Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

IMG_1523552820269

EntaMirage! Movie

ばあちゃんとバージンロードを歩きたい(映画『ばぁちゃんロード』)

結婚する時、バージンロードを歩くのは父親と?それとも?

富山の漁港を舞台に結婚式のバージンロードを一緒に歩くために奮闘する孫娘と祖母を描いた映画『ばぁちゃんロード』

あらすじ

交際していた漁師の大和にプロポーズされ、結婚を決めた夏海。おばあちゃん子だった夏海はバージンロードを祖母のキヨと歩きたいと思っていたがキヨは庭で足を骨折したことが原因で歩行が不自由になり、今は施設に入っている。結婚式には出られないというキヨになんとしても結婚式に出てもらいたい夏海。夏海は施設に行き、塞ぎがちなキヨを外に連れ出す。

©2018「ばぁちゃんロード」製作委員会

©2018「ばぁちゃんロード」製作委員会

 

介護と自立を促す

介護とは文字どおりの意味もあるがそれ以上に自立を促す役目を持っている。施設に入ってからすっかり介護されることに慣れてしまい、外に出ようとしなかったキヨは孫の夏海が結婚すると報告に来て、一緒にバージンロードを歩きたいと頼んだことで少しずつ再び自立し始めようとする。孫の前ではいつでも素敵なおばあちゃんでいたい。その思いがキヨを動かした。身体的な自立だけでなく、精神的自律を再び始める。

病院と介護サービス会社の完全バックアップ

キヨが住む施設は中村記念病院が使用された。病院が撮影に賛同し、様々な場所を提供している。キヨのリハビリシーンは理学療法士の指導の下行われた。
またばあちゃんの助けをしたいと夏海が受けた研修は介護初任者研修。介護に従事する者が始めに受ける基本的な研修だ。その撮影は医療介護教育機関であるニチイ学館の研修施設で実際の講師の指導の下行われている。

©2018「ばぁちゃんロード」製作委員会

介護は一進一退

夏海がキヨにバージンロードを一緒に歩いてもらいたくて奮闘する物語ではあるが、介護は気持ちだけでは上手くいかないという現実もしっかり描かれている。特に高齢者は気持ちに体力が付いていかず、出来なかったことに気落ちしたり、昨日出来たことが出来なかったり、つい無理をして今より症状が悪化してしまうこともある。
施設の職員たちからの目を通して介護を仕事にすることの責任も描かれていることが非常にいい。

脚本に賛同したキャストが集結

主演は文音と草笛光子。
数年前に孫と祖母として共演した二人が再び孫と祖母を演じる。主人公の結婚相手には三浦貴大。結婚前の恋人同士のやりとりをリアルに演じた。キヨの若き介護担当には桜田通。そして『月とキャベツ』以来の鶴見辰吾が夏海の父親として出演しているのがなんだか嬉しい。

©2018「ばぁちゃんロード」製作委員会

©2018「ばぁちゃんロード」製作委員会

草笛さんが歌った『この道』はアドリブ

篠原監督の『花戦さ』は大胆な演出と演技が際立つ作品だったが、今回は違う。静かに現代の生活が描かれる。篠原監督は役者に芝居を委ねている。台詞が終わっても篠原監督はそのシーンを撮り続けた。役者がどう演じる人物を形成しているか。台詞がなくてもそこでその役で生きていられるか。役者からすれば非常にプレッシャーになる撮影だっただろう。そんな撮影の中、出てきたアドリブのひとつが草笛さんの歌う『この道』だった。

この道はおばあちゃんと来た道

花嫁が結婚式で歩くバージンロードとは、今まで歩んできた道とも言われている。家族と歩んできた道を結婚式の当日に父親と進むと、その先に新郎が待っている。そして新郎と未来への新たな道に進んでいく。

そのバージンロードを父親ではなくおばあちゃんと歩きたいと夏海は言う。夏海にとって親よりも大切なおばあちゃん。自分が育ったこの場所のこの道はおばあちゃんとの思い出がたくさん詰まった道だった。

©2018「ばぁちゃんロード」製作委員会

©2018「ばぁちゃんロード」製作委員会

 

