Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

DSC_0055

岐阜推し!

岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。

小さな頃、母が若い頃から好きだったという釜めし屋に柳ケ瀬に行く度に連れて行ってもらっていた。しゃもじがたくさんかかった壁を見ながら階段を下りた地下にその店はあった。

私の中の釜めしの味はそこの味。濃すぎない柔らかい味は何がそうしていたのかは釜めし自体を母がお茶碗によそっていたこととあまりにも小さすぎたこともあってわからないまま、その店は少しずつ活気がなくなっていったバブル不況以降の柳ケ瀬から姿を消してしまった。
あれから何十年。いろんな釜めしを様々な場所で食べているが私も母もあの味に出会えず、あの店は閉店してどこへ行ってしまったのか、誰かあの味を継いだ人はいないのかと思い続けていた。

柳ケ瀬から店がなくなって悲しいなとおもったのはこの釜めしが美味しい和食の店『萬両』と21号バイパスにあった『子の子』の母店でとん汁がやけにおいしかった『子の日』。小さなころから和食党だったことを自覚できてしまうようなチョイスだが、大人になった今でもその考えは変わらない。

 

数十年経った今。
「おいしい釜めしが食べたいなって思うんだけど、このお店はどうだろう?」
と母が学園町にある和食の店を見つけてきて、休日になったので行ってみて驚いた。

店ののれんの上には昔見た屋号が。

メニューの中には様々な和食の中にたくさんの種類の釜めし。そこにあった『復刻釜めし』が気になる…。
「この復刻釜めしって何ですか?」
「柳ケ瀬にあった『萬両』という店で出していた釜めしなんです。柳ケ瀬のお店を閉める前からこの店は和食の店として営業していたんですが、萬両をやめてからお客さんから釜めしも出してほしいと言われてこちらでやることにしたんです。ここも萬両も経営者は一緒なんですよ」

それを聞いて頼んだのは復刻釜めし定食。まず運ばれてくる漬物とお惣菜。

釜めしのほかについてくるのが惣菜とみそ汁だ。今日のフライはカキフライとホタテフライ。さめてもおいしいサックサク。
優しいお味の煮物もおいしくて。母親がいるのを忘れて『孤独のグルメ』の五郎さんのごとく自分の心の中で独り言を言いながら黙々と食べてしまう。
そしてやってきた復刻釜めし。

開けたとたんに広がるカニの香り。そしてうっすらと上にかかった玉子。甘いシイタケ。それを混ぜて食べる。
そしてまた一人五郎さんモードに入る。これは間違いない!自分が思っているまろやかな釜めし。それでいておこげも旨い。

数十年ぶりに食べた『萬両』の釜めし。思わずうるうるする。
自分が過ごしている活動範囲内にずっと存在してたのに知らなかった。インターネットが普及している社会でも思い出の味は調べられない。
インターネットにはまだにおいや味はないからだ。自分の五感を大事に出来るもの。料理はその一つだ。

その料理と自分の感覚が久しぶりに幼い頃の自分の記憶を引っ張り出してくれた。

赤いレンガの高島屋のバラの広場、手書きの看板のかかった映画館。たくさんの人が通る商店街。
焼きそばのにおいとその前にあった長崎屋の風景。
まだ『柳ケ瀬ブルース』の石碑があの通りになかったころの記憶。

あ、年齢わかる。ま。いいか。

 

今回のエッセイに登場したお店

お食事処 ぼんてん
岐阜市学園町1-7
http://www.bonten-gifu.com/

駐車場は店の西、早田西公園の前。

-岐阜推し!
-

おすすめの記事はこれ!

centerline1 1
じわじわきているインディーズ映画2本が名古屋で同時上映中!『センターライン』『さらば大戦士トゥギャザーV』初日イベントレポート

映画『さらば大戦士トゥギャザーV』、『センターライン』の名古屋上映が名駅のシネマ ...

place1 2
欲望と欲望が交差するカフェ ザ・プレイス(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)

人は誰でも欲望を持つ。今までに叶わなかった欲望も沢山あるだろう。もし、「これをす ...

55443345_2189956214435052_3257495925353873408_o 3
来週いよいよロードショー・映画『センターライン』吉見茉莉奈さんインタビュー

Cafe mirageが推し続けている映画『センターライン』。 昨年の完成披露か ...

kibaiyanse7 4
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 5
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 6
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 7
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 8
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 9
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 10
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 11
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 12
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 13
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 14
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 15
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 16
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 17
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

18
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 19
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...