Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

20160910_101207

EntaMirage! Movie

知多半島映画祭2016レポートその③

2016/10/07

さあコンペも後半戦。いよいよグランプリ選考へ

 

人虫

土の中から人が生まれたときには
ゾンビが人を襲う映画なのか?と思ったけれど
むしろ人畜無害。
わずかな期間しか生きられないのに
人に連れていかれ文字を覚え、人のために働く人虫。

人虫1号は恋をすることをやめた女性に恋をする。
人間よりも一途で。そして切ない。
ひと夏の恋よりもずっと心に残るお話。
出澤暁監督が登場されました。
出澤監督はステージに上がる前にものすごく緊張されていました。

独り暮らしをしているという出澤監督。
必ず家の中に入り込む虫は一匹。
二匹では来ない。
なぜ蜘蛛は外へ逃がすのに蚊は殺してしまうのか?
そんなことを考えたのがきっかけで
この話は出来上がったのですが
「人虫が土の中から出てくるあのシーンが何としても撮りたかった」
というだけあってインパクト絶大でした。

実家は長野で昔映画館を経営していたこともあり
小さな頃から映画を観ていた出澤監督。
自分の映画を撮りたくて会社を辞め、
映画を撮る勉強をされたそうです。

現在は次作の構想中。
「男の人が卵を産む話」というのが浮かんでいる。と。

いったいどんな作品ができるのでしょう。
出澤監督にしか出せない独特な世界観。
癖になるので次作も楽しみにしています。

上映後、ホッとした監督のお写真。

出澤暁監督

出澤暁監督

 

捨て看板娘

捨て看板ってなんだろうと思ったら
道の両脇の電柱によくくっついているあの看板のこと。
無許可で設置したり、放置すると条例違反になったりするって
それは知りませんでした。
捨て看板娘と昔言われた看板屋の娘・聡美は
地元にいるのが嫌で東京で働いていたが、
あることがきっかけで中之条町の実家に帰ってきた。
家の仕事を手伝うわけでもなく日々を過ごしている。
兄の隆一は文句を言うばかり。
逆に父親・将人は何も言わない。
不器用だけど妹、娘を思う二人。

これは一人の進む道に迷った女性と家族の物語。

川合元監督が登場。


脚本が書けたら会社を辞めようと決めて
書いた脚本が伊参スタジオ映画祭2013
短編部門のグランプリに。

映画化が必須な伊参スタジオ映画祭、
初監督だったこともあり、
川合監督はスタッフと中之条町の皆さんに
本当に助けていただいたと。
捨て看板はスタッフ、出演者総出の手作りで200枚!
貼るのを役場の皆さんが手伝ってくださったとか。
次作の脚本もすでに書き終え出品中とのこと。
次の作品も待ってます!

ピースで答えてくださった川合監督。しっかり映画祭のパンフも。

川合元監督

川合元監督

 

観客の投票で決まるグランプリ

観客が選んだグランプリ、準グランプリは…

グランプリ『10ミニッツ』
準グランプリ『捨て看板娘』

「どの作品も本当によくてきっとあれがグランプリだ
これがそうだと思ったりしていました。
よく、夢みたいですというと嘘っぽくとられてしまいますが
本当に今日は夢みたいです。ありがとうございます。」
長澤監督は嬉しさと驚きで、発表された瞬間、しゃがみこんでしまうほど。
主演のお二人もステージへ。

確かに長澤監督は他の監督さんに
「あれいいねえ、あの役者さんもね。」
と舞台袖で表彰式を待っている間にも色々声をかけておられたのです。
「レベル高いよ、本当にこの映画祭。」
と休憩中に私とも話をしていました。

下松のフィルムコミッションの方も客席で本当に喜んでおられて。
下松を知ってもらうためにきっと全国を飛び回っている。
同伴で来られていたフィルムコミッションの瀬畑さん、
おめでとうございます。
一緒にステージに上がっていただきたいくらいでした。

また次の映画もあるとのこと。
地元発信、地域発信の映画に最近すごくパワーがあると思います。
最後に知多半島映画祭プロデューサーの鈴木さんから
この映画祭の最終目標はフィルムコミッションの立ち上げという
大きな目標であることが語られました。

古きよきものがたくさん残る半田で
いつか映画を撮ってもらいたい。
監督達との出会いがまた新たな出会いへと繋がる。

半田で映画を作る。
大きな目標に向かって。
この映画祭をお披露目にできるそんな日も
そう遠くないのではないかと思います。

知多半島映画祭2016レポートをはじめから読む

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

1
大須にじいろ映画祭2017開催、2018コンペ作品募集

大須にじいろ映画祭は2015年から始まった映画祭だ。 映画祭の場所は名古屋・大須 ...

