Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

アスファルト

EntaMirage! Movie

団地の中のささやかな出会い 映画「アスファルト」

2016/09/28

アスファルト(Asphalte) フランスのある団地でのお話

あらすじ

修理代を払いたくないと言ったスタンコビッチは修理した後、エレベーターを使うなと言われた矢先
アクシデントで車いすの生活になってしまう。
内緒でエレベーターを使いつつ、
車椅子に乗っていても一人で買える自販機がある病院に向かう。
そこで夜勤の看護師という女性に出会うのだった。
母親はいるが家になかなか帰ってこないため一人で暮らす映画好きな青年シャルリ。
部屋の向かいに引っ越してきた母親ぐらいの年齢の女性が気になる。
あるきっかけで部屋を出入りするようになり、
彼女がかつて活躍していた女優だということを知る。
息子と訳あって別れて暮らすマダム・ハミダ。
自分一人では部屋の水漏れも直せない。
ある日、屋上に不時着したNASAの宇宙飛行士が突然やって来て
迎えが来るまで自分の部屋に住ませることになる。

団地の小さな物語

マンションなどの共有物件の大きな改修や修理をするには日本では5分の4の賛成が必要だ。
なかなか年季の入ったアパートでエレベーターの改修をどうするかを多数決で選ぶ光景は
フランスでもあるのだと冒頭感じながらこの映画の世界に入っていった。

阪本順治監督の『団地』、是枝裕和監督の『海よりまだ深く』と日本でも団地を舞台にした映画が
続けて公開になっているが今回はフランスのある地方の古びた団地が舞台だ。
懐かしさを感じる建物がそこにある。
雨で変色してしまった壁、されたままの落書き、
そして何をしているのかわからない青年たち、
気にはなるけど関わりたくないから知らぬふりをする外で聞こえる音。

団地とは一つの世界だ。
この作品は一つの世界であるアパートの様々な人々の生活を映しだす。

団地という場所で3つの話が描かれる。
一人で暮らしていた男女3人の元にやって来た男女3人。
出会いとは様々な変化を起こす。
エレベーターのように上がったり下がったり。
台詞で語られないことも多い。
だが、だからこそ面白い。

「え、どうしてそれで車椅子生活になっちゃうの?」
「なぜこんなところに宇宙飛行士が不時着するの?」
不思議な設定はいっぱいあるのに結局それを受け入れて最後まで見せてしまう力が
この作品にはある。
サミュエル・ベンシェトリ監督の世界観がたまらない。

アパートというのは同じ部屋の間取りが多い。
だからカメラアングルを同じ位置に据え、違う部屋を映しだしている光景が非常に面白い。
部屋の手狭さも感じられるカメラサイズ。

ジャケ買いという言葉がある。
今回はチラシ買い。

アスファルトメイン

 

 

この光景がいったいどこで起こるのかは見てのお楽しみ。
チラシではわからない、偶然の出会いで生まれる温かいストーリーが描かれている。

作品情報
・アスファルト(→公式HP
監督:サミュエル・ペンシェトリ
出演:イザベル・ユベール ギュスタヴ・ケルヴァン タサディッド・マンディ ジュール・ベンシェトリ マイケル・ピット他
現在公開中
名古屋地区は9月24日(土)より名演小劇場で公開

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

centerline1 1
じわじわきているインディーズ映画2本が名古屋で同時上映中!『センターライン』『さらば大戦士トゥギャザーV』初日イベントレポート

映画『さらば大戦士トゥギャザーV』、『センターライン』の名古屋上映が名駅のシネマ ...

place1 2
欲望と欲望が交差するカフェ ザ・プレイス(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)

人は誰でも欲望を持つ。今までに叶わなかった欲望も沢山あるだろう。もし、「これをす ...

55443345_2189956214435052_3257495925353873408_o 3
来週いよいよロードショー・映画『センターライン』吉見茉莉奈さんインタビュー

Cafe mirageが推し続けている映画『センターライン』。 昨年の完成披露か ...

kibaiyanse7 4
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 5
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 6
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 7
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 8
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 9
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 10
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 11
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 12
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 13
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 14
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 15
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 16
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 17
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

18
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 19
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...