Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie 岐阜推し!

第1回加藤るみと映画館で会いましょう レポート

2018年3月17日、岐阜新聞映画部が企画したイベントが新たにスタート。
『加藤るみと映画館で会いましょう』
SKE48を卒業後、タレントとして活躍する岐阜県出身の加藤るみさんがおすすめする映画の上映とトークを行う企画だ。
第1回は『タイニー・ファニチャー』
地方では初公開となる作品だ。上映後のトークの様子をお届けする。
(聞き手・岐阜新聞東京支社後藤支社長)

共感できる映画『タイニー・ファニチャー』

後藤さん
「『タイニー・ファニチャー』は東京でもキネカ大森と下北沢トリウッド、渋谷TOEIで数回上映されただけだそうで地方は岐阜が初めてなんですよね?この作品を知ったきっかけは?」

加藤さん
「『タイニー・ファニチャー』は個人で買い付けも配給も行われて日本に入って来た作品なので観られるということがとってもレアです。それが岐阜で上映出来て嬉しいですね。その方たちは面白い映画を自分達で買って宣伝しているんです。しかも映画館でバイトしている方が字幕をつけているんですよ。その配給の方と個人的に知り合いで、その活動を知って私も多くの方に紹介したいと思ったのがきっかけです」

後藤さん
「インディペンデント映画ではありますがこういう才能を持った方はアメリカには沢山いらっしゃるでしょうね。るみさんが観るこの作品のポイントは?」

加藤さん
「ポイントはまず主人公がかわいくない(笑)しかも体型もだらしない。パンツ一丁で歩く。でもそれって日本の日常にもあることじゃないですか。姉妹とか女家族とかだと割と共感できるんじゃないかと。私もお父さん以外は女という一家で育ったのでこの作品にはわかるなあと思えるものが一杯ありますね。主人公はレナ・ダナム監督自身が演じていらっしゃって監督、脚本、主演とこなしています。
それと、作品がとってもウディ・アレンっぽいんです。アメリカの有名な映画の監督が『こんなウディ・アレンみたいな女性監督は初めてだ』と評価したぐらいです。評判はすごくいいのになかなか日本に入ってこなかったんですね。レナ・ダナム監督はドラマ『GIRL』という作品で評価されたんですが、この『タイニー・ファニチャー』で監督、脚本、主演をしたのが22才の時でちょうど今の私と同じぐらいなんです。自分で目的を持ってやるという力があるからこそできるんだとは思いますが凄いです」

後藤さん
「お母さん役は実の母親のローリー・シモンズさん。かのじょは有名な現代アーティストですよね」

加藤さん
「そうなんです。妹さんも実の妹さんが演じていて、本当の家族だから作品の中でも家族の関係性がしっかり見えるんですね。姉と妹の関係もリアルです。そしてアトリエや部屋もすべてが自分の家。裕福だからこんなに自分をさらけ出さなくてもいいのに自伝をもとに映画を作ってるんです。完璧な人生じゃない、付き合う男性はみんなダメダメで。でもお母さんが同じ経験をしている。人生失敗も必要だよってこの映画は教えてくれています。いいところも悪いところも描いていて素敵な作品です。撮り方も洗練されていてうまいです。1回見ただけではわからなかったことがまた観るとわかってくる、かめばかむほど味が出るスルメ映画ですよね。就職できずなんだかもやもやとしている気持ちってどこかで誰かも感じていると思います。私も14才でSKEに入って始めは研究生だったので舞台の裏で衣装のお手伝いをしている時もあって。その頃抱いていた思いを思い出す映画でもありました」

後藤さん
「るみさんはどうしてそんなに映画にお詳しいんですか?」

加藤さん
「母が映画好きで小さい頃から80年代、70年代の映画を一緒に見ているうちに自分も好きになっていました。出身が田舎なので映画館がなく、なかなか映画を映画館に観に行く機会がなくてレンタルショップでDVDを借りてたくさん見まくっていました」

後藤さん
「どんな作品を観ていたんですか?」

加藤さん
「映画にはまったきっかけは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でした。それ以外にも『羊たちの沈黙』やウディ・アレンの『アニー・ホール』とか、トム・クルーズ好きの母に『トップガン』や『カクテル』を見せてもらいましたが、本当にトム・クルーズかっこよかったですよね。あ、今でももちろんかっこいいですが(笑)。あの頃の映画が好きなのでリアルタイムで観られなかったのが悔しいんですね」

