Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie

求めあう心に導かれて(映画『風の色』)

「もう一人の私は北海道で流氷を見ている。」
恋人のゆりが意味深な言葉を残し、自殺した。
残された涼は傷心の引きこもりを抜け出し、
マジックに魅せられて自身もマジシャンの道を歩むことを決意する。
ある日自分にそっくりなマジシャンの隆の存在に気づいた涼は
ゆりの言葉に導かれて向かった北海道で
死んだはずのゆりにそっくりな亜矢と出会う。

亜矢もまた自身の前で脱出マジックを試みたまま、
海に消えた恋人・隆に再会することを願っていた。

クァク・ジェヨン監督日本撮影再び。

『猟奇的な彼女』で知られるクァク・ジェヨン監督が
日本を舞台に描いたラブストーリー。

主演は日本でドラマ『僕だけがいない街』がNetflixで現在配信中、
そして映画『曇天に笑う』の公開も控え、中国などアジア圏で絶大な人気を誇る古川雄輝。
相手役には新人を発掘したいという監督のもと
実施されたオーディションで一万人の中から選ばれた藤井武美を起用している。

自分に似た人間を見ると死ぬと言われるドッペルゲンガー現象。
クァク・ジェヨン監督は北海道を舞台に怖くない
ドッペルゲンガーの話を描いた。

涼と隆。
東京と北海道。
会わないはずの涼と隆の思いが次第にシンクロし始める。

涼は亜矢に出会い、亜矢の中にゆりを探し、
亜矢は涼に隆を求める。

構想からコミック化を経て公開までに10年を費やした。
クァク・ジェヨン監督が大好きな北海道、
岩井俊二監督の『Love Letter』にインスパイアされた
美しさとどこか儚さのあるストーリーだ。

日本映画ではあるがクァク・ジェヨン監督作品ということもあり、
作品の色はアジアンテイストに仕上がっている。
エキゾチック感漂う雨の中のシーン、
レトロな涼が住む建物、どこか現世とは別の
異世界を観じさせる作品全体の世界観。

日本とはまた違うクァク・ジェヨン監督が作り上げた
もう一つのパラレルワールドのようだ。

役者の表情や佇まいで描かれるシーンが多いのが印象的だ。
最近の日本の恋愛映画にはない恋人たちの募る思いが
感じられる作品とも言える。
見終わった後に中毒的に頭の中に印象的なシーンが蘇る。

涼が足を運ぶマジックカフェの異世界感にも注目したい。
そこに登場するカフェオーナー役の竹中直人、
涼の憧れのマジシャン役の小市慢太郎という
この二人の役者の存在感がたまらない。
この二人がいつの間にか
涼を隆の元へ向かわせる役割を担う。

様々なマジックにも注目

この作品ではマジックが様々な場面で登場する。
テーブルマジックから大掛かりなマジックまで
様々なマジックが披露される。
マジックは監督が昔からやりたかったもので
今回はそれを登場人物にやらせてみたのだという。

マジック監修はハンドパワーでおなじみのMr.マリック氏。
(岐阜の皆さんにはおなじみですね。)
派手なイリュージョンからこの映画のために
古川さんが指導を受け身につけた細かい手業まで
様々なマジックを見ることが出来る。
大掛かりなイリュージョンのシーンは一からセットを設営し、
撮影はエキストラ600人以上が参加して行われた。

北海道の流氷や祭りなど日本の美を捉えたシーンだけでなく
東京と北海道でシンクロする風景、
映画『レオン』やビートルズの『アビーロード』の
ジャケットパロディも登場する。
監督の遊び心も随所に散りばめられている。

涼が愛した女性はゆりなのか亜矢なのか。
それともまた違う誰かか。
お互いを求め、出会うべくしてあった男女。
魂を追い求めるような恋愛に心が熱くなる。

風に色はない。だが肌に触れれば感覚で色を感じることが出来る。
風の色を感じるように二人は魂を感じて再び求め合う。

『風の色』http://kaze-iro.jp/は1月26日より公開。
東海地区ではTOHOシネマズ(名古屋ベイシティ、赤池、モレラ岐阜)、
イオンシネマ(ワンダー、長久手、豊川、岡崎、常滑、各務原)で1月26日より公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

ビガイルド 1
女の園に男が一人。さて何が起こる?(映画『ビガイルド 欲望のめざめ』)

女の怖さを知っているのは男より女だと思う。女はいつか敵になるかもしれないのになぜ ...

2
悠久の流れ長江・何度も巡り合う男と女(映画『長江 愛の詩』)

中国・長江。 世界の三大河川に数えられるこの河は全長3600キロ。中国を横断する ...

3
岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。 今年は新 ...

4
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・前編 Mirageなお客様その⑤)

自動車技術は日々進化している。 自動運転はまだまだ先のことと思っていたがCMでも ...

5
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・後編)

映画『センターライン』 下向拓生監督へのインタビュー後編をお送りする。 前編はこ ...

kenen1 6
兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。 絶対に勝てない親子喧嘩より ...

7
ラーメンマニアの上を行く。その名もラーメンヘッズ(映画『ラーメンヘッズ』)

日本人は世界中のどこの国よりもラーメン好きだ。 手軽で美味しい。その一杯のために ...

8
求めあう心に導かれて(映画『風の色』)

「もう一人の私は北海道で流氷を見ている。」 恋人のゆりが意味深な言葉を残し、自殺 ...

9
『悪と仮面のルール』玉木宏インタビュー「幸せの感覚」

この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために 創られた存在だと父から告げられ ...

10
『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』名古屋舞台挨拶レポート

映画『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』の公開記念舞台挨拶が 1月 ...

11
あなたの人生このままでいいですか?(映画『ルージュの手紙』レビュー)

酒も飲まず、恋愛もしない。 仕事と子供のために生きてきた女性の元に 思いもよらぬ ...

12
CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』トークショー レポート

CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』 佐古 ...

13
CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』トークショーレポート

CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』 及川奈央×益田祐美子プ ...

14
一本の糸からつながる世界(映画『YARN 人生を彩る糸』)

冬になると得意ではないのに編み物をやりたくなるのはなぜだろう? 一本の毛糸を編む ...

15
オペラで彩られるモーツァルトを描く新たな作品(映画『プラハのモーツァルト』)

  ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。 作曲家としてあまりにも ...

16
知多半島映画祭2017 レポートその1 『あのまちの夫婦』

11月19日に知多半島映画祭2017が東海市芸術劇場大ホールで開催された。 7年 ...