Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

EntaMirage! Movie 岐阜推し!

CINEX映画塾第16回『一陽来復 Life Goes On』トークショーレポート

第16回CINEX映画塾『一陽来復 Life Goes On』上映と尹美亜(ユンミア)監督×益田祐美子プロデューサーのトークショーが4月14日(土)に岐阜CINEXで開催された。

『一陽来復 Life Goes On』は東日本大震災から6年が経った東北で生きる人たちを追ったドキュメンタリー。

トークショーの様子をお届けする。

女川だけで終わりたくない

尹監督
「『サンマとカタール 女川つながる人々』という作品を2013年にプロデューサーとして制作開始しましてその頃から東北に通っています。『サンマとカタール』は宮城県女川町で撮影しました。女川町というところは皆さんが一丸となって復興に取り組んでいる場所です。東北の皆さんはなんて優しくて暖かくて我慢強いんだろう。そう感じながら一本の映画が出来たわけなんですが、伝えられることはまだ沢山ある。一本だけでは終われない、女川だけでは終わりたくないと思っていました。そんなとき益田プロデューサーが復興庁の補助金に応募しようかなと言われたので是非とお願いしました」

益田P
「忖度なしに無事認められまして(笑)補助金がおりました」

尹監督
「ただ復興庁から今度は岩手、福島、宮城を舞台に10カ月で映画を作ってほしいと言われたんです。『サンマとカタール』は足掛け3年で1つの町で作ったんですが、今度は10ヶ月で三県です。それを達成するには自らが監督になって製作するのが手っ取り早いということになり、監督として制作し始めました」

益田P
「尹監督にお願いしたのは女性目線で目線を下げて自然に生活に寄り添って撮影してくれると思ったからです。本当に尹監督に監督してもらえてよかったです」

尹美亜監督

尹美亜監督

自分達が一緒に過ごして理解してもらう

尹監督
「撮影クルーは私と撮影監督と音声さんの3人で東京から車に乗って向かいました。10ヶ月というのは短いようで長くて。テレビだと構成を決めてそれに沿って撮影していきますが、今回は構成は考えずに東北に向かいました。しかし特に岩手には知人がいるわけでもないので、市役所で『被災された方で前へ進もうとしている方、頑張っている方はいらっしゃいませんか?』と聞いて色々な人にお会いして話を伺うことにしました。三県のバランスを見てこの人だと思える人にカメラを回していったんですが、まずは何も撮れなくてもいいやという思いで、暮らしている空間に入っていってご飯を作ったり、行事をお手伝いしたりして話を伺い、時にカメラを回すという手法を取りました。希望を伝える映画にしたいという私たちの企画に賛同した方に、映画に出演していただきました。カメラを向けられるって普通の感覚からいうと嫌ですよね。自分のプライベートな場所に入ってこられるのは嫌だなと思われるので、負担に思われないように配慮して楽しい時間を一緒に過ごして撮影しました。皆さんの自然な姿を伝える作品になったと私は思っています」

津波や震災の映像は入れず、今を描く

尹監督
「今東北に行っても震災の爪痕は見ることが出来ません。見渡す限り工事現場か、新しい道路や建物になっています。私たちは忘れる生き物ですが、思い出すことも想像することも出来る。見えないからこそ心の目で見て想像できるという部分もあります。今回はそれを重視しました。またこの映画を被災した地域の人に見ていただきたいんです。津波の映像がどれだけトラウマになっているか。『サンマとカタール』で津波の写真を冒頭で4枚使ったんですが、女川での先行試写で悲鳴が上がりました。皆さんに笑顔で見てもらいたかったので使いませんでした。この映画には笑顔しかないですがその笑顔が切なく見えると思います。目に見えないところも推し量って感じていただけるのではないかと思います」

益田P
「私は始めに津波の映像をドーンと持ってきてほしかったんですが、尹監督の思いに共鳴しまして入れないことに賛成しました。被災した方の言葉は一言一句心に響きますね」

尹監督
「生きることに皆さん真剣で生かされたことに意味を感じて一日一日を生きていらっしゃいます。生きるって何だろう?なぜ自分は生き延びたんだろう?と考えているので彼らにとっては普通の言葉でも、私たちにとってはびっくりするような言葉になっています。この映画は完成形を80分ぐらいにしようとしていたのですが、一番最初に全部繋いだら6時間ありました。自分で絞るだけ絞っても2時間ぐらい、そこから編集者ががんばってくれました。沢山素敵な言葉があったんですが編集された結果、意味のある言葉が残りました」

尹監督
「何と言っても主役は出てくださった方々。出てくださった方々が素晴らしい。特別な方達ではなく、このような方々が無数にいて、涙なしには聞けなくて私もカメラマンも音声さんも撮影しながら泣いていました。遠藤綾子さんのインタビューは最後の最後に撮りました。あの日から今日までを2時間にわたって語ってくださいました。夫の伸一さんからは先に話を聞いていてその時も涙をぼろぼろ流して聞いたんですが、綾子さんから話を聞いて更に泣きました。

益田P
「テレビや他のメディアでは伝えられていない言葉が沢山あります。劇場公開前には秋篠宮殿下、妃殿下、眞子内親王殿下にも御覧いただく機会があったんですが大変感動されて、沢山の質問もいただきました。そしてこの映画は各地で上映されまして先日児童福祉文化賞を頂きました」

尹監督
「この賞は厚生労働省が後援している児童福祉文化財団が1年に1本映画を選んで表彰してくださるんです。昨年は『この世界の片隅に』、その前は『あん』。ドキュメンタリーが受賞するのは初めてのことなのでどなたかが強く推してくださったんだろうなと思っています」

益田P
「受賞すると大ヒットするとのことですので期待しています(笑)」

生きるとはどういうことかを伝えたい

益田P
「私はプロデューサーとして震災復興ではなく生きるとはどういうことかを世界の人に知ってほしいと思っています」

尹監督
「被災者の中には震災で沢山の借金を抱えた方もいらっしゃいます。でもこう話してくださったんです。『大丈夫。10年後なんて心配ない。今日の連続だから。今日が繋がっていくだけだから何も怖いことはない。』って。その心の強さはどこから来るんでしょうか。私はここに出てくる方を尊敬しています。この作品は人が生きるということを描いたヒューマンドキュメンタリーです。震災を描くのではなく、人が生きるということを描きました。程度の差はあれ辛いことは皆さんにもありますよね。その究極を潜り抜けた東北の人たちが笑顔で生きている。それが私達にとって大きな希望になると思います。生きていくのは楽じゃないですが、それでも生きていかなければいけない。この作品のタイトル『一陽来復』にもあるように、冬の後には春が来る、悪いことの後にはきっといいことがある。人生色々ありますが前向きに生きていかないといけないと、私自身東北の方に教えられました」

左:益田祐美子プロデューサー 右:尹美亜監督

左:益田祐美子プロデューサー 右:尹美亜監督

 

益田プロデューサーは次はロシアとの合作映画が6月にクランクインするとのこと。来年春公開予定で題材は日露戦争時代のロミオとジュリエット。戦争に翻弄されながら強く生きる庶民を描くという。
尹監督にもドキュメンタリーの依頼が来ているとのこと。一陽来復から繋がるドキュメンタリーがまた生まれることを楽しみに待ちたい。

『一陽来復 Life Goes On』は現在岐阜CINEX、大垣コロナシネマワールドで公開中

-EntaMirage!, Movie, 岐阜推し!
-

おすすめの記事はこれ!

nekkojii3 1
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 2
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 3
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 4
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 5
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 6
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

7
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 8
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...