後藤さん
「るみさんの年齢から考えると古い作品を観ていらっしゃるんですね。ここCINEXはフィルムでの上映もできる映画館ですが、るみさんはフィルムでの上映は観たことがあるんですか?」

加藤さん
「あります。伊丹十三監督の『マルサの女』ですね。その時もフィルムが古くて途中で止まってしまったんですけどフィルムで観られて嬉しかったです。今の時代だとなかなか実現しないことなので。若い人たちにフィルムの良さを知ってほしいなと思います」

後藤さん
「なかなか渋いものをご覧になっていますね。他にも好きな作品はありますか?」

加藤さん
「後は『ニュー・シネマ・パラダイス』とか、『レインマン』とか、ラブコメディが好きなのでメグ・ライアンの『めぐり逢えたら』とかも好きですね」

後藤さん
「今の子にメグ・ライアンと言っても普通わかんないですよ」

加藤さん
「あの頃のメグ・ライアンのかわいさを観てほしいんですよね」

環境がよくなったからこそ思うこと

後藤さん
「東京に住んで何年ですか?」

加藤さん
「2年ぐらいになります。姉も先日までは東京にいたので2人で深夜0時過ぎのレイトショーを観に行ったりしました」
後藤さん
「新宿のバルト9とかは絶対に帰れないと思う時間から上映が始まりますよね。映画館も多いですし、上映回数も多いです」

加藤さん
「東京に行ってから映画を観る環境は断然よくなりました。だからこそこれが地方で観られないのかと思うと残念で、もっと地方でも観てもらいたいなって思うんです」

後藤さん
「これから公開のおすすめの映画は何ですか?」

加藤さん
「ウディ・アレンの新作『男と女の観覧車』これは絶対です。そしてアカデミー賞でも主演女優賞、助演男優賞を獲得した『スリー・ビルボード』これは公開中ですよね。『やられた!』と思うストーリーでした。時代背景もありますがどこにぶつけていいかわからない怒りというのがあります。そして『ナチュラルウーマン』」

後藤さん
「アカデミー賞で最優秀外国語賞を受賞したチリの作品ですね。CINEXでまもなく公開です」

加藤さん
「大分LGBTに対して理解されてくるようになった時代ではあるんですが、それでもこんなことがあるというのをしっかり描いてくれています。もっと差別がなくなっていくといいなと思います。強く生きる女性の目がすごくいいです。タイや台湾のアジア発の映画もいい作品があるのでどんどん紹介していきたいです」

後藤さん
「岐阜新聞映画部のサイトでも以前『すれ違いのダイアリーズ』を紹介してくださってましたね。るみさんのコラムを読んでそういう見方があるんだとまた新たに知りました」

加藤さん
「映画って他の人に知らされて良さを知ったり観てみようと思ったりするものですよね」

後藤さん
「日本の映画はどうですか?」
加藤さん
「先日『坂道のアポロン』を見ましたがこれはよかったです。少女漫画が好きで読んでいます。最近漫画の実写化が多いですが、漫画の方がいいなと思うものもあるんです。でも『坂道のアポロン』は漫画そのままという感じでおすすめできます」

観客から
「もし映画を撮るなら何を撮りたいですか」

加藤さん
「家族ものの映画を撮りたいですね。レナ・ダナム監督みたいにうちの家族もなかなか面白い家族なので自伝も入れつつ描いていきたいです。後はコメディも撮りたいですね」

後藤さん
「役者をやろうとは思いませんか?」

加藤さん
「私は演じることよりは観る方が好きなです。演じるよりは撮りたいと思います。いい映画がたくさんあるので宣伝されていない、いい映画を私がおすすめして知ってもらえるといいなと思っています」

これから加藤るみさんがどんな映画を紹介してくれるのか。第2回以降も期待したい。

イベント終了後、CINEXロビーにて

イベント終了後、CINEXロビーにて

-EntaMirage!, Movie, 岐阜推し!
-

おすすめの記事はこれ!

Punk_main 1
パンクな世界に身を投じろ!(映画『パンク侍、斬られて候』)

言葉に出来ない"半端ないって!"の作品が久しぶりに来た。もうこれはとにかく観て! ...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 2
名古屋で撮影中 映画『名も無い日』

映画『名も無い日』の撮影が現在名古屋で行われている。 監督は名古屋市熱田区出身の ...

room6 3
映画『ルームロンダリング』×池田エライザ トーク&インタビュー at 名古屋

6月5日名古屋PARCOで【映画『ルームロンダリング』×PARCO SWIM D ...

