狼の血』http://www.korou.jp/
5月12日より全国公開。東海地区ではミッドランドスクエアシネマ、岐阜CINEX他で公開。
(公開劇場の詳細は公式サイトへ)

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

centerline1 1
じわじわきているインディーズ映画2本が名古屋で同時上映中!『センターライン』『さらば大戦士トゥギャザーV』初日イベントレポート

映画『さらば大戦士トゥギャザーV』、『センターライン』の名古屋上映が名駅のシネマ ...

place1 2
欲望と欲望が交差するカフェ ザ・プレイス(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)

人は誰でも欲望を持つ。今までに叶わなかった欲望も沢山あるだろう。もし、「これをす ...

55443345_2189956214435052_3257495925353873408_o 3
来週いよいよロードショー・映画『センターライン』吉見茉莉奈さんインタビュー

Cafe mirageが推し続けている映画『センターライン』。 昨年の完成披露か ...

kibaiyanse7 4
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 5
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 6
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 7
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 8
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 9
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 10
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 11
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 12
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 13
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 14
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 15
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 16
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 17
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

18
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 19
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...