Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

©2018「孤狼の血」製作委員会

EntaMirage! Movie

東映実録路線を引き継ぐ妥協のない作品(映画『孤狼の血』)

ここまで今の日本でよく作ったと思える映画だった。熱き男達の闘い。それは昭和の時代にある。

あらすじ

昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島・呉原。そこでは、未だ暴力団組織が割拠し、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組と地場の暴力団尾谷組との抗争の火種が燻り始めていた。そんな中加古村組関連企業の金融会社社員が失踪。失踪を殺人事件と見たマル暴のベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡は事件解決の為に奔走する。警察組織の目論み、大上自身に向けられた黒い疑惑、様々な欲望をもむき出しにして、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦が起ころうとしていた……。

原作は柚月裕子。ドラマ化もされた『最後の証人』などの佐方貞人シリーズでは検事や弁護士という表舞台で活躍する人達を描いてきた。

しかしこの『孤狼の血』では裏の社会で自分達の正義のために生きる男達が描かれる。

監督は『彼女がその名を知らない鳥たち』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌。人間の業を隠すことなく描く白石監督が柚月作品をどう映像化したのか。

平成が終わる今。描かれる昭和の終わり

舞台は昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島。そこには懐かしさが沢山ある。

パチスロ、ポケベル、車、カラオケ、風景に映りこむテレビの映像。昭和だからこそあった空気やにおいが再現されている。テレビの映像に昭和の終わりを感じずにはいられなかった。そんな頃の日本の極道シーン。平成のインテリヤクザとは違う武闘派極道。やっぱりこのジャンルの映画は広島。映画『仁義なき戦い』の舞台で新たな抗争ものが誕生した。

最初のシーンで観る覚悟を迫られる

話は暴力団と関わることを当たり前として動く刑事大上とそれに納得出来ないながら大上の行動に巻き込まれる新人刑事日岡を中心に描かれる。警察とは何か。正義とは何か。次第に見えてくる真実に見ている観客は心を持っていかれる。抉られるような思いもする。白石監督は人間の弱さ、強さ、欲をしっかりと描き出す。

目には目を歯には歯を。やられたらやり返す。目を覆いたくなるようなシーンがたくさんある。残酷な暴力描写、リアルな血の色、気持ち悪くなりそうな拷問。その加減のなさは映画だからこそ出来るもの。最初のシーンを観てまず覚悟を決めて見て欲しい映画だ。

豪華キャスト集結

一匹狼で暴力団とも繋がっているマル暴の刑事大上には役所広司。久しぶりに野性的でギラギラした役所広司を見ることができる。刑事としての任務を大上は大上らしく遂行していく。平成の世の中では許されない行動も昭和の時代には出来たということは沢山あっただろうが、その行動は観る側からするとぶっ飛んでいる。暴力団にも警察にも一目置かれていた大上。大上はなぜ自由に行動出来たのか。誰のために生きていたのか。孤独な一匹狼の真実がこの作品にはある。

その大上のバディとなる新人刑事日岡には松坂桃李。彼の目は観客の感覚に近い。自然と日岡の考えに同調して観ていくことになる。

尾谷組の若頭・一之瀬には江口洋介、構成員・永川には中村倫也。加古村組の若頭・野崎には竹野内豊。いつもなら優しくて柔らかい二枚目を演じる役者達が眉間にシワを寄せている姿が新鮮であり、狂気が感じられる。中村倫也の登場シーンには特に驚かされる。そして組長役の伊吹吾郎、石橋蓮司というベテランがさすがの睨みを効かせる。

警察組織には滝藤賢一、矢島健一、田口トモロヲとカメレオン俳優が揃う。警察が果たして正義なのかどうか。考えるシーンが幾つもある。

暴力団VS暴力団だけではなく暴力団VS警察も絡んだ駆け引きのある男達のもつれ合いが堪らない。

実は新人刑事の成長物語。変化する松坂桃李を見逃すな

この作品は抗争ものでもあるが一人の新人刑事の成長物語でもある。一人の若手刑事が大上という一人の型破りな警察官と出会うことで変化していく。終始飄々と暴力団とやり取りする大上に振り回され、自分の中の警察のイメージも崩壊し、心が揺れていく。様々な場面に臨場し、時が経つにつれ変わっていく松坂桃李の変化にぜひ注目してほしい。

白石組集結 一癖も二癖もある役者陣

白石組の常連メンバーの芝居も気になる。ピエール瀧、音尾琢真、勝也、中村獅童。沢山出番があるわけではないがしっかりと印象を残していく。なくてはならない役者陣だ。

遊び心を忘れていないのも白石組。冒頭薬局で大上が食べているサメエキスのカプセル。
『日本で一番悪い奴ら』を観た人には分かるニヤリとさせられるネタも用意されている。

観る人によって評価は賛否両論分かれるだろう。映画を作るには今の日本には様々な制限がある。その映画界でここまで遠慮なく生々しさを表現出来る映画はなかなかない。ここ数年では珍しい作品と言えるだろう。

 

映画『弧狼の血』http://www.korou.jp/
5月12日より全国公開。東海地区ではミッドランドスクエアシネマ、岐阜CINEX他で公開。
(公開劇場の詳細は公式サイトへ)

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

Punk_main 1
パンクな世界に身を投じろ!(映画『パンク侍、斬られて候』)

言葉に出来ない"半端ないって!"の作品が久しぶりに来た。もうこれはとにかく観て! ...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 2
名古屋で撮影中 映画『名も無い日』

映画『名も無い日』の撮影が現在名古屋で行われている。 監督は名古屋市熱田区出身の ...

room6 3
映画『ルームロンダリング』×池田エライザ トーク&インタビュー at 名古屋

6月5日名古屋PARCOで【映画『ルームロンダリング』×PARCO SWIM D ...

