Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

hanamuko encore1

EntaMirage! Movie

国際結婚家族に移住計画勃発?(映画『最高の花婿 アンコール』)

2020/05/21

結婚とは結婚する二人だけの話ではない。
二人のそれぞれの家族が大きく関わってくる。
同じ国の二人が結婚するだけでもそれなりに骨が折れることなのに、相手が違う国の人で、宗教や文化が違う人だった場合、さらに様々な障害もある。

4年前、フランスでこの国際結婚をテーマに映画が製作された。フランスは多民族が生活している国家だが、保守的な人たちも多い。結婚という人生一大イベントの相手が外国人なら保守的なフランス人の心は穏やかではない。
その様子をコメディタッチで描いた映画『最高の花婿』はフランスで5人に1人が観る大人気作となり、続編も製作された。その続編がいよいよ日本に上陸する。それが『最高の花婿 アンコール』だ。

あらすじ

待望の四女の子供が生まれることを楽しみにしていたヴェルヌイユ夫妻。夫妻が婿たちの実家を訪ねて世界を旅して帰ると、新たな問題が勃発していた。

婿たちは、普通に暮らしていてもパリで受ける<異文化ハラスメント>に耐えられず、海外移住を宣言。

孫にも会えず、家族がバラバラになることに心を痛める母マリーは、ある“作戦”を思いつくが…。

ヴェルヌイユ家の婿殿は国際色豊か。そして変わらぬ関係性

敬虔なカトリック教徒で保守的なヴェルヌイユ夫妻には4人の娘がいるが、それぞれアラブ人、ユダヤ人、中国人、コートジボワール人と結婚した。

hanamuko encore2

前作『最高の花婿』は相手の宗教や文化に困惑しつつ、娘達の幸せを願って結婚を許すまでを描いた。

韓流ドラマもそうなのだが、家族を描く作品が富裕層を舞台にするのはなぜだろう?
定年しても、お金に余裕のあるクロードと、それぞれがしっかりと自立している子ども達。
フランスで暮らすのに不自由はないはずなのにヴェルヌイユ夫妻が4人の娘を心配するように、4人の娘と娘婿も親になり、日常的にあるフランスでの外国人へ向けられる視線や考え方に住みにくさを感じて子供の将来や自らのさらなる成功を求め、フランスを出て、新たな暮らしを始めようと計画する。

前作のキャストが再集結し、各夫婦の今の生活、会話が描かれていく。お互いの民族性をディスりながら、時には協力し、お互いの不満を言い合う4人の婿達は、嫁の親に対する気持ちが同じという点では妙に気が合う。
絶妙な距離感は前作に引き続き面白い。

コメディパートは危険度満載

前作に引き続き、コメディタッチで騒動が描かれる。
今回のテーマとも言える《異文化ハラスメント》も非難されそうなギリギリのジョークで描かれる。
ちょっとした固定概念、見間違いから来る誤解、権力者批判もさらっと入れてくるあたりは監督のさすがの手腕だと思った。
SNSやパソコンソフト、ノルディックウォーキングと最新トレンドについていく妻・マリーと、定年を迎え、地元の偉人の本を書くのだと未だに手描きで執筆する夫のクロードの対比も非常に面白い。

hanamuko encore3

そこへ前作でもいがみ合ったり気があったりを繰り返していたクロードと4女の婿・シャルルの父・アンドレが再び登場。
シャルルの妹の結婚が引き起こす2人のやりとりにもニヤニヤしてしまう。

話の展開は都合良く出来ていると感じる展開だが、今のフランスをコンパクトに観られる作品だ。どこの国の人も考えていることは同じなんだなと改めて思う。

ぜひ『最高の花婿』、『最高の花婿 アンコール』と両方とも観ていただきたい。

フランスのヴェルヌイユ家の騒動を通して、今を生きる人たちが生きる場所に何を求めているかが見えてくる。

『最高の花婿 アンコール』http://www.cetera.co.jp/hanacore/

はYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次上映予定。
5月22日より伏見ミリオン座、5月23日より岐阜CINEXで公開。

監督:フィリップ・ドゥ・ショーヴロン『最高の花婿』
脚本:フィリップ・ドゥ・ショーヴロン、ギィ・ローラン
出演:クリスチャン・クラヴィエ、シャンタル・ロビー、メディ・サドゥアン、アリ・アビタン、フレデリック・チョウ、ヌーム・ディアワラ、フレデリック・ベル、ジュリア・ピアトン、エミリー・カーン、エロディー・フォンタン、パスカル・ンゾンジ、サリマタ・カマテ、タチアナ・ロホ、クローディア・タグボ

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

アーラ映画祭-1024x924 1
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 2
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 3
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 4
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 5
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 6
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 7
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 8
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 9
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 10
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 11
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 12
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 13
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 14
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 15
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...