Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie

涼夏のこれが今ツボ。その③ 『HER MOTHER』

ある日のことだ。
映画館ではなくとあるオーディション会場で
オーディションの終わった役者たちに「今日から上映です。」と
ニコニコしながらチラシを渡して映画を宣伝する男性が二人いた。

渡されたチラシの写真に見覚えがあった。
『HER MOTHER』
SNS上で友人が東京で観に行って面白いと言っていた作品だった。
予告編を見て気になっていたが
名古屋ではしばらく後の上映だからその時にと考えていた作品だった。

男性の一人は出演者で主人公の夫役の西山由希宏さん。
もうひとりはヘアメイクの村山さん。
シネマスコーレでの舞台挨拶のために
名古屋に来て、オーディションがあると聞いて
その会場に宣伝に来ておられるとのこと。

私がなぜそこにいたのか。
私もまだ役者の道を完全に諦めたわけではない。
オーディションを受けにいっていたのだ。
オーディションを終わったこともあり、私の取材魂に火がついた。
これもひとつのご縁。
映画を見る前だったが撮影の話を聞いた。

「湖に顔をつけられるシーンがあったんですけど、冬で寒かったですね。」
と明るく気さくに話していた西山さんだが作品の中では大変重要なポジションであり、
話していたときとは全然違う印象だった。さすが役者だ。

主人公の夫を演じる西山由希宏さん。チラシを持って写真撮影に応じてくれた。映画本編では妻とはまた違う感情を持つ。重要な役柄だ。

主人公の夫を演じる西山由希宏さん。チラシを持って写真撮影に応じてくれた。映画本編では妻とはまた違う感情を持つ。重要な役柄だ。

 

舞台挨拶の時間が迫って戻っていかれたので
これぐらいしか聞けなかった。
映画を見てからまたしっかり色々聞きたかった。

 

あらすじ

43歳のビジネスウーマン・晴美。
2年前に嫁いだ娘・みちよが突然帰って来た矢先、
婿の孝司がやって来てみちよを殺してしまう。

晴美夫妻は極刑である死刑が相当と考えた。
孝司は殺されそうになって殺したと主張する。
証拠はみちよの携帯にあるという。

事件から6年、最高裁まで上告した孝司は
晴美に会いたいと弁護士を通して伝えてくる。
その頃から晴美は孝司の死刑を止めようと考え始める。

監督がテーマにしたのは被害者家族と加害者の和解

監督は佐藤慶紀さん。
愛知県半田市出身でフリーランスのTVディレクターをしながら
自主映画を撮影している。
今回は監督が以前企画のためにリサーチした
被害者家族が加害者と和解しようとした事例をテーマにし、
被害者家族の抱く思いと罪に対する本当の極刑は何かを考えさせてくれる。

自主映画でありながら釜山映画祭ニューカレント部門に
正式出品されたのを皮切りに海外で評価されたこの作品は配給会社の目にとまり、
全国の映画館での上映が決定した。

 

目には目を 歯には歯を が許されない世の中で

娘を奪われた悲しみもあり、晴美はどこかで真実に蓋をしてしまった。
娘との会話を心にしまいこんでしまった。
真実を知ろうと思えばもっと早く出来たはずなのに。

6年経ってその蓋は少しずつ開けられる。

突然の出来事で娘を失った空虚感や容疑者への怒りは
誰にもわかってもらえない。
長年一緒に過ごしている夫でさえ全く同じ気持ちではない。

娘にされたことを同じように孝司に与えたい
と訴える晴美夫妻の思いはわからなくもない。

思いの強さゆえに親戚との溝が出来てしまう部分も描かれている。
当事者にしかわからない苦しみ。
はたしてそれは経験しなかったものに理解できるものなのか。

どんな事情があったにしろ命を奪うことはしてはならない。
となると、死刑も同じことではないのか。
という世間の考え方がある今、死刑という極刑は
デリケートな扱いとなり、判決でもそう簡単には出ない。

復讐ができない今の時代。被害者家族の怒りや悲しみはどこに向かうのか。

許すとはどういうことか

死刑という罰は果たして本当に一番重い刑なのだろうかと
見ながら考えていた。
晴美の夫の「許す」と晴美の死刑判決を翻してほしいという上申書は
決して同じではないし、晴美は本当に許してはいない。

映画は観た人のものでどう思うかは自由だが
今回主人公・晴美が死刑を止めようとする行為は
どの思いからなのだろうと私は考えながら観た。
簡単に死を与えず、生きて苦しみを感じてほしいと思ったからなのか、
今生きている自分と同じようにあの時のことを忘れず生きてほしかったのか。
それとも。暗証番号がわからず見ることができない娘の携帯電話の中身を
なんとなく予想していたからなのか。

