Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

kimikyori

EntaMirage! Movie

地球の裏側のきみに恋して(映画『きみへの距離、1万キロ)

好きな人は地球の裏側。しかも恋人もいて…。

あらすじ

北アフリカの砂漠地帯にある石油パイプラインで石油泥棒を監視する6本足の小さなクモ型ロボットを操っているのは遥か10000キロ離れたアメリカ・デトロイトから。遠隔操作しているのはオペレーターのゴードン。ゴードンは最近運命の人だと思っていた恋人ジャニーンと別れたばかりで傷心中。そんなある日ゴードンは監視ロボットを通して美しい女性アユーシャを見つける。彼女は恋人のカリムと密会していたが、親から別の相手との結婚を強要されていた。それを知ったゴードンは彼女を助けようと大胆な行動に出る。

カメラの向こうの彼女に恋して

ゴードンの仕事は砂漠のパイプラインに駐在する12基のクモ型ロボットを使って侵入者を監視すること。クモ型ロボットは有能でサーモグラフィ機能で暗い中でも人を判別する。攻撃機能で石油泥棒を撃退したり、他言語機能で目が見えず迷子になった老人にアラビア語で話しかけ、家の近くまで送り届けたりと人が来ないはずの砂漠の中で処理する事はそれなりにある。そんな中で偶然カメラがとらえた女性・アユーシャの姿が気になってしまったゴードンは彼女を追いかけ、彼女が親に内緒で恋人に会っていることを知る。恋をして、本当に好きな人と結婚したいという彼女の気持ちに心が動いたゴードンは力になろうとする。運命の人だと思い付き合っていたジャニーンにフラれてしまったゴードンに上司のピーターは出会い系アプリで新たな出会いを紹介。たくさんの女性から連絡があるが、ピンとくる出会いはない。そんなゴードンの頭の中から離れなかったのはアユーシャの姿だった。ゴードンはアユーシャの姿を観ることは出来ても触れることは出来ない。片想いでもいい。自分の代わりに動いてくれるロボットを通じてアユーシャに近づいていく。

キム・グエン監督が望むグローバルな世界

様々な情報メディアの向上で私たちの活動範囲が世界規模になっている現在。
監督のキム・グエンは携帯電話もあり、SNSで世界の誰とでも交流できる日常がある中で未だ古い風習に囚われて自由な生き方が出来ない文化が残っていることを観るものに知らせる。
風習はそんなに簡単には変えられない。それでもそれを超えて欲しい。そんな思いをこめてこの作品は作られた。
たとえ実際に会っていなくても話すことで心は伝わる。思いは届く。気持ちに国境はない。一つ一つの国ではなく、一つの地球の中で生きている人々の恋愛を描いている。
第74回ヴェネツィア国際映画祭においてヴェネツィア・デイズ部門フェデオラ賞を獲得し、ヨーロッパの批評家たちから大絶賛を受けた。
運命の人と思っていた元カノへの思いを振り切っておらず傷心気味の主人公ゴードンにはジョー・コール。不器用だけど優しく熱い男をじっくり演じてくれている。
自由な恋愛を許されず悩むアユーシャにはフランスのリナ・エル=アラビ。美しさもさることながら意志強き目にひかれた。

Eye on Juliet photos: Sébastien Raymond. seb©sebray.com

運命の人と思っても

運命の人にフラれることだってある。運命の人と出会っても気がつかない人もいる。運命の人との出会いはどういう形になるかわからない。
ゴードンが出会った新たな運命の人は地球の裏側にいた。
技術の進歩がなかったらこの出会いはなかった。
ゴードンはアユーシャを幸せに導くことが果たして出来るだろうか。

老人との会話が鍵となってくるので最後まで忘れないようにして欲しい。
昔は漫画のなかだけの設定だったかもしれないことが今なら現実になりそうだとあたたかい気持ちで最後まで見ることが出来た。

運命の人を探して世界に目を向けてみよう。

映画『きみへの距離、1万キロ』http://kimikyori.ayapro.ne.jp/は現在公開中。
東海地区では愛知・センチュリーシネマで5月12日より
岐阜・岐阜CINEXでは6月23日より、三重・伊勢進富座で8月11日より公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

received_1906226122756449 1
地域×映画ー自分の街での映画作りの可能性(『MACHI×FILM GO!GO!「Life works」6作品上映&トークセッション』)

8月5日岐阜県可児市文化創造センターで『ROCKFILLJAM2018』が開かれ ...

