Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie 岐阜推し!

第1回加藤るみと映画館で会いましょう レポート

2018年3月17日、岐阜新聞映画部が企画したイベントが新たにスタート。
『加藤るみと映画館で会いましょう』
SKE48を卒業後、タレントとして活躍する岐阜県出身の加藤るみさんがおすすめする映画の上映とトークを行う企画だ。
第1回は『タイニー・ファニチャー』
地方では初公開となる作品だ。上映後のトークの様子をお届けする。
(聞き手・岐阜新聞東京支社後藤支社長)

共感できる映画『タイニー・ファニチャー』

後藤さん
「『タイニー・ファニチャー』は東京でもキネカ大森と下北沢トリウッド、渋谷TOEIで数回上映されただけだそうで地方は岐阜が初めてなんですよね?この作品を知ったきっかけは?」

加藤さん
「『タイニー・ファニチャー』は個人で買い付けも配給も行われて日本に入って来た作品なので観られるということがとってもレアです。それが岐阜で上映出来て嬉しいですね。その方たちは面白い映画を自分達で買って宣伝しているんです。しかも映画館でバイトしている方が字幕をつけているんですよ。その配給の方と個人的に知り合いで、その活動を知って私も多くの方に紹介したいと思ったのがきっかけです」

後藤さん
「インディペンデント映画ではありますがこういう才能を持った方はアメリカには沢山いらっしゃるでしょうね。るみさんが観るこの作品のポイントは?」

加藤さん
「ポイントはまず主人公がかわいくない(笑)しかも体型もだらしない。パンツ一丁で歩く。でもそれって日本の日常にもあることじゃないですか。姉妹とか女家族とかだと割と共感できるんじゃないかと。私もお父さん以外は女という一家で育ったのでこの作品にはわかるなあと思えるものが一杯ありますね。主人公はレナ・ダナム監督自身が演じていらっしゃって監督、脚本、主演とこなしています。
それと、作品がとってもウディ・アレンっぽいんです。アメリカの有名な映画の監督が『こんなウディ・アレンみたいな女性監督は初めてだ』と評価したぐらいです。評判はすごくいいのになかなか日本に入ってこなかったんですね。レナ・ダナム監督はドラマ『GIRL』という作品で評価されたんですが、この『タイニー・ファニチャー』で監督、脚本、主演をしたのが22才の時でちょうど今の私と同じぐらいなんです。自分で目的を持ってやるという力があるからこそできるんだとは思いますが凄いです」

後藤さん
「お母さん役は実の母親のローリー・シモンズさん。かのじょは有名な現代アーティストですよね」

加藤さん
「そうなんです。妹さんも実の妹さんが演じていて、本当の家族だから作品の中でも家族の関係性がしっかり見えるんですね。姉と妹の関係もリアルです。そしてアトリエや部屋もすべてが自分の家。裕福だからこんなに自分をさらけ出さなくてもいいのに自伝をもとに映画を作ってるんです。完璧な人生じゃない、付き合う男性はみんなダメダメで。でもお母さんが同じ経験をしている。人生失敗も必要だよってこの映画は教えてくれています。いいところも悪いところも描いていて素敵な作品です。撮り方も洗練されていてうまいです。1回見ただけではわからなかったことがまた観るとわかってくる、かめばかむほど味が出るスルメ映画ですよね。就職できずなんだかもやもやとしている気持ちってどこかで誰かも感じていると思います。私も14才でSKEに入って始めは研究生だったので舞台の裏で衣装のお手伝いをしている時もあって。その頃抱いていた思いを思い出す映画でもありました」

後藤さん
「るみさんはどうしてそんなに映画にお詳しいんですか?」

加藤さん
「母が映画好きで小さい頃から80年代、70年代の映画を一緒に見ているうちに自分も好きになっていました。出身が田舎なので映画館がなく、なかなか映画を映画館に観に行く機会がなくてレンタルショップでDVDを借りてたくさん見まくっていました」