これから観に行く方には考えてほしいところだ。

シネマスコーレにて

シネマスコーレにて

集まった役者たちは演技派。

主演は名古屋を中心に活動している西山諒さん。
劇団「パンジャーボンバーズ」の座長だ。
周りを固める役者陣も劇団所属や舞台を中心に活動している方たちだ。

確かな演技力がある役者陣のやりとりは
感情がリアルに伝わってくる。

娘の死後、少しづつずれていく夫婦が痛い。
お互い辛いはずなのに後悔の抱き方のズレに心がヒリヒリする。
被害者と加害者の母親の会話があるのも通常では考えられないが
この二人のシーンは台詞以上に二人の間で複雑な思いが感じられるので
しっかりと観ていただきたい。

 

シネコンで上映している映画以外にもしっかりと作られている作品は多い。
むしろ自分が撮りたいものを撮っているのは
自主映画や単館で上映されている映画の方が多い。
ミニシアターにも足を運んでほしい。

映画『HER MOTHER』(https://www.hermother-movie.com/)は
現在新宿K's cinema、名古屋シネマスコーレで上映中。
(ともに10月6日まで。シネマスコーレは毎日14時10分からの上映)
今後は大阪・シネ・ヌーヴォで10月7日より、
長野・上田映劇で10月28日より公開

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

ninzuu1 1
欲望が満たされる町の秘密とは?(映画『人数の町』予告映像、ビジュアル解禁)

河瀨直美監督(河瀨の瀨は瀬の旧字体)を審査員長に迎え、2017年に発表された第1 ...

kodera1 2
のぼる姿が美しい小寺さん(映画『のぼる小寺さん』)

自分のすぐ近くで輝いている人はどんな人? 卓球部の近藤が惹かれたのはただただ上を ...

kimigairu5 3
痛みと共に生きていく(映画『君がいる、いた、そんな時。』迫田公介監督舞台挨拶レポート)

日本人とフィリピン人のハーフというだけでいじめられる正哉、給食時間の空気が読めな ...

Die Familien Strelzyk und Wetzel starten den Ballon - Peter Strelzyk (Friedrich Mücke, l.), Doris Strelzyk (Karoline Schuch, r.) und Andreas Strelzyk (Tilman Döbler) 4
気球に乗って国境の壁をこえろ(映画『バルーン 奇蹟の脱出飛行』)

ドイツという国も戦争で翻弄された国の一つだ。東西冷戦の中、ドイツは共産主義の東ド ...

itidomo1 5
伝説の殺し屋、最大の危機!?石橋蓮司が魅せる表と裏の顔(映画『一度も撃ってません』)

石橋蓮司という役者を知ったのはいつの頃なのかもう覚えていない。時代劇や2時間ドラ ...

20190406201104_IMG_0771 6
東海地区の映画館、劇場を応援しよう(応援方法まとめ)

東海地区の映画館、劇場を応援しよう(応援方法まとめ)新型コロナウイルス感染防止の ...

hanamuko encore1 7
国際結婚家族に移住計画勃発?(映画『最高の花婿 アンコール』)

結婚とは結婚する二人だけの話ではない。 二人のそれぞれの家族が大きく関わってくる ...

renren (5) 8
涼夏のここが今ツボ⑦ MIRAGE THEATRE Vol.0 映画『恋恋豆花』名古屋公開前夜祭トーク&ライブによせて

MIRAGE THEATRE VOL.0 映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』ト ...

carenin2_1 9
よりよい一日を目指して(映画『ケアニン~こころに咲く花~』)

介護福祉士・大森圭が帰ってきた。2017年の公開から日本全国で上映が続いている『 ...

biglittle5 10
ここは地球に愛される農場(映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』)

自分達で一から作る生活というのは軌道に乗るまでがとても大変だ。 「自然と共存する ...

yamanaka5 11
今だからずっと温めてきたこの映画を撮りたい(映画『山中静夫氏の尊厳死』村橋明郎監督インタビュー)

自分に残された時間があとわずかと知ったらあなたは残りの人生をどう生きるだろうか。 ...

20200307145335_IMG_2835_ 12
映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋公開初日舞台挨拶が3月7日、名古屋・名 ...

kessan3 13
第37回CINEX映画塾『決算!忠臣蔵』中村義洋監督トークレポート

中村義洋監督が岐阜大学病院をロケ地に撮影した2009年の『ジェネラル・ルージュの ...

rerendoufa1 14
台湾の旅は美味しい出会いの旅(映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』)

名古屋から飛行機で約3時間。 日本語がかなり通じる異文化都市・台湾は一度は行って ...

1581834114678 15
涼夏のここが今ツボ⑥ 星能豊がつなげる映画の縁ー特集上映『星能豊 retrospective』ー

私は星能豊のことを今回のイベントチラシにこう書いた。 現場で会った時とスクリーン ...

rerentoufa 16
MIRAGE THEATRE vol.0  映画『恋恋豆花』名演小劇場上映前夜祭!洸美・ミニライブ&今関あきよし監督トークショー 開催決定!

