Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

東海林毅監督

EntaMirage! Entertainment Movie

映画『片袖の魚』名古屋シネマテーク 東海林毅監督 舞台挨拶レポート

映画『片袖の魚』の上映が名古屋シネマテークで9月18日から始まった。
この作品はトランスジェンダーの主人公が仕事で久しぶりに故郷に戻る様子を描く短編。

名古屋公開記念舞台挨拶が行われ、東海林毅監督が登壇。その様子をお届けする。

Q.映画制作の経緯などを教えてください

東海林監督
「この映画は短編映画なんですが、去年の夏ぐらいに短編映画を撮ろうと考えて、まず原案の詩を書いている詩人の文月悠光さんに、「文月さんの詩をベースに短編映画を撮ってみたいんです」とお声掛けして。二人で意思が一致したのがこの『片袖の魚』だったんですね。この詩で映画を撮るなら必ずトランスジェンダーで話を作りたいと文月さんに伝えたところもちろんいいですよと了承いただけて、企画が動き始めました。トランスジェンダーのストーリーをやるんだとしたら主人公役はトランスジェンダーの当事者にお願いしたいと最初から心に決めていて、初稿が出来るか出来ないかのうちにオーディション募集の文言を考えてSNSやネットで募集しました」

katasode2

東海林監督
「第一の難関はそこでした。実はトランスジェンダー当事者の俳優を一般公募でオーディションするというのが日本では初めてのことで、実際やってみてももしかしたら当事者の方は表に出たがらない、集まらないんじゃないかという可能性もあり、不安ではあったんですが、募集したら北は北海道、南は九州まで20人前後の方から応募がありました。主役とバーの同僚役の二役を募集したんですが、映画の中で踊っていた彼女も採用して、当事者3名を起用して制作に入りました。日本映画だけではなく、世界中で問題になっているのはトランスジェンダーの表象を扱った映画、ドラマを作るときにトランスジェンダー当事者ではなくシスジェンダーがトランスジェンダー役を演じるというのが当たり前になっているわけです。それでは正しいトランスジェンダーの姿も伝わっていかないんじゃないか。トランスジェンダーで俳優を目指したい人もたくさんいるんですけど、そういう方の活躍の場が結果的に奪われてしまうのは問題ではないかと言われているんですね。その問題の解決の一歩として当事者には当事者をキャスティングして、表に出していく。皆さんの目に触れるようにこちらも後押ししていくということが大事だなと感じています。この映画でその小さな一歩が出来たのではないかと思います」

(観客から)
Q.彼女の学生時代からの心の葛藤がよくわかりました。こういった方々とどんな風に私達は接したり、お話すればいいんでしょうか?

東海林監督
「どういうシチュエーションで、どういうことを言ったら傷つけてしまうのかというのはやはり気になるところだと思います。ではどうしたら傷つけなくてすむのかということなんですが、それは一つ一つのケースによっても違い過ぎて正解というのがないと思うんですね。セクハラの問題と同じです。セクハラもここからここまでがセクハラという明確な線引きというのはないと思うんです。性的マイノリティの方に何を言ったら傷つけてしまうのかというのも明確な正解というのはないはずではありますが、僕がこれはやればいいんじゃないかと思うのは人権教育、人権について学ぶということです。人権だと性的マイノリティやセクハラのことよりも大きな枠組みだと思いますが、その大きな基本を押さえていけば、大きくおかしなことにはならないと思います。仮に「それは傷つきました。良くないことだと思います」と言われた時に自分の中に人権への意識があれば、「それは申し訳なかった、確かに傷つくよね」とこちらもすぐ理解出来るというか。人権もそうですし、ここから先は知識というか、いろんな人とふれあっていくという機会を設けることが大事だと思います。それが正解に近づけるといいますか」

Q.では信頼関係だとかコミュニケーションが大事ということですか?

東海林監督
「信頼関係がある中でそういった傷つきがあったとしたら、その後で話し合ったり、気づいてもらえたりがあると思うんですが、そうではない人というのはただ単に悪意で言ったりする場合もあるので、それは避けていきたいですね」

katasode3

Q.主人公の職場で車椅子ユーザーの方が同僚として出てきていましたが、それは監督に何か考えがあってのことですか?

東海林監督
「仮面女子の猪狩ともかさんに演じていただいていますが、猪狩さん自身が事故に遭って車椅子で生活されています。最初から同僚の中に必ず車椅子の方を入れようとは決めていました。でも絶対にセリフでの説明や状況の説明として「この方は車椅子なんです」ということを説明しないようにしようと思っていたんです。車椅子の方はドラマや作劇の役割として出てきた時にすごくかわいそうな人という宿命を負わされてしまうんですね。キャラクターとしてかわいそうな役にされてしまうことがすごく多くて、それが僕はすごく失礼だと思うんです。僕もLGBTQの中だとバイセクシュアルなのでBなんですけど、だからといってかわいそうな人間かといえば全くそんなこともなく、日々楽しく生活していますし、どうしてもドラマだとマイノリティを出すとかわいそうな存在として描かれるのはおかしいよと言いたくて、車椅子のことには言及せずに同僚の一人として一緒に働いている人にしました」

received_546722356596411

Q.主人公が同級生や訪問先の方から投げかけられた言葉はインタビューや取材で得たことですか?

