Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

Punk_main

EntaMirage! Movie 岐阜推し!

パンクな世界に身を投じろ!(映画『パンク侍、斬られて候』)

2018/06/28

言葉に出来ない"半端ないって!"の作品が久しぶりに来た。もうこれはとにかく観て!としか言えないのだ。

 

『パンク侍、斬られて候』がその作品。

超人的剣客と名乗る掛十之進(綾野剛)は街道の物乞いを突然切りつけ、あるはったりを黒和藩に持ち込む。それがきっかけで家老二人の権力闘争がとんでもない方向へと進んでいく。はったりがはったりと真実を生み…。

町田康×宮藤官九郎×石井岳龍=とんでもない

2004年に町田康が書いた原作をさらに吹っ飛んだ作品にしたのは町田康とは旧知の仲でもある石井岳龍監督。

石井監督作と言えば個人的には『エンジェル・ダスト』とかが好きなのだが…。そんな静かな世界ではない。

 

テンポのいい音楽が流れてくる。リズムに乗って語られる台詞は時代物の風貌なのに現代語もバンバン飛び出す。

この感覚。この脚本は間違いなく…。クドカンこと宮藤官九郎のものだ。得意の時間巻き戻しエピソードやおバカな話が書かれているようで実は世の中の矛盾を突っ込んでいたり。世の無情を語っていたり。これこそクドカン展開。

 

町田康×宮藤官九郎×石井岳龍=とんでもないキャストはとにかく豪華だ。
綾野剛、北川景子、染谷将太、豊川悦司、浅野忠信、永瀬正敏、東出昌大、國村隼と主役級のキャストが勢揃い。いつもならシリアスに芝居をしている役者たちも気持ちを昂らせ表情豊かにパンクな世界を生きている。個人的には渋川清彦、村上淳、近藤公園もいて芝居巧者だらけで嬉しい。

 

京都のお寺の美しい仏壇とパンクな世界のコラボ、色鮮やかな衣装、パンク侍の世界を作るために用意された壮大なロケセットのデザイン性にもあっと驚く。人間と猿が相まって乱れるVFXは圧巻。沢山のクリエイターがこの作品に結集している。エンドロールまでしっかり観てほしい。

前半だけでもかなり面白い。が、後半はさらに枠にはまらないエンターテインメント。タイトルに『侍』とついているから時代劇だし観ないと思うのは損だ。

 

ぶっ飛んだ話なんだけど引き込まれて見てしまう。何が現実で何が空想か。何が真実で何が嘘か。自分が生きている世界は何なのか。石井監督に突きつけられている気がする。

語れる言葉が少ない作品だ。とにかく観てもらえばわかる。

 

そうそう。すべてが架空の世界で
『岐阜羽島』、『岐阜』という地名が出てきたことに妙に反応した岐阜県民がここにいる。岐阜出身の綾野さんが出てるから?とも思ったけれどどうやら原作通りみたいで。

朝ドラも舞台は岐阜だし。
岐阜を広めてもらったということで
ありがと。(岐阜弁イントネーションで。)

『パンク侍、斬られて候。』は6月30日(土)より全国ロードショー。

上映劇場は公式ホームページ(http://www.punksamurai.jp/)でご確認を。

-EntaMirage!, Movie, 岐阜推し!
-

おすすめの記事はこれ!

kibaiyanse7 1
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 2
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 3
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 4
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 5
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 6
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 7
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 8
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 9
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 10
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 11
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 12
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 13
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 14
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

15
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 16
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...