Cafe mirageが今年岐阜柳ケ瀬のカフェ星時とタッグを組んでお送りする企画 ...

goon1 17
Go on 人生は続いていく(映画『轟音』)

片山享という人の作品と出会ったのは2018年のはままつ映画祭だった。 彼の故郷福 ...

hitoyo3 18
第36回CINEX映画塾『ひとよ』白石和彌監督トークレポート

あの日がなければ人生が変わっていたかもしれない、あの日があったから今がある。 そ ...

maeda1 19
我らのブルーオーシャンを開拓せよ!(映画『前田建設ファンタジー営業部』)

永井豪氏原作のアニメ「マジンガーZ」の出撃シーンで登場する地下格納庫兼プールを、 ...

kaze3 20
風は思いを乗せて(映画『風の電話』モトーラ世理奈さん、諏訪敦彦監督インタビュー)

岩手県大槌町のガーデンデザイナーがもう一度死別した従兄弟と話したいと願って自身の ...

his7 21
演じたことで変化する自らの感覚(映画『his』名古屋先行上映舞台挨拶レポート)

昨年『愛がなんだ』が大ヒットし、2020年も監督作が続けて公開される今泉力哉監督 ...

okazaki_main 22
鏡が映す4つの恋愛模様(映画『おかざき恋愛四鏡』)

愛知県岡崎市で撮影された『おかざき恋愛四鏡』が岡崎での先行公開を経ていよいよ1月 ...

midori1 23
「待ってください。ちょっと停めただけじゃない!」「いいえダメです」(映画『ミドリムシの夢』)

ミドリムシとは皆さん、なんのことかご存じだろうか。 普通はユーグレナのことだが今 ...

FF20180522_Stills0219.jpg 24
漁師達のコーラスグループがメジャーデビュー!?(映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』)

歌が巧いというのは音程が取れるという意味もあるが、それよりも歌をいかに自分のもの ...

theater__d_omote 25
『MIRAGE THEATRE』上映作品募集開始!

  当サイトCafe mirageは2019年に『MIRAGE THE ...

DSC_0409 26
観る者の心をざわつかせる映画『MANRIKI』の引力とは?(名古屋舞台挨拶レポート)

映画『MANRIKI』の公開記念舞台挨拶が12月12日名古屋センチュリーシネマで ...

向こうの家 27
映画『向こうの家』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『向こうの家』の初日舞台挨拶が12月7日名古屋シネマテークで行われた。 『向 ...

CH1 28
3度目の実写シティーハンター、出来栄えは?(『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』)

29日公開『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は北条司 ...

itukano7 29
第35回CINEX映画塾『いつかのふたり』トークレポート

第35回CINEX映画塾が11月9日岐阜CINEXで開催された。 作品は『いつか ...

inoti2 30
新たな夢は動物園に(映画『いのちスケッチ』)

夢を追っていても、叶えられない人は沢山いる。自身の夢をあきらめることは悔しいが、 ...

IMG_20191111_080319 31
金沢の夜がアツい!ROJIURAシネマ鑑賞レポート(涼夏のこれが今ツボ⑤)

「ROJIURA CINEMA」を観に金沢に出かけた。 岐阜からは特急しらさぎで ...

左:中川龍太郎監督 右:松本穂香さん 32
映画『わたしは光をにぎっている』松本穂香さん、中川龍太郎監督インタビュー

CMや様々なジャンルの映画に多数出演し、注目を集める松本穂香を主演に迎え、中川龍 ...

kagehumi1 33
『月とキャベツ』の縁から生まれた新たな山崎まさよし×篠原哲雄監督作品(映画『影踏み』篠原哲雄監督インタビュー)

映画『月とキャベツ』を毎年上映している映画祭がある。群馬県中之条町で開催される伊 ...

GARO_GEKKOU_0 34
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』名古屋舞台挨拶レポート&中山麻聖さん、雨宮慶太監督、勇翔さん(BOYS AND MEN)インタビュー

『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』の公開記念舞台挨拶が10月6日109シネマズ名 ...

sousiki1 35
友よ、皆に送られて安らかに逝け(映画『葬式の名人』)

『おくりびと』以降、逝く人を見送る職業の人々を描く映画は沢山作られており、今回も ...

mukounoie1 36
僕の知らないもう一つの森田家(映画『向こうの家』西川監督インタビュー追加)

食卓というのは家族の雰囲気がわかる場所だ。 家族四人で朝ご飯を囲む、幸せな家庭に ...

jimoto8 37
地元ピース!岐阜上映は超満席!!

映画『地元ピース!』の岐阜上映会が6月9日岐阜・柳ヶ瀬のCINEXで行われた。 ...