東海林監督
「あそこはハイブリッドで、僕自身が同級生に言われた言葉だったりとか、トランスジェンダーの友人から聞いたり、主演のイシヅカユウさんと話してどんどんセリフを変えていきました。いろんな人の経験が混ざっているシーンです」

Q.映像ではトランスジェンダーの表象の問題はあると思うんですが、ネガティブなものや死に繋げて描かれていることを観てきましたが、今回は映画を作成する中で特にトランスジェンダーの方の表象についてこだわったところはありますか?

東海林監督
「まず当事者が演じていることが重要なんですが、他に重要なのは職業です。トランスジェンダーの方はどうしても歴史的にセックスワーカーやナイトワークの方が非常に多くて。それはなぜかというと昼の一般的な職業に就こうとしたときに差別されて排除されたり、社会に出ていけないという事情があって夜の仕事に流れがちだったんですね。今回も同じことをやってしまうとまた偏見を強化してしまうわけです。今実際にトランスジェンダーの方も社会に出て働いていますし、むしろそっちの方向を伸ばしていかないといけないのにナイトワークみたいなイメージを印象づけてしまうのは良くない、性的な表現、セクシャルなアイコンとしてのトランスジェンダーにならないように気をつけています」

received_544272703524607

映画『片袖の魚』https://redfish.jp/ は現在名古屋シネマテークで公開中。

別府ブルーバード劇場は9/24~、浜松シネマイーラは10/1~、横浜シネマリンは11/20~上映予定。

 

 

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

IMG_20220916_162130 1
舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を観に行ったので、観る前にやっておくといいかもしれないことを書きました

現在、東京 TBS赤坂ACTシアターでは舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」をロン ...

20220828170445_IMG_4777_ 2
第66回CINEX映画塾 映画『島守の塔』五十嵐匠監督 トークレポート

第66回CINEX映画塾が8月28日岐阜CINEXで開催された。上映作品は『島守 ...

deku1 3
あいち国際女性映画祭 映画『でくの空』トークレポート&林家ペーさんインタビュー

名古屋 名演小劇場で9月23日から公開される映画『でくの空』。埼玉県秩父市、寄居 ...

0714_GCW_B1poster_outline 4
生きるために。狂える人々の終わらない争い(映画『グッバイ・クルエル・ワールド』

とにかくぶっ飛んでいる。まともな奴はほとんどいない。ノリのいいノワールものが久し ...

ala2022 5
アーラ映画祭2022 ラインナップ発表!今年は4日間6作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2022の全ラインナッ ...

配給:ハピネットファントム・スタジオ © 2022「この子は邪悪」製作委員会 6
真実を知れば知るほど信じたくない…ありえない(映画『このこは邪悪』)

『嘘を愛する女』、『哀愁しんでれら』か映画化されたオリジナル作品の企画コンテスト ...

horuonna9 7
映画『掘る女  縄文人の落とし物』名演小劇場トークイベントレポート

映画『掘る女 縄文人の落とし物』公開記念トークイベントが8月21日名古屋 名演小 ...

zenbubokuno3 8
相手のことをちゃんと想像できるような人になりたい(映画『ぜんぶ、ボクのせい』松本優作監督 インタビュー)

現在公開中の映画『ぜんぶ、ボクのせい』。 母親に会うために児童養護施設を飛び出し ...

9
スリリングな148のツイート。真実は物語より奇なり。48時間の悪夢を映画化(映画『Zola ゾラ』)

2015年、Twitterに投稿され、大きな話題となったスリリングな148のツイ ...

horuonna1 10
縄文に魅せられ汗だくになって発掘作業をする「掘る女」に密着したドキュメンタリー(映画『掘る女 縄文人の落とし物』)

昔、考古学に憧れて、真剣にその方面の大学に進学しようと考えたことがある(いろいろ ...

theater2022_2 11
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭 Aプログラム舞台挨拶レポート

名古屋・清水口のシアターカフェでは移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭が今 ...

gyakkou3 12
第64回CINEX映画塾『逆光』須藤蓮監督トークレポート

第64回CINEX映画塾『逆光』が7月16日岐阜CINEXで開催された。監督、主 ...

IMG_20220727_134705 13
あいち国際女性映画祭2022 開催決定!今年は31作品上映

あいち国際女性映画祭2022の記者発表が7月27日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

mugen1 14
只見線とともに奥会津でみる美しい景色を守るために(映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』)

日本のローカル線は赤字路線が多く、毎年存続の危機に瀕しながらその土地で生活する人 ...

CVS4 15
コンビニは異世界!?コンビニで起こる不思議な出来事(映画『コンビニエンス・ストーリー』三木聡監督インタビュー)

日本のコンビニエンスストアとはとても便利な店である。値段は定価だが、大体何でも揃 ...

theaterC6 16
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭上映作品決定!

名古屋のシアターカフェが大須から清水口に移転、リニューアルオープン2周年を記念し ...

hakai_main_B2poster 17
島崎藤村の名作が60年ぶりに映画化 自分らしく生きるとは?(映画『破戒』)

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた、 ...

IMG_20220705_185811_573 18
映画『逆光』須藤蓮監督、脚本家渡辺あやさんインタビュー 岐阜柳ケ瀬 再会から夏祭り×映画という企画が生まれた 

名古屋で上映されることはあっても、岐阜の映画館で上映されるミニシアター系の映画は ...

mikaeri1 19
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 20
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 21
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 22
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 23
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 24
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 25
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 26
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 27
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 28
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 29
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 30
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 31
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 32
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 33
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 34
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 35
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 36
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 37
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 38
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 39
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 40
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...