Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

takatsugawa1

EntaMirage! Entertainment Movie

名バイプレイヤー・甲本雅裕初主演映画は地方で生きる私たちの物語(映画『高津川』)

甲本雅裕という役者をしっかりと認知したのは「踊る大捜査線」(CX)だったと思う。
それ以前も、ドラマの脇役として出てくる俳優さんとして少しずつ筆者に記憶されつつあったのだ。

刑事も出来るし、ヤクザも出来るし、インテリも出来るし、ちょっと天然系も出来る。器用な名バイプレイヤーだ。筆者は甲本雅裕という役者が作り出す絶妙な間が好きでたまらない。

映像の世界で引く手数多の彼の原点は演劇だ。三谷幸喜率いる東京サンシャインボーイズに所属。充電期間になる1994年まで出演を続け、映像へも進出した。

「振り返れば奴がいる」(CX)にもいた気がするし、「お水の花道」(CX)にもいた気がするし、ごくせん(NTV)にもいた気がするし……。
今動画配信されている懐かしいドラマの中にもたくさん出演しているはずだ。

近年は「遺留捜査」(EX)で主人公・糸村聡の相棒的存在の科捜研・村木繁と言えば、誰でも「あー、はいはい」と返事が返ってくる。(なお、この役名「大空港2013」(WOWOW)の役名でもある。役柄は全く違うが)

その、名バイプレイヤー甲本雅裕が初主演した映画『高津川』がコロナ禍を経ていよいよ全国順次公開される。監督は彼に当て書きしたというのだが、どんな主人公なのだろうか。

あらすじ

ダムが一つもない一級河川、島根県を流れる日本一の清流「高津川」。地元の誇りである「神楽」の舞いは歌舞伎の源流ともいわれ、代々舞手が受け継がれて来た。その流域で牧場を経営している斎藤学(甲本雅裕)は、今年舞手の舞台を踏む息子・竜也が稽古をさぼってばかりいることや、竜也の進路のことなどを危惧する日々だった。

地方では都会への若者の流出による人口減、祭りや技術、文化の伝承の存続は危機的状況にあり、高津川流域で暮らす人々も同じ問題を抱えていた。そんな時、母校である小学校が閉校になるという知らせや、高津川上流にリゾート開発の話が持ち上がり、学は同級生らと集まって何をすべきか相談することにする。

takatsugawa4

主人公・学は牧場を経営している。妻を亡くし、家族は母親の絹江、大学からUターンしてきた娘の七海、間もなく将来の進路を決めなければならない息子の竜也の4人。そこにIターンで移住し、牧場で働く佳奈がいる。自身も地元の誇りと思い、伝承することに力を入れる石見神楽に息子がどう向き合うのかに気を揉む。また地域にも目を向け石見神楽の集まりから一線を引いた同級生誠の父・正がひとりで暮らす姿に気をかける。学は妻を亡くしてからずっと子ども達を育て、守り、この地で生きている。自分の胸の内はなかなか表に出さないところもありながら、同級生たちには頼りにされている男だ。

自分の近くにも「こんな人、いる」と思える人物。普通にその辺りにいそうな男である。

だからこそ、演じるのは難しい。そんな役を監督は必ず演じ切ってもらえると信じて当て書きしたのだろう。

役者はそこにはいないのに、あたかも昔からいたような佇まいをすぐに出せなければならない。その技は長年バイプレイヤーとしてたくさんの役を演じてきた甲本雅裕だから出来る役と言えるだろう。

脚本・監督は映画『RAILWAYS -49歳で電車の運転士になった男の物語-』、『わさお』の錦織良成。

学や地元で暮らし続ける人々を通して、今の地方での問題が垣間見える。過疎化は高齢化や文化技術伝承の断絶など様々な問題につながっている。更に自身たちが通った小学校の閉校が決まり、高津川上流のリゾート開発計画も聞こえてくる。過疎化の窮地に追いやられながらもどうすれば自分たちの故郷を今のまま残すことが出来るのか、出て行った人たちが戻ってきてくれるのかと思案する姿に、筆者が住む岐阜と同じ光景を見た気がする。

takatsugawa2

この映画には地元に残り、地元で生きている人々が描かれている。

錦織監督は自身が生まれ、暮らす島根県を舞台に地元の人たちの生活を描いた。高津川が流れる島根県益田市は豊かな自然と先祖から代々伝わる石見神楽がある場所だ。祭りを伝えるということが生活の一つになっている。石見神楽の稽古や実際の神楽もこの映画にしっかりと収められた。

高津川の周りで生きる普通の人たちを優しく描いている映画。当たり前にその場にあることは実はとても素敵なことなのだと、気づかされる映画。

とにかくゆったりとした時間が流れる中で、後半じんわりと胸が熱くなる。ラストシーンの学の姿に甲本雅裕の真骨頂を見た気がした。

映画『高津川』https://takatsugawa-movie.jp/ は3月18日(金)より愛知 名演小劇場で公開。4月9日より三重 伊勢進富座で公開。

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...