劇中キヨが歌い出す『この道』の北原白秋の歌詞は夏海の今までの人生にリンクしているように感じる。草笛さんが脚本にはないアドリブで歌ったこの歌が作品にエッセンスを加えた。何度も映し出されるまっすぐな道。夏海とキヨが見てきたこの土地の道と風景が美しく私たちの目に入ってくる。

 

結婚式は大事な人と一緒に。それは誰もが思うこと。
派手さも大きな事件もなく、この作品は静かにそれを伝えてくれる。

映画『ばぁちゃんロード』http://baachan-road.com は4月14日より有楽町スバル座他で全国順次上映。
東海地区では4月14日より愛知・名演小劇場、三重・イオンシネマ東員で5月11日より公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

1
みんなが僕のストレージ(映画『クソ野郎と美しき世界』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『クソ野郎と美しき世界』公開記念舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで ...

IMG_20180205_115556 2
中川運河の魅力を伝える短編集(『Filmusic in 中川運河・秋』)

名古屋都市センター【中川運河助成ARToC10】の助成事業として製作されている短 ...

dav 3
自分の心の中を見たら(『ミュージカル ジキル&ハイド』)

ミュージカル『ジキル&ハイド』 2018年3月25日(日) 13:00  名古屋 ...

4
今を、そしてこれからを生きる(映画『一陽来復 Life Goes On』)

東日本大震災から6年。 6年という月日が早いのか遅いのか。それは人それぞれ感覚が ...

5
映画『レオン』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『レオン』公開初日舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで行われた。 こ ...

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA 6
あなたが愛した私でいたい(映画『ナチュラルウーマン』)

前情報は全く入れずに鑑賞し始めた映画『ナチュラルウーマン』。 ナイトクラブで歌う ...

ビガイルド 7
女の園に男が一人。さて何が起こる?(映画『ビガイルド 欲望のめざめ』)

女の怖さを知っているのは男より女だと思う。女はいつか敵になるかもしれないのになぜ ...

8
悠久の流れ長江・何度も巡り合う男と女(映画『長江 愛の詩』)

中国・長江。 世界の三大河川に数えられるこの河は全長3600キロ。中国を横断する ...

9
岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。 今年は新 ...

10
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・前編 Mirageなお客様その⑤)

自動車技術は日々進化している。 自動運転はまだまだ先のことと思っていたがCMでも ...

11
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・後編)

映画『センターライン』 下向拓生監督へのインタビュー後編をお送りする。 前編はこ ...

kenen1 12
兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。 絶対に勝てない親子喧嘩より ...

13
ラーメンマニアの上を行く。その名もラーメンヘッズ(映画『ラーメンヘッズ』)

日本人は世界中のどこの国よりもラーメン好きだ。 手軽で美味しい。その一杯のために ...

14
求めあう心に導かれて(映画『風の色』)

「もう一人の私は北海道で流氷を見ている。」 恋人のゆりが意味深な言葉を残し、自殺 ...

15
『悪と仮面のルール』玉木宏インタビュー「幸せの感覚」

この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために 創られた存在だと父から告げられ ...

16
『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』名古屋舞台挨拶レポート

映画『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』の公開記念舞台挨拶が 1月 ...

17
あなたの人生このままでいいですか?(映画『ルージュの手紙』レビュー)

酒も飲まず、恋愛もしない。 仕事と子供のために生きてきた女性の元に 思いもよらぬ ...

18
CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』トークショー レポート

CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』 佐古 ...

19
CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』トークショーレポート

CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』 及川奈央×益田祐美子プ ...

20
一本の糸からつながる世界(映画『YARN 人生を彩る糸』)

冬になると得意ではないのに編み物をやりたくなるのはなぜだろう? 一本の毛糸を編む ...

21
オペラで彩られるモーツァルトを描く新たな作品(映画『プラハのモーツァルト』)

  ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。 作曲家としてあまりにも ...

22
知多半島映画祭2017 レポートその1 『あのまちの夫婦』

11月19日に知多半島映画祭2017が東海市芸術劇場大ホールで開催された。 7年 ...