Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie

涼夏のこれが今ツボ。その③ 『HER MOTHER』

ある日のことだ。
映画館ではなくとあるオーディション会場で
オーディションの終わった役者たちに「今日から上映です。」と
ニコニコしながらチラシを渡して映画を宣伝する男性が二人いた。

渡されたチラシの写真に見覚えがあった。
『HER MOTHER』
SNS上で友人が東京で観に行って面白いと言っていた作品だった。
予告編を見て気になっていたが
名古屋ではしばらく後の上映だからその時にと考えていた作品だった。

男性の一人は出演者で主人公の夫役の西山由希宏さん。
もうひとりはヘアメイクの村山さん。
シネマスコーレでの舞台挨拶のために
名古屋に来て、オーディションがあると聞いて
その会場に宣伝に来ておられるとのこと。

私がなぜそこにいたのか。
私もまだ役者の道を完全に諦めたわけではない。
オーディションを受けにいっていたのだ。
オーディションを終わったこともあり、私の取材魂に火がついた。
これもひとつのご縁。
映画を見る前だったが撮影の話を聞いた。

「湖に顔をつけられるシーンがあったんですけど、冬で寒かったですね。」
と明るく気さくに話していた西山さんだが作品の中では大変重要なポジションであり、
話していたときとは全然違う印象だった。さすが役者だ。

主人公の夫を演じる西山由希宏さん。チラシを持って写真撮影に応じてくれた。映画本編では妻とはまた違う感情を持つ。重要な役柄だ。

主人公の夫を演じる西山由希宏さん。チラシを持って写真撮影に応じてくれた。映画本編では妻とはまた違う感情を持つ。重要な役柄だ。

 

舞台挨拶の時間が迫って戻っていかれたので
これぐらいしか聞けなかった。
映画を見てからまたしっかり色々聞きたかった。

 

あらすじ

43歳のビジネスウーマン・晴美。
2年前に嫁いだ娘・みちよが突然帰って来た矢先、
婿の孝司がやって来てみちよを殺してしまう。

晴美夫妻は極刑である死刑が相当と考えた。
孝司は殺されそうになって殺したと主張する。
証拠はみちよの携帯にあるという。

事件から6年、最高裁まで上告した孝司は
晴美に会いたいと弁護士を通して伝えてくる。
その頃から晴美は孝司の死刑を止めようと考え始める。

監督がテーマにしたのは被害者家族と加害者の和解

監督は佐藤慶紀さん。
愛知県半田市出身でフリーランスのTVディレクターをしながら
自主映画を撮影している。
今回は監督が以前企画のためにリサーチした
被害者家族が加害者と和解しようとした事例をテーマにし、
被害者家族の抱く思いと罪に対する本当の極刑は何かを考えさせてくれる。

自主映画でありながら釜山映画祭ニューカレント部門に
正式出品されたのを皮切りに海外で評価されたこの作品は配給会社の目にとまり、
全国の映画館での上映が決定した。

 

目には目を 歯には歯を が許されない世の中で

娘を奪われた悲しみもあり、晴美はどこかで真実に蓋をしてしまった。
娘との会話を心にしまいこんでしまった。
真実を知ろうと思えばもっと早く出来たはずなのに。

6年経ってその蓋は少しずつ開けられる。

突然の出来事で娘を失った空虚感や容疑者への怒りは
誰にもわかってもらえない。
長年一緒に過ごしている夫でさえ全く同じ気持ちではない。

娘にされたことを同じように孝司に与えたい
と訴える晴美夫妻の思いはわからなくもない。

思いの強さゆえに親戚との溝が出来てしまう部分も描かれている。
当事者にしかわからない苦しみ。
はたしてそれは経験しなかったものに理解できるものなのか。

どんな事情があったにしろ命を奪うことはしてはならない。
となると、死刑も同じことではないのか。
という世間の考え方がある今、死刑という極刑は
デリケートな扱いとなり、判決でもそう簡単には出ない。

復讐ができない今の時代。被害者家族の怒りや悲しみはどこに向かうのか。

許すとはどういうことか

死刑という罰は果たして本当に一番重い刑なのだろうかと
見ながら考えていた。
晴美の夫の「許す」と晴美の死刑判決を翻してほしいという上申書は
決して同じではないし、晴美は本当に許してはいない。

映画は観た人のものでどう思うかは自由だが
今回主人公・晴美が死刑を止めようとする行為は
どの思いからなのだろうと私は考えながら観た。
簡単に死を与えず、生きて苦しみを感じてほしいと思ったからなのか、
今生きている自分と同じようにあの時のことを忘れず生きてほしかったのか。
それとも。暗証番号がわからず見ることができない娘の携帯電話の中身を
なんとなく予想していたからなのか。

これから観に行く方には考えてほしいところだ。

シネマスコーレにて

シネマスコーレにて

集まった役者たちは演技派。

主演は名古屋を中心に活動している西山諒さん。
劇団「パンジャーボンバーズ」の座長だ。
周りを固める役者陣も劇団所属や舞台を中心に活動している方たちだ。

確かな演技力がある役者陣のやりとりは
感情がリアルに伝わってくる。

娘の死後、少しづつずれていく夫婦が痛い。
お互い辛いはずなのに後悔の抱き方のズレに心がヒリヒリする。
被害者と加害者の母親の会話があるのも通常では考えられないが
この二人のシーンは台詞以上に二人の間で複雑な思いが感じられるので
しっかりと観ていただきたい。

 

シネコンで上映している映画以外にもしっかりと作られている作品は多い。
むしろ自分が撮りたいものを撮っているのは
自主映画や単館で上映されている映画の方が多い。
ミニシアターにも足を運んでほしい。

映画『HER MOTHER』(https://www.hermother-movie.com/)は
現在新宿K's cinema、名古屋シネマスコーレで上映中。
(ともに10月6日まで。シネマスコーレは毎日14時10分からの上映)
今後は大阪・シネ・ヌーヴォで10月7日より、
長野・上田映劇で10月28日より公開

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

ikiro3 1
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 2
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 3
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 4
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 5
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 6
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 7
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 8
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 9
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 10
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 11
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 12
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 13
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 14
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 15
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 16
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 17
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...