Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

main

EntaMirage! Entertainment Movie 岐阜推し!

『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his』(今泉力哉監督作品)の舞台となった岐阜県白川町の「道の駅 美濃白川 ピアチェーレ」にて、ドライブインシアターによる映画『his』の上映会が行われる。

白川町は岐阜県の美濃地方にある人口8000人にも満たない山あいの町。60代以上が人口の半数以上を占め、実は人口に対しての100才以上の割合が全国トップクラスな町でもある。人口密度は30.6人/平方キロメートル(東京都は1万5,428人/㎦2)。よく白川郷で有名な飛騨地方の白川村と間違われるが、白川町から白川村までは車で約2時間かかる場所にある。名産品は、『his』でも登場する白川ハムのほか、白川茶やヒノキの銘木「東農ひのき」や、パイプオルガン。自然豊かな場所だからこそのものが多い。

sub4

映画『his』では、白川町の自然や人、食べ物など「白川町らしさ」を感じる場面が多く映し出されている。実際のロケ地にもなった「道の駅 美濃白川ピアチェーレ」にて上映することで、映画とともに地域の魅力も知って欲しいと企画された。

地域の空気感を直に感じて頂きながら、安心して楽しんで頂きたい。そんな想いから今回の上映会はドライブインシアターとして開催される。

当日は映画にも登場した名産品『白川ハム』を使ったフードなど郷土料理を楽しめるブースや、白川町の地場の物を提供する出店ブースでの販売も予定しているとのこと(状況により変動)

応募詳細は以下。

「ドライブインシアター@白川町 『his』」

【開催概要】
開催日時:2021年2月20日(土)18時開演予定
開催会場:道の駅 美濃白川 ピアチェーレ 駐車場内
岐阜県加茂郡白川町河東3500-1
アクセス: https://roadside-minoshirakawa.co.jp/access/

ご招待車台数:39台
観覧費用:無料
招待形式:ご応募のなかから抽選形式にてご招待
協力・後援:白川町

【ご応募方法】
応募期間:2021年1月15日(金)~1月29日(金)
応募フォーム:下記URLの応募フォームより、 必要事項をご入力の上ご応募ください。
https://docs.google.com/forms/d/15J54V8RhzEora7VcIE8iJr_O8jF_o7UC7XQIiKf9Vkc/edit

当選結果ご連絡期間:2021年1月30日~2021年1月31日中
※ご応募頂いた中から、 抽選を行います。
※抽選結果は1月31日中までにメールにてご連絡いたします。
※ご当選の結果はメールのご連絡をもってかえさせて頂きます。
※観覧は無料です。
※雨天、 降雪時決行となりますが、 町内に警報が発令されたときなど荒天により中止となる場合がございます。
※観覧時は車両のライトを消灯頂きます(エンジンはかけたままでご覧頂けます)

映画『his』とは?

同性カップルが直面する差別や偏見、彼らはどう生きていくのかーー

『愛がなんだ』の今泉監督が新境地に挑んだ意欲作。 2019年春にメ~テレ制作で放送されていた「his~恋するつもりなんてなかった~」の舞台から13年後を描く。

his_B1poster_sai

ストーリー

春休みに江の島を訪れた男子高校生・井川迅と、湘南で高校に通う日比野渚。二人の間に芽生えた友情は、やがて愛へと発展し、お互いの気持ちを確かめ合っていく。しかし、迅の大学卒業を控えた頃、渚は「一緒にいても将来が見えない」と突如別れを告げる。

出会いから13年後、迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。 そこに、6歳の娘・空を連れた渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが…。

監督:今泉力哉 企画・脚本:アサダアツシ
音楽:渡邊崇

キャスト:宮沢氷魚 藤原季節 松本若菜 松本穂香 ほか

【『his』公式サイト】
https://www.phantom-film.com/his-movie/index.html

劇場公開時の舞台挨拶の様子はこちら

-EntaMirage!, Entertainment, Movie, 岐阜推し!
-

おすすめの記事はこれ!

アーラ映画祭-1024x924 1
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 2
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 3
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 4
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 5
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 6
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 7
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 8
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 9
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 10
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 11
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 12
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 13
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 14
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 15
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...