4
ようこそ岐阜へ。今年も秀作揃い 第6回MKE映画祭 レポート

第6回MKE映画祭が6月9日岐阜県図書館多目的ホールで行われた。 上映されたのは ...

yuzuriha1 5
葬儀の現場に涙は見せない(映画『ゆずりは』)

どの時代でも文化や仕事の技は受け継がれていく。 人から人へ。意思を継ぐ者達の命の ...

6
声から広がる作品の世界・中川龍太郎監督インタビュー(映画『四月の永い夢』)

世界四大映画祭の一つと言われるモスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞とロシア映 ...

7
迷うのも決めるのも私(映画『29歳問題』)

あらすじ 2005年の香港。あと1ヶ月で30才を迎えようとしているクリスティは仕 ...

dav 8
第17回CINEX映画塾-撮影監督・柳島克己トーク レポート

第17回CINEX映画塾が岐阜柳ケ瀬ロイヤル劇場で5月12日開催された。 ロイヤ ...

1525665750821 9
渡辺哲、再びカクエイを演じる(舞台『カクエイはかく語りき』)

『カクエイはかく語りき』が12年ぶりに上演される。 この作品は星屑の会でもタッグ ...

kobani 10
ラジオ・コバニ 戦地の中の放送局(映画『ラジオ・コバニ』)

94.3Mhz ラジオ・コバニが街を取り戻す 94.3Mhz でオンエアされるラ ...

kimikyori 11
地球の裏側のきみに恋して(映画『きみへの距離、1万キロ)

好きな人は地球の裏側。しかも恋人もいて…。 あらすじ 北アフリカの砂漠地帯にある ...

©2018「孤狼の血」製作委員会 12
東映実録路線を引き継ぐ妥協のない作品(映画『孤狼の血』)

ここまで今の日本でよく作ったと思える映画だった。熱き男達の闘い。それは昭和の時代 ...

IMG_20180503_085253 13
第17回CINEX映画塾開催決定!『ソナチネ』上映&柳島克己トーク

第17回CINEX映画塾の開催が5月12日に決まった。 今回は場所が岐阜CINE ...

14
篠原哲雄監督、文音さん登壇 映画『ばぁちゃんロード』名古屋舞台挨拶レポート

映画『ばぁちゃんロード』の舞台挨拶が4月21日名古屋名演小劇場で開催された。 篠 ...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 15
CINEX映画塾第16回『一陽来復 Life Goes On』トークショーレポート

第16回CINEX映画塾『一陽来復 Life Goes On』上映と尹美亜(ユン ...

16
第1回加藤るみと映画館で会いましょう レポート

2018年3月17日、岐阜新聞映画部が企画したイベントが新たにスタート。 『加藤 ...

17
みんなが僕のストレージ(映画『クソ野郎と美しき世界』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『クソ野郎と美しき世界』公開記念舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで ...

IMG_20180205_115556 18
中川運河の魅力を伝える短編集(『Filmusic in 中川運河・秋』)

名古屋都市センター【中川運河助成ARToC10】の助成事業として製作されている短 ...

dav 19
自分の心の中を見たら(『ミュージカル ジキル&ハイド』)

ミュージカル『ジキル&ハイド』 2018年3月25日(日) 13:00  名古屋 ...

20
今を、そしてこれからを生きる(映画『一陽来復 Life Goes On』)

東日本大震災から6年。 6年という月日が早いのか遅いのか。それは人それぞれ感覚が ...

21
映画『レオン』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『レオン』公開初日舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで行われた。 こ ...

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA 22
あなたが愛した私でいたい(映画『ナチュラルウーマン』)

前情報は全く入れずに鑑賞し始めた映画『ナチュラルウーマン』。 ナイトクラブで歌う ...

ビガイルド 23
女の園に男が一人。さて何が起こる?(映画『ビガイルド 欲望のめざめ』)

女の怖さを知っているのは男より女だと思う。女はいつか敵になるかもしれないのになぜ ...

24
悠久の流れ長江・何度も巡り合う男と女(映画『長江 愛の詩』)

中国・長江。 世界の三大河川に数えられるこの河は全長3600キロ。中国を横断する ...

25
岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。 今年は新 ...

26
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・前編 Mirageなお客様その⑤)

自動車技術は日々進化している。 自動運転はまだまだ先のことと思っていたがCMでも ...

27
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・後編)

映画『センターライン』 下向拓生監督へのインタビュー後編をお送りする。 前編はこ ...

kenen1 28
兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。 絶対に勝てない親子喧嘩より ...