後藤さん
「どんな作品を観ていたんですか?」

加藤さん
「映画にはまったきっかけは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でした。それ以外にも『羊たちの沈黙』やウディ・アレンの『アニー・ホール』とか、トム・クルーズ好きの母に『トップガン』や『カクテル』を見せてもらいましたが、本当にトム・クルーズかっこよかったですよね。あ、今でももちろんかっこいいですが(笑)。あの頃の映画が好きなのでリアルタイムで観られなかったのが悔しいんですね」

後藤さん
「るみさんの年齢から考えると古い作品を観ていらっしゃるんですね。ここCINEXはフィルムでの上映もできる映画館ですが、るみさんはフィルムでの上映は観たことがあるんですか?」

加藤さん
「あります。伊丹十三監督の『マルサの女』ですね。その時もフィルムが古くて途中で止まってしまったんですけどフィルムで観られて嬉しかったです。今の時代だとなかなか実現しないことなので。若い人たちにフィルムの良さを知ってほしいなと思います」

後藤さん
「なかなか渋いものをご覧になっていますね。他にも好きな作品はありますか?」

加藤さん
「後は『ニュー・シネマ・パラダイス』とか、『レインマン』とか、ラブコメディが好きなのでメグ・ライアンの『めぐり逢えたら』とかも好きですね」

後藤さん
「今の子にメグ・ライアンと言っても普通わかんないですよ」

加藤さん
「あの頃のメグ・ライアンのかわいさを観てほしいんですよね」

環境がよくなったからこそ思うこと

後藤さん
「東京に住んで何年ですか?」

加藤さん
「2年ぐらいになります。姉も先日までは東京にいたので2人で深夜0時過ぎのレイトショーを観に行ったりしました」
後藤さん
「新宿のバルト9とかは絶対に帰れないと思う時間から上映が始まりますよね。映画館も多いですし、上映回数も多いです」

加藤さん
「東京に行ってから映画を観る環境は断然よくなりました。だからこそこれが地方で観られないのかと思うと残念で、もっと地方でも観てもらいたいなって思うんです」

後藤さん
「これから公開のおすすめの映画は何ですか?」

加藤さん
「ウディ・アレンの新作『男と女の観覧車』これは絶対です。そしてアカデミー賞でも主演女優賞、助演男優賞を獲得した『スリー・ビルボード』これは公開中ですよね。『やられた!』と思うストーリーでした。時代背景もありますがどこにぶつけていいかわからない怒りというのがあります。そして『ナチュラルウーマン』」

後藤さん
「アカデミー賞で最優秀外国語賞を受賞したチリの作品ですね。CINEXでまもなく公開です」

加藤さん
「大分LGBTに対して理解されてくるようになった時代ではあるんですが、それでもこんなことがあるというのをしっかり描いてくれています。もっと差別がなくなっていくといいなと思います。強く生きる女性の目がすごくいいです。タイや台湾のアジア発の映画もいい作品があるのでどんどん紹介していきたいです」

後藤さん
「岐阜新聞映画部のサイトでも以前『すれ違いのダイアリーズ』を紹介してくださってましたね。るみさんのコラムを読んでそういう見方があるんだとまた新たに知りました」

加藤さん
「映画って他の人に知らされて良さを知ったり観てみようと思ったりするものですよね」

後藤さん
「日本の映画はどうですか?」
加藤さん
「先日『坂道のアポロン』を見ましたがこれはよかったです。少女漫画が好きで読んでいます。最近漫画の実写化が多いですが、漫画の方がいいなと思うものもあるんです。でも『坂道のアポロン』は漫画そのままという感じでおすすめできます」

観客から
「もし映画を撮るなら何を撮りたいですか」

加藤さん
「家族ものの映画を撮りたいですね。レナ・ダナム監督みたいにうちの家族もなかなか面白い家族なので自伝も入れつつ描いていきたいです。後はコメディも撮りたいですね」

後藤さん
「役者をやろうとは思いませんか?」

加藤さん
「私は演じることよりは観る方が好きなです。演じるよりは撮りたいと思います。いい映画がたくさんあるので宣伝されていない、いい映画を私がおすすめして知ってもらえるといいなと思っています」

これから加藤るみさんがどんな映画を紹介してくれるのか。第2回以降も期待したい。

イベント終了後、CINEXロビーにて

イベント終了後、CINEXロビーにて

-EntaMirage!, Movie, 岐阜推し!
-

おすすめの記事はこれ!

