Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie 岐阜推し!

岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

2018/02/15

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。
今年は新たなプロジェクトを2つ始動させる。

アートな映画を観てみよう!アートサロンを開催

まず1つめは『岐阜新聞映画部アートサロン』と題してアートな映画を鑑賞する企画を開始。アート映画には「意味が分からない。」、「難しい。」というイメージを持たれることが多い。そんなイメージを払拭するべくアートの専門家に解説してもらおうというのがこの企画だ。

第1回は『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』を上映する。

ヒエロニムス・ボスは15~16世紀に活躍した画家だが生年月日も不詳で謎の多い人物だ。彼が残した作品を元に彼の生活を追うドキュメンタリー作品となっている。上映後のトークショーでは岐阜県美術館・学芸員の松岡未紗さんを迎え、ヒエロニムス・ボスの作品について話を伺う。

この企画ではこの日以外に岐阜CINEXで『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』を観た方なら半券持参でトークショーのみの参加が可能になる。もっとヒエロニムス・ボスを知りたい、新たなジャンルの映画を観てみたいという方はぜひ参加してほしい。

 

第1回 岐阜新聞映画部アートサロン
『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』上映&トークイベント トークナビゲーター・松岡未紗(岐阜県美術館学芸員)
2月25日(日)岐阜CINEX 12:25~ 上映(90分)  14:00~ トークイベント
定員 90名 料金 大人1500円 大学生1300円 シニア900円 高校・中学・小人800円(全席自由)

 

映画部部員加藤るみさんによるイベントも始動!

そして2つ目は岐阜新聞映画部部員に就任した加藤るみさんを迎えたイベント
『加藤るみと映画館で逢いましょう』だ。

SKE48として活動後、タレントとして情報番組や映画番組に出演している岐阜出身の加藤るみさんが埋もれてしまっている作品にスポットを当てる企画。記念すべき1回目の上映作品は『タイニー・ファニチャー』。映画祭で上映されたことはあるがロードショーは初めてという作品だ。アメリカのドラマ『GIRLS』で監督主演を務めたレナ・ダナムが注目されるきっかけとなった映画。インディペンデント映画だが見ごたえのあるコメディとなっている。観賞後のトークショーでは加藤るみさんならではの視点で映画を語ってくれる予定だ。
さらにその日は柳ケ瀬商店街某所にて『加藤るみ生誕祭2018』も開催される。映画を観た後、一緒に加藤るみさんの誕生日をお祝いしよう。

 

第1回 加藤るみと映画館で逢いましょう
『タイニー・ファニチャー』上映&トークショー
3月17日(土)岐阜CINEX 13:00~ 上映(98分) 14:45~トークショー
定員190名 料金 大人1500円(全席自由)

 

『加藤るみ生誕祭2018』
3月17日(土) 17:00-19:30
場所:柳ケ瀬商店街某所にて(場所は参加者にのみお伝えします。)
参加料金 8500円

上記イベントのチケットは
2月17日(土)9:30より岐阜CINEX窓口、WEB・ファミリーマートで発売開始。
WEB・ファミリーマートでの購入には47Club Ticket への登録が必要。

詳しくは岐阜新聞映画部公式サイトを参照してほしい。

-EntaMirage!, Movie, 岐阜推し!
-

おすすめの記事はこれ!

ビガイルド 1
女の園に男が一人。さて何が起こる?(映画『ビガイルド 欲望のめざめ』)

女の怖さを知っているのは男より女だと思う。女はいつか敵になるかもしれないのになぜ ...

2
悠久の流れ長江・何度も巡り合う男と女(映画『長江 愛の詩』)

中国・長江。 世界の三大河川に数えられるこの河は全長3600キロ。中国を横断する ...

3
岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。 今年は新 ...

4
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・前編 Mirageなお客様その⑤)

自動車技術は日々進化している。 自動運転はまだまだ先のことと思っていたがCMでも ...

5
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・後編)

映画『センターライン』 下向拓生監督へのインタビュー後編をお送りする。 前編はこ ...

kenen1 6
兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。 絶対に勝てない親子喧嘩より ...

7
ラーメンマニアの上を行く。その名もラーメンヘッズ(映画『ラーメンヘッズ』)

日本人は世界中のどこの国よりもラーメン好きだ。 手軽で美味しい。その一杯のために ...

8
求めあう心に導かれて(映画『風の色』)

「もう一人の私は北海道で流氷を見ている。」 恋人のゆりが意味深な言葉を残し、自殺 ...

9
『悪と仮面のルール』玉木宏インタビュー「幸せの感覚」

この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために 創られた存在だと父から告げられ ...

10
『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』名古屋舞台挨拶レポート

映画『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』の公開記念舞台挨拶が 1月 ...

11
あなたの人生このままでいいですか?(映画『ルージュの手紙』レビュー)

酒も飲まず、恋愛もしない。 仕事と子供のために生きてきた女性の元に 思いもよらぬ ...

12
CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』トークショー レポート

CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』 佐古 ...

13
CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』トークショーレポート

CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』 及川奈央×益田祐美子プ ...

14
一本の糸からつながる世界(映画『YARN 人生を彩る糸』)

冬になると得意ではないのに編み物をやりたくなるのはなぜだろう? 一本の毛糸を編む ...

15
オペラで彩られるモーツァルトを描く新たな作品(映画『プラハのモーツァルト』)

  ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。 作曲家としてあまりにも ...

16
知多半島映画祭2017 レポートその1 『あのまちの夫婦』

11月19日に知多半島映画祭2017が東海市芸術劇場大ホールで開催された。 7年 ...