恋する小説家 2
『カメラを止めるな!』上田監督の短編もチェックしよう!

現在名古屋シネマスコーレで上映中の『カメラを止めるな!』は連日チケットが速攻完売 ...

3
私たちはここで生きたい(映画『ヒトラーを欺いた黄色い星』)

ヒトラーが第二次世界大戦中に行ったホロコーストでも知られる虐殺はあまりにも有名で ...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 4
第18回CINEX映画塾『パンとバスと2度目のハツコイ』深川麻衣トークショーレポート

7月1日岐阜CINEXにて第18回CINEX映画塾が開催された。作品は『パンとバ ...

shino1 5
一歩を踏み出すまでの時間(映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』)

一人はさびしいけれど楽な時もある。 誰かと行動することは気を遣うし、疲れる。 誰 ...

『天国と地獄』 6
あいち国際女性映画祭2018ラインナップ発表

「あいち国際女性映画祭2018」の記者会見&ラインナップ発表が7月11日、映画祭 ...

7
沖縄返還の交渉を行った一人の外交員の物語 (映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』)

昨年NHKBSプレミアムで放映されたドラマが映画になって帰ってきた。 沖縄返還の ...

IMG_20180630_234305 8
【映画祭応援】アーラ映画祭2018 ラインナップ発表!

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2018の全ラインナッ ...

Punk_main 9
パンクな世界に身を投じろ!(映画『パンク侍、斬られて候』)

言葉に出来ない"半端ないって!"の作品が久しぶりに来た。もうこれはとにかく観て! ...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 10
名古屋で撮影中 映画『名も無い日』

映画『名も無い日』の撮影が現在名古屋で行われている。 監督は名古屋市熱田区出身の ...

room6 11
映画『ルームロンダリング』×池田エライザ トーク&インタビュー at 名古屋

6月5日名古屋PARCOで【映画『ルームロンダリング』×PARCO SWIM D ...

12
ようこそ岐阜へ。今年も秀作揃い 第6回MKE映画祭 レポート

第6回MKE映画祭が6月9日岐阜県図書館多目的ホールで行われた。 上映されたのは ...

yuzuriha1 13
葬儀の現場に涙は見せない(映画『ゆずりは』)

どの時代でも文化や仕事の技は受け継がれていく。 人から人へ。意思を継ぐ者達の命の ...

14
声から広がる作品の世界・中川龍太郎監督インタビュー(映画『四月の永い夢』)

世界四大映画祭の一つと言われるモスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞とロシア映 ...

15
迷うのも決めるのも私(映画『29歳問題』)

あらすじ 2005年の香港。あと1ヶ月で30才を迎えようとしているクリスティは仕 ...

dav 16
第17回CINEX映画塾-撮影監督・柳島克己トーク レポート

第17回CINEX映画塾が岐阜柳ケ瀬ロイヤル劇場で5月12日開催された。 ロイヤ ...

1525665750821 17
渡辺哲、再びカクエイを演じる(舞台『カクエイはかく語りき』)

『カクエイはかく語りき』が12年ぶりに上演される。 この作品は星屑の会でもタッグ ...

kobani 18
ラジオ・コバニ 戦地の中の放送局(映画『ラジオ・コバニ』)

94.3Mhz ラジオ・コバニが街を取り戻す 94.3Mhz でオンエアされるラ ...

kimikyori 19
地球の裏側のきみに恋して(映画『きみへの距離、1万キロ)

好きな人は地球の裏側。しかも恋人もいて…。 あらすじ 北アフリカの砂漠地帯にある ...

©2018「孤狼の血」製作委員会 20
東映実録路線を引き継ぐ妥協のない作品(映画『孤狼の血』)

ここまで今の日本でよく作ったと思える映画だった。熱き男達の闘い。それは昭和の時代 ...

IMG_20180503_085253 21
第17回CINEX映画塾開催決定!『ソナチネ』上映&柳島克己トーク

第17回CINEX映画塾の開催が5月12日に決まった。 今回は場所が岐阜CINE ...

22
篠原哲雄監督、文音さん登壇 映画『ばぁちゃんロード』名古屋舞台挨拶レポート

映画『ばぁちゃんロード』の舞台挨拶が4月21日名古屋名演小劇場で開催された。 篠 ...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 23
CINEX映画塾第16回『一陽来復 Life Goes On』トークショーレポート

第16回CINEX映画塾『一陽来復 Life Goes On』上映と尹美亜(ユン ...