IMG_20220916_162130 1
舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を観に行ったので、観る前にやっておくといいかもしれないことを書きました

現在、東京 TBS赤坂ACTシアターでは舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」をロン ...

20220828170445_IMG_4777_ 2
第66回CINEX映画塾 映画『島守の塔』五十嵐匠監督 トークレポート

第66回CINEX映画塾が8月28日岐阜CINEXで開催された。上映作品は『島守 ...

deku1 3
あいち国際女性映画祭 映画『でくの空』トークレポート&林家ペーさんインタビュー

名古屋 名演小劇場で9月23日から公開される映画『でくの空』。埼玉県秩父市、寄居 ...

0714_GCW_B1poster_outline 4
生きるために。狂える人々の終わらない争い(映画『グッバイ・クルエル・ワールド』

とにかくぶっ飛んでいる。まともな奴はほとんどいない。ノリのいいノワールものが久し ...

ala2022 5
アーラ映画祭2022 ラインナップ発表!今年は4日間6作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2022の全ラインナッ ...

配給:ハピネットファントム・スタジオ © 2022「この子は邪悪」製作委員会 6
真実を知れば知るほど信じたくない…ありえない(映画『このこは邪悪』)

『嘘を愛する女』、『哀愁しんでれら』か映画化されたオリジナル作品の企画コンテスト ...

horuonna9 7
映画『掘る女  縄文人の落とし物』名演小劇場トークイベントレポート

映画『掘る女 縄文人の落とし物』公開記念トークイベントが8月21日名古屋 名演小 ...

zenbubokuno3 8
相手のことをちゃんと想像できるような人になりたい(映画『ぜんぶ、ボクのせい』松本優作監督 インタビュー)

現在公開中の映画『ぜんぶ、ボクのせい』。 母親に会うために児童養護施設を飛び出し ...

9
スリリングな148のツイート。真実は物語より奇なり。48時間の悪夢を映画化(映画『Zola ゾラ』)

2015年、Twitterに投稿され、大きな話題となったスリリングな148のツイ ...

horuonna1 10
縄文に魅せられ汗だくになって発掘作業をする「掘る女」に密着したドキュメンタリー(映画『掘る女 縄文人の落とし物』)

昔、考古学に憧れて、真剣にその方面の大学に進学しようと考えたことがある(いろいろ ...

theater2022_2 11
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭 Aプログラム舞台挨拶レポート

名古屋・清水口のシアターカフェでは移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭が今 ...

gyakkou3 12
第64回CINEX映画塾『逆光』須藤蓮監督トークレポート

第64回CINEX映画塾『逆光』が7月16日岐阜CINEXで開催された。監督、主 ...

IMG_20220727_134705 13
あいち国際女性映画祭2022 開催決定!今年は31作品上映

あいち国際女性映画祭2022の記者発表が7月27日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

mugen1 14
只見線とともに奥会津でみる美しい景色を守るために(映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』)

日本のローカル線は赤字路線が多く、毎年存続の危機に瀕しながらその土地で生活する人 ...

CVS4 15
コンビニは異世界!?コンビニで起こる不思議な出来事(映画『コンビニエンス・ストーリー』三木聡監督インタビュー)

日本のコンビニエンスストアとはとても便利な店である。値段は定価だが、大体何でも揃 ...

theaterC6 16
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭上映作品決定!

名古屋のシアターカフェが大須から清水口に移転、リニューアルオープン2周年を記念し ...

hakai_main_B2poster 17
島崎藤村の名作が60年ぶりに映画化 自分らしく生きるとは?(映画『破戒』)

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた、 ...

IMG_20220705_185811_573 18
映画『逆光』須藤蓮監督、脚本家渡辺あやさんインタビュー 岐阜柳ケ瀬 再会から夏祭り×映画という企画が生まれた 

名古屋で上映されることはあっても、岐阜の映画館で上映されるミニシアター系の映画は ...

mikaeri1 19
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 20
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 21
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 22
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 23
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 24
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 25
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 26
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 27
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 28
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 29
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 30
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 31
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 32
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 33
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 34
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 35
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 36
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 37
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 38
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 39
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 40
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...