2
女性の暮らしにかかわる映画をーあいち国際女性映画祭2017ー

あいち国際女性映画祭2017の記者発表が7月12日 ウィルあいちで行われた。 今 ...

3
『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』上映&松風理咲さん舞台挨拶トークイベントレポート

全長6.4kmしかない千葉県の銚子電気鉄道(銚子電鉄)。 幾度の経営難を地元の様 ...

4
権力に負けず自分らしく生きるー映画『ヒトラーへの285枚の葉書』ー

ナチス全盛の時代のドイツで 正直に物申す夫婦がいた。ハンベル夫妻だ。 夫は町の軍 ...

5
脚本家と監督の駆け引きが魅力 『XXX KISS KISS KISS』シアターカフェで上映中

名古屋大須のシアターカフェで『XXX KISS KISS KISS』が25日まで ...

6
岐阜発!短編映画祭MKE映画祭を見に行ってきた

今回のMKE映画祭。6月10日土曜日に全国から集まった80作品のうち 選ばれた1 ...

20170519_131717-1 7
風はどこから湧き起こるのか(映画『心に吹く風』インタビュー)

松竹ブロードキャスティング第4弾の監督はユン・ソクホ氏による『心に吹く風』。 日 ...

8
トンネルの出口は何処だ? 映画『トンネル 闇に鎖された男』

昨年韓国で公開し、年間興行成績第4位の成績をおさめた 『トンネル 闇に鎖(とざ) ...

tomosibi2 9
岐阜出身・松風理咲さんに話を聞こう 『トモシビ』上映&舞台挨拶トークイベント決定!

地元出身の映画関係者の作品を上映することを大切にしている岐阜新聞映画部が 主催す ...

konosekainew 10
『この世界の片隅に』岐阜CINEXトークショー レポート

岐阜新聞映画部 CINEX映画塾 第10回『この世界の片隅に』   い ...

11
生きづらいけど…今を生きる『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

自分の不器用な生き方を見ているかのようだった。 どうしてこんなにうまく生きていけ ...

12
映画『八重子のハミング』名古屋舞台挨拶 レポート

映画『八重子のハミング』の舞台挨拶が公開2日目の5月7日に 名古屋・名演小劇場で ...

13
刃には花でお相手を 映画『花戦さ』岐阜とのコラボ企画開催中

歴史の教科書に全く出てこない伝統文化-生け花- 日本の伝統文化の一つ、生け花。 ...

14
あなたが私を覚えていてくれる ー夫婦の絆ー 映画『八重子のハミング』佐々部清監督インタビュー

『八重子のハミング』 特に好きなのは冒頭、八重子が誠吾の病気を知り、 寝るときに ...

15
淵に立って描きたいもの(映画『淵に立つ』トークショー)

岐阜の映画館で上質な映画を見てもらいたい。 その思いで立ち上がった岐阜新聞映画部 ...

彼らが本気で 16
荻上監督が放つ性を越えた愛情の物語(映画『彼らが本気で編むときは、』)

家族の形は変わりつつある。 世の中でもトランスジェンダーに対する動きは変わりつつ ...

アーラ映画祭 17
アーラ映画祭復活!ボランティアスタッフ募集中

岐阜県可児市。 まず読み方に困ると言われる。岐阜県【ぎふけん】可児市【かにし】だ ...

dowai3 18
涼夏のこれが今ツボ。その② さらば土曜ワイド劇場

3月をもってテレビ朝日で長年続いた『土曜ワイド劇場』が幕を閉じるという。 TBS ...

すもも 19
先人の思いを次の世代へ(映画『すもも』)

連続ものの時代劇が民放のテレビ番組表から姿を消してかなり経つ。 昔は月曜から日曜 ...

くも漫。 20
教えてくれてあざーす!(映画『くも漫。」レビュー&名古屋舞台挨拶レポ)

漫画家中川学さんの実体験を描いた作品『くも漫。』が実写化。 「このマンガがすごい ...

21
北川悦吏子×岩井俊二トークショー in 岐阜CINEX

北川悦吏子監督は岐阜県美濃加茂市出身。 脚本家としても知られている。 ドラマ『ロ ...

この世界の片隅に 22
普通に生きられる幸せを感じて(映画『この世界の片隅に』)

どの時代に生まれるか。 それは自分では選べない。 自分が死ぬこと。それも自分では ...

23
Cafe Mirage Radio 第1回 ゲスト『彦とベガ』川津祐介さん、谷口未央監督

Cafe MirageはWebラジオも始めます。   10月29日、名 ...

24
かあちゃんの愛がたまらない(『湯を沸かすほどの熱い愛』)

作品のチラシのイメージが赤だった。 銭湯の風呂場に立つ女性は赤のエプロン。 そし ...