4
ようこそ岐阜へ。今年も秀作揃い 第6回MKE映画祭 レポート

第6回MKE映画祭が6月9日岐阜県図書館多目的ホールで行われた。 上映されたのは ...

yuzuriha1 5
葬儀の現場に涙は見せない(映画『ゆずりは』)

どの時代でも文化や仕事の技は受け継がれていく。 人から人へ。意思を継ぐ者達の命の ...

6
声から広がる作品の世界・中川龍太郎監督インタビュー(映画『四月の永い夢』)

世界四大映画祭の一つと言われるモスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞とロシア映 ...

7
迷うのも決めるのも私(映画『29歳問題』)

あらすじ 2005年の香港。あと1ヶ月で30才を迎えようとしているクリスティは仕 ...

dav 8
第17回CINEX映画塾-撮影監督・柳島克己トーク レポート

第17回CINEX映画塾が岐阜柳ケ瀬ロイヤル劇場で5月12日開催された。 ロイヤ ...

1525665750821 9
渡辺哲、再びカクエイを演じる(舞台『カクエイはかく語りき』)

『カクエイはかく語りき』が12年ぶりに上演される。 この作品は星屑の会でもタッグ ...

kobani 10
ラジオ・コバニ 戦地の中の放送局(映画『ラジオ・コバニ』)

94.3Mhz ラジオ・コバニが街を取り戻す 94.3Mhz でオンエアされるラ ...

kimikyori 11
地球の裏側のきみに恋して(映画『きみへの距離、1万キロ)

好きな人は地球の裏側。しかも恋人もいて…。 あらすじ 北アフリカの砂漠地帯にある ...

©2018「孤狼の血」製作委員会 12
東映実録路線を引き継ぐ妥協のない作品(映画『孤狼の血』)

ここまで今の日本でよく作ったと思える映画だった。熱き男達の闘い。それは昭和の時代 ...

IMG_20180503_085253 13
第17回CINEX映画塾開催決定!『ソナチネ』上映&柳島克己トーク

第17回CINEX映画塾の開催が5月12日に決まった。 今回は場所が岐阜CINE ...

14
篠原哲雄監督、文音さん登壇 映画『ばぁちゃんロード』名古屋舞台挨拶レポート

映画『ばぁちゃんロード』の舞台挨拶が4月21日名古屋名演小劇場で開催された。 篠 ...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 15
CINEX映画塾第16回『一陽来復 Life Goes On』トークショーレポート

第16回CINEX映画塾『一陽来復 Life Goes On』上映と尹美亜(ユン ...

16
第1回加藤るみと映画館で会いましょう レポート

2018年3月17日、岐阜新聞映画部が企画したイベントが新たにスタート。 『加藤 ...

17
みんなが僕のストレージ(映画『クソ野郎と美しき世界』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『クソ野郎と美しき世界』公開記念舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで ...

IMG_20180205_115556 18
中川運河の魅力を伝える短編集(『Filmusic in 中川運河・秋』)

名古屋都市センター【中川運河助成ARToC10】の助成事業として製作されている短 ...

dav 19
自分の心の中を見たら(『ミュージカル ジキル&ハイド』)

ミュージカル『ジキル&ハイド』 2018年3月25日(日) 13:00  名古屋 ...

20
今を、そしてこれからを生きる(映画『一陽来復 Life Goes On』)

東日本大震災から6年。 6年という月日が早いのか遅いのか。それは人それぞれ感覚が ...

21
映画『レオン』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『レオン』公開初日舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで行われた。 こ ...

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA 22
あなたが愛した私でいたい(映画『ナチュラルウーマン』)

前情報は全く入れずに鑑賞し始めた映画『ナチュラルウーマン』。 ナイトクラブで歌う ...

ビガイルド 23
女の園に男が一人。さて何が起こる?(映画『ビガイルド 欲望のめざめ』)

女の怖さを知っているのは男より女だと思う。女はいつか敵になるかもしれないのになぜ ...

24
悠久の流れ長江・何度も巡り合う男と女(映画『長江 愛の詩』)

中国・長江。 世界の三大河川に数えられるこの河は全長3600キロ。中国を横断する ...

25
岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。 今年は新 ...

26
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・前編 Mirageなお客様その⑤)

自動車技術は日々進化している。 自動運転はまだまだ先のことと思っていたがCMでも ...

27
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・後編)

映画『センターライン』 下向拓生監督へのインタビュー後編をお送りする。 前編はこ ...

kenen1 28
兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。 絶対に勝てない親子喧嘩より ...