Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

namonri1

EntaMirage! Movie

地方で働こう-趣味も仕事も充実させる働き方-(映画『波乗りオフィスへようこそ』)

日本は今、自分の時間、生き方を重視する方向へと進み始めている。だが、なかなか自分の時間を作ることが出来る仕事を選択している人は少ない。自宅のある郊外から数時間かけて都心に通う人はまだ沢山いる。かくいう私もその一人だ。

インターネットの普及で、遠隔地にいても会議に出たり、自宅に居ながらにして会社の仕事を在宅勤務として出来るようになってきた。その先駆け的に実際に東京から故郷の徳島へ本社を移転させた会社社長がいる。吉田基晴さんだ。吉田さんは都会での人材獲得競争を逃れ、地方に人材を求めた。故郷にUターンして帰ったことで都会との連携という新たなビジネスも見つけた。吉田さんの著書「本社は田舎に限る」を原作に作られた映画が『波乗りオフィスへようこそ』。

『終わった人』のプロデューサーで吉田さんと同じ徳島県出身の明石知幸監督が数年ぶりにメガホンを取る。

地方は忘れ去られていく土地ではなく、これからの可能性がある場所と考え方を転換した一社長の実話が描かれていく。

あらすじ

セキュリティソフト会社を経営している徳永は東京での人材不足から自身の故郷徳島で、地方で生きることを望む人達から人材を募り、会社を経営することを思いつく。マスコミには大きく取り上げられ、自分のやりたいことをしながら働きたいという思いでやってきた人材を確保し、順調にプロジェクトがスタートしたように思えたが、地元で生きる人達との関係づくりも一から始めなければいけなかった。

naminori2

都会にはない魅力を求めて

徳島で都会にはない時間の使い方を紹介し、それを魅力的に感じて集まった人達から思い通りに人材を確保した徳永だったが都会からの転居をよく思わない人との折り合いに苦心したり、地元の人達の信頼を得るためのボランティア活動、伝統として続く祭りへの参加など都会では考えなかった地域とのつながりに時間が費やされていく。

主人公徳永は都会に豊かさを求めて上京したが、便利でものも豊富にある都会の豊かさが自分の求めるものではないことに年齢を重ねて気がつき始めている。故郷に帰り、地元の実業家・岩佐の手助けで都会にはない地域との関わりに時間を費やし、より自分の仕事を効率化して生きていくこと、自分に必要な本当の時間、豊かさが何なのかを改めて学んでいく。

地域との繋がり、古くから伝わる伝統やしきたりが地方では色濃くある。それを避けてはそこに住むことは出来ない。郷に入っては郷に従う。その姿勢で向かいあった時、新たな出会いやアイデアが生まれる。

舞台は徳島県美波町

セキュリティソフト会社を経営する主人公徳永が帰る故郷は四国の右下と言われる徳島県美波町。原作者の故郷が舞台となっている。撮影は町の人達が全面的にバックアップ。作品内に出てくる料理、船は美波町の方が協力し用意している。祭りのシーンは撮影を実際の祭りの時期に合わせ、キャストが参加してドキュメンタリー形式で撮影された。

naminori3

受け身の役者・関口知宏

主演はこの映画が初主演となる関口知宏。近年は世界を列車で旅する番組の旅人としての活動が大きく取り上げられているが、役者としての活動も長い。旅番組を観ていた明石監督が巻き込まれ感を持って演じてほしいとオファーしたという。東京から戻り、様々なトラブルに巻き込まれながらもしっかりと徳島での生活を確立していく社長の姿は海外の見知らぬ地で様々な人とふれ合う関口さんの姿と重なる。世界の様々な場所で人と出会い、多種多様な文化に触れてきた経験は芝居に大いに生かされている。

田舎にだっていいものはある。田舎にしかないものもある。便利が必ずしもいいことではない。不便さの中で生まれる価値もある。
都会にはない魅力が地方というブランドにはある。地方から全国へ、世界へ。地方からビジネスチャンスを掴む働き方は日本で次第に増えてきている。

自分の人生を本当に輝かすことが出来るのはどこか。仕事をする場所が生きる場所なのではなく、生きたい場所に仕事を作る。自分の仕事のスタンスを考えさせられる映画だ。

naminori4

『波乗りオフィスへようこそ』https://naminori-office.com は
現在有楽町スバル座他で公開中。東海地区では5月4日より愛知・名演小劇場で公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

sousiki1 1
友よ、皆に送られて安らかに逝け(映画『葬式の名人』)

『おくりびと』以降、逝く人を見送る職業の人々を描く映画は沢山作られており、今回も ...

mukounoie1 2
僕の知らないもう一つの森田家(映画『向こうの家』西川監督インタビュー追加)

食卓というのは家族の雰囲気がわかる場所だ。 家族四人で朝ご飯を囲む、幸せな家庭に ...

ala2019_01 3
アーラ映画祭2019ラインナップ発表!

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2019の全ラインナッ ...

nagai3 4
第30回CINEX映画塾 映画『長いお別れ』中野量太監督トークショーレポート

第30回CINEX映画塾が6月30日岐阜CINEXで開催された。30回目の作品は ...

kohaku3 5
映画『こはく』井浦新さん×横尾初喜監督 名古屋 シネマスコーレ 舞台挨拶レポート

井浦新という役者は観る作品によって出てくる色が違う。役そのものが出す色を井浦新と ...

AIWFF2019_02 6
あいち国際女性映画祭2019の開催が決定!明日からチケット発売

「あいち国際女性映画祭2019」の記者会見&ラインナップ発表が7月11日、映画祭 ...

inukoro4 7
住宅顕信という俳人を知っていますか?若き俳人の心を描く(映画『ずぶぬれて犬ころ』本田孝義監督インタビュー)

自由律俳句をあなたは知っているだろうか。 五七五にとらわれないリズムと自由な感覚 ...

anomachi1 8
映画『あのまちの夫婦』津田寛治監督インタビュー&舞台挨拶レポート

映画『あのまちの夫婦』の上映が名古屋・シネマスコーレで19日まで行われている。 ...

ichigo10 9
映画『いちごの唄』公開記念名古屋舞台挨拶レポート

映画『いちごの唄』の公開記念舞台挨拶が7月7日ミッドランドスクエアシネマで開催さ ...

ichigo1 10
今日から公開『いちごの唄』鑑賞者にしか買えないCDをゲットしよう!

今日7月5日(金)から公開される映画『いちごの唄』の公開記念舞台挨拶が7月7日( ...

nagimati1 11
波の立たない人生などない(映画『凪待ち』)

凪とは…。風がやんで波がおさまり、海が静まること。 心という海が静かになる日はい ...

hotgimic1 12
堀未央奈さん(乃木坂46)岐阜に凱旋!映画『ホットギミック ガール ミーツ ボーイ』舞台挨拶レポート

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』の先行上映が岐阜県のTOHOシネマズモ ...

MKE7_15 13
みてくれたっていいじゃない!第7回MKE映画祭レポート

第7回MKE映画祭が6月8日、岐阜県図書館多目的ホールで開かれた。 選考で選ばれ ...

jimoto8 14
地元ピース!岐阜上映は超満席!!

映画『地元ピース!』の岐阜上映会が6月9日岐阜・柳ヶ瀬のCINEXで行われた。 ...